現在、1歯科医院の院長をしておりますが、ワインの収集が趣味でこの度仲間3人と共同で出資し、ワインの輸入販売業を主な業務とする株式会社を設立する運びとなりました。

出資金の大部分は私が出すことになりますので、会社設立を含め、私が責任の大半を背負う形となり、その関係で代表取締役には私が就任する公算が大なのですが、法律上の問題(医師法・歯科医師法による医師・歯科医師の営利企業への役員就任等に関する制限)はあるのでしょうか?

もし問題がある場合には、親族の誰かに代わりに社長に就任してもらわなければならないと考えてはおります。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先輩の歯科医師で、歯科医院を経営しながら、自分のアイデアで開発した歯科医療器具を製造する会社の社長をしている人がいます。

    • good
    • 0

残念ながら、医師免許所持していても、営利企業役員就任に特別扱いはされませんので、


法律上制限されていません。
医師・歯科医師が社長になることは可能です。
※手塚治虫先生(阪大医専から医師免許取得)は
虫プロ代表取締役社長でした(^^)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科医師免許取得後の方向性 他業種との連携 他業種への就職

私は、早大卒業の後、現在国立歯学部3年の者です。
歯科医師過剰の中、免許取得後の将来の方向性について質問します。
歯学部卒業後は、通常の歯科医師としてスキルを磨くのが通常だと思います。
しかし、私は歯科医師の資格を生かしてのビジネスまたは医療法人の経営等に非常に興味があります。

歯科医師のばあい歯科医療業界限定の資格なので、シナジーがなかなかないとおもいます。その中で現在思いつきの域を出ませんがおぼろげながら考えているのは、
・インターネットを利用した情報サービス(歯科情報、器具販売、人材サービス)
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
・他業種との連携(たとえば美容院と提携してのプチ審美歯科)
・医療経営コンサルタント
などです。

また、歯科医師免許取得後は、上記の希望をかなえキャリアアップを目指し、医院への就職以外に、歯科材料メーカー(ライオン サンスター 京セラなど)やコンサルタント会社などの、企業への就職を考えています。

まだまだ「絵に描いた餅」ですが、こういった類の経歴をお持ちの方や関連企業の方などいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

私は、早大卒業の後、現在国立歯学部3年の者です。
歯科医師過剰の中、免許取得後の将来の方向性について質問します。
歯学部卒業後は、通常の歯科医師としてスキルを磨くのが通常だと思います。
しかし、私は歯科医師の資格を生かしてのビジネスまたは医療法人の経営等に非常に興味があります。

歯科医師のばあい歯科医療業界限定の資格なので、シナジーがなかなかないとおもいます。その中で現在思いつきの域を出ませんがおぼろげながら考えているのは、
・インターネットを利用した情報サービス(歯科...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
こういうの考えるのって楽しいですよね。

・インターネットを利用した情報サービス
これは結構あると思いますが、全ての地域となると難しいところがありますよね。
一部地域で頑張ってもぱっとしない所がたくさんあるように思います。
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
これが最近熱いらしいですね。
とくに中国がいま注目されていますよね。
大手の会社が進出を始めています。
個人で、となると難しい部分もあるかもしれませんが、やり方によっては可能性もあるのではないかと思います。
・他業種との連携
エステサロンや美容院と連携して、審美を始めようとした とある大阪の会社を知っていますが、
失敗に終わったようです。
患者さんの動向としては、審美歯科というのは以前ほど注目されていないというか 不信感も出てきているような気がします。
一般歯科で安心して審美治療できる事の方が、
これからは伸びるのではないかと読んでいます。
また、大手審美歯科でも潰れるところも出てきているようです。
矯正の大手の所は伸びつつあるように思います。
・医療経営コンサルタント
これもあるみたいですが、どうなんでしょう。
するのであれば、一定期間医師としての経験を積まれた方が 同じコンサルタントでも少し違う角度から色々なアイデアも出そうな気がします。

何のアドバイスにもなってませんね・・・。
知っているのはこれくらいです。

こんにちは。
こういうの考えるのって楽しいですよね。

・インターネットを利用した情報サービス
これは結構あると思いますが、全ての地域となると難しいところがありますよね。
一部地域で頑張ってもぱっとしない所がたくさんあるように思います。
・日本人駐在員を顧客としてアジアなど海外への医院進出支援OR経営
これが最近熱いらしいですね。
とくに中国がいま注目されていますよね。
大手の会社が進出を始めています。
個人で、となると難しい部分もあるかもしれませんが、やり方によっては可能...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報