親名義の土地を使用貸借して、自分名義の自宅を建て住んでおりますが、自分の債務不履行(連帯保証による)で競売にかけられたとき、建物が建っている親の土地はどういう扱いになるのでしょうか。またこの場合も応札者があらわれるものでしょうか。

A 回答 (3件)

使用貸借契約であれば、あなたの建物が競売されたとしても、競落人は、使用貸借付きの建物を取得するだけです。

使用貸借以上の権利にはなりませんから、親から建物収去・土地明け渡しを請求されたら、それに応じるしかありません。使用貸借には、借地借家法の適用はありません(物権である借地権か賃貸借契約かがある場合です、同法1条)。もともと非常に弱い権利なのです、タダだから当然ですね。競売手続では、評価書等にその旨の記載がされますので、応札者が出てくる可能性は低いですが、嫌がらせで購入する人などが現れる可能性は否定できません。競落後、賃貸借契約の締結を求めてくる可能性もあります。よほど有利な内容でない限り、これに応じるのは避けるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。以前のこの欄に同じような質問があったのが見つかりましたが、同じような回答でした。親から立ち退きを求められたら、落札者は対抗できないと。そもそも建物が築25年で評価額もないに等しいので、もしそういうことになったら、なんとか親族に落札してもらおうと思っております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 21:07

使用貸借契約とのことですが、ご自身名義の建物を所有している態様からすれば当然に借地借家法の適用をうけます。


すなわち、法律解釈上は賃貸借契約でありあなたは借地権者という解釈になります。
仮にあなたの債務不履行により建物が競売にかけられた場合でもその効力は借地権にも当然及ぶ事になります。
ゆえに落札者は借地権者ということになり、あなたも代わって当該建物を使用収益することになります。
ただし、当事者間で使用収益契約を結んでいたとしても建物登記があなた名義でなされている以上法的には借地権が設定されたとみなされてしまいます。
下手をすると親御さんからあなたへ借地権が贈与された看做され、多額の贈与税が徴収されるおそれがあります。
早めに賃貸借契約に巻きなおし相当額の地代を形式上でも支払う事をお勧めします。
    • good
    • 0

建物が保存登記されていれば、競落社にそれほど不都合はないと思い


ます。建物の権利があるということは、それが建っている土地を利用
する権利があるということですから。

建物が建っている間は親はどうしようもありません。
現在使用貸借であれば、地代もサラからの交渉になりますから大変です。

適正地代程度は契約書や記録はないが払っているとしたほうがいいと
思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q使用貸借人に対する強制執行

家屋の一部を使用貸借している使用貸借人に対する強制執行のために家屋への立ち入りは可能ですか?仮に家主と使用貸借人の所有物が混在していて識別が困難な場合の強制執行はどのように行いますか?

Aベストアンサー

それは、明渡の強制執行のようです。
その場合は、債務名義に記載された部分だけの強制執行となります。
「家屋の一部を使用貸借している」と言っても、出入り口が1つで、生計を共にしておれば、債務者の補助者として執行の対象とします。
建物が一棟でも、出入り口が2つあり、各独立性があれば、その債務名義に記載された部分だけが執行の対象です。
家主と使用貸借人が同一建物内で同居同然ならば、家主の執行で使用貸借人も明渡の対象です。
動産の場合は、意見を参考としています。

Q父名義の土地に建つ私名義の家の事で土地賃借契約公正証書があるのですが有効ですか?

父名義の土地の上に建つ私名義の家がありますが、父が高額の連帯保証人になった為、根抵当権が附けられてしまいました。父が亡くなった場合、相続放棄で競売にならざるをえないですが抵当権が附けられた時点で、すでに私名義の家が建っていても使用賃借権があるだけで第三者に渡った場合、借地権は認められないので取り壊さなければならないかもしれないとの事です。ただ、かなり前(25年位)から私と父が賃借関係にあるとされた土地賃貸借契約公正証書というものが作ってあり(何の為か分かりませんでしたが)、謄本が手元にあります。毎月5000円の地代を払う事の内容でそれは出来ています。そういった物で第三者には対抗出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

多分無理です。
(年間6万円では、固定資産税と同額かそれ以下と思いますので)
固定資産税程度では、使用貸借しか認められない可能性が強い。

Q使用貸借はどこまで贈与とされないか

使用貸借は非常に不安定な権利の為、親の土地に子供が家を建てるなどした際に地代を払わずとも、使用貸借であれば贈与税はかかならいと聞きました。

これは親子間でなくて他人同士の使用貸借でも同様でしょうか?

Aベストアンサー

贈与と言うのは、贈り与えることです。(貸し借りとは違います。)
使用貸借は貸し借りです。
誰に貸しても、それが無料ならば使用貸借と言い、
有料で貸すならば、それを賃貸借といいます。
ですから、この2つは違います。

Q父親名義の土地に自分名義の家が建っている場合の相続について

相続について質問します。
約30年前に父親が土付き一戸建てを購入したのですが、家の老朽化が進み10年程前に私名義で家を建て直しました。この時、親からの援助は一切受けていません。父は5年前に他界し、土地は母、妹、私の3人で相続することになります。また、母は父が他界してから私が扶養しています。母、妹とも相続を放棄するつもりはないようです。となると、土地を売って分割しなければならないと思うのですが、私名義で建っている家の評価はどうなってしまうのでしょうか?
土地のローン(父名義の)は完済していますが、家のローン(私名義の)はまだ残っています。また、父が他界してから母を扶養しているわけですが相続上多少の優遇も認められるのでしょうか?

相続についてはいろいろと面倒な事が多く、できるだけ早く解決したいと思っています。

ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず私名義の家を建てたときには、ローンを組んでおりますから、土地は親子間の無償使用貸借であるとされます。

つぎに父は担保提供者であり契約上は連帯保証していたかも知れません。確認してください。
5年前の死亡を銀行に届けていないので、そのままになっていますがもし連帯保証人であれば、その立場は法定相続される事になります。

物上保証だけであれば、相続する人たちに担保提供の部分だけが引き継がれます。
土地の価格がいくらあるかにより、相続税の対象以下であったのだと考えますが、相続登記により3人の共有にすることも方法。
別に相続を放棄する必要はなく、3ヵ月をとっくに経過した今更「放棄」など出来ません。

土地の持分を長男が全て持っても、母が全部持っても3人で決めたら良いのです。価値をお金で考えるから売って分割しないとなどと言う偏った方向にころがるのであり、居住用の財産なのですから、住むところの確保が第一でしょう。

銀行に父親死亡の事実を相談して、相続登記の方向を決めてください。無断でするとローン全額返してくださいと言われますよ。

Q使用貸借契約で買取可能?

使用貸借契約とは、
「無償で物を借りて、その物を返還する事を約束とし、借主が貸主からその物を受取る事によって成立する契約である」
とありました。

上記文どおりであれば、最終的には、借りたものは必ず返さなければならないということですね。

例えばですが、現在使用貸借契約で不動産を借りているとします。
この場合その使用貸借している不動産を借主が買い取るということも可能ですか?
先に使用貸借契約を終了させてから売買ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>使用貸借している不動産を借主が買い取るということも可能ですか?

可能です。契約は双方の合意があれば(法律に違反する内容でない限り)成立します。

>先に使用貸借契約を終了させてから売買ということになるのでしょうか

売買の契約が成立すれば、自動的に使用貸借契約は意味をなさなくなります。気になるなら、売買契約の中に、「本売買契約の締結に伴い、使用貸借契約は終了する」と書いておけばいいでしょう。

Q父親名義の土地に建っている私名義の居宅、第三者が父の土地を取得した場合、出て行かなければ?

父名義の土地に私名義の住居があります。父も高齢で近い将来亡くなった時を考えますと心配です。それは以前、ある人の多額の連帯保証人になり、その後その人が自己破産してしまった為、土地に根抵当権をつけられてしまいました。知人に聞いたところ、もし競売になってもあんたの名義の家が乗っかってるそんな面倒な土地買う奴なんかいないと言われました。では誰が買うのかという疑問もありますが仮に第三者にわったった場合私たちは出て行かなくてはならないのでしょうか?それと、最近心配で土地の公図をとって調べたら私の家が父名義の二つの土地に跨って建っていることが分かりました。(父の土地は地続きで三つに分筆されています)これはより面倒な事になるのでしょうか?回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

抵当権設定後に建物を建築した場合は#1とおりですが、
抵当権設定前は389条の適用がない。

388条は土地建物が同一所有者の場合。


使用貸借と思いますので、建物を取り壊さなければならないと思います。

Q役員所有の建物の使用貸借

役員が所有している土地を会社に使用貸借するのはOKですが、
役員が所有している建物についても使用貸借が認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

みなさん勘違いをされているみたいなので。
 使用貸借 → 無償又は公租公課相当額以下の賃料
ですので、賃貸借とは異なります。

建物についての使用貸借に関する具体的な法律はなかったと思いますが、使用貸借は可能です。

土地の場合ですと、一定の書類(土地の無償返還の届出書)の提出により、対税務署としては、使用貸借(ここでは関係ありませんが低額で賃貸も含みます)しているという証明になりますが、建物に関しては、その一定の書類がありませんので、使用貸借契約書で証明するしかないものと思われます。

その後の役員に対する課税関係や財産評価の仕方は、いろいろとあります(所得税・相続税外)ので、省略させて頂きます。

Q土地とその土地に建つ自宅の名義が別々の場合の売買

土地の相続に関して教えて下さい。

4年前に母が無くなり、土地と自宅を親族で分けました。

三女夫婦が母と同居していて、私と他の2人の兄弟は東京と大阪に
出ていたので、同居していた三女夫婦に自宅建物の名義にして、そのまま住んで
もらい、土地は兄弟4人で分けました。
固定資産税も島国の田舎ですので、安く、三女が基本的には土地も建物を実質
所有している感じですので、三女が4人分の固定資産税を支払ってました。

1年に1回は私ども夫婦も墓参りを兼ねて、実家に帰っていました。
二人の兄弟も年に1回くらいは帰ってました。

田舎の家と土地は売りたくないのですが、妹が売って、大阪に移住すると先日
連絡をしてきました。
一番下は男で今年29歳なのですが、30歳になったら島に戻ると以前から宣言していました。
土地は敷地の前の道路を正面に見て4等分したのですが、
弟の土地に三女の自宅の土地が一部掛かっており、
弟いわく、自宅の建物の一部が俺の土地の上にあるのだから、
勝手に取り壊して売ることは出来ないと、電話で口論になったようです。

弟は、三女が都会に出るのなら、自宅に住みたいと考えたようです。

この場合は、弟の許可なしに、妹は自宅を解体して、売る事が出来るのでしょうか?

ちなみに私と次女は両端の土地の為に弟と妹の事には関係がないのですが、
やっぱり生家の一部でも残って、弟が住むのなら、
その方が良いと思っています。

評価額は恐ろしく低いので、1人300万円程度にしかならないのですが、
三女は4人の土地を纏めて売った方が買い手がつくといっています。


何卒、ご教授を宜しくお願い致します。

土地の相続に関して教えて下さい。

4年前に母が無くなり、土地と自宅を親族で分けました。

三女夫婦が母と同居していて、私と他の2人の兄弟は東京と大阪に
出ていたので、同居していた三女夫婦に自宅建物の名義にして、そのまま住んで
もらい、土地は兄弟4人で分けました。
固定資産税も島国の田舎ですので、安く、三女が基本的には土地も建物を実質
所有している感じですので、三女が4人分の固定資産税を支払ってました。

1年に1回は私ども夫婦も墓参りを兼ねて、実家に帰っていました。
二人の兄弟も年に1...続きを読む

Aベストアンサー

確かに,兄弟であっても物の所有権は他人の権利ですから,一般的には,他人の敷地に無断で入れば住居侵入罪に問われたり,権利の侵害として損害賠償請求の対象になることはあります。が,現状,「1/4土地の所有権対建物の所有権」という所有権同士の対立構図になっているので,法律の教科書による「住居侵入」とか「所有権の侵害」の説明だけでは,済まないことになります。
何故か,それは,弟さんの言い分もあるのですが,三女さんも自己の所有権としての処分権を有しています。双方共に,正当な権利者だからです。
弟さんが言う取り壊すことが出来ないと言っているのは正確では無く,正確に言えば,所有権を元に自己の敷地に立ち入ることを許さない。→→→立ち入ることができないのであるから,重機や人が入れず壊すことができない。端的に言えば,「間接的に壊せない。」というのが正確かと思います。言葉遊びのように聞こえるでしょうが,法律とは,個々の状況を個別に考え,個別をつないで行くという作業をしています。

じゃ,どうすればいいのか。質問者さんは,兄弟姉妹の間柄を壊したくないと仰っていますから,三女さんがどうしても建物を壊したいと言っているのであれば,簡易裁判所で調停を申し立てて,弟さんとの同意の上で,建物を壊すという方法もあります。
それでも弟さんが,どうしても壊させたくない。一方の三女さんは,どうしても壊したいと言っているのであれば,三女さんは,建物を弟さんに売ることもできます。弟さんが,買えない,壊させたくないと言い張ったときには,三女さんの所有権を制限することは難しいので,三女さんが強行手段に出ると,弟さんは,自己の所有権を盾にそれを止めることは事実上,難しいと思われます。
もし,三女さんが強硬手段にでたとして,弟さんが自己の所有権の侵害を警察に連絡しても,今回は,全くの赤の他人ではなく,身内の問題となるので,警察は原則として「民事不介入」を理由に三女の行為を制止することまではできないかと思われます。
でも,これだと今後の兄弟姉妹間が壊れてしまうので,あまりよい方法ではないと思います。
調停で合意が出来なければ,裁判で,弟の敷地に入ることの許可を取る方法もあります。
正当な権利者間の紛争は,双方の言い分,現状の維持が一方の権利者のみにかかる負担が,どの程度あるのか(負担の公平性)などを調べて判断することになります。

ここまで書きましたが,双方の言い分の中間点としては,弟さんが建物を購入するのが一番,問題が小さいのかなと思います。それ以外は,どうしても第三者の介入がありますので,弟さんには,多少の蟠りが残ることにはなります。
いろいろと書きましたが,参考になれば幸いです。
最後に,相続って,被相続人が残した金銭的・物質的なものを引き継ぐということだけに,目が注がれがちですが,本当は,それだけではなく,被相続人が築き上げた人間関係も引き継ぐことも含んでいるのではないかと思うのです。そう考えると,被相続人(亡くなられた方)は,どんなお気持ちで,ご自身の身内に,何を残されたかったのでしょうか?。それを今一度,今回の件を契機に,みなさんで考えてみてはいかがでしょうか。
今の現状を望まれていたのでしょうかね・・・・・・・・

確かに,兄弟であっても物の所有権は他人の権利ですから,一般的には,他人の敷地に無断で入れば住居侵入罪に問われたり,権利の侵害として損害賠償請求の対象になることはあります。が,現状,「1/4土地の所有権対建物の所有権」という所有権同士の対立構図になっているので,法律の教科書による「住居侵入」とか「所有権の侵害」の説明だけでは,済まないことになります。
何故か,それは,弟さんの言い分もあるのですが,三女さんも自己の所有権としての処分権を有しています。双方共に,正当な権利者だから...続きを読む

Q民法の使用貸借は片務契約というところの内容がよくわかりません

「使用貸借は片務契約」というところの片務契約についてですが、どちらが債務者なのでしょうか?

片務契約とは契約の一方の相手方だけが債務を負う契約となっているみたいですが・・・

その、「一方」とはどちらのことなのでしょうか?

物をただで貸す人の、貸す義務のことなのでしょうか?

それとも借りる側の物を返す義務のことを指しているのでしょうか?

条文上では

(使用貸借)第593条

使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収益をした後に返還をすることを約して相手方からある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

と,あるので借りる側の返還する債務のことなのかなあと思っているのですが、基本的過ぎる疑問のためか、なかなか答えが調べだせずにいます;;

どなたかお教え願えませんでしょうか?

よろしくお願いします m(. .)m

あと、「消費貸借」は「無償」でも「有償」でも「片務契約」となっていて、その場合の「片務契約の債務」とは、無償でも有償でも、「借りたほうが返す債務」のことを指す?(すいません、ここは自分の勘違いの可能性高いです・・・・「無償」の場合は「貸す債務」を指すことに変わるのでしょうか?)みたいですが、これでいう「消費貸借の無償の場合」は、使用貸借とどう違うのかもわかりません;;

1)使用貸借の片務とはどっちの債務? 
2)消費貸借の片務(有償のときのみ?)は、お金を借りた側の人が貸した人に返す債務らしい・・・
3)消費貸借の「無償」の場合の片務は貸す側の債務に変わる気がする・・・
1~3の理由により、「消費貸借と使用貸借の違いがよく解らない」状態になっています・・・(´;ω;`)


   

「使用貸借は片務契約」というところの片務契約についてですが、どちらが債務者なのでしょうか?

片務契約とは契約の一方の相手方だけが債務を負う契約となっているみたいですが・・・

その、「一方」とはどちらのことなのでしょうか?

物をただで貸す人の、貸す義務のことなのでしょうか?

それとも借りる側の物を返す義務のことを指しているのでしょうか?

条文上では

(使用貸借)第593条

使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収益をした後に返還をすることを約して相手方からある物...続きを読む

Aベストアンサー

ANO.1です。
一点もれました。質問は条文では無いので御許しを。(笑

使用貸借は、使ったものを返す契約。(使っている間、借り賃を払えば賃貸借契約。但しこちらは双務契約。つまり契約が成立したら借りる側は「貸せ」と言える)
消費貸借は、対象物を消費した後、同等のものを(有償の場合は、利息や決められた礼品やらも)返す契約です。

Q共有名義の土地建物の名義変更

回覧ありがとうございます。離婚して9年経つのですが前妻との共有名義の土地と建物があります。持分比率は土地建物ともに自分が5/6。前妻が1/6です。別れてからは自分が住んでいます。今回住宅ローンの借り換えをするのに共有名義を自分のみの名義に変更しようと思い前妻にその旨を伝えました。しかし前妻はあなた1人でなんとかして下さい。あなたのお願いも聞けないし協力もできないと言われました。こうなるとどうする事も出来ないのでしょうか?このまま共有名義のままでいるしかないのでしょうか?詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在のローンについて、元妻は保証人になっているでしょうか?離婚の際に財産分与その他について取り決めはされましたか?
基本的には話し合いベースが好ましく、訴訟は最終手段です(訴訟の中で和解を目指す方法はあります)。
当事者間で無理でも、一般論として弁護士が事情を把握して交渉すれば、まとまる可能性がありますし、調停で調停委員から説得してもらうことも考えられると思います。
交渉の武器があるかどうかは、事情次第です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング