現在家を新築しようと計画しています。市街化調整区域で且つ農地のため(土地は母親名義)5条申請で計画しています。ここまでは順調でした。
今回前面道路が2項道路と思い計画していましたが、主要道路から今回の計画地まで幅員4mでありますが、途中から幅員1.8mとなっています。且つ幅員が狭くなったところで2項道路も途切れ、単なる通路(赤道)になります。計画予定地のまわりは道路を挟めば田園、両サイドは空地(畑と荒地)です。
43条ただし書きか2項道路の予定として道路後退のどちらかで接道義務をはたせないでしょうか?
この後建築指導課へもいく予定です。

             

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>途中から幅員1.8mとなっています。

且つ幅員が狭くなったところで2項道路も途切れ、単なる通路(赤道)になります

農地法の調整と
都計法は同時に調整しなければ
なりません。
と、言っても基準法も
網羅している図書で計画するものです。

二項道路について
条例、規則、公告で
許認可庁の決め事があります。
確認しましょう。
http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/aj00/ …

>両サイドは空地(畑と荒地)です。

43の但し書きは
民地は×=空き地のため
官地は○=普通は公園です。

上記の回答が
経験上
普通だと思われます。
相談先は許認可庁です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いい勉強になりました。父親がこだわるなと一喝。分譲地を購入になりました。

お礼日時:2009/05/30 16:28

2項道路というのは、接道義務が課されるようになる以前から住宅等が立ち並んでいて、容易に拡幅ができない道を、区間を限って指定してあるもので、既に都市計画区域内にある地域内で新たに指定が行われるような性格のものじゃありません。



43条第1項ただし書き許可についても、既存宅地内での増改築の場合は幅員2m程度の進入路を経由しての前面道路への接続を認めるケースもあるにしろ、新築の場合は、4m幅員の進入路が確保できないと難しいと思います。
まあ、逆にいえば、2項道路になっている部分に接続する4m幅員の私道を作って進入路にすれば、ただし書き許可は認めてもらえる可能性があるということですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2項道路後退 施主が後で塀を設置に憤慨

先日、ちょっと前に申請作業に携わった
新築の家の近所にいきました。

そうすると、道路は2項道路で、後退する敷地だったのですが、

その施主は、思いっきり、前の境界にブロック塀を設置している
ではないですか。

建築業界では、コンプライアンスとよく聞くなるように
なり、私自信も、自体改善に勤めてきた立場だったので
施主の、傲慢さに腹が立ちました。
作る方は(私は設計です)、いろいろ対応したり
倒産する会社も多い中。。。

私自身、2項の後退で、こういう事する人は見た事が
ないですが、どうですか?
皆さんの周りには、やっぱりこういう方はいますか?

Aベストアンサー

建築主さんに二項道路のセットバックに関して説明なさってますか
説明して理解を得られればそれで責任は果たしてるでしょう。
その上で勝手に築造したのなら、築造主の責任ですよ。
気に病む必要はないと思いますが。

私どもの近隣の行政ではセットバック部分に関して
擁壁等の築造をしない旨の誓約書を提出させられます。
ちょっと検索しましたが、その様な様式が多数出てきます。
転用されては如何でしょうか
http://www.city.sagamihara.org/mati_kei/kentikusinsa/shinseisho/pdf/ken38.pdf
ちなみに最近出した処の書類には
『違反した場合はいかなる処分を受けても異議申しません』
とか書いてあります
それに捺印して貰えば安心なんですけどねぇ

Q1mの幅員の2項道路に2m接しています。

祖父が所有してる土地は再建不可です。
土地は2項道路の一番奥にあります。少し手前に隣地があり、
隣地は2項道路の幅員2mあるのですが
この土地の前の部分の幅員が1mしかありません。
少し手間にある隣のうちは1mセットバックして家を建築していますが、協力してもらい敷地の道路参入もしくは敷地を
当地へ敷地参入してもらうと建築確認が取れる可能性があるようです。
この場合隣地を説得するに当たり隣地のその部分を提供する事により
どのようなデメリットが隣地に発生するのですか?
メリットは隣にないですか?
知り合いの人は建築確認上のハンコウだけの問題だけで
後から花壇を作ったり、
柵をこしらえても別に注意は受けないと聞きました。
さらにお願いするに当たり御礼はどのくらいを考えるべきですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どんなお知り合いかわかりませんが、まず花壇はともかくみなし道路境界線といってセットバックしたところは柵なども作ってはいけません。

また、最近法律が変わって、2項道路は位置の確定がされている場合があります。これは完全施行が22年の法律なので該当地がどうなっているかはわかりませんが。

さて、良くわからないのが幅員のとらえ方です。
一番奥の方は突き当りの所有と考えれば、もともと1mしか接していなくても一つ手前の方が1mセットバックすれば2mの接道が得られるのではないのでしょうか。
そうすればそのまま建築可能の可能性もあります。

それとも道路にはかぎ型に接していてその幅員が1mということでしょうか。それであれば、法改正に伴う条例整備などが完了していれば2項に指定された道路に接道2m以上あるかどうかが問題です。
また、条例整備がされていなければ、復員1mの部分も2項であるならそこの中心線から1.5mセットバックしなければなりません。道の考え方がデコボコで不合理ですが(だから法改正されるのですが)そういう解釈になります。

みなし道路境界線より道路側は所有者が民間人でも、基準法的には道路です。分筆や測量によって、公に寄付などを行ったり減税措置を受けたりすることが多くの行政でできます。(細街路事業)

道路にはつきあたりでどのくらい、道路の長手方向にどのくらい接しているのでしょうか。

基本的にみなし道路部分を敷地参入はできません。敷地提供の形(セットバック)で建築可能ラインを模索することになります。

建築士にちゃんと役所など調べてもらって再建築可能か確認をすることをすすめます。
 

どんなお知り合いかわかりませんが、まず花壇はともかくみなし道路境界線といってセットバックしたところは柵なども作ってはいけません。

また、最近法律が変わって、2項道路は位置の確定がされている場合があります。これは完全施行が22年の法律なので該当地がどうなっているかはわかりませんが。

さて、良くわからないのが幅員のとらえ方です。
一番奥の方は突き当りの所有と考えれば、もともと1mしか接していなくても一つ手前の方が1mセットバックすれば2mの接道が得られるのではないのでしょうか...続きを読む

Q2項道路後退

2項道路後退は改築時等に道路中心線から2m後退します。
では解体し、駐車場にする場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

>駐車場にする場合はどうでしょうか。

建築基準法
(用語の定義)
第2条 
この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
1.建築物
土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)、これに附属する門若しくは塀、~

無蓋駐車場は
基準法には接触しない。
よって道路後退の必要なし。
有蓋駐車場は
道路後退の必要はある。
※屋根があれば建築物です。
また、生垣は工作物じゃないので
道路後退の必要はない。

極論を回答しました。
道路行政を建築行政に頼っちゃいけないんだよね。

Q42条2項道路が取り消されました

通路幅員約4m、通路長さ30mの袋状敷地の奥に既存住宅の建替えを計画
中です。近隣の状況は下記となります。

隣家は通路の一部を利用し接道することで、過去、建築確認を受けています。
その後、私の家も同様に通路の一部を利用、接道し建築確認を受けています。
その後、昭和58年頃、同じく通路に面した土地にアパートが建築されました。

今回の建替え計画を申請したところ通路の重複利用が発覚しました。
その内容は、アパート建築時の確認は、その通路を42条2項の道路として正
規に建築確認されていたのですが、今になって行政は『当時の航空写真等を確
認した限りでは42条2項の道路と判断するのは難しい。』として、重複利用
だとする見解を出し、私の建替えの確認申請が出来ない状況となっています。
何度も行政と協議し『過去認めた見解を覆し、重複利用だとする判断はおかし
い』『行政が正しく確認検査を行っていれば、重複利用はありえなかった』と
協議しましたが掛け合ってもらえません
42条2項の判断が間違いだったとする見解すら出してもらえず、行政は43
条ただし書き許可で申請するように指導してきました。

行政が道路として認めたために正規に建築確認を受けた住民が迷惑することが
あってよいのでしょうか?
私達の所有している土地の資産価値にもかかわる部分を行政の勝手な判断で覆
すことができるのでしょうか?

何か打開策があれば教えて下さい。

通路幅員約4m、通路長さ30mの袋状敷地の奥に既存住宅の建替えを計画
中です。近隣の状況は下記となります。

隣家は通路の一部を利用し接道することで、過去、建築確認を受けています。
その後、私の家も同様に通路の一部を利用、接道し建築確認を受けています。
その後、昭和58年頃、同じく通路に面した土地にアパートが建築されました。

今回の建替え計画を申請したところ通路の重複利用が発覚しました。
その内容は、アパート建築時の確認は、その通路を42条2項の道路として正
規に建築確...続きを読む

Aベストアンサー

もともと敷地延長部分だったのですね。
状況ではやはり42条2項道路ではないように思います。
つまり、アパート建築の時はちゃんと確認してなかったのではないかと想像します。でも、その当時の役所の身内を悪いともいえないし(これは役所体質)、いまさら建ってしまったアパートを壊すことも不可能なので現状合法的な43条但し書許可を出して欲しいという事なのでしょう。

これは、もしかしたら裁判沙汰になれば勝てる内容ではないかと思うほどですが、本当に勝っても時間的にも金銭的にも損でしょう。裁判費用と期間を考えるとどうも許可を出してもらったほうが経費も少なく早そうです。

この間違いが誰のせいなのか、作為的なものであったのかどうかは、アパートの設計者に聞いてみたり、役所で基準法上道路把握をどのようにしていたかを精査しないと判断は付かないでしょう。

この損害について不満であれば原因を究明して認めさせ、その人に支払わせる方法になるでしょう。アパート建築中におかしいと気づけば対応策もあったかもしれませんが他人事ながら悔しい事です。しかも、一昔前とちがいは43条但し書許可は手数料がかかるんですよね。もちろん設計者にも費用を払わなければなりません。

総体的に考えると43条但し書の申請をするしかないと思いますが、裁判沙汰ではなくても、迷惑をかけたかもしれないアパート設計者や、建築主、役所と相談して費用負担の軽減を運よく図れればいいほうだと思います。ま、あまり期待できないけど。一度は聞いてみたい気がします。

でも、但し書もらうときにまわりの判がいると思いますのでそれをきっちりもらうためにも、くれぐれもけんかなどせず、気持ちを抑えて許可申請を取らないといけません。大変でしょうが、がんばって下さい。

もちろんそうでなければ費用覚悟で弁護士に相談です。
その場合も、有利な結果がでる可能性は、とりあえず無料相談や時間相談などで相談なさったらどうでしょう。

もともと敷地延長部分だったのですね。
状況ではやはり42条2項道路ではないように思います。
つまり、アパート建築の時はちゃんと確認してなかったのではないかと想像します。でも、その当時の役所の身内を悪いともいえないし(これは役所体質)、いまさら建ってしまったアパートを壊すことも不可能なので現状合法的な43条但し書許可を出して欲しいという事なのでしょう。

これは、もしかしたら裁判沙汰になれば勝てる内容ではないかと思うほどですが、本当に勝っても時間的にも金銭的にも損でしょう。裁判費...続きを読む

Q42条2項道路が家の裏にあります。 道路後退線の

確認方法について、教えてください。


家の裏に、新しくフェンスを建てたいのです。


 かつて家を建てたときの確認申請書に添付された青焼きの図面には、

道路の側溝と平行に線が引かれています。

 線には、「道路後退線」と記載されていて、側溝の外側から、その線までの寸法は、

700mmと記載されています。


 現地には杭など後退線を示すような、それらしい目印はありません。


 現地での道路後退線の確認あるいは、決定はどのようにすればよいのでしょうか。

当方の業者が、独自に、側溝から700mmはなれた線を出して、工事を始めても良いのでしょうか。

それとも、役所の現地立会いなどが必要なのでしょうか。


 教えてください。  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>役所の現地立会いなどが必要なのでしょうか。

確認申請自体は結構いい加減なところがありますから
道路管理者に道路中心線を示してもらえば
そこから2m後退でOK。
ただ、中心線測量なんてしてある所は少ないから
両隣の後退を参考にフェンス設置するのが無難でしょう。
http://www6.ocn.ne.jp/~arasoku/yougo.html

Q42条1項2号道路の通行制限について

続いて失礼します。
本を見ると、一旦都市計画法の道路とされた以上は、一般公衆の通行を妨げることはできず、これを通行する者の目的が何であれ、その目的が違法であるなど特別な事情がない限り通行制限はできないと書いてありました。
例えば大型店舗の建築目的で敷地内に開発道路を造った場合、夜は店が閉まるので一般公衆の通行はありませんよね。
こうした場合所有者は所有権に基づき道路の維持管理のために店が閉まった後の夜間のみ、バリケード等で封鎖することはできるのでしょうか?
また、敷地内の開発道路が公道2本に挟まれるように通り抜けできる場合はどうでしょうか?(新しく計画している開発道路を通らなくても抜ける道はある場合)

Aベストアンサー

都市計画法で開発された道路であれば、道路幅員は、4m以上あるはずですが?何故、4m未満(2項道路)で開発されたのでしょうか?

>道路の管理が民間

私道という事でしょうか?

私有地に、道路を設置している場合でも、建築基準法上、通行制限を
設けることは、想定していないと思いますので、原則無理と思います。

しかし、実際、通行制限を設けている道路(私道)は、存在します。

多分、建築基準法以外の法律を用いて通行規制をしていると思われます。
民法は、解釈上、争う余地が残っている条文ですので、民法を使っていると思います。
(道路維持管理の権利と通行権の争いでしょうか)

民法に詳しい人(弁護士さんとか)にご相談される方が良いと思いますが、解釈は分かれると思います。

Q法42号2項道路が家の裏にあります。塀を建て

たいのです。
教えてください。 よろしくお願いします。

 セットバックすると、道路側溝の縁から70cmの平地が出来ます。
側溝の縁から70cmはなれたところに、塀の基礎コンクリートを打ちます。
基礎コンクリートは地中にも埋まりますが、60cm、地上に顔を出します。
基礎の天端の幅は50cmで、ここに380cmのフェンスを建てたいと考えています。
フェンスの内側は、天端と同じ高さまで土を入れて庭にします。

 建築基準法では、4mを越す工作物は確認申請が必要と聞きました。
フェンスの上端は、道路面から測れば4.4m、基礎の天端から測れば、3.8mです。

1、このフェンスは届出が必要ですか

2、法律のいう 4mとは、どの位置からの高さなのでしょうか。

Aベストアンサー

1届出ですか?申請は不要である可能性が高いです。が、形状、構造などで判断が分かれると手続き違反にになってしまうので念のため役所に確認したほうがよい案件です。
法どおりに読めば、フェンスの柱が15m超えないので申請は不要になる可能性は十分にあると思います。
2道路からですね。

念のために申し上げますが、42条2項道路でセットバックが必要な場合、道路巾が狭いので多くは道路斜線の緩和を受けながら建築することが多いです。この高さの塀では道路斜線の緩和が受けられない塀となります。それによって違法になれば是正を指示される可能性がありますのでそのあたりもチェックしながら築造ください。

Q建築基準法第42条第2項道路について建築許可を取るために、道幅も広げ、

建築基準法第42条第2項道路について建築許可を取るために、道幅も広げ、建築図面も規定どおりにしているにもかかわらず、建築審査会が、いろいろと指摘をしてきて、許可に同意をしないのですが、これは権力の乱用では?

Aベストアンサー

42条2項道路で建築審査会が出てくるのですか??
42条2項道路は法以前の道路で幅員が4mに満たない道路で昔指定されたものです。
審査会というのは、通常建築確認が許可できないような案件に対し指導、許可など与えるもので、あまり想像が付きません。
審査会を通さなければ建築確認の許可が得られないようであれば、書いておられる条件のほかに何か決定的な不備要件等あると思いますが・・・・
42条2項道路で、事前協議(対抗地と両隣)が済んでいるのであれば、その敷地図(有効宅地の)で建築法規をクリアすれば良いだけだと思います。
地域性で違うのですかね?当方政令指定都市で営業している不動産業者ですがその様な2項道路での経験はありません。(審査会を経て許可を得た経験はあります)
どのような指摘をされたのでしょうか??
それが無いと建築士の方などもお答えのしようがありません。

Q里道を含む2項道路の道路中心は?

我が家の前面道路(法42条2項道路)の中ほどに現状道路と平行したラインで里道が含まれています。

    我が家の敷地
________里道境界線_____________________________

     里道      現状
______________道路  ______
     境界不明     二項道路
________________________________
   向かい側の敷地
我が家側の里道境界線は建築時に明示されていたのですが、対面側の里道境界線は不明だったため新たに立会いの下測量しました。対面側の境界は不明だったため、はっきりしているこちら側からの計測ということで里道の幅は「法律で定められている幅」で設定しました。しかしその里道の幅の道路中心は現状道路の中心とはかけ離れています。
このように既存の道路内に里道が明確化したばあい、その道路(2項道路)自体の道路中心とは、その里道の中心にもとづくものなのか?それとも現状道路の幅を中心とするのか?どちらでしょうか?建て替え時のセットバックに影響するので、法的にどちらが優位なのか教えてください。

我が家の前面道路(法42条2項道路)の中ほどに現状道路と平行したラインで里道が含まれています。

    我が家の敷地
________里道境界線_____________________________

     里道      現状
______________道路  ______
     境界不明     二項道路
________________________________
   向かい側の敷地
我が家側の里道境界線は建築時に明示されていたのですが、対面側の里道境界線は不明だったため新たに立会いの下測量しました...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問と似たような状況で、

道路を管理する課の職員は「里道の中心が道路中心なので、開発行為による道路後退は現況道路中心ではなく旧里道の中心からすること」と言い。

開発許可を受持つ課の職員は「里道を中心にしたら道路の通し(直線)が悪くなる。既に買収されて拡幅されている道路の状況からして現況道路中心からの後退でよい」と、意見が分かれました。

理論上は里道中心のようですが、街区形成を優先した開発許可の職員の意見が通り、現況道路中心からの後退になりました。

1あなたの土地との官民境界が確定している
2対面土地所有者が立ち会って承諾している
3管理幅員が定めてあり、実際にそれだけの幅がある

であれば、あなたの土地との官民境界線から管理幅員のを取った道路幅の半分が中心と判断されると思われます。

状況により扱いが変わりますので、まずは市町村役場の管理課で確認されることをお勧めします。

Q42条2項道路について

家を購入して3年になるのですが、
先日隣人から、「この道は私有地だから、車の進入をしてもらって
は困る」みたいな事を言われて面食らってしまいました。
家を購入する際、不動産屋からは、「42条2項道路ですから、隣接
して建築した家の所有者は使用する権利があります」と言われて
いたので、困惑しております。確かに法務局?かなにかの図面で
確認したので、42条2項道路であることは間違いないと思うのですが、
その道路全てが私有地なんていうことはあり得るのでしょうか?
やはり、所有者の言う通りに通行する事はできないのでしょうか?
ちなみに私の所有する家以外に2件の家が建っています。
皆様どうかご教授下さいませ。

Aベストアンサー

道路の所有者も法務局で調べることができます。
個人の所有であった場合、解決策としては、その道路を使用する住人同士で所有者から道路の持分を買い、共有の道路とする案があります。
これによって、お互い気持ちよく利用できると思います。

不動産屋は使用する権利があると言っていたのに、隣人には車の進入をされては困ると言われた件について。
本来なら、私道であっても道路なのだから、誰もが道路として使ってよいはずです。
しかし、私道の問題は非常にデリケートです。
自分が所有権を持っているのに、他人に公道と同じように使われると不快に感じます。
そこで、“使用権はあるが所有権はない”人は、その道路を徒歩や自転車で使用する権利は当然にあるが、車での通行は慎んでもらいたい、ということなんです。
考え方として、まぁ妥当かなぁという気はします。

法的には、道路の所有者は他人の通行を妨害できません。
妨害されてから解決策を見い出すよりは、今話し合うことが必要に感じました。


人気Q&Aランキング