画像の梵鐘の銘を書き下し文にするとどうなりますか?
また意味も教えてください。
自力でやった分です。
「実に神州第一の巨鐘にて、余この銘を使う。余、翁の美意を欽(よろこ)びて久しい。誼(よしみ)???」

「この漢文を書き下し文にしてください(梵鐘」の質問画像

A 回答 (2件)

先の回答でほぼあっていると思います。


私が読むとしたら、
「實(じつ)に神州第一の巨鐘たり。余をして之に銘せしむ。余、翁の美意に欽(つつ)しむこと久し。誼(よしみ)ありて辭(じ)するべからず」
訳すと、
「実に神州(日本)第一の大鐘である。(翁と呼ばれる人物が)私にこの鐘の銘文を書かせた。私は翁の立派な心をずっとうやまってきた。また(翁と)親しく交友があって、辞退することができなかった」
といった感じでしょうか。

意味も先の回答とほぼ同じですが、「余」に銘文を書かせたのは、寺の和尚さんではなく、その梵鐘を寄進した人だと思います。「使余銘之」の前にそれに相当する名前などが入っていたのではないかと思うのですが。

たいていの場合、梵鐘は檀家の中のお金持ちの人(武士や大商人)がお寺に寄進します。そして、そのお寺の所属する宗派の本山の住職や、過去に住職をしていた人(つまりその宗派のトップ)、あるいはそこまでいかないくてもその宗派の中で相当な位置にいる人に銘文を書いてもらうことで、さらに箔を付けます。
梵鐘を寄進するような武士などは、地元のお寺の和尚さんだけではなく、本山のトップクラスの人とも親交が厚いということはよくあって、梵鐘の銘文を書かせるということもよくあったようです。
写真の文章を見る限り、そういった背景がありそうな気がします。

前後にもっと言葉があると思うので、そのあたりも示してもらうと、さらによく分かる訳ができると思いますが。
    • good
    • 0

 「實(まこと)に神州第一の巨鐘たり。

余をして之に銘せしむ。余翁の美意に欽(つつ)しみて久し。誼(よしみ)にて辤(じ)するべからず。」
 これは本当に日本で一番の大鐘である。(寺の和尚さん?が)私にこの鐘の銘文を書かせた。私は(これまで)翁(和尚さん?)の立派な心を仰ぎ慕ってきた。その誼があって辞退することはできない。

・・・ちょっと違いますかねえ。

この回答への補足

ありがとうございます。
↓この文の前の部分をこちらで質問しました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4976735.html

補足日時:2009/05/21 02:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【漢文の読む方法を教えてください】 漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか? 一ニレとかは読

【漢文の読む方法を教えてください】

漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか?

一ニレとかは読むための補助で実際の漢文には一ニレとか書いてないんですよね?

これは後で読みやすいように日本人が追加したものですよね?

最初から書かれているものなのでしょうか?

漢文の読むルールを教えてください。

日本語にない漢字が出て来ませんか?

日本語にない漢字が出て来たときはどうするのですか?

Aベストアンサー

>漢文の読む方法を教えてください

白文を読んで理解できるようになるには、漢文法、漢字の意味、固有名詞、中国の歴史等、全てを覚えてしまうしかないと思います。

Qこの漢文を書き下し文にしてください2(梵鐘の銘)

写真の梵鐘の銘の漢文を読み下し文にしてください。
前の質問「この漢文を書き下し文にしてください2(梵鐘の銘)」の前の部分にあたります。
自力では、
「一千万金を捐(す)てて、報恩寺を建てる。地は京の北、朝霞の郷に相す。伽藍を起こし、金仏を安んず。計画既に定まる。先ず鐘を鋳る。西京の?匠高橋才次郎、独りで工を督(とく)す。」

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな感じでは。
一千万金を捐(えん)し、報恩寺を建つ。地を京北の朝霞郷に相し、伽藍を起こし、金仏を安んず。経画既に定まり、先ず鐘を鋳(い)しむ。西京の鳬匠高橋才次郎に属し、工を督(とく)せしむ。
訳すると、
一千万金を寄付し報恩寺を建てることにした。場所の相を占って、都の北の朝霞郷に建てることにし、伽藍を起こして金銅仏を安んじることにした。設計が定まったので、先ず鐘を鋳造させることにした。西京の鳬匠(かものたくみ)高橋才治郎に依頼して鋳物工を監督させた。
  固有名詞はよくわかりません。鳬匠は職名なのでしょうか、それとも鴨川の親方ぐらいの意味? 書き下し文は文語体で書くべきものです。「建てる」は口語、文語では「建つ」です。

Q東大文系漢文

東大の文系漢文を満点をとりたいです。

下記の勉強方法でとれるでしょうか?

漢文ヤマのヤマ、早覚え速答法、銭形漢文、漢文道場、得点奪取、最強の漢文

Aベストアンサー

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれだけ消化できれば充分でしょう。あとはもっと点読みのできる他の教科に力を注ぐべきだと思います。

私もそんなに教材のなかった時代の理系なのですが、漢文は現代文や古文に比べても精緻な読み方は不要で(そもそも情報量/文字数が少なく細かなニュアンスは文法語法よりも背景や状況に依存する、と思う)、#1さんのようにその背景を想起するために原文(白文)のまま多くの素材に触れること(いわゆる多読)は理にかなっていると思います。訓読せずとも字面で意味が取れるようになれば、その意味はだいたい合っています。

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれ...続きを読む

Q壱岐島の梵鐘の銘を読みたい

太平洋戦争末期、金属類回収令による供出を逃れた梵鐘が壱岐島には3つ有ります。そのうちの2つに銘が刻まれています。当時の御住職方の努力により残った梵鐘なので、銘を読んで皆に知って貰いたいと思っています。宜しくお願いします。

(原文)
大日本國西海道壹州壹岐郡
可須村安養山東光禅寺九世
龍朔第一座前住當山中興拙庵
養公座元多年發大清淨願喜
捨自家之珍財陶鋳法器掛在于
當山加之彫刻弥陀三尊之新佛奉
安一于本堂以修設相波羅蜜之
真法供羪之序後住之孝弟子宗普
首座就于山僧需鐘銘不得固辞
卒為之銘曰

恥かしい限りですが、私なりに読んでみました。

大日本国 西海道 壱州 壱岐郡 可須村、
安養山 東光禅寺九世 龍朔 第一座と
前住當山 中興拙庵養公座元は、
       多年 大清浄の願を発せり。

この辺から怪しくなります。

自家之珍財を喜捨し、
       陶鋳法器を掛け當山に在り。
之に加え弥陀三尊之新佛を彫刻して
 安置奉り、以て本堂を相設けて修める。

ここから先はほとんど理解出来ません。

波羅蜜之真法は供羪之序。
後住之孝弟子宗普首座、于山僧に就いて
       鐘銘を需められ固辞を得ず。
卒為之銘曰

太平洋戦争末期、金属類回収令による供出を逃れた梵鐘が壱岐島には3つ有ります。そのうちの2つに銘が刻まれています。当時の御住職方の努力により残った梵鐘なので、銘を読んで皆に知って貰いたいと思っています。宜しくお願いします。

(原文)
大日本國西海道壹州壹岐郡
可須村安養山東光禅寺九世
龍朔第一座前住當山中興拙庵
養公座元多年發大清淨願喜
捨自家之珍財陶鋳法器掛在于
當山加之彫刻弥陀三尊之新佛奉
安一于本堂以修設相波羅蜜之
真法供羪之序後住之孝弟子宗普
首座就于山僧需鐘銘不得固辞
卒為...続きを読む

Aベストアンサー

大日本国西海道壱州壱岐郡可須村
安養山東光禅寺九世
龍朔第一座前住当山中興拙庵養公座元、
多年、大清浄の願を発(おこ)し、自家の珍財を喜捨して、陶鋳の法器、当山に掛在す。
加之(しかのみならず)、弥陀三尊の新仏を彫刻し、本堂に奉安す。
以て檀波羅蜜の真法を修設す(修め設く)。
供養の序(つい)で、後住の孝弟子宗普首座、山僧に就いて鐘銘を需(もと)む。
固辞することを得ず、卒(つい)に之れが為にす。
銘に曰く、


日本の西海道壱州壱岐郡可須村の、安養山東光禅寺の第九世住職・龍朔第一座前住・当山中興の拙庵養公座元は、
長年、とても清浄なる願を起こし、自分の家の珍しい財宝を喜捨したので、陶磁器や鋳物の法器(法要に使う道具類)が、このお寺に存在する。
それだけではなく、阿弥陀三尊像を新たに彫刻し、本堂に奉安した。
そして、檀波羅蜜(布施という尊い行ない)を修した。
その供養のついで、次の住職たる弟子の宗普首座が、私に鐘の銘文を書けと求めてきた。
固持することができずに、ついにこの銘文を書くに至った。
その銘文に曰く、
《この先に銘文があるはず(ここまでは銘文を書くに至った由来を説く)》


ところどころ分からない所がありますが、だいたいこんな感じなのではないでしょうか。

まず最初の「当山中興の拙庵養公座元」さんの略歴が分からないので、その前にある「安養山東光禅寺第九世住職龍朔第一座前住」の事実関係がよく分かりませんでした。
たぶん、「東光禅寺の第九世」であり、「龍朔寺第一座」であり「前住」(どこの前住なのか…龍朔寺?)である「拙庵養公」座元と読んだのですが、「龍朔」が本当にお寺の名前かどうかも分かりません。
このあたりは鐘をお持ちのお寺の歴史を繙けば分かるのではないかと思います。


……奉安一于本堂以修設相波羅蜜之真法……

ここが一番分かりにくかったのですが、「奉安」と「于」の間にある「一」は余分な字ではないでしょうか。「奉安」が動詞、「本堂」が目的語、「于」が場所を示す助字です。
「奉安于本堂」であれば、「本堂に奉安し」と読めます。
また、「相波羅蜜」の「相」は、「木+且」ではないかと想像しました。「且」と「旦」は混同されがちで、「木+旦」は「檀」の略字です。であれば、「檀波羅蜜」と読めると思いました。

あまり自信はありません。
たたき台として提示しておきますので、何かお気づきの点がありましたら補足していただけば、さらに読み込めるかもしれません。

また、きちんと読める方が回答してくださるかもしれませんので、それをお待ちください。

大日本国西海道壱州壱岐郡可須村
安養山東光禅寺九世
龍朔第一座前住当山中興拙庵養公座元、
多年、大清浄の願を発(おこ)し、自家の珍財を喜捨して、陶鋳の法器、当山に掛在す。
加之(しかのみならず)、弥陀三尊の新仏を彫刻し、本堂に奉安す。
以て檀波羅蜜の真法を修設す(修め設く)。
供養の序(つい)で、後住の孝弟子宗普首座、山僧に就いて鐘銘を需(もと)む。
固辞することを得ず、卒(つい)に之れが為にす。
銘に曰く、


日本の西海道壱州壱岐郡可須村の、安養山東光禅寺の第九世住職・龍朔第一座...続きを読む

Q漢文を学ぶ意味

高校の国語では漢文も習いますが、漢文を学ぶ意義って何でしょうか?
漢文を学ぶんだったら中国語でも覚えた方がよっぽど役に立つだろうし、漢文は大学で習いたい人だけ習っても誰も困らないと思います。
また、韓国やベトナムでも高校で漢文を習うんでしょうか?

Aベストアンサー

イギリスに置き換えて考えてみます。イギリスでは日本人が漢文を学ぶようにラテン語を学び、英語を学ぶようにフランス語を学びます。この場合、ラテン語とフランス語は密接な関係にあります。Ceiriosenさんもよくご存知のようにフランス語はイタリア語やスペイン語と並んでラテン語を先祖に持っています。でも、日本の場合はどうでしょう。漢文と英語では全く繋がりがありませんよね。

例えば英語がペラペラの日本人がイギリス人、オランダ人と英語で会話をしていたとします。そこでイギリス人が 有名なラテン語の慣用句、例えば “Sublata causa, tollitur effectus(火のないところに煙は立たず)”を引用したら、日本人だけが(???)ってなり、会話についていけなくなることってあるでしょうね。古典なんてこんなものです。
しかし、ラテン語だけ一生懸命に勉強したところで、英語が話せなければ最初から会話には混ざれないだろうしね。

高校で習う漢文って漢詩が多いですよね。しかし、漢詩というのは キチンと韻を踏んでいるんですよ。例えば「国破山河在 城春草木深」というように、漢字を5字ずつ区切ってありますよね。ところが、これを
訓読したら もはや漢詩の非常に重要な要素の1つである「韻」の“かけら”すらなくなってしまうんですよ。また、#3さんの回答と少し関係がりますが、日本人と中国人が英語で会話をしたら 李白が詠んだ詩を語ることは出来ませんよね。

私も漢文よりは中国語を学習した方が実用的だと思います。でも、教養って何なのでしょうか? 簡単に喩えれば 習字とワープロの比較に似ているかもしれません。しかし別の見方をすれば、教養は「花」で実用は「団子」です。でも、私は二者択一というよりも非常にマッチした取り合わせだとも考えます。というのは、花を見ながら食べるからこそ
団子も美味しいし、花を見れば団子が食べたくなるという具合です。

>韓国やベトナムでも高校で漢文を習うんでしょうか?
韓国では文系の選択で習うそうです。必修ではありません。ベトナムでは高校では習いませんね。韓国では日常でも漢字は殆ど使わないので漢字の知識は日本人よりずっと劣りますね。ですから、過去の文化との隔絶とか叫んでいる学者もいるようですす。ベトナムは完全に漢字は廃止しましたし、漢文教育も大学でないと行われないので 尚更程度が大きいようですが、一般市民が不自由することはないですね。

イギリスに置き換えて考えてみます。イギリスでは日本人が漢文を学ぶようにラテン語を学び、英語を学ぶようにフランス語を学びます。この場合、ラテン語とフランス語は密接な関係にあります。Ceiriosenさんもよくご存知のようにフランス語はイタリア語やスペイン語と並んでラテン語を先祖に持っています。でも、日本の場合はどうでしょう。漢文と英語では全く繋がりがありませんよね。

例えば英語がペラペラの日本人がイギリス人、オランダ人と英語で会話をしていたとします。そこでイギリス人が 有名なラテン...続きを読む

Q意余って…

意余って~

 という風に書いてありますが、これは「いあまって」だと思いますが、辞書的に言うのならどういう言い回し(意味)になり、どういう時に使うのでしょうか、教えてください。


 辞書には出ていないし、意味が通じないのですが…。"意"だけだと、心の動き、思い、考え…という意味ですが、それが余っているとは、つまりどういうことですかね。思い余っても同じでしょうが…。
 勢い余って…と同じ感じかと、思ったりもしますが…どうなんでしょう。辞書的にうまい言い回しで説明してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま、「いあまって」ですね。

意味は↓

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%D5&kind=jn&mode=0&base=1&row=7

Q古文・漢文どちらを選択し勉強すべきか?

自宅浪人生で、入試まで3ヶ月です。
国語は現代文のみだったんですが、志望大学を変更した為、国語は現代文と古文・漢文どちらかの選択制の受験になりました。
しかし、今まで現代文のみの勉強しかしていなく、高校時代も真面目に勉強してなかった為、古文・漢文共に全く知識がない状態です。
和田秀樹さんの勉強本を読んで、漢文が短期間で完成させられるとの事でしたので漢文にしようと思ったのですが、漢文には古典文法の知識が必要と書かれていたので、どちらを勉強すべきか分からなくなりました。
残り3ヶ月ですが、古文・漢文どちらを選択するのが得策でしょうか?
また、その際の勉強法も教えて下さい。

Aベストアンサー

私でしたら漢文を選びます。過去問を見ればわかると思いますが,漢文の問題は単純な知識問題が多く,短期攻略が効き易いためです。古文は文法以外にも膨大な背景情報を必要とするので,短時間ではどうにもなりません。

勉強法としては(どの科目でもそうですが)過去問→自分の弱点把握→参考書で補強という流れです。初学者向け参考書を一からやるのはもう間に合いません。

参考URL:http://www.daigakujuken.com/cat37/post_33.html

Q「余すところなく」と「余すことなく」の違い

「余すところなく」と「余すことなく」意味や使い方に違いがあるでしょうか。
また、こういう文節の意味や使い方を調べるのに便利な辞書(できれば無料WEBサイト)を教えてください。

Aベストアンサー

「所」は漢文(古典中国語)に由来し、欧米語の関係代名詞(目的格)に相当します。
「余すところ」は「余したところのもの」
「余すこと」は「余すという行為」

変な英語かと思いますが、
There is nothing missed.
There is no missing.
のような差があろうかと思います。

Q漢文について

高2理系です。
よく、句形が分かれば漢文は読めると聞きますが本当でしょうか?
古文は比較的得意で読めるようになったのですが、漢文には未だに恐怖心があります。句形の重要性は漢文の何%を占めるのでしょうか?
またそれ以外に必要なものは何ですか?
因みに、返り点や再読などの基本的な文法はわかります。
それと、問題集は「漢文ヤマのヤマ」と「漢文早覚え速答法」を持っています。

Aベストアンサー

私は「漢文早覚え速答法」+独学で、
センター試験で48点取りましたよ。

句形と、それから漢文でよく出る漢字を抑えれば、
高得点は可能です。

後は、量をこなせばなんとかなるのではと。
私は、たくさん漢文の問題を解いたことも、
高得点に繋がったと思っています。

頑張ってください。
少なくとも、古文よりは簡単だと、
私は思います(^_^;

Q竹取物語~主人公が竹取の翁だった場合~

普通、竹取物語の主人公はかぐや姫です。

しかし竹取物語は別名、“翁の物語”とも言われています。

もしも主人公が翁だった場合、竹取物語は何を伝えたいのでしょうか?


例えばかぐや姫が主人公の場合、

━━姫は月で罪を犯し、罰として地上に行くことになった。
そこで5人の貴公子と帝に求婚されたが、全て断った。
 ある日、月から使用人らしき人が現れ、月に帰る━━

という話じゃないですか。

それが翁だった場合は、何を伝えたい物語になるのでしょうか?

Aベストアンサー

普通に考えて、
親子の絆とは血の繋がりではなく共に暮らしてきた時間によって育まれるものである、
ということを伝える物語 とするのが単純明快で良さそうに思えます。

また、かぐや姫が、育ててくれた老夫婦にいついつまでも健勝に過ごして貰いたいとの思いから、最後に不老不死の薬を渡します。
しかし老夫婦はこの薬を使わず、姫の事を思い出して悲しみながら、一番高い山に登って薬を燃やしてしまいます。

このエンディングから、
不老不死は人間にとってある種の夢であるが、そうなることは一概に幸せな事であるとは言えないという教訓を行間に込め、限りある生というものの大切さ、死による救済の物語、として語ることも出来なくもないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報