東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズみたいな作品が好きなのですがオススメのミステリー作者や作品を教えてください。東野圭吾さんのようにシンプルな言い回しでストーリーで勝負するミステリー小説が好きです。宮部みゆきさんなどのように情景描写や言い回しがくどいのはあまり好きではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

東野さん、ほとんど読破しました。


その後に宮部みゆきさんに触手を伸ばして、数冊読みましたが違和感があり断念しました。

その後はネット上で評判のミステリー作家の作品を何冊か読みましたが、やはり違和感が消えません。

そんな中で巡り会い、今でも読み続けている作家さんが、横山秀夫さんです。
お勧めは、「第三の時効」「臨場」「動機」の警察物の短編小説、および「半落ち」警察物の長編小説、「クライマーズハイ」報道物の長編小説です。
どれも皆、ストーリーが秀逸です。

お試しください。
    • good
    • 0

私も東野圭吾さんほとんど読んでいます。


あとは秦建日子さんの作品が好きですね。
ドラマ「アンフェア」の原作です。
ドラマの原作の続編も出ていますのでぜひ読んでみて下さい。
個人的には続編の方が好きです。
「推理小説」「アンフェアの月」です。
夏くらいに3冊目が出るみたいですよ。
    • good
    • 0

東野圭吾の作品はほぼ全部読みました。


最近、同じ様にほぼ100%読んでいるのが、歌野晶午さんです。
2004年の【このミステリーがすごい!】の第1位になった
『葉桜の季節に君を想うということ』が有名ですが、
『世界の終わり、あるいは始まり』も面白かったです。
参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング