現在、府の保証協会で1000万円借り入れています、うち700万円は信用金庫を通じて借入れ(自宅と収益物件を根抵当設定されています)残りの300万円は、無担保で直接保証協会に申し込み、同じ信用金庫で借り入れました。今回、自宅と収益物件を売却に出し、自宅部分だけが先に売れました。当初は自宅と収益物件を売却し、信用金庫には全額返済する予定でしたが、自宅部分しか売却できなかったので、全額返済してしまうと、自分たちが住む家が買い替えできなくなるため、一部だけ返済したい、と申し出たところ、信用金庫からは全額返済してもらわなければ根抵当を抹消できない、と言われています。残りの100坪でも評価格は7000万円あり、根抵当には充分の担保価値があります。信用金庫は「売却できたら全額返済します、」と聞いていたから、全額返済しなければ、根抵当を抹消しない、と言われています。一部だけ返済し、自宅も買い変えたいのですが、保証協会へ相談に行って何とかなるでしょうか? 意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仮に残った収益物件の担保価値が7,000万円あるのであれば、担保余力は充分ありますので、記述のとおり、貸手側からすると、万が一の時も債権回収は可能です。

但し、貸した時点では自宅と収益物件の両方を担保にしていた訳ですから、自宅売却後の一部繰上弁済の額によっては、貸手側の保全(総担保評価額/ローン残高=査定掛目(若しくはLTV))は悪化します。この場合は貸手側は、担保解除を嫌います。また保証協会の基準があり、質問者の方のケースは原則的に受け付けない可能性もあると思います。質問文からすると、予め根担保の解除は全額返済を条件にしていた様子ですので、担保解除は困難かもしれません。但し、充分交渉の価値はあります。どうしても担保解除が認められなければ、収益物件を担保に他の金融機関に保証協会の残債分を借換える方法もあると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の質問です。保証、保障、補償?

すいません。
いろいろ調べたのですがわからないので是非お知恵をおかしくださいませ。

返金ほしょうの時の「ほしょう」の漢字は

保証
保障
補償

のどれを使えばいいのでしょうか?
私は今まで返金保証と使っていたのですが、
いろいろな人のサイトを見ていると保障を使っている人も大勢います。

正確なものをアドバイス頂けませんでしょうか?
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

保証は、請合う(法律)賠償の責任を負う。身元を保証する、連帯保証
    人
保障は、(権利・自由・安全を)守る。『生活を保障する、社会保障』
補償は、(損害を)償う、「損失を補償する、災害補償」
のように使い分けます。
したがって、質問の場合、返金することを約束するのであれば、保証が
正しいことになります。

Q信用保証協会と根抵当権について

信用保証協会と根抵当権について

父親の体調不良により急遽経営者になった新米です。

現在、金融機関から一億三千万ほどの借入があり追加融資は出来ないと言われています。

借入は殆どが信用保証協会付きとなっており保証協会との書類の中には担保物件の記載はありません。
不動産の根抵当権は金融機関が持っており金融機関の担当者に「なぜ保証協会が保証しているのに金融機関で根抵当権を持っているのか?」と問いかけたところ保証協会もその根抵当権があると言う事を条件に信用保証を行っているのとの回答でした。

ちょっと腑に落ちません。金融機関の根抵当権を外すよう依頼は出来ないでしょうか。

Aベストアンサー

まずは、法務局に行き、自分の会社の登記簿謄本を取り寄せ、借り入れに関する内容を見る事です。そして今、自分が継いだ会社がどんな状況なのか、しっかり把握する事です。基本的に「根抵当権」は借金が全額返済に至らない限り「外せません」。法務局は「金融機関の為にある」と言っても過言ではない位でして、登記簿謄本は金を貸す側にとって、貸す貸さないを判断するのに最高の材料になります。土地・建物の価値にもよりますが、普通「4~5番抵当」まで打たれてたら、間違いなくまともな金融機関は金を貸さない筈です。司法書士、行政書士に相談するのも一手でしょう。社会勉強です。机上で絵空事を考えるよりも、悩むよりも、まずは実践です。頑張ってください。

Q「補償」と「保障」の違い

「補償」と「保障」の違いと使い方が今ひとつしっくりわかりません。

例えば、
「ゆうパックは事故の際、5万円までの補償が有ります。」と使われています。

「当方では「ほしょう」できません。」の場合、「保障」と使っているものと「補償」と使っているものがあります。

「補償」と「保障」の違いとは何でしょうか。

大きな意味の違いや使い方のポイントを教えてください。

Aベストアンサー

 大きな違いは、
「保障」は「守り防ぐ」という意味で、
「補償」は「被害が起きてから」損害等を金銭などで補うということでしょうか。

 「起きないように」が「保障」
 「起きてから」が「補償」です。

 ご参考まで。

Q信用金庫からの借り入れ分を国民金融公庫からの融資で返済したい。

私は飲食店を1年半程営んでいるものです。
 現在、信用金庫で800万ほどの借り入れがあります。
7年返済の1年据え置きという借り入れなのですが融資の際に500万と200万という2本立てのプランで借り入れをしました。
 その半年後に設備投資で100万を追加で借り入れました。
最初の2本は昨年の9月からの返済で後の1本は支払いだして一年ほど
たちます。全部で月々18万ほどの返済になるのですが毎月期限までに
払うのが困難なため信用金庫の方が一度、国民金融公庫に相談して
三本のうちの200万を借り入れして信用金庫の返済分の支払いに借り入れしてみたらとアドバイスいただきました。金利が安いので。ということでした。
 信用金庫のひともおっしゃっていたのですが正直に運転資金として
借りるということは困難らしいのです。
 店自体は1年たった頃からやっと起動にのりはじめお客様も以前の倍近くにはなっているのですが。ちなみに信用金庫での保証人は現在、
お店を一緒にやっている共同経営者です。
 私には担保がなく保証人にも担保はありません。
良いアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

私は飲食店を1年半程営んでいるものです。
 現在、信用金庫で800万ほどの借り入れがあります。
7年返済の1年据え置きという借り入れなのですが融資の際に500万と200万という2本立てのプランで借り入れをしました。
 その半年後に設備投資で100万を追加で借り入れました。
最初の2本は昨年の9月からの返済で後の1本は支払いだして一年ほど
たちます。全部で月々18万ほどの返済になるのですが毎月期限までに
払うのが困難なため信用金庫の方が一度、国民金融公庫に相談して
三本のう...続きを読む

Aベストアンサー

> 用金庫の返済分の支払いに借り入れしてみたらとアドバイスいただきました。金利が安いので。ということでした。
多分、理由が違いますね。「払うのが困難なため」と言う状況から、自分の所の被害を減らすために、借り換えをさせてリスク管理をしようと考えているのではないでしょうか。
再生等の方法も視野に入れて、リスケの提案等をする方向の方が正しいのでは。
借り換えは一時しのぎにすぎません。
http://gmmi.jp/mel0021.shtml

Q保証と保障の違い

保障と保証の使い方に悩んでいます。
辞書でも調べたのですが、どうも違いがつかめなくて…
昔勉強したのですが、思い出せません。

保障と保証、この場合どちらかわかります??
============
「約束」を「命が有る限り」貫き通すための〈愛〉を互いが継続していける保障はどこにもない。
============

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

3つの「ほしょう」の違いについては、わたしも #2 の Spur さんと同じ理解です。

>保証…これがイメージとしてはしっくりくるような気がするのです。

わたしも「保証」だと思いますヨ~。
今回の例文では、「ほしょう」する対象は「互いの愛が継続すること」ですよね。
例文を言い換えれば、
「命のある限り約束を貫き通すだけの愛を互いに継続していけるかどうかは、
誰にもわからない(=確実に継続していけるとは限らない。
当事者の二人を含め誰もそれを請け合うことができない。)」
ってことを言ってるんですよね。

「保証」だと思いますヨ~。

互いの愛を継続する "ための" 「ほしょう」なら、「保障」かもしれませんけど。

Q東京信用保証協会の借り入れを返済額見直しか代位弁済の差は?

お尋ね致します。
現在東京信用保証協会の保証付きで銀行から融資を受けております。
返済金額が厳しく返済額の見直しか代位弁済のどちらかしかないとおもいます。
どちらにしても、全額完済まで信用保証協会の融資は当然不可だと思います。
国民金融公庫はそのまま返済していれば、上記のどちらを選んでも借り入れは多分可能かと思うのですが、銀行と相談の上、返済額を見直すのと東京信用保証協会に銀行へ代位弁済して頂き、東京信用保証協会に
返済していくのとでは何か差がありますでしょうか?
銀行への返済額見直しの金額は見直しても高くて出来れば代位弁済後に
東京信用保証協会へ返済していくほうが無理がないとは思うのですが
決定的な差はあるのでしょうか?
ご存知の方、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

補足
保証協会付の融資契約は、借主・貸主(銀行)・保証協会の3者間契約になっています。
代位弁済(約定延滞回数により銀行が決定し保証協会が承認)となると3者間契約のうち、貸主(銀行)が外れますので債務不履行の事故扱いとなります。

約定返済額の見直しは、3者間の契約が変更契約書締結により存続されますので一時的な融資の制限はあるかもしれませんが事故扱いにはなりません。約定返済額の見直しの注意点は、ご自身で資金繰り表等関係書類を作成し見直せるものは全て見直しすることが大切です。(保証協会・国金・販管費等)
代位弁済まで考えるのですから、かなり厳しいのではと思量致しますので出来るものは全てやるとの覚悟で進めるべきと判断いたします。

Q医療費実費補償は、日額保障の医療保険と比べてどうですか?

医療費実費補償の、AIUの「スーパー上乗せ健保」という保険に興味があります。富士火災でも似たような保険があったと思います。
実費補償は、保険のあり方を考えると理に適っているように思うのですが、生命保険の日額保険金保障型と比べて、特長と弱点を教えていただけますか。

Aベストアンサー

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若いうちから保険に入る意味合いは、健康じゃないと加入できないという面と、分割払いの分割回数を増やすようなもので、負担感を軽減する効果があります。
病気の実費補償の取扱もあるのですが、敢えて「けが」の実費補償+日額保障の医療保険を提案する事も多いです。ケガの実費補償(傷害医療費用保険)は保険料が安い割にケガの入院では持ち出しが出ません。(全年齢一律の保険料)
実費補償+日額保障を考えるのであれば、怪我実費補償+日額保障にして差額は貯蓄しておくと言うのも良いように思います。
いずれにしても、月10万円の医療費負担のために多額の保険を掛けるより、困りそうなものを中心に掛けておくのが肝要です。がん保険や傷害後遺障害、先進医療辺りの方がなる確率は低くてもなったら困る(費用が多額に掛かる)ものなので、むしろ保険とはそう言うもしも、に備えた方が良いでしょう。

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若い...続きを読む

Q信用保証協会の代位弁済への返済負担を軽くできませんか?

何卒お助けください。たいへん困っています。

私は、信用保証協会の保証を受け、銀行からお金を借りていました。

しかし、銀行への返済が困難となり、6年ほど前に信用保証協会から銀行に2500万円を代位弁済してもらいました。

その後、信用保証協会へ月々4万円だけ返済していますが、利息が年利14%に上り、元利残高が膨らみ続けている状況です。
(現在では、元利残高が5500万円まで膨らんでしまいました)

そこで、ご質問申し上げたいのですが、利率を下げたり、一部債務を減免したりすることはできないでしょうか。

何卒ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕事で某保証協会と公的融資に関連して代位弁済となった方との間に入ることの多い者です。
保証協会と言いましてもいくつもありますので必ずしも同じ対応ではないでしょうが。
No.1の方が書いているように真面目に支払いをされている方については元本返済時に遅延損害金については減免してくれることがあります。

ただ、ご質問者さんは失礼ながら真面目に返済をされておられますでしょうか?
元金2500万、利率14%で6年で元利残高5500万というと、ほとんど返済されていない計算になると思いますが・・・。

まあ、それはおくとしても月4万の返済では元金の返済だけでも50年以上かかる計算になります。
このままでは多少債務の減免を受けても状況は変わらないと思われますので協会に相談を持ちかけても話しにもならないような感じですね。

元本分だけでも(もしくはせめて元本の半額だけでも)完済出来る現実的な返済計画がたてられるのであれば色々交渉の余地はあるかと思いますが、不可能でしたら自己破産された方がよろしいかと思います。

Q「保証」と「保障」の違いについて

「保証」と「保障」の違いがいまいち良くわかりません。
不動産業で家賃の一括借上げホショウという場合どちらの保障になるのでしょうか?(一括借上げホショウと言うのはマンションなどの入居率が悪かったとしても最低額をホショウしてオーナーに支払うという制度)
また、経営をホショウすると言う場合もどちらを使うのか教えてください。(同じような気もしますが・・・)

ちなみに前者はネットで調べると「保証」というほうが多いですが、「保障」の方も結構見かけます。辞書で調べても微妙で良くわかりませんでしたのでお願い致します。

Aベストアンサー

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品

保証の意味は「保証人」でおわかりのように、範囲は限定的でその分運用は厳格です。「保障」のように、範囲が広く漠然としてたものではりません。ANo.5さんの辞書の引用文↓

●「保障」
 (1)(「保」は「小城」、「障」は「とりで」の意)とりで。要塞
 (2)民の生活を守ること。また、その政治
 (3)安全を請け合うこと

「保障」の元の意味は砦です。堅固な構築物に拠って、外敵から民を「長期にわたって守る」わけです。
兵隊が身を伏せて、矢の飛来から自分の身体を守るのではありません。
「生命に関するような大事なことを長期的に守る」ということですね。
そういうことで安全保障や社会保障などの言葉に使われています。

「保障」という言葉は生命保険によく出てきます。
それで生死に関わることは「保障」かと思ってしまいます。
しかし、よく誤解されるのですが、生命保険は生命を「保障」するものでもなければ、「保証」するものでもありません。
生命保険の意義は、大黒柱が死んだときに、残された家族の生活を守る(保障する)ためです。
これは遺族の生活を「保障する(守る)」ということで、「保証すること」はありません。
保険金が支払われることによって、遺族の生活が(漠然と)守られるということです。
保険会社が「保証する」のは、大黒柱が死んだら「定められた保険金を支払う」ということだけです。遺族の生活の保証はできません。

まあ、そういうことで、「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。

>1、「一括借上げ保証」なら私はあなたの長期的な経営の安定をホショウ(約束)できます。
>2、「一括借上げ保証」システムはあなたの長期的な経営をホショウ(サポート)します。
>1は「保証」、2は「保障」になると思うのですがあっていますか?

大方合っているように思います(^-^ 。
しかしご提示の文では、「保証」や「保障」よりも、括弧内の「サポート」の方がいいと思います。
文頭に「一括借上げ保証」の「保証」があるわけです。似たような「ホショウ」という語句は避けた方がいいと思います。
「このホショウという字はあっているのかな?」と、読んだお客さんの頭を悩ましてしまいます(^-^ 。
そして、長期的な経営の安定をどの程度「約束」できるものか不明ですので、サーポートぐらいのところが無難かと思います。

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品
...続きを読む

Q法人で信用保証協会と国民金融公庫の返済が厳しくなった場合

現在法人で信用保証協会を使い銀行から2500万円 
国民金融公庫から500万円の借り入れをしているものとして
返済が出来なくなった場合、どうなりますでしょうか?

いずれも保証人は代表取締役のみです。
返済ができなくなってといっても全くできないのではなく、金額を減らせば可能です。個人でいう債務整理は法人のときは会社更生法なのでしょうか?
返済可能な範囲で返済をしていき、会社もつぶさずにそのままできるのでしょうか?
また代表取締役が持っている住宅もそのまま維持できるのでしょうか?
(勿論住宅ローンの返済はきちんと行っていくものとして)
また国民金融公庫の支払いのみ今まで通り行っていった場合、国民金融公庫からまた借り入れができるのでしょうか?
お手数ですが詳しい方、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

同じような方々が多く、驚いています。どうやら私は皆さんより少し先に腹をくくり、実行に移した人間のようです。担保の有無、保証人の有無等、それぞれ事情は違うと思いますが、近年流行だった無担保無保証のビジネスローンなどを対象にされている方なら、心配せずに交渉に臨むことです。それもぎりぎりまで手持ち資金をなくさず、体力があるうちに出来るだけ早く。手持ちのお金で資金繰りが回る目処が立っていることが重要です。リースなどは支払い続ければよいわけですから、銀行の返済が滞ったからといって支障はありませんよ。

そうですね、飲み会でもやったら面白そうですね。私の経験が役に立つなら是非お話してみたいものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報