5月18日の午前中にNHKで放送された番組で、果実酒の特集が組まれていました。その中で、果実酒をつける際に使われるホワイトリカーに、かつお節や昆布をつけこむと、香りが移り、小さじ一杯程度で出し代りに使えると紹介されていました。是非ともかつお節酒や昆布酒を作りたいと思ったのですが、材料の分量をメモし忘れてしまいました。ご覧になられた方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自分が見たわけではありませんが、


検索してみまして『大阪市羽曳野市の口コミ』というところに書き込んであるのを見てみますと、
《ホワイトリカー1Lに対して、かつおぶしだったり昆布が30g》
だそうです。

私も試してみたくなりました。。

参考URL:http://www.lococom.jp/article/A27/23/222/30986/5 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
煮出す手間が省け、ガスの無駄遣いも減り、手ごろに香り高いおだしが味わえるということで、もう待ちきれず、今日かつお節とホワイトリカーを買ってきてしまいました。
さっそくURLを参考に、つけこんでみようと思います♪
お忙しい中貴重な情報をご提供くださいまして、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/22 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆布茶の不思議

いつもお世話になっております。
私には苦手な飲みものが結構あって、その中の一つが昆布茶(梅昆布茶を含む)です。
昆布だしの料理、昆布飴は大好き。
その他煮物や佃煮など昆布そのものを食べる食べ物も、大体は食べることが出来ます。
ところが昆布茶だけは…。
薄くいれたお茶みたいな見た目なのに、うまく表現出来ないのですが、強烈な味がすると言うか…。
同じように昆布を使った食べ物なのに、どうしてこんなに違うのか分かりません。
昆布だしと昆布茶の違い、昆布飴など昆布そのものを食べる食べ物と昆布茶の違い、その様な点があれば教えて下さい。
また、私と同じように感じる方はいらっしゃいますか?

ちなみに私は兵庫県在住で、現在だしに使用している昆布は「真昆布」という種類です。

Aベストアンサー

こんにちは。

>薄くいれたお茶みたいな見た目なのに
「見た目」から質問者様の脳が想像する「味」が、No.1様のおっしゃる様な理由で実際の「味」とかけ離れている事が原因なのでは?と、思います。

純粋に昆布の味でもないですしね。

ちなみに私は煮た昆布はちょっと苦手で、食べるならそのままの昆布が一番好きです。
そのままで食べるなら、ちょっと高いですが「羅臼」産の昆布が絶品です!

Q果実酒の果実を使って何かできませんか?

かれこれ2年以上になるのですが、ホワイトリカーに果実をつけて、そのままほったらかしにしていました。
びわの瓶、梅の瓶、パイナップルの瓶、など何種類かあります。
確か、果実は取り出してお酒だけを熟成させるべしとあったのを、すっかり忘れていました。
遅ればせながら取り出した果実を、捨てるのも忍びないのでタッパーにとっておきました。なにか使い道あるでしょうか?
砂糖を加えて煮るとジャムになるのかな、と思いましたが、お酒臭くていかがなものかと思っております。

Aベストアンサー

梅酒の梅は私も2~3年入れっぱなしだったものを使ったので、シワシワでも変なにおい等がなければ大丈夫だと思います。
びわやパイナップルは作ったことないですが、こちらも変なにおいがなく、試しに一口食べてみて嫌な味がしなければ大丈夫でしょう。

お酒の香りは煮詰めるときにある程度とぶのでジャムにしてOKだと思います。
どうしても抜けないなら、ブランデーやラム種など香りのよいお酒を加えて、お酒の風味をたのしむジャムにしてしまうのもいいですね。
フードプロセッサーやミキサーをお持ちなら、細かくしてから火にかけると簡単ですよ。

No.1の方のアイデアいいですね!私も参考になりました。
パウンドケーキに混ぜる楽しみ方は私も梅酒の梅でやったことありますが美味しかったですよ~。

パイナップルはそのままヨーグルトにいれて食べてもいいですね。

チャツネ代わりにカレーの隠し味にしたり、豚肉や牛肉を煮込むときに一緒に入れるとまろやかで美味しく仕上がります!!
細かく刻んでマヨネーズなどに混ぜると変わりタルタルとしても楽しめます。

Qだし昆布の粘り?

最近、真昆布、利尻昆布、日高昆布あたりで出汁をとっています。

数時間水につけておくだけで、透明なトロトロしたものが出てくる昆布ってあまり良くないでしょうか?

安い昆布だとそうなるのかと思っていたのですが、最近買ったそこそこ高くて「1級昆布」と銘打っていた利尻昆布がこんな感じでした。

個人的には、水出ししたときに、昆布の風味が出ていながら、トロトロも出ない昆布がええ昆布だと思うんですが、実際どうなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

調理師です。
昆布のぬるぬるは、出て当たり前のものです。
このぬるぬるを利用した、「松前漬け」や、「ねぶた漬け」は、北海道や青森の旨い昆布料理です。

昆布で出汁をとる場合、このぬるぬるを出さずに旨味成分だけを出すのが技術なんです。
下っ端の和食系料理人は、親方に散々仕込まれる技術の一つです。

ちなみにいい昆布ほど、ぬるぬるが多いですよ。

Q粉寒天小さじ1、棒寒天を使うとき時の分量は?

粉寒天小さじ1、棒寒天を使うとき時の分量は?

棒寒天が家にあるので使ってみようと思います。(実は寒天を使うのは初めてです)
レシピには粉寒天小さじ1と書いてあります、この場合、棒寒天ではどう量ればいいのでしょう?

Aベストアンサー

粉寒天小さじ1の重さですかー。。。
粉寒天は使ったことないんですよね。

棒寒天は一本で500~600cc程度の水分が固まるんですが、、、

Q料理初心者 男でもできる昆布のおかず

料理初心者の男でもできる、簡単な昆布のおかずを教えてください!

自宅に乾燥している大きな昆布があります。
ハサミで切って使うような昆布で、長くて厚みがあります。

この昆布をどうにか食べられるようにしたいです。

水で戻せば食べられますか?なるべく昆布だけで食べたいのですが、どんなおかずがあるでしょうか?

おでんに入っているような昆布が食べたいです。どなたか昆布の使い方を教えてください!

Aベストアンサー

水で戻せば食べられますか?なるべく昆布だけで食べたいのですが、どんなおかずがあるでしょうか?
>水で戻しただけではダメですね。
キッチンペーパーでいいので水で濡らして絞り昆布をふく。
30分は水に漬けておく→この水はあとで使います。
柔らかくなったら【繊維に逆らってカットする】→
鍋に戻した時の水入れて・酒・味醂・砂糖・醤油を入れる。
沸いたら昆布を入れて焚く→この時鍋のつゆは昆布が全部浸っているくらいにする。
蓋をして弱火。
繊維に逆らってカットした昆布は柔らかく崩れやすいので、
鍋のつゆの減り具合をみて弱火の中火にするとかの工夫が必要ですが時短できるポイントです。
またしっかり味がしみて歯ごたえのある昆布が好きなら【繊維に沿ってカット】すればよいでしょう。いずれにしろ 出来上がりの食感は見事に違いますので好みに合わせてカットしてください。
煮汁がすくなくなったら鰹節とひねり胡麻(白)を絡めます。
干し椎茸があれば尚美味しいですよ。

Q果実酒を作ろうと思っています。なにか良いサイトはありますか?

先日、知人から手作りの梅酒(ブランデー)を頂き、その美味しさに感動しました。それで自分でも作りたいと思ったのですが、色々な果実酒の作り方が載っているお勧めサイトはありますか?探したのですが、ちょっとわからなくて…。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

具体的な作り方は、URLに載っていますので、分かるかとおもいます・・・

なので、注意点を出しておきますね。
アルコール度数ですが、高いほうが良いです。保存の問題ですが、20度以下だと、長期保存に耐えられないため酸化するか腐ります。なので、これだけは絶対に注意したほうがいいですね。とくに、自分で手を加える場合、未開封の物を開けるよりも雑菌とかの問題もありますから、腐る可能性は高くなります。
また、おいしい果実酒(漬け込み系)ものだと1年2年の保存は当たり前で、なかには10年おくと良いという人もいますから、保存の問題は重大です。
で、20度以下だと、そういった年数保つのは困難です(味は酸化により劣化しますし、最悪雑菌繁殖の可能性もあります)。なお、20度以下でもワインとかは30年ものとかありますが、あれはタンニンが豊富なもののみが可能な熟成期間であり、例外的なものです。日本酒のようにタンニンのほとんど含まれていない酒は、10年以上の長期熟成は困難です。
逆に、40度越えて50度とかなると、100年以上持つのですけどね・・・強化ワインとか、泡盛とか・・・でもまあ、作っても生きている間には飲めないですし、個人だと雑菌の問題があるのでこれは無理かな・・・

あと、もう一つは保存場所ですね。
まず、酒の原則として光は厳禁。暗い場所に保存してください。また、気温が一定して低い場所がいいです(冷蔵庫はアウト。震動がある上気温の変化が結構激しい)。
また、空気に触れると酸化するため、なるべく空気を含ませず、静かに扱うのも重要です。また、できるだけ空気を容器に残さないようになみなみと入れておくこと。
保存については、細い色ガラスのビン(ワインの緑ボトルには意味がありまして、色が光をある程度遮断してくれるのです)が理想です。もちろん移すときは、空気に余り触れないようにしてください。
なかなか難しい条件と思いますが、蒸留酒ですから、ワインほど繊細ではないため、床下でもある程度は大丈夫、とのことです(最終手段としてワインセラーに入れてもいいと思いますけどね)。

この2つに気をつければ、腐らず酸化せず、ちゃんとしたお酒になるとは思います。

参考URL:http://www.shochu.or.jp/kajitsushu/index.html,http://www.remus.dti.ne.jp/~maako/kajitsu.html

具体的な作り方は、URLに載っていますので、分かるかとおもいます・・・

なので、注意点を出しておきますね。
アルコール度数ですが、高いほうが良いです。保存の問題ですが、20度以下だと、長期保存に耐えられないため酸化するか腐ります。なので、これだけは絶対に注意したほうがいいですね。とくに、自分で手を加える場合、未開封の物を開けるよりも雑菌とかの問題もありますから、腐る可能性は高くなります。
また、おいしい果実酒(漬け込み系)ものだと1年2年の保存は当たり前で、なかには10年おくと良...続きを読む

Q昆布の種類の読み方

こちらのカテゴリーでいいのか迷いましたが質問します。昆布の種類を調べておりまして、真昆布=マコンブ、はわかったのですが下記の五種類の昆布の読み方がわかりません。手元に辞書がないのでよろしければ教えてください。
白口元揃昆布、黒口元揃昆布、折昆布、細布昆布、細目昆布
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

白口 しろくち
黒口 くろくち
元揃 もとぞろえ
折  おり
細布 ほそめ
細目 ほそめ

http://www.d2.dion.ne.jp/~konbu-ma/subkonbuyougo.htm
http://www.torii-kelp.co.jp/shurui.html
http://www.hakodate.ne.jp/kamada/variety.html
http://www.e-konbu.co.jp/konbu.htm
http://www.konbukan.co.jp/yamatotakahashi/net/knowledge/index.html

Q果実酒の瓶について

はじめまして。果実酒で使う瓶についての質問です。
色々なところを見ると、瓶の容積は「ホワイトリカーの2倍ほど」という記述があるのですが、必ずしもこれを守らなければいけないのですか。
たとえば、「ホワイトリカー一升に対して、2リットル瓶を使う」の様な事をしてはいけないのでしょうか。瓶いっぱいに作ったほうがたくさんできると思うのですが。

Aベストアンサー

よく梅酒などを作っていますが、瓶の容積はあまり気にしていません。
ようは、全ての材料が瓶の中に収まりさえすればいいのですから
瓶の容積容量ではなく、材料(果実、氷砂糖、ホワイトリカー)全ての分量が入る容量で用意されればいいと思いますよ。
瓶一杯まで入れても問題ありません。
ただ、多少隙間を作っておいた方が、混ぜたりするときに漏れずにすみますよ。

こちらのサイトもご参考なるかと
http://homepage2.nifty.com/NG/sake/sake01.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/NG/sake/sake01.htm

Q昆布等を食べると腹痛に・・・(アレルギー?)

このことに気がついたのは10年前。昆布類を食べると必ず2、3時間以内で腹痛を起こします。昆布類というのは本当にそのまま昆布を食べたらということです。昆布のだしがでているお汁はそんなことはないのですが、煮物の昆布やめかぶ、とろろなど昆布自体を食べると腹痛が発生し5、6時間苦しんでます。これってやっぱり何かのアレルギーなのでしょうか?

どんなアレルギーなのかを病院では詳しく調べてくれますか?その場合は何科に行けばよいのでしょうか?

あと、昆布以外にキウイも同じで腹痛を起こします。昆布とキウイになにか関連性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

キウイのアレルギーに関しては、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#9で紹介したサイトも参考にしてください。

昆布に関しては、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「昆布の成分からアトピー性皮膚炎や花粉症を抑える効果が見つかりました」
一般には、昆布は食物アレルギー患者の代替食物にあがっているようですから、これに含まれる「アルギン酸」に対するアレルギーは考えにくいのではないでしょうか・・・?

>昆布のだしがでているお汁はそんなことはないのですが
だしに抽出(出ている)されている水溶性成分には問題ないようですし・・・?
⇒アルギン酸は水溶性の食物繊維ですので、これが腸の蠕動運動を促進しているのかもしれませんね・・・?

◎http://www.souya.co.jp/09_menu/09_index.html
(昆布の効用)
◎http://www.menekiplaza.com/seibun3.html
(水溶性食物繊維)
●http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/konbu.htm
(コンブの効用)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=633365

キウイのアレルギーに関しては、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#9で紹介したサイトも参考にしてください。

昆布に関しては、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「昆布の成分からアトピー性皮膚炎や花粉症を抑える効果が見つかりました」
一般には、昆布は食物アレルギー患者の代替食物にあがっているようですから、これに含まれる「アルギン酸」に対するアレルギーは考えにくいのではないでしょうか・・・?

>昆布のだしがでているお汁はそんなこと...続きを読む

Q果実酒にトレハって

先日主人がトレハロースを購入しました。
ちょうどレモン酒を漬けようと思っていたので、氷砂糖の代わりにトレハを使ってみればと勧められたのですが、実際どうなのでしょう。
お菓子に使うという方は多いようですが、お酒に使っても大丈夫かなと考え中です。
どなたか、使った経験がある方、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

使った経験でなく申し訳ないですが、トレハロースを製造している会社のHPで以下のように書いてありました。
「氷砂糖の10%をトレハに置き換えれば、後味すっきりの梅酒ができます。同様に、トレハを使って、他の果実酒にも応用できます。」

トレハのご家庭での利用法>飲料
http://www.hayashibarashoji.jp/cooking/inryou.html#03

参考URL:http://www.hayashibarashoji.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報