主人公が現実世界から、何かの拍子に異世界に行ってしまうファンタジー小説ってありませんか?
思いつくのは、宮部みゆきさんの『ブレイブストーリー』ぐらいしかなくて…。と言っても、原作は読んだことないのですが。

主人公はできれば日本人であってほしいのですが、上記に書いた設定の話なら何でも構いません。
おすすめの本や、タイトルだけ知っているというのでも良いので、教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

一番最近の本だと、東野圭吾の『パラドックス13』とか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

東野圭吾さんというと、やはり『ガリレオ』のイメージがありますが、この作品も読み応えありそうですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 00:28

「花輪竜一郎さんの優雅な生活」神月摩由璃


 締め切りに追われるSF作家の主人公がある朝目覚めてみると、ケンタウロスの編集者が原稿とりにやってきた。なんとか編集者を追い返して町に出てみると、そこはいわゆる幻獣たちが日常生活を送っている世界だった。

http://www.amazon.co.jp/dp/4151100032
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ケンタウロスの編集者を想像して、思わず笑ってしまいました。おもしろそうな作品なので、読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 00:21

荻原規子『これは王国のかぎ』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122048117.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「アラビアンナイトの世界」という設定は、異色な感じがしてなかなかおもしろそうですね。読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 00:15

追加です。


渡瀬悠宇「ふしぎ遊戯外伝」
篠原千絵「還ってきた娘」
あかほりさとる「天空戦記シュラト」
あかほりさとる「MAZE爆熱時空」
豪屋大介「A君(17)の戦争」
雑賀礼史「召喚教師リアルバウトハイスクール」
伊東麻紀「宝剣物語」
ひかわ玲子「ゴッデス!」
ひかわ玲子「魔法のお店シリーズ」
友野詳「小説・央華封神」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6,7と多くの作品を教えていただきありがとうございます。mshr1962さんは、この教えてくださった作品をすべて読まれたのでしょうか?
どちらにしても、これだけのタイトルを挙げられるのはすごいと思います。
興味深い作品が多々ありましたので、読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 01:03

麻城ゆう「月光界シリーズ」


高千穂遙「NORIEが将軍」
田中芳樹「西風の戦記(ゼピュロシア・サーガ)」
田中芳樹「夏の魔術シリーズ」
丘野ゆうじ「ハイランディア」
ヤマグチノボル「ゼロの使い魔」
舞阪洸「火魅子伝」「火魅子炎戦記」
王領寺静(藤本ひとみ)「異次元騎士カズマシリーズ」
藤本ひとみ「まんが家マリナシリーズ」
榎木洋子「リダーロイスシリーズ」
榎木洋子「乙龍シリーズ」
秋津透「闘鬼風雲録」
新井素子「扉を開けて」
    • good
    • 0

・柏葉幸子 霧のむこうのふしぎな町 講談社文庫


 映画『千と千尋の神隠し』の原案になった作品
・筒井康隆 時をかける少女 角川文庫
 TVドラマや映画化もされたタイムトラベル(時間移動)作品
・藤野千夜 ルート225 新潮文庫
 現実世界と微妙にズレた世界(パラレルワールド)への移動がテーマの作品
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『霧のむこうのふしぎな町』が『千と千尋の神隠し』の原案だったとは知りませんでした。『千と千尋の神隠し』はジブリ映画の中で好きな作品の一つなので、読んでみようと思います。
『時をかける少女』はテレビでやってたアニメ映画を見たので、内容は知っています。確かにファンタジーものですね。
『ルート225』は、捉え方によっては少し怖いような感じもある作品と言えるでしょうか…。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 00:56

私が大好きな(…というか、ハマリまくった)異世界ファンタジー小説です。

テレビアニメ化もされています。

小野不由美「十二国記」シリーズ。ちなみに完結はしていません。

それぞれの本は別のストーリーになっていることもあり、主人公が変わったりしますが、皆つながりがあります。日本の女子高校生が主人公の『月の影・影の海』から読むとわかりやすいと思います。外伝『魔性の子』から読むほうが良いという意見もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『十二国記』聞いたことあります。アニメもちらっと見たような気がしますが、内容は全く覚えてません。まだ完結していないんですね。大長編のようなので、おすすめされている本から読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 00:45

 神坂一さんの「日帰りクエスト」シリーズ。

異世界からの召喚により呼び出された女子高生が主役。
http://www.amazon.co.jp/dp/4044146012

 とまとあき・塚本裕美子さん「続 わたしの勇者さま」。前作において、異世界から飛ばされてきた勇者の帰還時についていった元女子高生が主役。
http://www.amazon.co.jp/dp/4044121060/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも主人公は女子高生なんですね。特に『日帰りクエスト』の方の主人公は、かなりインパクトありました。
両方とも読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 00:37

かなり昔、小学生時代に読んでいた、ティーンズ小説で、そういうものがありました。


少女漫画家・折原みとの「アナトゥール星伝」です。
(少女漫画家ですが、これは小説です。今は漫画にもなっているようです)
シリーズもので、長年続いたようですので、私は20巻まであるうち、11巻までで卒業しました。

異世界とは違いますが、伊坂幸太郎の「オーデュポンの祈り」はお勧めです。

参考URL:http://www.mitorin.com/mito/web/works_frame.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『アナトゥール星伝』の方は、やはり著者が少女漫画家ということで、表紙がかなり少女漫画っぽいなぁという印象を持ちましたが、内容はおもしろそうですね。
『オーデュボンの祈り』の方は、確かに異世界とは違うようですが、おもしろそうなので読んでみたいと思います。著者の伊坂幸太郎さんは、最近映画化された『重力ピエロ』の著者の方でもあるんですね。知りませんでした。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 00:23

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E5%9C …
「自転地球儀世界」がいいかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク先見ましたが、おもしろそうですね。完結はしてないのでしょうか。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 00:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q宮部みゆき「ブレイブ・ストーリー」の疑問(ネタバレです)

宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」を読んだのですが、疑問点がいろいろありました。答えをご存知の方いらっしゃったら教えていただければ幸いです。

1.ミツルは旅を始める前から魔法が使えたようだが、なぜか
2.ラウ導師が現世に来ていたのはなぜか
3.ミツルはどうやってワタルの分の旅人の証を手に入れたのか
4.大松香織の魂はどうして幻界に囚われていたのか
5.オンバ様は旅人が運命の塔に来る度に誘惑しに行っていたようだが、倒したのはワタルが初めてのようだった。他の旅人たちはオンバ様を倒さずにどうやって運命の塔まで辿りついていたのか。

Aベストアンサー

全く自信のない私見ですが

1.ミツルはもう旅にでていたのでは、『選ばれた者』であれば現世に戻ってきても記憶は消えないそうですし。

2.ラウ導師の部屋の中には現世に来たくなる部屋がある?

3.ラウ導師が門の番人なら導師からもらった?

4.石岡と同じように囚われていたから誰かに魔法をかけられた?

5.誘惑に乗らなさそうな人の前には現れず(ミツルみたいなの)、オンバ様がこいつなら誘惑できると思った人は運命の塔までたどり着けなかったのでは?(旅を途中であきらめたり、氷の島に住み着いたりして)

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q宮部みゆき作品について

宮部みゆき作品について

「長い長い殺人」・「魔術はささやく」・「龍は眠る」を見ました。

人の描写やストーリー展開が面白くてどんどん読まされてしまうのですが、事件の真相を聞いたときに「う~ん、スッキリしない」と思いました。「おしい!」と。

他の作品でラストが「すごい!」と思った作品ありましたか?ジャンルは特に問いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかります。「長い長い殺人」は惜しいですよね(笑)
私的には「理由」と「模倣犯」も惜しかったです。
ただ、模倣犯は途中の展開は素晴らしかったように記憶しています。

飛び抜けて「すごい!」と思ったのは、何と言っても「火車」です。
題材が今となっては古い社会問題ですが、ラストの、息が止まるような緊張感はなかなか読書で味わえるものではありません。

「蒲生邸事件」もお勧めです。「ラストがすごい!」というのはありませんが、読後の余韻が深いです。
余談ですが、ドラマ化されましたがキャストがいまいちでした。山田孝之君あたりでやってくれないかな・・

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q宮部みゆきのレベル7

図書館で借りてきたのですが最後の最後のほうが剥がれて見えない文字があります。持っている方がいたら教えてください。
第四日(57)
「榊医師は東京にもクリニックを持っているから、その店でも○○がきいた。
表面はあくまでも猛蔵に盲従している☆☆☆装いながら、いわば二重生活をしていだのだ。」
という部分です。ハードカバー版ですがうしろから6ページほどです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「レベル7」私も面白く読みました。

問題の個所は、

 ○○……「自由」
 ☆☆☆…「ふりを」

です。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q宮部みゆきの本について

初めて宮部みゆきの本を読もうと思って模倣犯を借りたのですが、初めて読むにはちょっと長いかなと思ってます。

割と短めで、オススメの本があったら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
わたしがいちばんハマったと思う宮部作品は、
今だに『火車』新潮文庫(山本周五郎賞受賞)です。
短くはないですが1冊の本ですし、
何より読んでて止まりませんでした!
読んでいる途中でしおりをはさもうと思っても、
続きが気になって気になってしかたなく、
まさに一気読みしてしまった本です。

宮部みゆきの長編(現代)サスペンスは、
現代社会に潜む社会問題が基本テーマになっていることが多いです。
でも堅苦しくなく織り込まれていて、読み手のテンポを遮りません。
ムズカシイ話が苦手な人でも、興味深く楽しんで読めると思いますヨ。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報