ここ数年医師が減っていると言うニュースをよく聞きます。まあ絶対的医師数も他国に比べて足りないのでしょうが、地域や診療科の偏在、初期臨床研修制度の開始に伴う諸問題が主だった理由だと言うことです。よく言われるのが礼儀知らずなモンスター患者が増えたから勤務医を辞めたと言う話です。これがよく判りません。モンスター患者にうんざりして医者を辞めたというなら判りますが、勤務医を辞めるってのはどういうことですか?開業医はモンスター患者に遭遇しないものなんですか?また福島の産婦人科医さんの事件に象徴されるように正当なことをしても逮捕の危険があるから勤務医などやってられないというのもありますが、医者を辞めるわけではありません。開業医になるだけです。開業医になれば逮捕される可能性は減るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

医師が減っているのは


定員の削減もありますよ。
それで負担が他のドクターにたまり、疲れて勤務医やめちゃうんです。

福島の産婦人科の先生は
不当逮捕でした。
稀有な癒着胎盤と前置胎盤のWパンチで絶対子宮を取るな、と
患者さん本人が言ったから
残そうと尽力してくださっただけなのに。
しかも最近の一般市民はお産は100%安全って思っているからで、
あのドクターは被害者です。

開業しても可能性は変わらないと思いますし、
なにかあったら自分の懐から出さないといけないので・・・(-_-;)
勤務医だったら病院は保険に入ってるでしょうし、なにかあっても
病院が出してくれますから

あと以前の研修制度のほうがいいと思うんですけどね。
中途半端にいろんなところで研修してもね。。。
    • good
    • 1

>>不要な消費を抑制するてだて


色々回答方法を考えましたが・・・。
必要な所に必要な資本・人材が向かう事、不必要な所は削減(もちろん弊害があるでしょうが)。
皆保険社会主義・医療計画経済が資本主義国に有る限り無理では無いでしょうか。そう言う資本主義的な市場原理・センサーが有りませんので、完璧な市場操作・管理が可能であれば、ノーベル賞・共産国から莫大なお金で雇って貰えると思います。そう言う市場原理を取り入れるには混合診療でしょうね。
あと出来ることはイギリス・北欧に見られるアクセスの制限では無いでしょうか。資本に応じた大きさの医療だけを提供すれば、医療崩壊は少なくとも避けられます。が、数が足りなければ入院・手術待ちで溢れます(英・北欧の様に)。現在の日本は33兆円で無限に対応しろですからね。例えばインフルだって、増資しなければ対応出来ない事くらい容易に想像できます。医療者は現在医療資源の枯渇を真剣に感じています。
tanuki4uさんも良いところつかれて居ますね。
こう考えて見ては如何でしょうか。
厚労省は医師を計画的に増やして来ました。その中には女医問題や偏在問題も有りますが、それ以上に医療費の多くが老人による消費です。
医者が毎年増えても、団塊の世代を含めた老人の増加に伴う医療消費の増大にはとてもかないません。
2002年から逆に医療費を削減してきたわけですから、「必要な所に必要な資本・人材が向かう」と全く逆の「計画経済・社会主義」で対応してきたわけで、納得の行く結果かと思います。
    • good
    • 1

no2です。


私も関係者ではないのでよくわからないが、何か世間で言い出されたら疑わないとしょうがない。
勤務医は着実に増えている。
一県一医学部政策は、この意味で正解だった。

数値的な情報では、アメリカの医者の保険金貧乏。訴訟対策費で、個人病院がやっていけなくなっているそうだ。先週くらいのニューズウィークの記事。

勤務医が減っているのは、構造改革路線ですね。
強い病院は医者を集められるが、弱い病院は集められない。
この場合の強い=都心の設備が整った という意味になります。
地域格差です。

地域格差問題の視点で考えれば、個人の開業医促進策が有効であると考えます。開業してしまえば、移転できませんから。勤務医が流しの料理人なら、開業医はオーナーシェフのお店。
高校の同級生が、出身地以外の医学部に何人か行っています。40代後半なのでそろそろ開業者がでている。
医局で入った県で開業しています。
インターン制度の自由化のようなものがありましたが、これは、今後地方医療にボディーブローでしょうね。
    • good
    • 0

No2です


なにか先ほどの図を見間違っているような・・・

昭和61年までは
病院勤務 < 診療所(近似的に開業医) だったのが逆転して
病院勤務 > 診療所(近似的に開業医)
となっているのです。

この図を素直に見ると、開業医増加より勤務医増加の傾向が強いということになります。

この回答への補足

スイマセン私の不注意でした。
こんなに勤務医も増えてるんですね・・
でも医師不足って・・これは偏在や初期臨床だけの問題ではないような気がします。

もう素人には理解不能です

補足日時:2009/05/21 10:20
    • good
    • 0

>>この際開業医さんの取り分を少し公立病院で働いてる勤務医にまわすってのは何故出来ないんですか?


開業医だって最近は厳しいはずです。もちろん上下は有ります。収入だけでなく経営(償却)も考慮しなければなりません。ググると沢山出てきますよ。もし楽なら今以上に開業の流れは大きいと思います。勤務医も色々考えて踏みとどまっていると思います。そこら辺は市場(人)が動くことで経済のバランスが取れるのでしょう。
皆保険の強みは33兆円で数倍の医療商品をダンピングする能力に有ります。で、医療消費が買いたたけないぐらい巨大になってしまっていると言えます。多分、3-5倍程度のダンピング効果が有るのではないでしょうか。治療単価を見ると分かります。(アメリカと比べたら1/10ですが。)つまり100兆を超える商品を33兆円で買いたたいて居ると言えます。限界です。まだ無理からに買い占めようと行政が苦労していますが、もう、回すとか削るとか、補填する様な姑息な手段ではダンピングを続ける事は不可能と思います。で、医者(労働者)が居なくなるのです。
>>病院で医者を雇いたくても予算が出ないから雇えないんですね。
そうです。
救急や時間外労働に予算が組めないと言うことは、人を新たに雇えなと言う事でもあります。「努力するが早急には無理。自治体の財政が・・・」は、当面人員を雇えない台所事情を黙認しているのです。実際に愛育病院の件に関しても「4月23日に2人でも周産期センターを維持できる様に手配した」と桝添さんが答弁で言っていました。・・・。人を雇わずに救急を維持する方法って興味有ります。
金が無いからと言って違法を国会で堂々と開き直る国なんて有るのでしょうか。
で、当の本人が辞めてゆく医者を常識が無いと言っている訳ですから、当分まともに雇う気なんてないのでしょう。医者から言わせたら「なら 雇えよ。」と言いたい所です。

この回答への補足

ダンピングですか・・もっと医療に国は金を使うべきと考えられますが、今の財政状況では難しいのでしょうか。CBSドキュメントとかを見てるとアメリカの医療が如何に貧乏な人に辛いかをやってますが、日本もいずれアメリカ型の医療になるのでしょうか。
開業医も最近は辛いと言うのはわかりますが、歯科医と違い経営に行き詰まり自殺したと言う話は聞きません。
むしろ一般的には不況関係無しの仕事というイメージです。
それを支えてるのは喫茶店代わりに毎日ドクターショッピングする老人という勝手な印象があるのですが、それを抑制する手立てはないのでしょうか?

補足日時:2009/05/21 10:23
    • good
    • 0

病院が医者を雇わないから開業する。


正確に言えば、医者の数をけちるから、激務が加速して辞めてゆく。
この国の老人を診るには医者の数が足りないのは分かりますが、それ以上にポスト・財政が少ない現実。
2倍3倍働かせて元を取る。または非常勤や時間外ボランティア強制。
労働搾取(前原議員)と指摘するも、桝添・総理は否定せず。
最近、国会で結構つっこんだ答弁が有りました。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_i …
徐々に雇ってゆくそうですが・・・。
それまでは市場に出回らないでしょう。
無理すると公立病院が潰れるからだそうです(総理)。
非合法も経済の実情に併せて運用する様です。

この回答への補足

ご丁寧にリンクを貼り付けていただいて有難うございます。
病院で医者を雇いたくても予算が出ないから雇えないんですね。
開業医さんは凄まじくお金持ちというイメージがありますが、
この際開業医さんの取り分を少し公立病院で働いてる勤務医にまわすってのは何故出来ないんですか?

補足日時:2009/05/21 01:06
    • good
    • 0

開業医は勤務医に比べて月収も増えるし、自分で診療時間などが決められるので、勤務医の方はいつか開業したいという気持ちはあると思います。


病院は来る患者の数も多ければ、診療する科も多いので中にはモンスター患者さんと会う確率も高いでしょう。
開業医だからといって逮捕される可能性が減るわけではないと思います。多額の資金をかけて造った自分の城を長く続けるためには悪いことはそうそうできないでしょう。ただ経営が軌道にのるには時間がかかるらしいです。

勤務医は辞めてもせっかくとった医師免許ですから、自分から捨てることはまずないでしょう。
    • good
    • 0

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/06/k …
診療所というのがいわゆる医院のことです。
そもそも減っていないように思います。

この回答への補足

こんなに医院が増えるんなら少しは抑制して公立病院に居てもらえるよう改革すべきでしょうね。もし給料が倍になって休みが3倍になったら勤務医は足りるようになりますかね?
でもやっぱりドカンと稼ぎたいから開業するものではないでしょうか?

補足日時:2009/05/21 01:32
    • good
    • 1

1日24時間働いて月給40万円と



1日6時間働いて月収600万円とどっちがいいですか? (^^;

個人の医院だと嫌な客は来るな、って言えますから。

この回答への補足

そうですねえ。明らかに後者ですよね。
なんでそんなに差が出るんでしょう?
開業医の貰ってる診療報酬は社会保障費から出てるんですよね
開業医に国は払い過ぎってことですかね?

補足日時:2009/05/21 01:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業医の年収

今、休日診療所に勤めていますが、夜間医師が出務すると一回当たり報酬を10万円ぐらい払います。これは医師会の要求のようです。
これぐらいの報酬を当然としていることは、開業医はそこそこ客があれば相当の年収だと思いますが、たとえば2000万円以上か、もっとでしょうか。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

10万円は(その筋での)一般的な額だと思います。

医師の年収については、少し前に報道されてました。
参考までに・・・。

参考URL:http://www.yakuji.co.jp/contents/headlinenews/hln2005020402.html

Q勤務医の方は何故開業されないのでしょうか?

全くの素人質問で済みません。
当方都内に在住しており、よく皮膚科や眼科、内科などにお世話になります。
引っ越しも何度もしておりワンマンでやっている小さい病院・診療所を色々あたったのですが、土日平日問わずいずれも大変混雑しており、30分待ち以上はザラです。
評判の良い悪いなどは関係なく(というか調べようがなく)そこしか近くにないから行っているという感じです。

勤務医と開業医の年収の差が問題になっていますが、問題になっているならば何故勤務医の方は開業医にならないのでしょうか?
開業するとは莫大な借金を背負うということは理解しています。
しかし、混雑している病院のすぐ近くに作れば自然と患者は流れて来るはずです。
仮に軌道に乗らず倒産したとしても医師免許は残りその後勤務医として
働き直せることを考えると素人目にはリスクは低いように思えるのですが。

現役の医師の方の声をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

都内で開業している医者です。

メディアで、「開業医のほうが年収がいいから、開業医の報酬を減らして勤務医に回せ」といっている馬鹿な人たちを見るたびに、心が痛みます。
あの人たちが言っている「年収が高い開業医」というのは、「法人格を持っている病院の院長」のことをさしています。
そういう統計なのですから、しかたありません。
ひるがえって、町の診療所は、個人で開業しているところが多いのです。
これは個人事業と捉えられ、統計に入っておらず、年収も勤務医と変わらない人たちが多くいます。
私自身も、勤務医時代のほうが年収は高かったです。
はるかに。

しかし、わたしは自分の好きなように治療をしていきたいし、患者さんとの時間を大切にしたいから、1日に診察する患者さんを減らしてまで、予約制で診療しています。

開業医のほうが儲かるから勤務医に報酬を回せと、言っている勤務医の皆さんは、なぜ開業しないのでしょうか。
それは、明らかに開業するのには大きなリスクがあるからです。

開業するには大きなお金が必要で、わたしはそれまで10年以上働いてためた貯金をすべて使いました。
しかも、機械を買うのに、負債をかなり抱えています。
もしこけたら、勤務医に戻って負債をかえしていく気力が出るかどうか。
また、勤務医と違い、何か起こった責任はすべて自分に帰ってきますから、なにか問題が起きれば、医師免許自体に影響が起こる可能性もあります。
そして、いまは開業すれば患者が集まる時代ではないのです。
開業しても患者が集まらず、赤字続きの医者もいます。
儲かっているのは、一部の医者なんです。

勤務医を続けるのは、そういった実際を知っているからで、それなのに勤務医の報酬を増やしてほしいと発言しているのです。
開業医のほうが恵まれていると思うのなら、一度開業してみろよ。
勤務医にはそういいたいですね。

愚痴・・・も軽く入っていますかね。すみません。
ただ、私は開業してつらい思いをすることも多いですが(稼ぎは少ない、集客に悩む、スタッフの教育が難しいなどなど)、それでも開業して良かったと思っていますよ。

都内で開業している医者です。

メディアで、「開業医のほうが年収がいいから、開業医の報酬を減らして勤務医に回せ」といっている馬鹿な人たちを見るたびに、心が痛みます。
あの人たちが言っている「年収が高い開業医」というのは、「法人格を持っている病院の院長」のことをさしています。
そういう統計なのですから、しかたありません。
ひるがえって、町の診療所は、個人で開業しているところが多いのです。
これは個人事業と捉えられ、統計に入っておらず、年収も勤務医と変わらない人たちが多くいま...続きを読む

Q開業医の年収を教えてください。

こんなことを質問して恐縮なんですが、
開業医(特に歯科医)って年間どれくらいの給料もらってるんですか?

想定としては都内の平均的な医師で、ここでいう給料は会社としての売上ではなくて個人が稼いでいる額ということでお願いします。

知っている方いましたら大体でいいので教えてください。

Aベストアンサー

開業医とはそもそも法人の代表者のことですから、会社(病院)としての売り上げも大きく関わっています。おそらく質問者様は勤務医のことを言ってるのだとおもいますが条件等によりばらつきがあり平均年収として世の中に出ているものは当てにならないと思います。まあ一般サラリーマンよりははるかに多いですよ。

Q事故後、患者の異常を脳外科医は早急に告知すべき?

交通事故に遭った翌日、脳外科に掛かったが異常が認められなかったとの医師の判断が事故後100日程経ってから耳鳴りに悩まされる事になった。車の保険会社にその旨話をしたらこの脳外科の診察時における私の脳のMRI写真やX線写真を検証して後遺症と判断された。即、治療を始めたが耳鼻科医は治癒は困難と断定した。私はこの脳外科医がきちんと事故の翌日に正直に異常の事を話して早期に治療していれば今の耳鳴りや呆けの問題も症状軽減されていたと思うのですが?医師は患者の異常に対して告知義務があると思うのですがどうでしょうか?そうでないと患者は自分の異常に気が付かない時もあり病気は段々悪くなってしまうと思います。最近の朝から就寝前迄続くこの耳鳴りは不気味で憂鬱にさせ気が遠くなる思いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

交通事故の翌日:脳外科を受診し,異常なしと伝えられる。
事故後約100日:耳鳴りに悩まされるようになる。
保険会社に伝え,最初の脳外科受診時の検査結果を検証してもらい,その耳鳴りが後遺症と判断される。


>私はこの脳外科医がきちんと事故の翌日に正直に異常の事を話して早期に治療していれば今の耳鳴りや呆けの問題も症状軽減されていたと思うのですが?

まずは,その症状が早期から治療できていれば治ったという根拠を示す必要がありますね。耳鼻科医がそう断言しているのでなければ,質問者さんの憶測といわれるだけで,言いがかりといわれかねません。

また,その事故翌日の受診の際に,耳鳴り症状がなかったのでしょうから,それが将来的に出現することをその時点で予測できたかどうかということも重要です。保険会社の検証はあくまでも救済措置ですので,その時点での診断できたかの根拠にはなりえないと思います。
初診時の検査で分かっていたのに伝えなかったのであれば脳外科医の有責ですし,初診時の検査をきちんと評価できていればわかっていたのにそれを怠ったのであれば脳外科医の有責です。それ以外は脳外科医の責任はないと判断されるでしょう。


>医師は患者の異常に対して告知義務があると思うのですがどうでしょうか?

患者が知らされない権利を行使しない限り,説明する義務はありますので,質問者さんのおっしゃる通りです。それゆえに,「初診の脳外科医が有責かどうか」は前述の内容が重要になると思います。

交通事故の翌日:脳外科を受診し,異常なしと伝えられる。
事故後約100日:耳鳴りに悩まされるようになる。
保険会社に伝え,最初の脳外科受診時の検査結果を検証してもらい,その耳鳴りが後遺症と判断される。


>私はこの脳外科医がきちんと事故の翌日に正直に異常の事を話して早期に治療していれば今の耳鳴りや呆けの問題も症状軽減されていたと思うのですが?

まずは,その症状が早期から治療できていれば治ったという根拠を示す必要がありますね。耳鼻科医がそう断言しているのでなければ,質問者さんの憶測...続きを読む

Q開業医の収入と勤務医の収入の比較

 しばしばマスメディア等では、開業医の年収は勤務医の年収の2倍程度であると報道されています。
 また、厚生労働省の発表でも(私の記憶によれば、なので正確ではないかもしれませんが)、開業医の年収が2500万円程度、勤務医の年収が1500万円程度でした。
 これらが社会保障費抑制のための厚生労働省による恣意的な数字かどうかは私にはわかりません。ですが、実際は、どうなんでしょうか?
 厚生労働省とその発表を鵜呑みにしているマスメディアが正しいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開業医平均2500万、勤務医平均1500万というのは厚生労働省が発表した「07年度医療経済実態調査」がソースの様です。

参考URLでは詳細が記載されていますが、恣意的な数字と考えて間違いないでしょう。

開業するための借金返済が考慮されていない、年齢差が考慮されていない等色々記載されていますがこれらはURLを参考にして頂くとして、特に重要な点が3つあります。

第一はこのデータは961病院、1155診療所のデータであるという点です
日本には約9000病院、約90000診療所がありますから病院の10%、診療所の1%程度しかデータ抽出していません。
竅った見方をすれば大多数の開業医は診療所ですから、病院は10%分データ収集しているのに診療所は1%しか収集しないないのも帳尻を合わせるためかもしれません。

第二に勤務医の平均年収、これ多分正規職員のみの年収です。というのも医師は全うなスキルを身に付けるために非常勤職や大学院生 (無給)の時期を過ごす事が大多数です。その分を差し引く必要はあるでしょうね。

第三が重要なのですが産労総合研究所 (pdf)は社長の平均年収は3200万と発表しています。開業医というのは一国一城の主であり、社長といって差し支えない存在です。
開業医が儲けすぎというのは大嘘と言う事がわかります。


長文になってしまいましたが、このデータは国民に医者が儲けている様に勘違いさせる&勤務医と開業医が連携しないように仲違いさせておくためのデータです。
何事も様々な角度からみることは大事ですが、ちょっとこのデータは酷いですね。

参考URL:http://blog.m3.com/DrTakechan/20070719/1,http://www.e-sanro.net/sri/ilibrary/pressrelease/press_files/sanro_p070403.pdf

開業医平均2500万、勤務医平均1500万というのは厚生労働省が発表した「07年度医療経済実態調査」がソースの様です。

参考URLでは詳細が記載されていますが、恣意的な数字と考えて間違いないでしょう。

開業するための借金返済が考慮されていない、年齢差が考慮されていない等色々記載されていますがこれらはURLを参考にして頂くとして、特に重要な点が3つあります。

第一はこのデータは961病院、1155診療所のデータであるという点です
日本には約9000病院、約90000診療所がありますから病院の10...続きを読む

Q開業医はなぜ儲かるか

開業医は勤務医に比べ儲かると言われますが、それはどうしてでしょう。

Aベストアンサー

開業医です。
勤務医の給料と同じくらいになりました。その中から借金の返済を除くと、自由になるお金、つまりサラリーマンの手取りは勤務医の7-8割でしょうか。建物などが将来自分のものになる分だけ今は手取りが少なくなります。
儲かるかどうかは最終的にみないとだめでしょう。病気をしても勤務医はかなりの部分まで給与が保証されているわけですが、開業医は従業員に給料を支払わなくてはならず、また誰かを臨時に雇うことも容易ではありません。
こうしたリスクをひっくるめて、はたして儲かるかどうか、ということになるのでしょう。
今度は医療費がダウンします。たとえば5%ダウンすると、設け部分は全収入の4割と仮定すると、支出はほとんど替わらず(40-5)つまり35%になるために収入は12%ダウンになるわけです。
昔のように、税制を含めて手厚く儲かった時代は終わったようです。

Q開業医、儲かる?

現在、高2の男です。
将来、年収2500万ほどになりたいです。
五大商社を目指して猛勉強しているのですが、商社でも年収2500万は役員クラスにならないといけないと知りました。
そこで質問なのですが、開業医だったら年収2500万はそこまで難しくないのでしょうか。また開業医で失敗するということはあるのですか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結局のところ、病院経営には商才が必要なわけで、病院の看板を掲げたら患者の方から黙ってでも来てくれるわけではないです。

それは医者としての腕とか学歴とは別の才能なのですよ。

Q担当医の医師免許

担当医の医師免許を調べたいのですが・・・。
家族の者が交通事故による骨折で、入院しています。
現病院では、外科担当らしき医師が担当医となっており、
週に一度、大学病院から整形外科の医師が診察に来ています。
現病院の担当医による診察に不安があります。
担当医の医師免許を調べたいのですが、
病院サイドに知られることなく、調べる方法はありますでしょうか?
また骨折は通常、整形外科にかかるものではないのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医師免許には医籍登録番号が書いてあるだけであなたの知りたい専門が何かは書いてありません。
医師、病院に不安や不満があるなら、その旨担当医と病院責任者に申し出て病院を変わることになりますが、その際、新しい病院は自分で探さねばなりません。病院を移る際、紹介状は書いてもらえますが、移動手段、移動費用等はあなたの負担になりますのでご留意の程。

Q参考までに開業医と大きな病院では・・

参考迄ですが、一般の総合病院(大学病院)の消化器外科と、消化器外科専門の開業医ですと、開業医の方が検査の技術等は優れているのでしょうか・・?開業医をされるにはそれなりの技術や専門知識を積んでると聞きました。(無痛の経鼻胃内視鏡は比較的、開業医の方が行なっているようですし・・。)今までは、検査(胃カメラ・大腸ファイバー他)をするのなら、大きな病院の方がと思って居りましたが・・。実際、自分が診察を受けてみて感じたのですが、大きな病院では設備が整っていますが、医師によっては検査技術がいまいちなど、あるように思いました。

Aベストアンサー

こればっかりは医師の経験と年数次第です.開業医はそれなりに経験を十分積んできております.
大学病院は未だ若い先生もいます. 修行中の先生が居る訳です.教授を中心として難病にも取り組んでいますから,難しい病気は大学病院で,普通の病気であれは個人病院でと使い分ければいいと思います.

Q開業医になれない科?

開業医になれない科?

○○科の医師の道を選ぶと開業できないという科はあるのでしょうか?
街中を見ても、それだけで成り立ってるのって、内科とか眼科とか歯科とか、まあなんとなくそうだろうなというのばかりですよね。
外科で開業しても外傷や骨折とかだけ?麻酔科や脳外科とかなんて開業しようがないように思えます。

開業するつもりがある人は、そもそもそういう特殊な科は選ばないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

脳外科は少ないながらも普通にあります。
麻酔科はペインクリニックという形で開業している方も多いです。
あと単独の開業医として成り立ちにくい科としては 放射線科医や病理診断 などでしょうか。
ただ最近は 放射線科医 はネットの発達・扱う画像のデジタル化によって遠隔診断などの形で
開業というか起業(直接患者さんを診るわけではありませんが)している方々もいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報