24歳OLです。先月、会社を退職するあいさつ回りをしているときに、プライベートオフィスといわれたある60代の会長のところへ行きました。
帰り際に付き合おうよなどと言われ、挨拶に来ただけなのでと帰ろうとすると襲われ、抵抗してる間に、膣内で射精され、ニヤニヤして「自分は妊娠は大丈夫だから」と言われました。
そのあと、警察に行きましたが、密室の出来事なので、弁護士をたてるようにと言われ探しているところです。しかし、先週妊娠4週間であることがわかりました。本当に許せないです。

まだ、弁護士を見つけていないのですが(どこで探したら親身になってくれるかわからず・・・)、精神的なショックで転職も取りやめているので、弁護士費用はどれくらいか一ヵ月後でも強姦や強制わいせつ罪に持ち込めるか教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どこの都道府県にも犯罪被害者支援センターというのがありますから、そこに行ってセンター経由で弁護士相談→援助してもらうというのがベスト。

センターの支援相談員からも支援を受けられますし、告訴して刑事事件になった場合に、間違いなく証人として法廷に呼ばれますから、その時のことも考えるとセンター経由がいいと思います。

弁護士会の相談(無料/有料の場合30分5250円)も可能ですが、そこから受任というのは難しいです。犯罪被害者支援に理解のある弁護士に運よく当たれば受任してもらえるかもしれませんが…。

弁護士に告訴をお願いするとしても重要なのはやはり証拠です。
警察を動かすだけの証拠があれば弁護士としても説得に力が入ります。
相手方の弁護士からのメールも保管しておくことです。証人がいればいいんですけど、それはいないでしょうから、服、DNA(子供)位でしょうかね。

当日及びそれ以降の行動・交渉については記憶の明るい今のうちにノートにまとめておきましょう。時系列に従ってそれぞれの言葉、行動を「一つひとつできる限り詳細に」書く…そうすれば後で何度も同じことを話さずに済みます。

妊娠されているということですので、DNA鑑定をすればいいのですが…。子供をどうするかの問題もありますので早く動いた方が宜しいかと。

DNAとか体液が一致しても相手が「同意の上」などと言って争ってきますので、法廷に出ることは避けられません。
そこまで覚悟しているかが一番の問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。相談できたから受任というわけではないのですネ。
法廷に出るのは、かまいません。
表に出てどんな人間であるか、周りに知られることが効力だと思います。聖人ぶっていましたし、普通の人と思っていたことに悔やみきれません。

自分の父親よりも年上の人間に、「同意の上」といわれる屈辱もさることながら、許せない気持ちばかりです。刑事さんにも言われましたが反対に「同意の上」って立証も向こうはする必要性があるんですよね。
会社も辞めるのだから利益目的はないし、恋愛対象にはありえない醜い60代なのに・・・。
いろいろ悩みましたが、子供を育てていく勇気などありません。
来週、友達が病院に行こうといってくれています。

過去の強姦や強制わいせつの立件された件も調べて参考にしたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 01:18

質問内容のとおりだとすると、刑法177条強姦罪になります。

強姦罪は、陰茎が膣内に達した時点で既遂となります。

親告罪ですので、検察官が立件し、公訴を提起するためには
告訴をする必要がありますが、
強姦罪は告訴期間の制限はありません(2000年の刑事訴訟法の
改正で撤廃されました。)。

ただ、先の回答者様の投稿どおり、公訴時効(刑事訴訟法)や
刑法上の時効がありますし(刑法上の時効は強姦罪の場合
10年)、証拠の散逸等がありますので、早く告訴したほうが
いいと思います。妊娠されていることもありますから、
一刻も早い対処が必要です。

弁護士は、知人を通じて信用できる人を探すのが本当は
いちばんなのですが、事件の性質もありますし、なかなか
難しい場合は、私も法テラスで探し方を教わるのが
手っ取り早いと思います。
弁護士がみつかったら、告訴したい、と相談しましょう。

その他、かなりアナログな方法ですが、弁護士大観という
ダイレクトリーがあり、そこに、弁護士会ごとに
弁護士が紹介されており、得意分野も載っています。
弁護士大観は、都府県立レベル以上の図書館であれば
たいてい置いてあります。

また、日経テレコン等の新聞データベースで
強姦罪の被害者の立場にたった意見等を
書いている弁護士を探すのもいいかと思います。

ただ、気をつけていただきたいのは、たしかに女性弁護士は
場合によっては、同性として痛みをわかってくれる場合も
ありますが、男性弁護士のほうが理解が得られやすいという
こともあります。そのあたりは、詳しく調べてみてください。

この回答への補足

強姦罪でも、強制わいせつ罪でも、処罰してもらえたら本望です。
お金のある人間だから、慰謝料請求ではなく、社会的に反省するようにさせたいです。
性病も怖くて、こまめに婦人科へ行っていたので、早めに妊娠がわかりましたが、一人暮らしをやめて実家に帰っているので、親に知られないかが不安です。心配をかけたくないし、被害届をだしても身内には知られたくありません。

男性弁護士では、共感をえれない気がしてますが、弁護士さん探しから始めます。

補足日時:2009/05/20 17:20
    • good
    • 0

こんにちは



弁護士探しもさることながら、
関連する証拠を全部記録して、残しておいてください

例えば、
退職のあいさつ回りに行ったときの日時だとかアポを取ったときの時間だとか
メールが残っていれば保存しておく
そのオフィスに行く前後にも他のアポがあればその人たちの証言

大変つらいことですが、その会長のプライベートオフィスに行った時点で
双方に合意があったんじゃないか?というようなことを警察に聞かれたり
裁判で聞かれたりすることになると思います
例えば退職以前に、その会長と飲食したことはないのか?とか
恋愛関係にあったんじゃないのか?とか
いわゆる取調べや裁判の段階で二次被害に合う可能性もあります

来ていた洋服も保管しておいてください
例えば先方は、質問者さんがミニスカートをはいていて
誘ってきていると判断し、合意の上だったと弁護する可能性もあります

他にも訪問したことを立証できる証人の確保
例えば、そのビルの管理人だとか監視ビデオだとか

言葉のやりとりも記憶が鮮明なうちにメモしておいてください

とにかく状況証拠からして「強姦罪」に持ち込めるように
証拠固めをがんばりましょう

この回答への補足

ありがとうございます。

刑事さんから、相手も簡単に認めないだろうから、被害届を出す上でつらい状況やかえって嫌なことを言われると思うと、説明うけました。その日の服、体液の付着している下着などは、とってあります。

被害届を出す前に、弁護士さんと話し合いをすることが大切ですね

補足日時:2009/05/20 16:57
    • good
    • 0

#1の方も回答しておられますが、地元の弁護士会などが法律相談を


していると思います。(無料もしくは、数千円程度)

そこで、相談してみるのが良いと思います。

#2さんの言われるように、私も可能であれば女性の弁護士さんに
相談してみられるのが良いと思いますので、上記の相談時などで
女性の弁護士さんを紹介して欲しい旨お願いされると良いでしょう。
弁護士には守秘義務がありますので、安心してください。

費用は、その時に聞いて見られると良いと思いますし、
このような事件の場合、裁判費用、弁護士費用共に被告に支払うよう決着する事も多いと思います。
(特に、相手がそれなりの地位の人間でしたら、支払いもできるはずですし)

早めの解決をお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相談してみて、信頼できる弁護士の方に会いたいですし、法律相談をうけてみようと思います。

会長クラスなのですが、警察に行きましたと連絡のあと、向こうの弁護士からすぐにメールが来ました。
妊娠がわかったり、素人が変に連絡を取って、不利なことがないように、弁護士から連絡してもらいますと、相手弁護士に伝えてあります。

お礼日時:2009/05/20 16:57

参考程度に読んでください。


そういう案件は、女性の弁護士のほうがいいと思います。

内容が内容だけに男性には話しにくい面が多々あろうかと
察しますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。女性を蔑視してるような人間なので、男性の弁護士のほうが効き目があるかと思いましたが、男性は男性よりの見方をしてしまうことが多いと思うので、やはり女性のほうがよいかと考えています。

お礼日時:2009/05/20 16:52

弁護士は弁護士会で探せます


費用は弁護士会又は法テラスでお聞きください
時効は5年間のようです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
検索してみます。

お礼日時:2009/05/20 16:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング