世間ではダイオキシン発生を理由に、いろいろ規制・制限がされています。
しかし、インターネットでは反論もポツポツ目にします。
なんとなく・・・毒性は低いという意見の方が、正論というか科学的ぽいような気もするのですが・・・?

(1)
ダイオキシンの毒性は低い、その信憑性はどの程度のものなんでしょうか?

(2)
もし、ダイオキシンの毒性は低いが本当だった場合、信憑性が高かった場合、
国民に負担を掛けてまで、行政やマスコミが規制・制限をしてきた理由は何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 今度こそ最後という事で、参考になるかはわかりませんが・・・



 小学1~2年の時に、親がカルピスの原液に水を足しているのを見て、「カルピス・・・薄めて飲むもの」という事だけ理解した私は「甘く美味しい成分の元が水と反応して増殖する」ことで「水を沢山いれれば美味しいカルピスが沢山できる」と信じて、薄くて味のないカルピスをつくって後悔してしまった事があります。その当時の私には、「薄めて飲むといっても糖分その他の成分が増えるわけではないので、沢山の水を入れれば不味くなるだけ」という事を理解していなかったのです(親がケチって薄めのカルピスにして、それでも特に問題なく飲めたから、というのもありますが・・・)。

 上の例は馬鹿みたいな話ですが、ネット上で大量に情報を入手できるようになったからといって、それを見ている人が賢くなっているわけでもなく、「カルピス・・・薄めて飲むもの」⇒「水を沢山いれれば美味しいカルピスが沢山できる」的な理解をしているパターンが多いような気がします。ネット上で出ている科学論文などをみていると、難解だというイメージに反して結論は読めてしまったりするので(まあ、普段使う言葉で書いてあるので当たり前といえば当たり前なんですが)それで理解できた気になるのですが、結局、その論文がいくら正しくても、読んだ素人の理解は、私の小学1~2年の時のカルピスに対する認識と同じ不完全なものなんですよね。
 まあ、カルピスなら飲めばそんな事がありえないのはわかりますからいいですが、見えない化学物質や地球環境問題といった簡単に視覚化できない問題ではそうもいかず、情報に溺れて不安におののいているのが現代人の心境なのかな、と思ったりもします。

 この解決策として、「考える力を」という月並みなキーワードが出てくるのですが、多少考えて、「カルピスの成分の元が水と反応して増殖する」的な短絡的な解釈をしてしまっても仕方がないので、途中の細かい過程を省いているネット情報を頼るのではなく、科学的な思考に必要な最低限の科学の知識は重要でしょう。

 質問者さんがどこまで勉強したかどうかがわからないので、(失礼になると困るとも思い)少し高めのレベルとして「大学レベル」と書きましたが、カルピスの例でいえば、「人間の舌の感覚やカルピスの原液の乳酸菌、糖分濃度を考慮してこれくらいの希釈が妥当」なんて事は知る必要がなく、「糖分その他の成分が増えるわけではない」というのがわかればいいわけですので、もう少し優しい本でも構いませんが、とにかく、結論だけ拾い出すのではなく、体系的に物事を学んでいくという姿勢が必要なのかな、と思いました。

>マスコミも、政治家の偉い人も、科学者も、全く答えてくれないのがとても歯がゆいのです。

 という事ですが、はっきりとは言っていないものの、回答に繋がるヒントはいくらでも述べているので、それを理解する知恵を身につけるのが重要ということでしょう。


>環境問題のウソの武田邦彦教授は有名ですよね。

 あの本は随分いい加減なものだと思っていますが、武田氏の、「環境問題について、科学的知識を持って自ら考えようともせずに、政府の政策に盲目的に従っている傾向がある」という問題意識は傾聴に値するでしょう。ただし、本人の意図に反して、「自ら考えようとせず(あるいは短絡的な解釈をして)、武田氏の意見に盲目的に従う」人が沢山出てきているのは悲しいところですが。
 あと、彼への批判の中でも、武田氏の著書を読んで考えた結果疑問を感じた、というよりは、「テレビでの話し方が気に入らない」といった科学とは全く関係のないところで批判をする人が多いのも気になるところ。いい加減と書きましたが、武田氏の一連の著作に時々出てくる彼の専門分野にかんする記述は正しいので(オーソドックスな内容)、「おいおい、そこまで否定していいの?」と思ったりもします。

 まあ、このあたりは気になったらまた質問を立ててみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武田教授の疑問や説明に便乗しただけです。
そもそも環境問題のウソは読んだことがありませんので、全部正しいという絶対視をしようがありません。

有名な識者は、環境問題で武田教授に懐疑的でした。根拠はICPPで、報告書は世界で最も信頼できるとのことでした。

ところが僅か半年後、識者のICPPの信頼は失墜していました。
こころ変わりした詳しい理由は省きますが、ちゃんと科学者を交えての説明で、ぼくは十分納得できました。
ちなみにダイオキシンの毒性は弱いは、識者と武田教授で見解が一致しています。
前のお礼で、ダイオキシンは、青酸カリの1万倍以上、サリンの10倍以上の人類史上最強の猛毒と報道されてきたと書きましたよね。この根拠はモルモットの実験だそうです。
これが識者や武田教授と同様に、どうしても信用できない、納得できない、胡散臭く思うのです。

> まあ、このあたりは気になったらまた質問を立ててみてください。

もう一回、識者や武田教授とか・・・全部ひっくるめて質問してみようかなと思います。
それ以前に、自分でもう少し調べてみようとも思いましたが。
また回答を頂ける機会がありましたら、その時は優しい本も一緒に紹介して下さると助かります。

たくさんの回答を頂き、本当に感謝しています。

お礼日時:2009/07/21 04:33

 随分時間が経ちましたが、一点だけ補足



>なぜダイオキシンだけが?と思うんです。ガンを誘発する物なんて毎年出てくるので、麻痺してるのかな?

 化学は赤点ばっかりだったんで、あやふやな知識になりますが(この話を前の回答で持ち出さなかったのはそのため、正確な知識は化学できる人に確認してください)、ダイオキシンというのは毒物のベンゼンなどを構成しているベンゼン環が2個も繋がっている物質だから、動物実験の結果を見る前に警戒レベルが高いのは当たり前、という話はあったと思います。

 勿論、化学式の上では猛毒でも、体内にたまたまその種の分子を除去する酵素がたくさんあるので、動物に与えても何ともないという事もありうるのですが、その酵素が特定の動物とか、特定の人限定で存在する場合、他の人には深刻な健康被害が出る可能性があり、検証は入念にやるべきでしょう。

 あと、「ダイオキシン」と書いてしまうと、「なぜ一つの物質にここまでこだわるのか」という事になってしまいますが、実際は「ダイオキシン類」で、実際の物質は数百種類、そのうち、毒性があり規制対象になるのが数十種類で、危ない一連の物質群の規制ということのようです。

 科学教育の問題が叫ばれて久しいですが、報道やネット情報(科学者の学説の趣味的な解説)では、論者が自分が科学を理解できていないのを棚にあげて、科学ネタを政治や財界の陰謀みたいな感じで誤魔化してまとめてしまうような傾向があるように感じます。出来ない自分が言うのも難ですが、化学や生物学を勉強するとこのあたりの話の真相もわかってくるのではないかとおもうので、暇があったら大学教科書レベルの専門書を開く事をお勧めします(実は専門家で、専門用語を使わないで質問しただけ・・・でしたらごめんなさい)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三の回答、とても感謝しています。

わたしの疑問はテレビが切っ掛けです。マスコミが胡散臭いなんて質問しておきながら切っ掛けはテレビです。
でも、都合のいいものだけ信じる陰謀論者じゃないつもりです。
知識はネット検索が主なので、大学教科書レベルの専門書を読んでも理解なんてできないでしょうね。

環境問題のウソの武田邦彦教授は有名ですよね。
すでにお気づきかと思いますが、僕の質問は武田教授の疑問に便乗したものです。
武田教授の理論は置いといて、問題は、細田衛士教授のような反武田の理論も、マスコミ報道と食い違う事です。

わかり辛いですが、僕の疑問はシンプルなんです。
例えると、健康被害では煙草の副流煙は取り沙汰されるのに、なぜに線香やお香は問題に挙がらないのか?
現在、ネットで話題の児童ポルノ規制法改正の疑念と似てるかもしれません。

僕の場合は、カネミ油症をダイオキシン被害の実例とすることに抵抗があったので、あえてダイオキシン類と書きませんでしたが、マスコミ報道がそれをしない事は、どうも恣意的ものがありそうでつい疑ってしまいます。

製紙会社に再生紙は環境に悪いと暴露されましたが、推奨してた国からはいまだ訂正はありませんし、枯葉剤と催奇性の因果は曖昧なのにも拘らず、プロパガンダに利用し続けるマスコミによると、ダイオキシンは青酸カリの1万倍以上、サリンの10倍以上の人類史上最強の猛毒です。

焚き火で猛毒が発生すると多くの人が信じたのです。
中小企業が、ダイオキシン公害を口実に高額な焼却炉を買わされた、そんな事実を僕はいっぱい知っています。

焚き火から猛毒が発生すると規制する必要性はあったのか?嘘は方便でいいのか?
セペソ事故の数十年後に、なぜに所沢の汚染キャベツのような報道が起きるのか?
マスコミも、政治家の偉い人も、科学者も、全く答えてくれないのがとても歯がゆいのです。

何度もお答えいただきまして、ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/08 07:38

とりあえずダイオキシンで入院した人はユーシェンコでしょう。


もっともこれは暴露ではありませんが。

基本的な考え方として毒性や発癌性がある、分解されない、生態濃縮がある、この三つそろえば規制として十分なんです。
あとはその程度です。

それから例えば肝臓癌があったとき、それが煙草が原因かダイオキシンが原因かなんて判明しませんので、ダイオキシンによる被害者なんていてもそうそうわかりません。

ダイオキシンの毒性について疑いを持っているなら、セベソ事故も調べることです。家畜の大量死を招くだけで、規制に十分値すると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとあたらしいパソコンが届きました。
お礼が遅れに遅れてほんとうに申し訳ありませんでした。

>>とりあえずダイオキシンで入院した人はユーシェンコでしょう。

日本の話ですよ。死亡の例は世界中でも疑いがあるが2件だけらしいです。
ユシチェンコ大統領暗殺未遂は、ダイオキシンの毒性が弱い証明になりませんか?
通常の6,000倍の濃度を盛られて死なない毒って、流石に猛毒といえないでしょう。

>>ダイオキシンの毒性について疑いを持っているなら、セベソ事故も調べることです
>>家畜の大量死を招くだけで、規制に十分値すると思いますよ。

セペソの事故は、世界中がダイオキシンの猛毒説を改めるキッカケになった事故ですよ。
追跡調査でダイオキシン中毒による入院、死亡、奇形はゼロという報告があります。
チョコレートも玉葱も、犬には有害(死亡することもあるらしい)な食べ物です。規制が必要でしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 00:54

 お礼ありがとうございます


 どうも私の回答の仕方が悪かったような気もしますが、

 この問題、現状は
・マスコミ報道とか、それに倣った市民の自主的行動・・・やや過大
・政府の規制・・・他の猛毒に比べてそれほど厳しいわけでもない

 といった感じなので、質問者さんがどちらを問題にするのかを明らかにしたほうが良いと思われます。


 あと、毒性の見積もりに関する科学的な見解といっても、動物実験や疫学調査による結果と化学、生化学的な見解に温度差があるような気もしますので、ここにも留意したほうがいいでしょう。
 動物実験や疫学調査によれば、人間に関する毒性はどうもはっきりしない、というのが現時点での結果で、「はっきりしないものを根拠に騒ぐのはおかしい」という話になりますが、そもそも毒性が指摘されるようになった理由は、化学、あるいは生化学的に言えば、この種の化学物質には体に取り込まれやすい特性を持つくせに、遺伝子を構成する物質とくっついてそれを破壊する(⇒細胞内でこれが行われた場合、ガンを誘発する)ような性質が備わっているから、という話があったかと思います。

 ネット上の反論も、動物実験や疫学調査でダイオキシンの毒性の特別扱いには懸念を表示しつつも、化学物質としての特性は否定していない(マスコミ等でのダイオキシンのみの特別扱いをやめ、類似する危険が懸念される化学物質の危険性、法規制にも目を向けるべきだ、という論調が主体)ので、こうした見解を元に、政府が行っているような控えめな規制をも不要とするのは危なっかしいかな、と考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとあたらしいパソコンが届きました。
お礼が遅れに遅れてほんとうに申し訳ありませんでした。

>>毒性の見積もりに関する科学的な見解といっても、動物実験や疫学調査による結果と化学、
>>生化学的な見解に温度差があるような気もしますので、ここにも留意したほうがいいでしょう。

モルモットによる実験は方向性を見るのみ程度のものらしいですね。
これを根拠にして報道したりするマスコミは胡散臭さを拭えないです。

>>遺伝子を構成する物質とくっついてそれを破壊する

なぜダイオキシンだけが?と思うんです。ガンを誘発する物なんて毎年出てくるので、麻痺してるのかな?
昔から、魚の切り身の皮や○○の焦げとかも有名ですが、規制された話は聞きませんよね。

>>控えめな規制をも不要とするのは危なっかしいかな、と考えています。

ぼくも同意です。
それに便乗して不安を煽って金儲けをするやつは許せませんが。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 00:55

ダイオキシンの場合、急性毒性のほかに、発癌性催奇形性があり(疑われ)ます。


さらに面倒なことに、安定性が極めて高く、自然界であまり分解されないのです。
つまり水俣病のように徐々に徐々に環境中に蓄積されたり生態濃縮されたりして、気がついたら人間に牙を向くわけです。
さらに環境における正確な分解量もはっきりしなければ、正確な発生量も把握しにくいのです。

いずれは必ず人に牙を向くわけで、またどこまでなら許されるかはっきりしないので、禁止できるだけ禁止しておくしかないのです。

急性毒性の影響を受けるほど暴露されることは論外で、さらに分解しにくい物質の場合長期的な毒性のほうが厄介だったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>ダイオキシンの場合、急性毒性のほかに、発癌性催奇形性があり(疑われ)ます。

これが嘘という反論が多いのです。
ダイオキシンが原因の死者数は世界規模で0らしいのですが・・・本当なんでしょうか?
日本に限ると入院の事例もないそうです。

>>水俣病のように徐々に徐々に環境中に蓄積されたり生態濃縮されたりして、気がついたら人間に牙を向くわけです。

あの・・・水俣病は死者が出ていますよ?ダイオキシン中毒の入院患者0みたいですよ。

>>いずれは必ず人に牙を向くわけで

その根拠を知りたいのです。いずれが数十年後の話ならなお更です。

お礼遅くなってすみません。パソコンぶっ壊れてしまいました・・・(泣)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 18:25

(1)


 動物実験での毒性の結果が違いすぎるのが懐疑論の原因でしょうか。モルモットとハムスターで、体重あたりの致死量が8000倍も異なるといいます。実際のところは人体実験のしようはないし、霊長類での実験は手間も時間もかかるので、今のところはなんともいえないというのが実態でしょう。

(2)
 環境化学物質については、毒性が強い可能性がある場合は、予防的に強い規制をかけるという「予防原則」の考え方があり、これに従った措置とみていいでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E9%98%B2% …

 Wikipediaで強調されているように、強めの規制といっても、社会生活に影響がでるようながんじがらめの規制をしようという話ではなく、実際、国の規制はそれほど厳しいものではありません(別に野焼きや焼き芋を禁止しているわけではない)。今後のデータの積み重ねによっては規制が改定されることもあるでしょう(甘味料で事例あり)。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO105.html

 野焼きが煙くて迷惑で、その禁止の言い訳としてダイオキシンが用いられ、地方自治体単位で「負担がかかる規制」が行われてきたり、勝手な自主規制が行われてきたような印象はありますが。

 自主規制の原因になっているマスコミ報道に関しては、毒は0にしなくてはいけない、という国民性が影響しているのかな、とか思ったりもします。それをいうなら成人男性の致死量200グラムなのにどこにでも転がっている食塩(塩化ナトリウム)なんか、もっと規制すべきだと思うのですが・・・。

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00017579 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>動物実験での毒性の結果が違いすぎるのが懐疑論の原因でしょうか。

モルモットは実験の効果が非常に出やすい動物みたいですね。

調査で彼は2mg程度のダイオキシンを食べさせられたと見積もられています。
これはニュースで一時期騒がれた「高濃度ダイオキシン汚染キャベツ」を、一度に200万個程度食べた量に相当します。

こんな記事を見つけました。2mgは致死量ではないようです。

>>毒性が強い可能性がある場合は、予防的に強い規制をかけるという「予防原則」の考え方があり、
>>これに従った措置とみていいでしょう。

他のお礼でも書きましたが、どうも時期的に微妙のような気がします。逆行してるような・・・

>>野焼きが煙くて迷惑で、その禁止の言い訳としてダイオキシンが用いられ、

野焼き禁止にダイオキシンを使う理由が解らない。素直に煙たいでよかった気がします。

>>自主規制の原因になっているマスコミ報道に関しては、
>>毒は0にしなくてはいけない、という国民性が影響しているのかな、とか思ったりもします。

国民性かもしれません。私もそんな気がしてきました。

>>それをいうなら成人男性の致死量200グラムなのにどこにでも
>>転がっている食塩(塩化ナトリウム)なんか、もっと規制すべきだと思うのですが・・・。

仰る通りです。

お礼遅くなってすみません。パソコンぶっ壊れてしまいました・・・(泣)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 18:01

ダイオキシンってものが固有の物質の名前のように扱われているのがへんでしょ?(参考にリンクを貼ります)


日本の水田に使われてきた肥料にもダイオキシン類にふくまれるものがあり、その使用料はベトナムに投下されたダイオキシン類の数百倍とかという記事を見たこともあります。(真偽の程はいかがなものか・・・)

お醤油でも大量に摂取すれば病気になるし、死に至る事もある。ってレベルの話でしょ。

落ち葉や雑草を燃やし、焼き芋を作るくらいなら許されるかもしれませんが・・・
人々が、むやみにあちらこちらで黒煙をあげて焚き火をするのは迷惑でしょ。
臭いし、洗濯物も汚れちゃうし。。。
黒い煙を吸い込んだら苦しくなるし。
だから管理しましょ!ってはなし。

マスコミは基本 軽いから。
デッチアゲ記事やヤラセ記事を報道したりする事もあるのも事実でしょ。
焼却場を建てるのに伴う利権、
ごみを収集するのに伴う利権、
こんなことで莫大な利益を上げている人達がいるはず!
仮に将来、ダイオキシンが、そんなに心配するものでもないってことがわかったところで、発表すらないだろうし、誰も謝らないし責任もとらないよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>ダイオキシンってものが固有の物質の名前のように扱われているのがへんでしょ?

ダイオキシン類があまりにも無害ぷりに、カネミ油症をダイオキシンの被害にしたって聞いたことがあります。

>>日本の水田に使われてきた肥料にもダイオキシン類にふくまれるものがあり、
>>その使用料はベトナムに投下されたダイオキシン類の数百倍とかという記事を見たこともあります。

私は8倍から10倍という話を聞きました。

>>人々が、むやみにあちらこちらで黒煙をあげて焚き火をするのは迷惑でしょ。

迷惑でしょうけど、だったら「臭いし洗濯物も汚れちゃう」からやめましょうでよろしいのでは?

>>マスコミは基本 軽いから。誰も謝らないし責任もとらないよ。

代表はニュースステーションの久米宏でしょうか。売国政治家や不良官僚よりムカツクかも!謝れよ・・・

お礼遅くなってすみません。パソコンぶっ壊れてました・・・(泣)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 18:00

(1)日本で騒いでるよりは低い。


(2)行政やマスコミが科学的知見を持たないから、愛媛大学の馬鹿教授の発表した毒性を鵜呑みにした。
教授は名が売れることが嬉しくて間違いを正そうとしなかった。
それをそのまま馬鹿マスコミが繰り返すため増幅された。
というところでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>日本で騒いでるよりは低い。

人はほぼ無害と受け取ってよろしいでしょうか?
ダイオキシンの致死量はよく解っていないらしいですね。

>>行政やマスコミが科学的知見を持たないから

これが不思議なんですよね。
調べてみると、日本のような認識は、世界では80年代には一変しているですよ。
なぜ無視をするんでしょうか・・・?

お礼遅くなってすみません。パソコンぶっ壊れてしいました・・・(泣)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 17:58

(1)


毒性が低いには違和感がありますね。
正確には「今まで言われていたほどには毒性は強くない。日常生活で発生するほどの低容量であれば問題ない」でしょう。

例えばビタミンAなどは毒性が低い物質ですが、ダイオキシンがビタミンAと同じ毒性ではないですよね。


(2)
健康被害から守るためです。





健康被害で重要なのは、毒性×用量です。用量を考えなくては意味がありません。どんなに強力な毒でも安全な用量なら問題ありません。毒性が低い毒でも許容量を超えれば問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>正確には「今まで言われていたほどには毒性は強くない。日常生活で発生するほどの低容量であれば問題ない」でしょう。

インターネットではベトナムで撒かれた枯葉剤も問題ないとか。そのへん、実際どうなんでしょうか?

>ダイオキシンがビタミンAと同じ毒性ではないですよね。



>健康被害から守るためです。

もし健康被害がなかったらの話です。
健康被害があるを前提の回答でしたら、具体的な根拠をお教え頂ければ幸いです。

>毒性が低い毒でも許容量を超えれば問題です。

分かり難い質問で申し訳ないです。要するに、その許容量の上限を質問しているのです。
国民に負担を掛けてまでする必要性はあるのか?あったのか?です。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 23:59

科学と言うより


低レベルな発生方法で発生させたダイオキシンで死んだ人は
いないようです。
私自身も健康被害すら聴いたことがないです。

詳しくはユシチェンコ氏に聞いてみると良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>低レベルな発生方法で発生させたダイオキシンで死んだ人はいないようです。
>私自身も健康被害すら聴いたことがないです。

それなんです。ネットでは いない という記事をけっこう見ました。
高レベル低レベルではどの程度ちがうのでしょうか?

ユシチェンコ大統領も健在ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q焼却場のダイオキシン類測定結果

全国一斉行われた、焼却場の排ガス、焼却灰、ばいじんなどのダイオキシン類濃度調査結果を探してます。いいウェブサイトしってるかたおしえてください。

できれば新らしいデータのほうがいいですが、ここ数年は全国一斉調査をやってないのかもしれません。

Aベストアンサー

なかなか全国となると、いろいろ検索してみたのですが、いいのが見つからないですね、参考にならないかもしれませんが?

一般廃棄物焼却施設の排ガス中のダイオキシン類濃度測定平成(12年・平成11年)
http://www1.mhlw.go.jp/topics/gomi/index_14.html

http://www.nippo.co.jp/diottl.htm

Qダイオキシン規制法についてお聞きします

2002年12月よりダイオキシンの規制法が
施行された?という話を以前に知人から聞いていたの
ですが、最近個人的にダイオキシンいついて関心をもち、
政府関連のホームページを色々調べたのですが、
その規制法について何もわかりませんでした。
どなたか、ダイオキシン規制法についての詳しい
説明がされているページをご存知であれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

>2002年12月よりダイオキシンの規制法が
施行された?

「ダイオキシン類対策特別措置法」の公布施行期日については、他の方々の回答にあるとおりです。

♯3の方が記載された参考URLをご覧いただくと、特定施設の排出基準が14年11月30日までと12月1日以降に分けてあります。

一例を申しますと、既設の廃棄物焼却炉から排出される排ガス中のダイオキシン類の基準値は、法律施行期日から14年11月30日までは一律80ng-TEQ/m3(ナノグラム)でしたが12月1日からは焼却能力に応じてそれぞれの排出基準値が適用されることとなりました。

同様に水質に係る排出基準も15年1月15日以降は新基準が適用されています。

また、廃棄物焼却炉から排出する燃え殻、ばいじんなどの処理基準も12月1日から適用されています。

つまり、法律が改定されたのではなく、法律の施行に伴う既存施設に対する猶予期間が平成14年11月30日まで設けられていた為、12月1日から厳しくなったことを改定と錯誤されたと思います。

法律の公布施行に際して、現状が法律の規定を充足できないと予測される場合は、このように既に設置されている施設等に対する整備猶予期間を設けて段階的に施行することがあります。

おはようございます。

>2002年12月よりダイオキシンの規制法が
施行された?

「ダイオキシン類対策特別措置法」の公布施行期日については、他の方々の回答にあるとおりです。

♯3の方が記載された参考URLをご覧いただくと、特定施設の排出基準が14年11月30日までと12月1日以降に分けてあります。

一例を申しますと、既設の廃棄物焼却炉から排出される排ガス中のダイオキシン類の基準値は、法律施行期日から14年11月30日までは一律80ng-TEQ/m3(ナノグラム)でしたが1...続きを読む

Qゴミ焼却場とダイオキシン

職場の近くにゴミ焼却場があります。
そういえば、ダイオキシンが以前ずいぶん話題になっていたなあ、とおもいつつネットで調べています。

そこで、1997年4月に発表された当時の厚生相が全国1150のゴミ焼却場をしらべた調査があるらしい。
そしてそのうち72施設は緊急に対策を要する劣悪な結果であったらしい。
また、調査結果を提出していない施設も多数あり、一説にはあまりに高いデータなので発表がはばかられた、との見方もある等わかりました。

当時のデータや調査結果をまとめたものはどうすれば見ることができるでしょうか?
また最近の調査結果やレポートの様なものがあれば、是非教えて下さい。ど素人なので、専門的すぎるとチンプンカンプンかも。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 下記URLから、該当事項を参照してください。なお、職場の近くの焼却場のダイオキシン調査結果は、管轄している役所で見ることができますよ。

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~k-center/links/kuni.htm

QNOx規制とPM規制に関して教えてください

NOx(窒素酸化物)規制
PM(粒子状物質)規制は
それぞれ公害関係の規制だと思いますが、
どういうものなのでしょうか。
またNOx、PMは何の略なのでしょうか?
またそれぞれどのような単位で表し、どのくらいの数値に達すると、規制にひっかかるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NOx(窒素酸化物)はNOとNO2とを合算したものです。
PM(粒子状物質)は粒径100μm以下のものをいいます。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOX規制については「大気汚染防止法」による総量規制もありますが、ご質問は
「NOX・PM」ということですので、いわゆる「自動車NOX・PM特別措置法」のことと
思われ、これについてご説明いたします。
なお、法律というものは大変入り組んでいて、全体を説明するのは大変難しいので、
極めて大雑把なご説明になることをあらかじめご了承ください。

この法律の概要は、(1)NOX・PMの2項目について (2)地域を定め(特定対策地域)
(3)適用する自動車の種類(車種規制)ごとに (4)排出量を定め(排出基準)
(5)規制適用年次を定める・・・ことから成り立っています。
また、税制優遇措置・補助金制度などもあります。
また、この法律(国の措置)の適用を待っていては、環境汚染の改善に遅れが出る、
との考えから東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県は、条例による「上乗せ規制」を
かけています。

1.法律の概要です。
 (法令というのは難解なもので理解し難いのですが、基本的なものなので、一応
 掲示しておきます。 飛ばし読みで結構ですので、ざっとご覧になってください)
 第六条に「窒素酸化物総量削減基本方針」が、第八条に「粒子状物質総量削減基本
 方針が、うたわれています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H04/H04HO070.html

2.法律の分かりやすい解説です。詳しく知りたい人には大変役に立つと思います。
 「もくじ」に法制定の趣旨が、1.車種規制に対象車種が説明されています。
 詳細は「全体版」をクリックすると見られます。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/index.html

3.「対策地域」のリストです。
 首都圏・愛知三重圏・大阪兵庫圏の3地域が規制対象地域です。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_1.pdf
(これは上記2項からの抜粋です)

4.「規制対象車種」および「排出基準」のリストです。
 ガソリン乗用車は含まれていません。一例として「ディーゼル乗用車」には
 NOX 0.48g/km PM0.055g/km という規制がかけられています。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_2.pdf
 (これも上記2項からの抜粋です)

5.「適用年次」のリストです。
 現在使用している車は車検が切れるまではそのまま使えますが、その後どうなるかを
 知るときに必要です。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_4.pdf
(これも上記2項からの抜粋です)

6.東京都条例です。
 都条例はPM規制だけです。またディーゼル乗用車にも規制をかけている点が法と違います。
 この中に「法」との比較対照表があります。
(1都3県では、「法」と「条例」の両方が適用されます。お間違いなきよう・・・)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/rifuretto/zidou.pdf

法律は大変難解で”流れるような説明”をすることが出来ません。(^_^;)
上記のようなご説明になってしまったことをご容赦ください。

参考URL:http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOx(窒素酸化物)はNOとNO2とを合算したものです。
PM(粒子状物質)は粒径100μm以下のものをいいます。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOX規制については「大気汚染防止法」による総量規制もありますが、ご質問は
「NOX・PM」ということですので、いわゆる「自動車NOX・PM特別措置法」のことと
思われ、これについてご説明いたします。
なお、法律というものは大変入り組んでいて、全体を説明するのは大変難しいので、
極めて大雑把なご説明になるこ...続きを読む

Qダイオキシンの発生について

今、ダイオキシンについて調べています。
ダイオキシンが社会問題になってから、市町村等の焼却炉がダイオキシンの発生を抑制する温度で燃やせるものに変わりましたよね。
現在、どれくらいの割合の焼却炉が、高温で焼却できるのでしょうか?

また、800℃を超える高温で燃焼させた場合、通常の温度で焼却する場合に比べて、どれくらいダイオキシンの発生が抑えられますか?

せっかく800℃を超える高温で燃焼させても、その後の排気する時点で、再びダイオキシン合成されるそうですが、これは、どれくらいの量なのでしょうか。

ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

ダイオキシンは雑多な化学種が多く含まれる焼却炉内で、雑多な化学反応により発生する物質のひとつです。
そして、その焼却炉内の温度はもちろんのこと、投入されているゴミの量や種類によっても発生量は大きく違うはずです。
(プラスチックや塩ビなどが分別されているか、などなど)

ですから温度によってどの程度発生が抑えられるかを知ることはできないでしょう。
ただ、「800℃を超えれば発生が抑えられる」というだけの話です。

>その後の排気する時点で、再びダイオキシン合成されるそうですが
電気集塵機のことだと思います。
これも量を問われても回答のしようがないでしょう。

Qダイオキシン問題

産業廃棄物業者が鉄以外のビニール、ゴム、塗料、ダンボール、木、プラスチック等を他人の土地でドラム缶で毎日燃やしています。真っ黒い煙と強い悪臭で肺が痛くなり、咳も止まりません。当人に苦情を言っても止める気配はまったくありません。場所を貸している人も、たまにそこで生活ゴミを燃やしていますので、貸主に言っても無駄なんです。
場所は横浜なのですが、取締りをお願いしたいのですがどこにしたらよいのでしょうか?地元警察は管轄外だそうです。
ダイオキシンの問題が世間で騒がれているのに許せません。
どうぞ、よい解決方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
横浜市役所環境保全課大気汚染の担当、若しくは産業廃棄物担当に電話すると対応してくれます。
法令上は50Kg/時以上の焼却能力のある焼却炉がダイオキシンの規制対象となっています。それ以下の場合各自治体での条例による上乗せあるいは横だし規制によります。また、廃棄物処理法及び大気汚染防止法では野焼きが禁止されています。この場合どちらの規制にもかからないようですが、市街地でこのような行為が許されることではないので、何らかの規制があるものと思います。市の担当部局で相談してみて下さい。

Q家庭用焼却炉の復活

かつて、おうちのごみは家庭用焼却炉などで燃やしていました。
学校でもそうでしたね。山小屋なんかでも・・・・

それが、猛毒ダイオキシンが出るからという理由で禁止されました
その後ダイオキシンの毒性については、かなり低いものであり、
焼却炉程度では何の被害もないということが分かっているそうです。

にもかかわらず、焼却炉は禁止されたままです。
なぜ禁止されたままなのですか?

Aベストアンサー

家庭用焼却炉のみならず畑の脇に草を集めて焚き火をするのも厳しい目で見られる風潮が出てきた背景には「猛毒 Dioxin」という盲目的な Allergy が世に広まったせいだろうと思います。

嫌煙にしても煙草の煙なんか行っていないのに煙草に火を点ける人を見ただけで反射的に咳き込む人をよく見かけるのですが(笑)、これも実際に煙を吸い込んで反応する肉体的 Allergy ではなく、思い込みによる典型的な精神的 Allergy によるもので、実際、煙草に火を点けるのを見ただけで咳き込む精神的 Allergy 症状を示す嫌煙家の女友達の後ろの路上で Pipe に火を点けた時「あら良い香り」と喫煙容認を勝ち取ったことがあります(笑)・・・以後、その人と会う時は黙認を授かった TORBENS DANSK 社の blue note と Golden Blends 社の Vanilla という銘柄の Pipe 煙草のみを Pocket に入れて行くことにしています(汗)・・・他の銘柄はいずれも「喫煙厳禁!」のダメ出しを喰らいました…試すなよって?(笑)。

原発問題に関しても放射能に対する盲目的な精神的 Allergy から強硬な (中には凶硬な?) 反対論者がいますが、家庭用焼却炉の件に関しても同じようなものなのだろうと思います。

ちなみに私は原発反対派の方なのですが(汗)、根源的な反発論者ではなく、安全対策懐疑論派的な方向から原発の在り方に疑念を抱く者でして、御台場の対岸に Atom 君や Uran ちゃんが引率する炉心見学 Tour もある原発を中心に据えて有り余る電力で Cyberpunk Theme Park を演出する地域を作るというのであれば White Shirts の襟内から出した Clear Tube Earphone を耳に入れた Black Suit 姿に Sunglasses をした Agent Smith 君の格好で遊びに行くところですが(笑)・・・。

家庭用焼却炉のみならず畑の脇に草を集めて焚き火をするのも厳しい目で見られる風潮が出てきた背景には「猛毒 Dioxin」という盲目的な Allergy が世に広まったせいだろうと思います。

嫌煙にしても煙草の煙なんか行っていないのに煙草に火を点ける人を見ただけで反射的に咳き込む人をよく見かけるのですが(笑)、これも実際に煙を吸い込んで反応する肉体的 Allergy ではなく、思い込みによる典型的な精神的 Allergy によるもので、実際、煙草に火を点けるのを見ただけで咳き込む精神的 Allergy 症状を示す嫌煙家の...続きを読む

Qダイオキシンについて

プラスチックのようなペラペラしたまな板と食器を熱湯消毒したら、
まな板が変形していました。
妊娠中なので、ダイオキシンのような有害物質が溶け出していないか心配です。

漬けていたお湯を触ってしまいましたがよくないですか?
またもし溶け出していたら傷口などから入る可能性はあるのでしょうか?

また、一緒に漬けていた食器などは使って大丈夫か知りたいです。

まな板の素材はプラスチックっぽいというだけで、
実際はよくわかりません。

たくさん書いてしまいましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、
このまな板は、ポリプロピレンというプラスチックで出来ています。
注意書きにも70度で変形するから注意と書いてありますよ。

変形した場合でもダイオキシンが発生する事はありません。

可塑剤が溶け出す可能性が唯一の心配ですが、このプラスチックの可塑剤は非常に溶け出しにくい物ですので、お湯をかけただけで溶け出す事はないです。

但し、曲がってしまったらまな板として使えないのでは?(笑)

一緒に洗っていた食器は全く問題ありません。
もちろん突っ込んだ手も全然問題ありません。

Q高温で焼却した灰は有害か?

通常800℃以上で、木や紙を焼却すると、煙にダイオキシンがなくなるといわれてますが、残った灰もダイオキシンがないと考えられますか?
というのは、法律に適合した焼却炉を購入して、ゴミを焼却し、残った灰を、埋め立て地に捨てたいのです。
それとも、管理型の最終処分場にもって行かねばならないのでしょうか?これだと、コストが莫大になります。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

皆さんがお答えのとおり、高温で処理した場合にはダイオキシンは発生しないはずですので、埋立地に捨てることは可能でしょう(不法投棄は駄目ですが)。実際、高温処理はダイオキシンに汚染されたもの(灰や土壌など)の浄化方法の一つとして挙げることができるくらいですから。

なおダイオキシンは、炭素、酸素、塩素、水素からなる化合物ですので、焼却するものにそれらが入っていれば、理論的には発生の可能性があります。分かりやすくいえば、紙と塩を同時に燃やせば合成される可能性があると言えます(ちょっと極端ですが)。また、一旦1000℃位で焼却したとしても、冷却方法が不適切なために300~400℃で滞留すると再合成される可能性が極めて高くなります。法律に適合した焼却炉ということであれば、冷却方法まで考えられたものだと思いますが、念のため確認される方が良いでしょう。

また、焼却灰中の重金属の問題を忘れないで下さい。濃度的には重金属の方がダイオキシンよりも厳しいはずです。最近では、ダイオキシンさえクリアーすれば良いとの風潮があり、それはそれで問題ですから。

いずれも最終的には管理自治体に確認すべきでしょう。

皆さんがお答えのとおり、高温で処理した場合にはダイオキシンは発生しないはずですので、埋立地に捨てることは可能でしょう(不法投棄は駄目ですが)。実際、高温処理はダイオキシンに汚染されたもの(灰や土壌など)の浄化方法の一つとして挙げることができるくらいですから。

なおダイオキシンは、炭素、酸素、塩素、水素からなる化合物ですので、焼却するものにそれらが入っていれば、理論的には発生の可能性があります。分かりやすくいえば、紙と塩を同時に燃やせば合成される可能性があると言えます(ち...続きを読む

QダイオキシンのTDI

ダイオキシンについてなのですが、健康影響の観点からヒトが一生涯摂取し続けても耐えうる一日の限度量として、耐容一日摂取量TDI(Tolerable Daily Intake)が定められています。一方、食品添加物や農薬などの許容量としては許容一日摂取量ADI(Acceptable Daily Intake)があります。質問は両者の違いについて知りたいのですが。
素人の考え方としては、添加物や農薬については有害性はあるかもしれないが、有益性も認められるため、意図的に使用されている物質であるのに対して、ダイオキシンは非意図的に生産されてしまう性質上、TDIは示されても暴露量は最小限にとどめるべきだという含みやニュアンスがあるように思うのですが。
あえて、ダイオキシンについてTolerable Daily Intakeという言葉を用いた経緯などの情報。またTDIという指標はほかの分野や物質で用いられているのでしょうか、この辺の事情や情報をお持ちの方教えてください。

Aベストアンサー

一応、一般には下記のように定義されますが、混同されて使われていることも
多いです。

TDIとは、「健康影響の観点から、一生涯摂取しても、一日当たりこの量までの摂取が耐容されると判断される量。本来混入することが望ましくない環境汚染物質(ダイオキシン類は最適の例)などの場合に用い、摂取する利益がないことから、一般に、暴露は最小限に抑えられることが望ましい」と定義されている。一方、ADI (Acceptable Daily Intake、許容一日摂取量)は、「健康影響の観点から、一生涯摂取しても、一日当たりこの量までの摂取が許容されると判断される量。それを使用することによる利益があり、意図的に使用される物質(例、食品添加物、農薬)の場合に用いられる」という定義・・・

参考URL:http://www.nihs.go.jp/center/dioxin/990217/dioxin03.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報