微生物学の英語の論文を読んでいるのですが、肺炎レンサ球菌のPavAについてかかれています。

表題には、『肺炎レンサ球菌のPavAは、付着、侵入および髄膜の炎症を調節する』と書いてありますが、
PavAとはなんなのか?どうゆう働きをするのか? 分かる方いらっしゃいませんでしょうか!?
専門知識になりますが、教えて下さい(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

肺炎」に関するQ&A: これって肺炎??

A 回答 (2件)

専門外なので想像ですが、下記PDFファイルの21ページ目をご覧ください。


http://www.osaka-med.ac.jp/~micro/saikin59/2.pdf

その講演要旨の中で、Plasmin and fibronectin binding protein A (PfbA)と命名されている蛋白が PavA なのではないかと思います。
    • good
    • 0

同じような題名の論文が以下にありますが、その論文のAbstractにおおよそのことが書いてあります。


http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.f …

Pneumococcal adherence and virulence factor A (PavA)
菌の表面に発現するたんぱく質です。

この回答への補足

その論文を読んでます!!日本語に和訳してもうまくできず…(´;ω;`)
困ってるんですよ(>_<)

補足日時:2009/05/20 20:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング