年俸制の会社に勤務しています。このたびの年俸査定で前年度の半額程度の提示を受けました。
これを機に退職を考え始めています。
このような状況は、会社からの退職勧奨として扱われますでしょうか?
退職勧奨の場合、退職金割増金のようなものがつくとおもいますが、程度の金額(基本給の何ヶ月分くらい?)で交渉できるものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

合理的な判断に基づいて年俸制で半額以下などは普通のことです。


それだけでは、退職勧奨には当たりません。
    • good
    • 0

1.年俸制の改定の場合、減額提示は


  ・本人の成績
  ・企業の業績
  の2点から算出します。
  両方が前年比プラスになってはじめて現状維持以上の評価です。

2.定期改定時/査定時における減額査定は退職勧奨には当たりません。

以上のことから、obe77さんが減額査定を不服として退職した場合には
会社が規定以上の退職金を支払う義務も可能性もありません。

ちなみに
「退職勧奨の場合、退職割増金の様なものが付く」という事は絶対条件でもなんでもなく、
企業側の自由裁量になります。
    • good
    • 0

貢献度に対する報酬額です・貢献できないなら半額も当然の結果です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング