今回、当方に過失がない自動車事故で、一方的に賠償されるケースです。損害保険会社T社の担当者が提示する損害保険金に支払い根拠の乏しいものが入っています。聞けば加害者とスムーズに示談を締結させるための割増金のようなものだそうです。車検を通したばかりの車だったにも関わらず、そのような費用に対する保険金請求は一切認めず、示談をスムーズに進めるための費用にのみ保険金を出すといいます。(実は同じ損害保険会社で車検費用を賠償してもらった前例があります。)
なぜ、このような事例のバラつきがあるのか不思議でなりません。損害保険会社の対応は一般的にどうなのでしょうか?

当方は、保険会社に対して、不当あるいは過剰に保険金を請求していませんし、するつもりもありませんが、損害保険会社のもっとも重要な社会的役割である保険金支払いの体制・説明が担当者のさじ加減一つに関わり、あまりにずさんに感じられるためこのようなQを投稿しました。事例ごとにケースバイケースというのはわかりますが、そうであれば支払われる保険金に対する十分な説明は必要だと思います。また、肝心の保険金受取時に適切な説明を十分できない損害保険会社にどんな価値があるのでしょうか。損害保険会社がなんらかの事情で払いたくないときは払わずに、余裕があるときには対応するというは被害者としてだけでなく、保険加入者としても不必要な保険料上昇につながるために困ります。当方は損害保険会社は損害賠償請求可能な項目をきちんとした形で示す義務があると思っています。担当者が一方的に電話で済ますのではなく、書面で被害者が損害賠償請求できる項目をきちんと確認できなくてはならないと考えます。

(なお、この担当者は事故証明書すらも取得せずに、事案を担当しています。相当いい加減ですね。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

さて、弊社では


対物超過特約の付保率は100パーセントです。
その付保は
今や常識でしょう。
ですから
あまりにも斜に構えるのはよろしくないと思います。

いらないならいらないと
相手保険会社へ
お申し出になられれば良いではないですか?

金額の根拠をはっきりさせたいならば
裁判をなされば良いだけのことですよ。

>。(実は同じ損害保険会社で車検費用を賠償してもらった前例があります。)

これはあり得ませんので
おそらく「そう言う意味で受け取っておいて下さい」と言うことですよ。

>示談を締結させるための割増金のようなものだそうです

実はこれもありません。
実際は正当に支払うことが出来るお金であるのに対し
ご説明申し上げてもうまくご理解頂けなかったので
そのように自己消化して捉まえてらっしゃるようですね。

また、100:0の事故で
物のみの場合
事故証明書を取ることの方が異常ですよ。

おそらくどこまで行っても
質問者さんは物事にご理解頂けないと思います。

お話を伺う限り
ズバリ申し上げて
水掛け論になるのはご質問者さんの
個人的素養によるモノであって、
保険会社には何の落ち度もありません。

納得いきたいのならば
訴訟なさるべきでしょう。
まぁ、しかし、もっと納得いかなくなりますが…

この回答への補足

さて、古い案件ですが、損害保険会社Tによる不本意な事故処理に泣き寝入りしないようコメントをつけておかねば、なりませんね。裁判の結果をいいますと、当方の言い分はすべて認められました。完全勝利です(^ー^)v。当方は、完全に被害者にも関わらず、損害サービス課からの居丈高な威圧的電話法や裁判期日引き延ばし工作等の嫌がらせを受けつつ、裁判に臨みました。保険会社は弁護士をつけてきました。(明らかに争点の費用より高く付きます。そういう無駄な費用を弁護士費用特約さえつけていない契約でも、損害保険会社は平気で使ってきます。みなさんが支払う保険の掛け金から使われている訳ですね。)当方は、弁護士はつけませんでしたが、入念に専門家と打ち合わせました。裁判所には判例とエビデンスを積み上げて、提出しました。こういうことで悩んでいるみなさん、判例はいくつもあるので、損害保険代理店や保険会社の都合でいいくるめられないよう、あきらめたりしないようにしましょう。また、重要な点は裁判官を説得することです。しっかりと目をみて話しましょう。小さな案件は裁判官にとってはゴミ同然。面倒くさいのでかならず示談を奨められますが、賠償請求の金額が適正であること、その理由とエビデンス、社会的な意義から示談に応じないことを説明します。対峙する弁護士を相手にしてはいけません。ですが、あくまでふるまい態度は紳士的に。心証良く。すべての説明を終え、示談をやんわりと拒絶すれば、裁判官が判決を下します。よほど腐ってなければ勝つことは難しくありません。詳細はまたどっかで記載したいと思います。質問をしめきるためと、一連の結果を書くことにしました。また、ご回答くださったみなさますべてにお礼をいいます。

補足日時:2010/07/28 23:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり弊社とは、損害保険最大手の”弊社”なのでしょうか?笑

まあそんなことはどうでもいいんです。とにかくrgm79quel氏の愛社?精神には心打たれるものがあります。笑 しかし、残念ながら、今回事故の加害者は対物超過特約には入っていませんでした。是非、積極的な御案内をしてあげて下さい。

今回、書いた内容はすべて私の体験です。脚色しては質問の意図から言っても意味がありませんので。保険会社には、こういった内容はやはり不都合可と思いますが、営業妨害をするつもりはまったくありませんので、あしからず。

私の個人的な素養は確かにたいしたことないのを十分認識しつつも、体験と経験したことを書きました。

お礼日時:2009/05/20 23:53

>。

(実は同じ損害保険会社で車検費用を賠償してもらった前例があります。)

そのことを保険会社に申し出しましょう。
矛盾点を突けばよいでしょう。

なお、具体的な内容が記載されていませんので、
どのような案件でどのような支払いの提示を受けたのか
不明なままでは回答はむつかしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指摘しました。担当者の方はかなりの間、うろたえていました。最終的には自己矛盾については意に介しませんでしたが。担当者は保険金の支払いに関する明確な基準を私に示すことが出来ませんでした。まるで水掛け論にもっていく特殊な訓練を積んでいるようです。

お礼日時:2009/05/20 22:19

こんばんは初めまして、私も初心者ですので分かる範囲でお答えしようと思います。

まずは事故お見舞い申し上げます。お怪我はございませんでしたか?追突事故だったのでしょうか?大変でしたね。

私は実は先月信号待ちをしていまして青になったので前に進んだところ渋滞になっていたのに気が付くのが遅れてしまい前の車に追突してしまい、初めて加害者となりました。

そこで大反省しまして保険の見直しを1から始めました。

そこで初めて対物超過修理特約と言うものがあることに気が付きました。この特約は相手の車に損害を与えたとき修理代が時価額を超え、示談がなかなか進まない時に50万円まで追加で修理代に当てることが出来るのだそうです。ですからこれは自分には得は無いのですが、相手に対する思いやり保険のようなものだと言う事になり、示談がスムーズに進めば結果的にお互い気持ちの良い示談になると思うのです。

でも全員がその特約に入っている訳ではありませんので、入っていない相手と事故を起こした場合、法律では時価額でのやり取りになってしまい、不満が残る事があると思うのです。

一人でも多く、この特約の必要性に気がついて入ってくれるといいですね。言葉足らずですいませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お気遣い痛み入ります。事故は被害者、加害者ともに嫌な思いをするものです。今回のケースは、幸いにも、物損事故でした。

トラブルはしょうがないのです。生きていればそんなものの連続です。しかし、被害者と加害者の間に損害保険会社が立ち入って、何故か事態がより、こじれてしまうケースは少なくないと思います。これは損害保険会社の本来の存在意義からは離れていますし、会社を監督する当局(金融庁)の社会適応性が未熟である為と考えています。

余談ながら不当な扱いとして、すでに倒産した生命保険会社から保険金の不払いを体験しました。祖父の逝去に伴い、親から依頼されて嫌々電話をかけた際のことです。倒産寸前だったためか窓口の対応はひどいものでした。請求の仕方すら教えてもらえず、笑いながら「とにかく掛け金を最終月まで払って下さいね」と言われて、電話を一方的に切られ、呆然としたことを覚えています。

私がこの件についてあえて皆様にお考えを聞こうと思ったのは、生命・損害保険会社の区別問わず、こういったいい加減な運用をしている保険会社が現存していることの是非です。

ご指摘の対物超過特約ですが、社会的に意義が高いものと思っています。対物超過は特約としてでなく、すべての損害保険会社が従来の対物保険に含めて契約を行うべき、というのが私個人のスタンスです。しかし、損害保険会社では積極的に加入をすすめていないのが現状ということを今回、案件を処理する業界最大手の損害保険会社担当者から説明がありました。正直、かなりあくどいイメージを持ちました。格好ばかりいいことを言うんですが、実態はそうじゃないと。ディーラーなんかには対物超過特約に入れないでくれと依頼するらしいのです。

お礼日時:2009/05/20 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払手形の仕訳について

以前に発行した支払手形が期日になっても決済されませんでした。原因は先方が取立依頼を忘れた為でした。そして、その手形と交換に小切手を振り出しました。そのときの仕訳ですが、、、

借方     貸方
支払手形/当座

と振出日に仕訳しました。間違いだとは思いませんが、何か引っかかります。
期日には何も仕訳しなくても良いのでしょうか?
皆さんはどのように仕訳しますか?教えてください。

Aベストアンサー

これで理論的にも間違いではありません。

約束手形は約束の日に支払うという証書ですが、期日その日に払わないと支払義務が消滅するものでもありません。時効のことを除けば期日以後いつでも提示されたときに支払いの義務があるということです。
ということで取り引きの事実は異例ですが、実際に現金を払った日に手形の決済があったという仕訳で間違いはありません。

もっともある程度の規模の会社では、期日処理は期日に自動仕訳になっているでしょうから、その場合は一度は期日に支払いがされたことになっているかもしれません。
その場合はその自動処理を一旦取り消して、実際の引き落としの日に上記の仕訳を入れるということになるかもしれません。


どちらにしても実際に現金が支払われる日が決済日という処理で正しいと思います。もし期日が期末であればその手形は支払手形の残高で繰越ということです。

Q保険会社の賠償金以外の賠償金

私は半年前に交通事故にあい、現在も頸椎捻挫で通院しているものです。
事故は相手が飲酒・信号無視で交差点に進入し、私が運転する車に衝突したものです。
(事故割合 相手100:私0)
来月には公判が開かれると、検察庁から通知も来ました。

公判で担当する弁護士から、保険会社の賠償金などとは別に加害者が賠償金を払うので示談にしてほしいとの手紙がきました。
そこには、この賠償金を受けても保険会社からの賠償金などには全く影響しないと書かれています。

示談って加害者と被害者との間で和解するという意味を法律上持っていると思うのです。
この弁護士からの提案を受けて示談すると、保険会社との今後の交渉などに影響しないものでしょうか?
まだ通院中で慰謝料などは保険会社からもらっていない段階ですので、この示談書を盾に保険会社が慰謝料の支払いを拒否してきたり減額されたり・・・そんな事ってあり得るのでしょうか?
やっぱりここは、保険会社からの慰謝料だけを受け取る方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

相手弁護士が保険会社との交渉とは別個で影響しないと
言っているのなら、保険会社に確認すれば良いと思いますが、
賠償金の受領書などに、その旨を書いてもらう・
署名などするなら、あらかじめ書類を送ってもらい
内容を精査する等必要でしょう。

相手弁護士は、刑事事件での情状酌量のために、
減刑嘆願書などに署名を求めてくるものと思われます。
相手を許せるかどうかだと思います。
金額を確認して、あなたが相手を許せるかどうか
考えてみれば良いと思います。

Q預金から引き出して現金で給料を支払う時の仕訳

預金から現金を引き出して現金で給料を支払う時の仕訳について教えて下さい。

まず銀行から引き出した時の仕訳は
現金  200000 / 普通預金 200000
で、合ってます…よね?

そして給料を支払う時の仕訳は
給料手当 200000 / 現金   170000
            預り金   30000

で、良いのでしょうか?それとも最初から

給料手当 200000 / 普通預金 170000
            預り金 30000
とすると、預金の金額が狂って来るのでしょうか?
初歩的な質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。


>今日、銀行から現金を引き出し、今日、給料を現金で支払う場合は、


◆今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕普通預金 170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000
です。

かりに現金17万円をおろして、社員に現金を支給する場合でも、この仕訳で良いのです。この場合は、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「給料手当」とだけ表示されます。


◆この仕訳では納得できないという場合は、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 170,000/〔貸方〕普通預金 170,000

今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕現 金  170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000

というように、二段階に仕訳をしても間違いとはいえません。

この場合も、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「現金」とだけ表示されます。


◆もし、預金から現金20万円をおろすのであれば、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 200,000/〔貸方〕普通預金 200,000

今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕現 金  170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000

ですから、預金出納帳では、「支出 200,000」が表示されるだけです。相手科目は「現金」とだけ表示されます。

また、預金から現金20万円をおろして、そのうち17万円を給与で払いますから、現金出納帳の今日の残高は、前日の残高よりも3万円だけ増加することになります。

No.2です。


>今日、銀行から現金を引き出し、今日、給料を現金で支払う場合は、


◆今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕普通預金 170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000
です。

かりに現金17万円をおろして、社員に現金を支給する場合でも、この仕訳で良いのです。この場合は、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「給料手当」とだけ表示されます。


◆この仕訳では納得できないという場合は、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 170...続きを読む

Q損害保険会社の代理店に苦情を入れ、その保険会社の担当者から嘘をつかれました。内容は、怪我をさせられ

損害保険会社の代理店に苦情を入れ、その保険会社の担当者から嘘をつかれました。
内容は、怪我をさせられ、加害者の代理店の対応だったのですが、加害者には弁護士が代理人入っており、保険会社・代理店についてもその代理人に委任したと保険会社の担当者に言われました。
相談しただけなのに、なぜ弁護士を相乗りするのかと意味がわからず、損保ADRに相談し、その保険会社の支店長から連絡がきて、担当者の勝手な発言であり、加害者の弁護士としてしか委任してないという事で、改めて、代理店と担当者について、結果を報告するとの事でした。
また、その時に支店長から、あまり弁護士を怒らせないようにした方が得策ですと言われたのですが、これは脅しでしょうか?
振り回されしまって、頭にきているのですが、慰謝料とかを保険会社や代理店に請求可能だと思いますか?

Aベストアンサー

簡易裁判所で「民事調停」の手続き資料をもらっておきましょう。
弁護士不要で第三者機関が紛争解決します。
保険屋に対して「出廷届」が行くので「ビビる」でしょうね。

保険屋は法律問題には立ち入れません。
弁護士うんぬんの話は加害者が特約で雇っているかどうかの問題で、保険屋が口出しするのは「筋違い」です。

市役所の市民相談室に相談する手もあります。
行政の立場で親身になって解決案を考えてくれます。(無料、予約なし)
意外と空いて堅苦しい所ではありません。
場合によっては、役場内の無料弁護士を紹介してくれます。

Q【給与・社会保険料支払】の仕訳について。

【給与・社会保険料支払】の際の仕訳について教えて下さい。

会社の給与体制は毎月末日締日・翌月10日支払となります。
社会保険料については給与を支払った月の末日に支払っています。
上記の様な場合の仕訳は下記の方法で大丈夫でしょうか?
(決算月の場合の仕訳方法も下記と異なる場合はお教え下さい。)

-------------------------------- 

(1) 毎月月末日。
給与手当  / 未払費用
旅費交通費 /

--------------------------------

(2) 支払日(10日)
未払費用 / 普通預金
     / 預り金(源泉所得税)
     / 預り金(住民税)
     / 預り金(社会保険)
     / 立替金(雇用保険)

--------------------------------

(3) 社会保険料支払時。
法定福利費(社会保険:会社分) / 普通預金
法定福利費(児童拠出金)    /
預り金(社会保険:社員分)   /

(3) の方法ですと会社負担分を未払費用で計上していないのですが
通常は未払費用として計上するのでしょうか?

--------------------------------

回答宜しくお願い致します。

【給与・社会保険料支払】の際の仕訳について教えて下さい。

会社の給与体制は毎月末日締日・翌月10日支払となります。
社会保険料については給与を支払った月の末日に支払っています。
上記の様な場合の仕訳は下記の方法で大丈夫でしょうか?
(決算月の場合の仕訳方法も下記と異なる場合はお教え下さい。)

-------------------------------- 

(1) 毎月月末日。
給与手当  / 未払費用
旅費交通費 /

--------------------------------

(2) 支払日(10日)
未払費用 / 普通預金
...続きを読む

Aベストアンサー

>(3)社会保険料支払時。
法定福利費(社会保険:会社分) / 普通預金
法定福利費(児童拠出金)    /
預り金(社会保険:社員分)   /

(3) の方法ですと会社負担分を未払費用で計上していないのですが
通常は未払費用として計上するのでしょうか?


その通りです。前月末日に会社負担分を、
〔借方〕法定福利費OOOO/〔貸方〕未払費用****
〔借方〕法定福利費ΔΔΔΔ/
OOOO社会保険:会社分
ΔΔΔΔ児童手当拠出金
と仕訳して、

支払時に、
〔借方〕未払費用****/〔貸方〕普通預金####
〔借方〕預り金◇◇◇◇/
◇◇◇◇社会保険:社員分

が正しいです。

Q個人損害賠償保険:複数契約と保険金の上限

損害賠償保険の請求について調べています。諸々のQ&Aによると、(1)例えば保険額1000万円の保険に2つ入ってもムダであり、1000万円の賠償支払いが必要となった場合にも、双方の保険会社に1000万円づつ請求はできず、片方に請求する際に他の契約について申告の義務があり、この場合は1000万円支払われるが、2社が500万円ずつ負担を案分するとのことです。
(2)ただ、保険額1000万円の保険に2つ入った場合はあくまでも保険金額の上限は2000万円だという説明もあります。
双方の回答も正しいとすると、以下の通りですか:
賠償支払い額が保険でカバー出来る限度は、加入している保険額の合計である。
保険請求する際には賠償額全額を加入している全契約の限度額で案分して費用負担する。
・上記の場合に2000万円の賠償が必要となったら、合計2000万円各社1000万円の負担となる。
 ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

上記の重複請求出来ないという仕組みは損害賠償保険が他の保険と較べて特殊なのでしょうか?
もしそうだとすると、どんな理由・経緯があるのでしょうか?

損害賠償保険の請求について調べています。諸々のQ&Aによると、(1)例えば保険額1000万円の保険に2つ入ってもムダであり、1000万円の賠償支払いが必要となった場合にも、双方の保険会社に1000万円づつ請求はできず、片方に請求する際に他の契約について申告の義務があり、この場合は1000万円支払われるが、2社が500万円ずつ負担を案分するとのことです。
(2)ただ、保険額1000万円の保険に2つ入った場合はあくまでも保険金額の上限は2000万円だという説明もあります。
双方の回答も正しいとすると、以下...続きを読む

Aベストアンサー

按分するとは限りませんが、1000万を2つ契約している場合は、2000万を1つ契約していると同じです。

>ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

そもそもほとんどの場合は、1年に一回も賠償は生じないので、その理屈で言えば契約そのものが無駄になります。
しかし、そうは言ってられません。ですから、重複分はムダな出費ではありません。
これを保険業界では「一部重複」と呼んでいます。

さらに言えば、自動車保険に特約で不保する場合がほとんどなのですが、その場合、契約形態は一つしか無く
『無制限』でしか契約できません。
ですので、
無制限で複数契約しているときにのみ、完全重複になり、保険が無駄になります。

>損害賠償保険が他の保険と較べて特殊なのでしょうか?

大きな勘違いで全く逆です。
損害保険の全ては、実損害を保証する物であり、賠償責任保険以外の全ての損害保険契約も、重複しても、実損害しか保険金が支払われません。
でないと、焼け太りになるからです。
火災保険でも、自動車保険でも、二口入れば二倍保険金が支払われるかというと、そういう事は無く、呂方合わせて実損害が支払われます。

按分するとは限りませんが、1000万を2つ契約している場合は、2000万を1つ契約していると同じです。

>ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

そもそもほとんどの場合は、1年に一回も賠償は生じないので、その理屈で言えば契約そのものが無駄になります。
しかし、そうは言ってられません。ですから、重複分はムダな出費ではありません。
これを保険業界では「一部重複」と呼んでいます。

さらに言えば、自動車保険に特約で不保する場合がほとんどな...続きを読む

Q支払拒否された場合の仕訳

経理初心者です。
仕訳に迷った為、こちらに質問させていただきます。

先日お客様から支払拒否の旨の連絡を頂きました・・・。
社長と相談した結果、相手の言い分も分かるのでお金は頂かないことになりました。

ここから本題です。
支払拒否された場合はどのような仕訳になるのでしょうか。
ちなみに売上を上げたときは以下のように仕訳をしました。
=================================================
借方                 貸方

売掛金  ○○円         売上高  ○○円
=================================================

もし詳しい方がいましたら、ぜひとも教えていただけませんか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その売上が冬季中のことであれば売上の取り消しが良いでしょう。

つまり 売上高  9999/ 売掛金  9999
  と言う仕訳です。
でもこれをやるには、その支払われな止むを得ない事情を記録に残しておくことが必要です。

でないと税務調査で寄付金等にされるかもしれません。
また前期ならば原則的には貸倒れの処理になりますが、税務上はこれはかなり困難です。

もっとも安全な方法は回収は断念するとしても、相手にお願いして返品伝票を切ってもらいその上で商品を廃棄処分にすることです。

これならば税務上もまず安全です。
 

Q個人賠償保険(損保)を単体で加入できる損害保険会社を探しています。

個人賠償保険(損保)を単体で加入できる損害保険会社を探しています。
模試ご存知の方がいれば教えて下さい。
月々の保険料は掛捨ての場合1000円程度。
積立の場合は3000円以内を考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は子供が幼少の時に何かと問題があった時のために
色々と捜してJAFで加入しました。
金額は、はっきりと覚えていませんが、掛け捨で安価
だったと思います。一度JAFに問合せをしたらいかがでしょうか。
たしか、一億円が最高保証だったと記憶しています。
これまでに何の問題もありませんが安心です。

Q楽天に支払う各種手数料の仕訳について

楽天にネットショップを出店しています。

売上のデータはシステムから入手するデータをもとにして
月末にまとめて仕訳入力をしています。

 売掛金 xxxx / 売上 xxxx

楽天に支払う各種手数料は2か月後に請求書で確定します。

11月の手数料は来年の1月、12月の手数料は来年の2月になります。
この場合、今年のの仕訳はどのようにしたらよいのでしょうか。


概算が正確に見積もれるのであれば

 支払手数料 xxxx / 未払金 xxxxx

として仕訳して、来年、実際に支払った時に

 未払金 xxxx / 現金預金 xxxx

とすればよいのかもしれませんが、正確に見積もるのはかなり無理があります。
簿記は初めてなので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>楽天に支払う各種手数料は2か月後に請求書で確定します。・・12月の手数料は来年の2月になります。
>正確に見積もるのはかなり無理があります。

それならばやむを得ません。来年の2月を待って今年の決算を確定させるほかありません。
来年の2月に今年の12月分の手数料の請求書が来たら、

平成24年12月31日付で、
〔借方〕販売手数料 40,000/〔貸方〕未 払 金 42,000
〔借方〕仮払消費税  2,000/
【摘要欄】24年12月分楽天販売手数料

のように仕訳します。

Q損害保険会社の担当者の対応の不味さを損保ADRに相談しました。 保険会社からその担当者の上席の人間か

損害保険会社の担当者の対応の不味さを損保ADRに相談しました。
保険会社からその担当者の上席の人間から非を認め謝罪を受けました。
許す気になかなかなれないのですが、その上席の方はADRの次のステップ(紛争解決)にいかないように穏便に済ませてもらえないかと言われたのですが、そんなに保険会社にしてみたら、まずいのでしょうか?

Aベストアンサー

>その上席の方はADRの次のステップ(紛争解決)にいかないように穏便に済ませてもらえないかと言われたのですが、そん なに保険会社にしてみたら、まずいのでしょうか?
かなりまずいと言えます、次のステップに移行すると「金融庁」への報告義務が発生しますので、今後の損保保険活動での色々な面で制約が出来たり、苦情件数が多い場合は「営業所単位での有期の業務停止命令」がでたりすることもあります。
よく、生命保険会社でのトラブルで、営業停止が命令されることがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報