先日 新聞に載っていた広告からウエストハイランドホワイトテリア(2歳)を譲り受けました。
先方は個人のブリーダーをやっている方でしたが、譲り受けた犬を見た瞬間、劣悪な環境で育ったという事がすぐにわかりました。
うちには元々先住犬がおり、(ケアンテリア2歳)その子は体重7kgで筋肉隆々の子なのですが、同じ2歳にも関わらずその子は体重5kg、歩いたことも無いような細く小さい子でした。

聞くと、散歩も行かせたことがなく、しつけも一切していないそうでした。
小さなキャリーバッグの中で過ごし、排泄の時だけ出してもらいその辺にしていた、という感じだったそうです。
本当の種付け犬として扱われていた様でした。
予防接種もしてなく、皮膚病にも掛かっておりました。
お世話になっている動物病院の先生もひどく驚いておりました。
こんな扱いを受けているとは、という感じでした。


なつっこく社会性もあります。
しかし先住犬が今まで1匹で暮らしていた為あまりいい気分はしない様です。
私たち家族も成犬になってからの飼育は初めて、ましてやそんな劣悪な環境で暮らしていた犬となるとどんな風にしてやれば良いのかわかりません。
そこで 質問なのですが…

①しつけはどの様にしてあげれば良いでしょうか?
トイレなど先住犬は子犬のうちに教えたのですが成犬になってからでも同じやり方で良いのでしょうか?
ちなみにおやつやオモチャには全く興味を示さないため、ご褒美もどうすれば良いかわかりません。
今はケージから出すと所構わずマーキングや排泄をする状態です。
最低限、トイレやおすわり位は教えたいです。
②先住犬を馬鹿にした様な態度をとります。
上に乗ったり追いかけ回したり…どのようにすれば先住犬と仲良くできるでしょうか。
やはりそこは犬の社会性に任せた方が良いのか、先住犬を可愛がってあげた方が良いのか…。
良い方法がありましたら教えて頂きたいです。
③種付け犬だった為か、すぐに興奮して発情してしまいます。みっともないですし、先住犬にも悪影響な気がするので、どうすれば良いか教えて頂きたいです。
あまりひどい場合は去勢も考えていますが、成犬になってからでも大丈夫なのでしょうか。
④散歩に出しても歩いてくれません。徐々に馴らせるにしても、どのようにすれば良いのか、どこまでして良いのか、教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

繁殖業崩壊犬を含め多頭飼いです。



1.今後の躾方を変えてみようかなと思ってはいるのですが、
個人的に「成犬の再学習は褒めるだけでは難しい」という先入観と態度で接していました。
具体的には迎えて一週間くらいは行動観察とワンコに慣れて貰うために必要以上のかまい方もせずに食餌と下のお世話と他の犬と同じシャンプーで洗うくらいに留めます。
翌週からマズルや頭や性器周辺をベタベタ触りはじめます。
嫌がる犬のマズルにはこちらも噛まれたくないのでちょっと強めに力がはいることもあります。
基本のオスワリ、マテ、フセも平行して行います。
基本訓練ができるときに褒める、おやつを与えると言う意味では子犬と同じ育て方をやっています。
これは、真似されなくても結構ですが、
他の犬にイタズラしたり、噛む、唸るような吠えのときは、まずは「ダメ」で。
それでもやめない場合は、「マズルを指パッチン」「マズルを掴んで覆い被さる」「小型犬だったら首つかまえてダラーン」と段階的にやって抵抗しないところまでやります。
個人的に「マーキングしない状況の見極めとその成功報酬」「屋外排泄しない状況の見極めとその成功報酬」「マンウンティングをしない状況の見極めとその成功報酬」がわからないからです。やって甚目という目的で制しました。それでやめてくれたら褒めました。
そういう流れでマーキングや排泄、マウンティングは3-6週間で無くなりました。
たぶん、呼び名も変わってアイコンタクトをすることからはじめると思うのですが、基本的な訓練を繰り返すという意味では子犬と同じだと思います。

2.基本、先住犬を可愛がるという方針で大きく失敗することはないと思います。ワンコ同士で行動変化があってまたグループ間の位置づけは変わってくるとは思いますが、それまでは大きな問題は無いかと思います。
うちはリーダー犬だけいて、あとはバラバラ好き勝手軍団という感じです。

3.ワンコにとっては、ましてやそれを職業として稼いできたわけですから、その行動変化を求めるのは忍びないですが、
やはり引退した以上、他の犬に乗りかからない躾が必要だと思います。
前述1.の方法で学習してもらっています。

4.屋外スペースで他の犬たちと遊ばせて興味が出てきたワンコは一緒に散歩移動してくれました。
興味がないワンコは屋外でリード付けて取り残されるのでクーンクーン泣くようになってきたタイミングを見計らって他のワンコ達と移動に連れ出しました。
子犬の散歩と同じで一匹集中して散歩の練習も必要かと思います。

本当の子犬との躾と違うなと思うこともありますが、
なんだ一緒じゃん(笑と思うことも多々あります。
同居犬に触発されて動くのは頼もしいと思うこともあり、
ワンコ同士の動きの観察も楽しいです。

ノー以上の叱る、制する方法を捨てて成犬でも褒める躾方法模索中ですが、
いずれその答えも見つかるだろうと楽しみにしています。
    • good
    • 0

犬の保護施設でお手伝いをしていた経験があります。



(1)トイレのしつけは子犬と同じです。
ケージから出したら即トイレに連れて行ってかけごえをかけてやります。トイレは慣れるまでサークルで囲った方が覚えやすいでしょう。
リードをつけっぱなしにし、マーキングしようとしたら、その瞬間にくいっと引いてショックを入れると阻止できますし、マーキングがいけないことを徐々に学びます。
おやつやおもちゃに興味なしの場合は、高い声でうれしそうにおおげさに褒めることです。胸をなでてやるのもよいと思います。
その犬が好きになりそうなものを探されてもよいと思います。
ゆでたレバー、ゆでた馬肉などは多くの犬に受けが良いです。

引き取り後一週間以降より、スワレ、フセ、マテ、コイの服従訓練を最低朝晩5-10分ずつ、行うとよいです。
こうすることでどの保護犬も聞き分けがよくなり、イキイキしてきました。
 
(2)上に乗ろうとしたら、「だめっ」と叱るべきです。あまりにしつこく追いかける時も同様です。ぱん、と手を叩いて注意を喚起してから叱るとよいと思います。やめたらすぐに褒めます。
何度でも忍耐強く叱ることが必要です。

(3)成犬の去勢は問題ありません。
わたしが見た、異常なほどのマウンティング癖があった犬は去勢により即座に激減しました。
ただし、ものの本によると、去勢によってマウンティングが減るのには、半年から1年かかることもあり、まったく治らない場合もあるのだそうです。
わたしが見た犬の場合は、あまり構われていなかったために、かまってもらうとすっかりうれしくなってしまい、それをマウンティングでしか表現できない様子でした。
その犬の場合は、目を見つめず、興奮しかかったらフセさせることで防ぐことができていました。

(4)8歳まで外に出たことがなかったブリーダー放棄犬たちがいましたが、
驚くほどすぐに外に慣れました。
特に、犬との社会性がある場合は、外にも慣れやすいように思います。
他の犬たちといっしょに出ていたことも影響したかもしれません。
最初は励ましながら家の周りを一周くらいにし、徐々にのばすとよいと思います。
先住犬といっしょの方がうまくゆくかもしれません。

1週間、1か月、3か月、半年でどんどん変わってきます。
忍耐強くがんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング