ultrasoneのヘッドホン、hfi-580に3.5mmの三極ジャックを取り付けて、ケーブルを着脱可能にしたいのですが、どこにどの配線を繋げればいいのかわかりません。このような場合、配線図?を見ればいいのかもしれませんが、まったくの素人のため、見方がイマイチわからず不安です。
どこに何色の線を繋げばいいのかまで教えていただけると幸いです。
初心者なので初歩的なこともわからないかもしれませんが(この質問自体が初歩的なのでしょうが)、ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

配線の確認の仕方だけ書きます。


ケーブルを切ったら、プラグを用意したジャックに差し込みます。
ジャックには端子が3箇所ありますね?
切断したケーブルの各線とジャックの各端子の導通(電気が流れるかどうか)を調べます。これにはテスターを使用します。
テスターは、2千円位からあります。高価なヘッドフォンを改造するのですから、購入しましょう。難しい物ではありません。デジタルでもアナログでもかまいません。
テスターの Ω(オーム)レンジか、導通レンジに合わせ、リード棒をジャックの端子と切断したケーブルの各線に当てていきます。赤棒、黒棒どちらがどちらでもかまいません。
導通があれば、Ω レンジなら、0オームを示し(アナログならメーターが振り切れます)導通レンジなら、ピーっと音も出ます。
導通があった端子とケーブルの色の組み合わせどおりに、ヘッドフォン本体側のケーブルの各線をハンダ付けします。
注意!ヘッドフォン側の導通はチェックしないようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、テスターは必須なのですね。
今度、アキバにでも行って買ってきます。

お礼日時:2009/05/25 05:57

はじめまして♪



製品は
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/HFI580.html
こちらでよろしいでしょうか?

ヘッドホンのケーブルは左右のプラス極と共通のマイナス(アース)で接続されています。
プラグの先端がチップ、中間がリング、根元側がスレーブ等と言います。 大抵は2色か3色のケーブルが使われ、チップに赤、リングに白、アースに黒 (2色の場合は、赤、白か黒、網線シールド等)です。
ジャックも プラグに合うように配線するだけです。

実際のコードの構造は切ってみないと確認が難しいと思いますが、左右のプラス線が細くても通常のコードの様にビニール被服線だとハンダ付けも楽なのですが、軽く柔軟なコードにするために、エナメル等で着色絶縁したコードの場合は、非常に手間がかかります。

100均等のヘッドホンを分解して、ハンダ付けの練習をしてからの方が良いと思います。 コードを切ってから、プラグでもジャックでも半田付けが出来なくなると、そのヘッドホンでは聴く事が出来なくなりますからね。

もっとも だれもが最初は初心者です。 経験を積んで中級者になるように頑張りましょう♪

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
製品はそちらです。すいません、URLも張らずに。
ちなみにジャックはこれです。
https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=9978

たびたび、すいませんが、プラグに合うように配線するには、コードを切って構造を確認しなければならないのですか?
私はジャック取り付け後は、市販のケーブルを使用しようと考えているのですが、この市販のケーブルを切って構造を知ってから配線するということなのですか?
また、このジャックには左右に1と2と書かれた短い接続部と、真ん中に長い接続部があるのですが、長い接続部がリングで、1と2のどちらかがチップとスレーブということなのですか?
長々とわかりづらいですが、お願いします。

補足日時:2009/05/21 22:40
    • good
    • 0

1.半田付けの知識、経験、技術が有る事


2.テスターを持っており、使い方が解る事
の条件が必要です
また、素人の作業ですので、見た目が悪くなる事も覚悟する必要が有ります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
見た目が悪くなることは覚悟の上です。
半田付けは一度行ったことがありますが、テスターは持っていませんし、使い方も解りません。
やはり、相応の知識と技術が必要なのですね。

お礼日時:2009/05/21 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3.5mmステレオミニプラグの配線の仕方。

ミニコンポなどの裏には、下の写真のようなスピーカ端子がありますよね。
http://www.e-onkyo.com/info/archives/img/peaker_shape.gif
そして、普通のスピーカーの裏には、プラスとマイナスひとつずつ端子があり、右(R)と(L)で計4本コードが出ます。この4本をミニコンポの裏のスピーカ端子につなぐのですよね。

しかし、今所有しているスピーカー(下のURLと同じタイプ)は、パソコン用の小さいものしかなく、入力の端子が3.5mmステレオミニプラグなのです。
http://yas.mu/usbsp/P1000444.jpg
写真では、ステレオミニプラグがUSB変換アダプタに差し込まれています。

もう話は見えてきたと思いますが、このパソコン用のスピーカーをコンポにつなげて聞きたいのです。

それをするべく、下記のようなものを買いました。
http://www.elecom.co.jp/news/200601/ms-ph96bk/image/MS-PH96BK_31L.jpg
そのものずばりの商品の写真がなかったので、上の写真で代用して説明しますが、買ったのはステレオミニプラグの差込口だけです。写真で言うと、穴のある黒いほうです。当然お尻からコードは出ていなくません。中の金属部分がねじのようにひねると取り出せるようになっており、端子が露出し、そこに自分でコードを配線できるようになっています。

で、中の端子は3本あり、真ん中に大きめの端子がひとつ、両端に小さい端子がひとつずつありました。真ん中の大きい端子からは、マイナス側につなぐ線を二本出せばよいのだと思います(そうですよね?)。問題は、両端の小さい端子です。どっちがLで、どっちがRなのでしょうか?端子をよく見ると、片方が銀色、もう片方が金色でした。

また、使う線は普通の線で大丈夫でしょうか?同軸ケーブルを使わないとノイズがのってしまいますか?

長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

ミニコンポなどの裏には、下の写真のようなスピーカ端子がありますよね。
http://www.e-onkyo.com/info/archives/img/peaker_shape.gif
そして、普通のスピーカーの裏には、プラスとマイナスひとつずつ端子があり、右(R)と(L)で計4本コードが出ます。この4本をミニコンポの裏のスピーカ端子につなぐのですよね。

しかし、今所有しているスピーカー(下のURLと同じタイプ)は、パソコン用の小さいものしかなく、入力の端子が3.5mmステレオミニプラグなのです。
http://yas.mu/usbsp/P1000444.jpg
写真で...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
わざわざ機種に関するデータを教えて頂きまして、ありがとうございます。

マジックウェーブ39はアンプ内蔵のUSBスピーカですが、付属しているUSB変換アダプターを使わないでステレオミニプラグを直接ヘッドホンジャックに差し込んで使用してもスピーカから音が出るようになっています。

この場合、内蔵アンプに電源が供給されないので、接続した機器のヘッドホン出力以上の音は出ません。
また、機器の端子とスピーカユニットだけが直接つながるわけではなくて、動作はしませんがアンプ回路も繋がっているために誘導ノイズ等を発生することがあります。
そのような理由で、USBで使う場合よりも音が悪いです。

仕様では0.4W以上ではスピーカユニットが不良になる危険性があり、出力の大きなアンプのスピーカ端子と接続した場合にはその危険性が急激に高まります。

アンプのデータを見ると真空管アンプみたいな特性でドキッとしますが、それはそれとして置いておきまして、
アンプの出力が2Wですから、アンプの音量調節を絞りきったところから少しずつ上げて0.4W以上にならないように気を付けながら使うことができないこともありませんが、出力を直視できるピークホールドメーターやリミッター回路のような便利な回路が付いているわけでもなく、能率の不確かなスピーカユニットから聞こえる音の大きさから勘を頼りに調節するのは不安が残ります。
(アンプ内蔵型スピーカでなければ、スピーカの音が歪まない程度に抑えていればある程度は大丈夫というおおらかな考え方もあります。)
それに、不用意に音量を上げてしまったりすることが無いとも言い切れません。
最大出力0.4Wという内蔵アンプの回路に使われている抵抗は2W型なんて使っていなくて1/2W型でしょうから焼損するおそれもあります。

故障のリスクを承知の上でそうした使い方をするのであれば、それはそれで何があっても自己責任ということで自由です。


私だったら、せっかく購入した便利なUSBスピーカをつまらないことで壊したくありませんので(リスクを怖れてしまう小心者なのかもしれませんが)、アンプのヘッドホンジャックにつないで小さい音で我慢するか、安くてもいいから2Wの入力に耐えられる別のスピーカを探して大きな音でも安心して楽しみたいと思います。

とは言っても、私は”馬鹿”が付く位のオーディオマニアなので、安いだけでは満足できないし、小さい音で我慢しストレスを感じるのも嫌なので、性能や音質を自分で確かめた上でないとスピーカなどの音響機器を購入できないのですが。
(話がちょっと矛盾しますが、アンプの音量調節を絞りきったところから少しずつ上げて0.4W以上にならないように気を付けながら使う、というようなリスクを含んだ事も、自分で責任を負える範囲内においては今までに何度も、諸先輩方や仲間からチャレンジャーと呼ばれるほど”積極的に”行ってきましたし、現在もそうすることが多いです。
そうした経験は糧となり、仕事上や趣味の分野で少なからず役立っています。)


> 普通のアンプの場合でも、最初はボリュームをゼロにしておいて、少しずつあげて、許容範囲内と思われる場所でとめるという使い方はだめなのでしょうか。

長々とつまらない御託を並べてしまいましたが、一言で本音を言ってしまえば、可能であるけれども故障するリスクがあるのでお奨めすることはできません。

#2です。
わざわざ機種に関するデータを教えて頂きまして、ありがとうございます。

マジックウェーブ39はアンプ内蔵のUSBスピーカですが、付属しているUSB変換アダプターを使わないでステレオミニプラグを直接ヘッドホンジャックに差し込んで使用してもスピーカから音が出るようになっています。

この場合、内蔵アンプに電源が供給されないので、接続した機器のヘッドホン出力以上の音は出ません。
また、機器の端子とスピーカユニットだけが直接つながるわけではなくて、動作はしませんがアンプ回路も繋...続きを読む

Q3.5ミリプラグの配線について質問です

使っていたイヤホンのケーブルのプラグの付け根が断線してしまい、(本来なら修理に出すべきところですが、僕が使っていたイヤホンはケーブル交換式で断線は保障対象外なのです)自分でプラグ部品を切り取って交換してみようと思い、3.5ミリのステレオプラグを買ってきたのですが、配線方法がわかりません。

ケーブル皮膜をはがしてみると、普通の色?の銅線が二本、赤い線、緑の線がそれぞれ一本ずつ入っていて、どれをどう繋げばいいのかわかりません。プラグ部品には穴が三つしかありませんでした。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

接続は、
プラグの付け根の端子に、銅線が二本
プラグの、先端につながる端子に、緑線
残りの端子に、赤線
を半田付けします。

イヤホンのケーブルはとても特殊で、
半田メッキしないと通電しません。

銅線と赤線や緑線とは、絶縁してないでしょう?
その電線は、半田付け温度でないと、絶縁皮膜が
溶けないようになっているんです。
サンドペーパーで磨いても無駄です。

したがって、
半田ごてを買わなくてはなりません。

もし半田ごてを持っているのなら、
半田ごて高温にして半田をたっぷりのせて、
30秒かけて線の絶縁皮膜を溶かしながらメッキします。
端子への接続はそれからです。

半田仕上げをしたときに4本が同等の長さになるように
しておかないと、短い線が使用途中で断線します。

まあ、諦めましょう。

Qイヤホン端子が付いていない機器に端子を付けたいです

ラジカセ位の大きさのCDラジオを購入しましたが、
イヤホン端子が付いていませんでしたので、自身で取り付けをしたいと思います。取り付け方をご教示ください。
今考えているのは、内部を開放して、ステレオスピーカーの配線を二股にして、ステレオイヤフォン端子に取り付ける方法ですが、いかがでしょうか?またこれよりの良い方法がありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご指定の回路ではヘッドホン(イヤホン)をジャックにつないでもスピーカーからは音が出たままになってしまいますね、通常いヘッドホン(イヤホン)ジャックとして市販されているものにはこのための切り替えスイッチが内蔵されているのでこれを経由して接続すると良いでしょう。また、単に並列に接続してしまうとヘッドホン(イヤホン)とスピーカーのインピーダンスや能率が大きく異なるので、スピーカーで聞いているときはちょうどいい音量だったのにヘッドフォン(イヤホン)では爆音と言うことになりかねません。そこで、ジャックの切り替えスイッチのヘッドフォン側に600Ω~1KΩ程度の抵抗を直列に入れておくことをお勧めします。

ちなみにプラグの根元の部分がマイナスで先端がプラスです。ステレオの場合は根元の部分がマイナス(左右共通)で次が左チャンネル先端が右チャンネルです。

ちなみにラジカセなどで比較的大出力のものではBTLなどの方式のアンプを用いたものもあり、この種のものではマイナス側をジャック部分で共通に接続することができません(場合によっては壊れます)ので注意が必要です。このような場合は、片方のチャンネルのみの接続にするか、ヘッドホン専用のバッファアンプ(こうなるとそれなりの電子工作ができないと無理か・・)が必要になります。

ご指定の回路ではヘッドホン(イヤホン)をジャックにつないでもスピーカーからは音が出たままになってしまいますね、通常いヘッドホン(イヤホン)ジャックとして市販されているものにはこのための切り替えスイッチが内蔵されているのでこれを経由して接続すると良いでしょう。また、単に並列に接続してしまうとヘッドホン(イヤホン)とスピーカーのインピーダンスや能率が大きく異なるので、スピーカーで聞いているときはちょうどいい音量だったのにヘッドフォン(イヤホン)では爆音と言うことになりかねませ...続きを読む

Q電子工作ミニジャック

電子工作しようと思っています。中途半端知識の初心者です。
通販キットのモノラルミニアンプに挑戦するつもりです。オプションで3.5モノラルミニジャックを買おうと思っているのですが、端子が3つある形状のようです。この場合アンプからのGNDとSIGはどの端子につなげば良いのでしょうか?
また端子が4つのモノラル・ステレオ兼用のジャックもあるようですがこの場合はどうつないだら良いでしょうか?初心者でありますのでわかりやすくお答えお願いします。

Aベストアンサー

N.2の回答の補則です。
GNDはジャックの根本に接触する端子につなぎます。
SGNはおそらくシグナルの略語と思われます。
N.2でお知らせしたところにつないで下さい。
先端に接触する端子と、アースの端子が不明な時は
雄側ミニジャックの先端端子にテスター棒の片側をあて、ジャックを差し込み、
テスター棒のもう一方を、雌側のジャックの何れかの端子に当て
導通が確認された物がSIG端子になります。
また、モノラルアンプにミニジャックを介して
スピーカー1個、あるいはイヤホン1個のみつなぐときは、GNDとSNGが先端か、根本か、どちらに接続していてもかまいません。(極性は無視して良いと言う意味です)

モノアンプにステレオヘッドホンをつけるときは、
GND端子(ジャックの根本に接触する端子)にGND、
SIG端子はジャックの中間と先端に接触する端子両方に接続します。

なんか、まどろっこしい説明になりましたが、
頑張って下さい。

QステレオミニジャックのRとL??

今、自作でヘッドフォンアンプ兼ブースターを作っているのですが、その中で使う箱型のステレオミニジャックというパーツの三本突起がある中のどれに接続していいかわかりません。回路図?にはL、R、Gと書いてあるのですが、どれがどれだか分かりません。パーツにも表記はなくどれにつないでもいいと良いというわけではないと思います。分かりにくい説明ですみませんが知っている方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子工作には慣れていないようですね。
どうしてもわからなければテスターで導通を確認していきましょう。

具体的にはジャックの穴の入り口部の金属はグランドになりますから
そことどの端子がショートしているか調べればGの端子は判明します。

その後テスターをジャックの穴に徐々に途中まで入れていき、グランドの端子以外の端子で
ショートする端子がないかどうか調べます。あればそれがRの端子です。

残った端子がジャックの一番奥とショートしてるハズなのでL端子になります。

Qステレオヘッドホンミニプラグの極性

ステレオヘッドホンミニプラグの極性
を教えてください。

図に示すように
ステレオヘッドホンミニプラグには
3つの端子があります。

それぞれを
端子部分1~3とします。

端子として存在するのは多分
マイナス端子と
右プラス端子と
左プラス端子だと思うのですが。

それぞれの端子部分1~3が
どの役割を受け持っているのかがわかりません。

どうか教えてください。

Aベストアンサー

>役割
というともしかして違う回答をお望みかも知れませんが
端子のとしては普通は

端子部分1←共通
端子部分2←右
端子部分3←左

です。

Qスピーカーの極性はどうやって確認する?

 スピーカーのターミナルには+-があって、反対に接続すると音がおかしくなると聞いたことがあります。今手持ちの裸スピーカーはターミナルに表示が何もないので、どちらを+にすればよいのか判りません。何か決まりがあるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

裸スピーカーの接続部分を見てください、スピーカー中央と接続している線があると思いますが、一方はそのままの線もう片方は白線が入っていると思います。
その白線が入っているほうが(-)です。試してみてください。

Qスイッチ付3.5mmステレオジャック配電図

ずばり、スイッチ付3.5mmステレオジャックの配電図が分かるかたお願いいたします。千石電商のHPにて「φ3.5ジャック(ステレオ・BOX型・S付)」という商品名で販売しているものです。
通常SP出力、プラグを挿すとSPがOFFになりヘッドホンからだけ音が出るようにしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同一ないし同等品とおぼしきコネクタがパーツボックスにあったので、テスターで導通を調べてみました(このパーツの場合、フタが透明なので目で追ってもだいたい想像が付きますが...)。

裏返して(端子側を表に向けて)ネジの部分を上にした状態で、

・上にある1つとネジがGND
・右上:TIP(信号源側)、右下:TIP(プラグ挿入時にOFF)
・左外側:RING(信号源側)、左内側:RING(プラグ挿入時にOFF)

で良いと思います。したがって、右下と左内側の端子からスピーカーに繋げば、プラグ挿入時にヘッドホンから音が出るようになると思います。

なお、テスターがあれば数秒で判明することですし、電子工作をする上では絶対に欠くことのできないツールですから、1台は持っておくことをお勧めします(性能的には1,000円くらいの激安品でも実用に耐えますが、安全性を考えると日本製(たとえばサンワ、カイセ、共立、日置など)をお勧めします)。

Qボリュームついてないパワーアンプにボリュームをつけたい

初めまして。

先日、アンプが壊れ、父から余っているアンプを譲って貰ったのですが、そのアンプは自作品をオークションで購入した物で、
ボリュームさえもついてない単純なパワーアンプでした。

普段はパソコンから繋いでいるため、パソコンのボリュームコントロールで調整をしているのですが、
ゲームやラジオなどと繋いで聞くと、音が大きすぎてまともに聞けません。

なので、簡単なボリュームを自作して、繋げたいと思っています。
本体に取り付けるのでなく、線と線の間に設置するタイプを考えています(良くある、イヤホンについているボリュームみたいな感じで)

しかし、ネットで色々調べてみたのですが、いまいち配線というか、構造が理解できません。
ボリュームが可変抵抗器であり、抵抗値を上下することで音の音量を調節している事までは理解できるのですが…

と言うわけで、基本的なボリュームの仕組みや回路を教えていただければ、と思います。
あと、音質面でオススメのボリュームが在ればそれも教えていただきたいです。

ハンダごてや、ケース作成などは、スピーカー自作や、ゲームコントローラーの乗っ取りなどをやっていますので、
基本的な事さえ教えていただければ何とかなると、思ってはいます。

初めまして。

先日、アンプが壊れ、父から余っているアンプを譲って貰ったのですが、そのアンプは自作品をオークションで購入した物で、
ボリュームさえもついてない単純なパワーアンプでした。

普段はパソコンから繋いでいるため、パソコンのボリュームコントロールで調整をしているのですが、
ゲームやラジオなどと繋いで聞くと、音が大きすぎてまともに聞けません。

なので、簡単なボリュームを自作して、繋げたいと思っています。
本体に取り付けるのでなく、線と線の間に設置するタイプを考えて...続きを読む

Aベストアンサー

お父さんに直接聞いてみては?
自作アンプをオークションで購入してくるような人なら、ボリュームの配線方法くらいは知っている可能性が高いです。


で、自作の方法ですが、「パッシブプリ 自作」のキーワードで検索すると参考になりそうなページが出てきます。
↓これなどは分かりやすいのでは?
http://mmmtune.blog61.fc2.com/blog-entry-19.html

配線は簡単ですが、問題はボリューム(VR)の選び方で、
(1)2連タイプ
(2)Aカーブ
(3)抵抗値が10k~50kΩ位のもの
が良いです。
https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=46176

(1)は、LRの両chを同時に可変するのに必要(片chずつ単独調整で良ければ、単連×2個でも可)
(2)は・・・説明すると長くなるので、下記参照下さい
http://www.interq.or.jp/japan/se-inoue/resistor.htm
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2656752.html
(3)は、抵抗値が高過ぎると(VRの出力インピーダンスが上がり)ノイズを受けやすくなり、低過ぎるとラジオやゲーム機の出力回路に負担を掛けてしまうためです。

上記(3)と同じ理由で、(たとえ低めの抵抗値であっても)VR出力側はノイズを受けやすいので、ケースは金属製またはシールドした物が無難です。
もしプラケースでシールドなしにした場合、ボリュームを中途半端に絞るとハムノイズが聞こえる可能性があります。

その他、入力側に3台(PC・ラジオ・ゲーム機)接続するならば、VRだけでなく入力セレクタSWも付けた方が使いやすいかも知れません。
http://vlsi.iis.u-tokyo.ac.jp/~majima/html/e/component/preamp.html

お父さんに直接聞いてみては?
自作アンプをオークションで購入してくるような人なら、ボリュームの配線方法くらいは知っている可能性が高いです。


で、自作の方法ですが、「パッシブプリ 自作」のキーワードで検索すると参考になりそうなページが出てきます。
↓これなどは分かりやすいのでは?
http://mmmtune.blog61.fc2.com/blog-entry-19.html

配線は簡単ですが、問題はボリューム(VR)の選び方で、
(1)2連タイプ
(2)Aカーブ
(3)抵抗値が10k~50kΩ位のもの
が良いです。
https://www.marutsu...続きを読む

Qイヤホンケーブルの自作 ケーブル、はんだ付け

SE535のイヤホンケーブルが断線したので、修理
(とりあえず100均のボロイヤホン解体して練習してます)
が、初トライのためまるで上手くできませんし、わからないことがありますのでご教示ください。

1.イヤホンケーブルの線
右耳のイヤホンケーブルを切ると、銅色の線、赤色の線が出てきました。
おそらく赤線がR(リング)で、ステレオミニプラグ側の黒帯と黒帯の間の部分に
つながってる、と思うのですが、テスターで確認しても、導通が確認出来ません。
イヤホンケーブル自体、糸みたいな繊維の撚り線で出来ているのですが、
本当にこれに電気信号が流れるのでしょうか?

2.イヤホンケーブルの半田付け
本番では、MMCXプラグのピンに半田づけすることになるとは思うのですが、
とりえあず、今はケーブルとケーブルの半田接続を練習してます。
すると、どうやってもケーブル側が半田を弾いてしまいます。
(というより、半田こてから液化した半田が離れない)
半田のコツはあちこちでみて、母材のほうを加熱し、糸半田そのものを
コテにあてず母材にあてる。(じゃないと、フラックスが蒸発して綺麗になじまない)
との情報を参考にしてるのですが、イヤホンのケーブルは上記のように極細のため
コテで加熱するとすぐコゲます。やむえず、コテと糸半田でクラップに固定したケーブル
を挟むようにしてみましたが、そうすると、前述のとおり弾かれて半田がつきません。
ケーブル同士の結線は、両端側にまず半田をつけ、次のステップで、両方にのった
半田をこてで再加熱してくっつけるらしいのですが、初手でつまづいています。
コツとかがあるのでしょうか?

SE535のイヤホンケーブルが断線したので、修理
(とりあえず100均のボロイヤホン解体して練習してます)
が、初トライのためまるで上手くできませんし、わからないことがありますのでご教示ください。

1.イヤホンケーブルの線
右耳のイヤホンケーブルを切ると、銅色の線、赤色の線が出てきました。
おそらく赤線がR(リング)で、ステレオミニプラグ側の黒帯と黒帯の間の部分に
つながってる、と思うのですが、テスターで確認しても、導通が確認出来ません。
イヤホンケーブル自体、糸みたいな繊維の撚り線...続きを読む

Aベストアンサー

1.1本1本がエナメルで被覆されているので被覆面では絶縁され電気は通りません。
また、色の違いで+か-かに分かれています。
2.1本1本の被覆を剥がさないと半田が付きません。

この手のケーブルはリッツ線と呼ばれる特殊なケーブルです。
高周波誘導に強く大電力を流しやすいのでヘッドフォンやイヤフォンの配線に使われます。
また、車のブースターケーブルや溶接で使うケーブルもリッツ線が使われます。

エナメルを剥がし半田で導体にメッキするには半田こてで半田の玉(池)を作りその中に漬けると
被覆が燃えて半田がコーティングされます。
これにより半田で部品に取り付けることができるようになります。
また、細い線1本でも間違えるとショート状態になるので音量が上がらない、音が小さいなどの現象が出ます。
線次第では30Wの半田こてでも導体が溶け切れる事があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報