進路のことで悩んでいる高2です。

私は将来音響エンジニアになりたいと考えています。
大学に進学して音響について学びたいと思っています。

音響についてやるんだったらやっぱり理系!というイメージがあるのですが、文型でも大丈夫でしょうか?
元々音大に進学しようと考えていたので文型です。しかも物理は大の苦手で、コンピューターの知識も人並みです。
…こんな私でも大丈夫でしょうか?

音楽経験は、小さい頃から半年前までエレクトーンをやってました。
部活はオケ部に所属していてトロンボーンをやっています。
一応、書いておきました。(役に立たなかったらごめんなさい)

もし、文型でも行ける大学があるなら教えてください。
自分でも調べてみるつもりですが、もし無いなら物理とか数学とか0からやらなきゃいけないので時間が無いです。

大雑把な質問で申し訳ないです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は今年還暦になるものです。


私が大学進学を目指していた四十年少し前に、当時、未だ何やら良く解らない大学が、地元の福岡県に誕生しました。
「九州芸術工科大学」
?私立?公立?国立?それとも専修学校?・・・それほど、この大学に関する説明もデーターも無い頃でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E% …
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E5%BD%A3%B7%DD …
 写真の世界を目指していた私としても、気になる名前でしたが、写真に結び付けるには、かなり遠回りの様に感じ、けっきょく日芸の写真に行きました。
 あれから20年くらいの月日が流れて、TVのニュースだったかドキュメントだったか忘れましたが、音響技術が形になると言う内容だったと思います。(この大学だけで、全てを担ったのではないとは思いますが・・・)最先端の研究の成果が技術と結び付き、本格的なクラシック専門のコンサートホールを、大阪に造ると言うもので、成果と道程を報道していたと記憶します。 
 近代日本のコンサートホール第一号「大阪 ザ・シンフォニーホール」の音響に結び付く研究の成果が、後に「東京 サントリー・ホールー」に受け継がれ、やがて、ロシアから来日したマリンスキー歌劇場管弦楽団の総監督指揮者であるゲルギエフが、この音響に惚れ込み、マリンスキー劇場の改築を日本に依頼したという繋がりの原点にあたる大学です。全てではありませんが、最近、日本で立てられたコンサートホールは、年を追う毎の技術革新は有るにせよ、大なり小なり何所かに影響を受けています。国際的にも日本のコンサートホールの音響の良さは定評が有ります。
 今、この大学は、吸収されて九州大学の一部になっていますが、元々の九州芸術工科大学時代からあった学部に席を置いている学生やOBは、正式名称であるところの九大生や卒とは言わず、九州芸術工科大学生や卒と名乗る事を許される程の高い誇りを持っているとか・・
 
 他には音楽などの録音技師の道でしょうか?
 蛇足になるでしょうが、私の昔の悲しくなった思い出を一つ・・・・・
 クラシックが好きな私は、昔のフィリップスやEMI、デッカなどの録音を好みました。アメリカではウエストミンスターでした。そしてCBSもそれなりに評価していました。しかし、それまでコロムビアとの連携だったのが、S●●Yが買収してからと言うものレコードの音はそれまでとはまるで違った無味乾燥な、当にCDに突進んだ計測データー至上主義の様な音になってしまいました。声楽歌手(バリトンだったかテノールだったか)が社長になった事で、各々の音楽の持つ良さを生かしたレコードやCDを期待しましたが、丸で正反対でした。
、それまでのCBSレーベルのアーティストが、一度に大量虐殺された様な気持ちになったものです。
 余計な事を延々と書いてしまいました。
 質問者様が、目指す音響が、どの様なところを目指しているのか解りませんが、私が申し上げたかったのは、彼方に回りを合わせるのでは、目標は知れていますよ。世間のニーズに応えられる人材になるには、その分野に因って決して省けない知識が必要となります。その世界に身を置いている限り何時までも何所までも要求し続けますよ。
 他には、イベント企画の音響の様に、毎日違う会場の音の演出や配置。バランス空間を作っては壊しを繰り返す様な仕事でしたら日芸でなくとも即戦力を養成するなり現場を数多く体験させてくれるような専門学校の方が良い様にも思います。
 芸術大学と言うところは、習いに行く所では有りません。施設を何所まで厚かましく利用し、後は、どれだけサボって現場や拘った事に邁進出来るかです。真面目に休まず皆勤で単位を取得し優を貰ったとしても、それだけでは誰からも何所からも見向きもされません。彼方が、それまでにどれだけの経験をしどの様な催しやイベントをどの様な人材と一緒にこなしてきたか。その結果の評価が如何だったかの積み重ねが大事です。本当に優秀な奴は、殆ど大学なんて来ません。大学に行っている暇があったら、一流のプロの世界に入り込んで経験と実績を積む事に専念します。その様な人たちは、卒業の二文字を必要としない人たちです。必要な人は、大した仕事もしていないでしょう。自戒も込めて!!
  工学部は全く話が違います。早く自分ィ最適なゼミを見つけ、最良の教授を見つけましょう。今の様な専門性の問われる時代に有っては、工学部で大学四年で終る事を考えない事です。大学での四年ではどんなに真面目に通っても、何所の企業からも欲しがられる人材になるには専門性の入り口さえも身に付かないままで終るという事です。大学院で修士課程は当たり前に必用だと思う事です。チョッとオーバー目に書きますが、研究室に住み込む位の気持ちで丁度良いと思って下さい。工学部の人材に企業が何を要求しているのか、芸術学部からの人材に世間は何を要求しているのか良く考えて見てください。
 彼方の事情に周りを合わすのではなく、彼方がクライアントの要求に応えられる知識と技をどの位蓄えるかと言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なお話ありがとうございました。
多分音響工学の方には進みません。
hossannpapさんがおっしゃるように,私も早くからスタジオに入っておくべきだと思います。大学に通いながらスタジオでバイトをしたいと思っています。
半端な気持ちで目指しているわけではありませんが,人生どう転ぶかわかりませんから,○大学卒業の肩書きは必要だと思い,大学進学を望みました。
今は夢もだんだんはっきりしてきて、レコーディングエンジニアかMAミキサーになりたいです。
大変詳しく貴重な話、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 00:52

大阪芸術大学の音楽学はどうですか?


一度大学のHPを見てください。
あとメディア関係の学科もあります。(映像、放送など)
あなたが希望している職種に関連のある学科かどうか確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HP見てきました!凄く興味がありました。
大阪芸大なら近いので、一度見に行こうと思います。
ありがとうございました。


テレビ・ラジオの音響とレコーディングの音響って同じですか?

お礼日時:2009/05/23 16:48

似たような質問です



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2214254.html

この回答への補足

ありがとうございます。
すいません,文章が抜けていました。
"音楽のことを中心に音響のことが学べる大学"がいいなと思っています。
調べたところ数はかなり少なかったんですが…


日芸の放送学科ってどうなんでしょうか?

補足日時:2009/05/21 00:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q音楽理論と音響物理の基礎

私の前提知識
標準的なピアノには、88個の鍵盤があります。最左音が27ヘルツ(1/秒)です。そこから12(白7黒5)個右に進むと振動数が倍になって54ヘルツです。12音階で振動数が倍になるルールがオクターブです。1つ右に進む(半音上げる)と、2の12乗根(1.059463・・・)倍だけ周波数が高くなります。一番右(88番目)が4886ヘルツです。

さて、質問はここからです。(4つあります)

(質問1)オクターブを奇数音階(例えば11)にして、白鍵盤と黒鍵盤を交互に敷き詰めると、シンプルな感じがしませんか?ドレミファソラシドって白鍵盤の音ですが、ミファ間とシド間が半音でそれ以外が2半音なのが個人的に気持ち悪いです。シンプルで分かり易い音階法があって、人はそれを選べるのに、わざわざ複雑なルールを定めて音楽初心者をわざと困惑させているような気がする。

(質問2)ピアノの鍵盤1つ1つに名前がありますか?一番左が1、その次が2、・・・、一番右が88とすれば一意に特定できるのですが、プロのピアニストだとそんな感じの言い方をするのかしら?ドとかファとか言っても、88鍵盤に4つか5つくらいドがあるから、紛らわしいですよね?

(質問3)5線譜ってあるじゃないですか。でも、1オクターブが12音だから、その半分の6線譜の方がシックリくるのでは?あと、#(シャープ)とか♭(フラット)って必要ですか?半音上げたり下げたりしたければ、音符の位置を上げ下げするだけで足りるのでは?

(質問4)ギターの弦は6本あります。太い弦は低い音、細い弦は高い音が出ます。一方、振動部を短くすれば高く、振動部を長くすれば低くなります。って事は、太い弦で振動部を短く押さえるのと、細い弦で振動部を長く押さえるのでは、同じ音が出たりするのでしょうか(ノイズの入り方が違うでしょうけど)?5線譜に従って演奏する際、その音を出す方法は複数あるから、ギタリストの得意な方法を選べるのでしょうか?

私の前提知識
標準的なピアノには、88個の鍵盤があります。最左音が27ヘルツ(1/秒)です。そこから12(白7黒5)個右に進むと振動数が倍になって54ヘルツです。12音階で振動数が倍になるルールがオクターブです。1つ右に進む(半音上げる)と、2の12乗根(1.059463・・・)倍だけ周波数が高くなります。一番右(88番目)が4886ヘルツです。

さて、質問はここからです。(4つあります)

(質問1)オクターブを奇数音階(例えば11)にして、白鍵盤と黒鍵盤を交互に敷き詰めると、シン...続きを読む

Aベストアンサー

(質問1への回答)ドレミファソラシドは自然音階です。現在の自然音階は数千年前の中国で生まれたという説もありますが、とにかく世界中の民族で幅広く使われている音階です。あなたが気持ち悪いと感じるかどうかはさておき、ミとファ、シとドが半音である手も含めて普通の人はこれを自然に感じます。誰かが人為的にこのような音の並びを決めたわけではありません。昔から使われている音階だから自然に感じるというだけだと思います。

そしてピアノの鍵盤はこの自然音階を演奏しやすくするために配列されています。ハ長調ならば白鍵盤だけで弾きこなせるようになっています。一つの半音を一つの白鍵盤に割り当てると、ハ長調は弾きにくくなりますだけでなく、へ長調やト長調も弾きにくくなるでしょうね。いや、どの調であってもオクターブの鍵盤の間隔が長くなりすぎて、人間の手では抑えづらくなります。鍵盤のサイズを小さくすればオクターブの間隔は短くなりますが、今度は半音間の距離が短くなりすぎて演奏しづらいでしょうね。

なお、弦楽器の多くは半音階を前提に作られています。そのため一本の弦では大変弾きにくいです。よって複数の弦を組み合わせて弾きやすくしています。それでも弦楽器は手の大きい奏者の方が有利です。

(質問2への回答)すべては判りません。ピアノの真ん中のハを「中央ハ」と呼ぶことは知っています。それ以外は聞いたことがないですが、もしかしたらちゃんと名前があるのかも。

(質問3への回答)五線譜が六線譜になっても問題はないと思います。譜面の記法は音階のように自然発生的なものではなく、西洋音楽の中でだんだんとこの形式が確立され生き残り、現在広く使われるようになっただけです。また未来永劫この記法が使われ続けるという保証もありません。例えば和楽器なら別の記法があります。またギターなどにはTAB譜という記法も知られています。これはあなたの好きな六線譜です。

なおシャープやフラットを用いずに半音階ずつ符線を割り当ててしまうと狭い紙面で広い音階を表現するのに不都合になりますね。今は五線譜の下に一本線を追加した中央ハから五線譜の上に一本線を追加したA440の一オクターブ上のAまで表現できますが、半音階ずつ符線を割り当ててしまうと、こんなに圧縮して広い音階を表現できなくなり、紙面ばかり費やされることになります。かなり不便だと思いますよ。

(質問4への回答)
>>同じ音が出たりするのでしょうか?
異なる弦で同じ高さの音を出すことはできます。

>>5線譜に従って演奏する際、その音を出す方法は複数あるから、ギタリストの得意な方法を選べるのでしょうか?

選べます。どうしてもポジションまで作曲家が指示する場合は、そのための指示を譜面に書きこみます。

なおクラシックギターの場合は和声やアルペジオも用いるので、譜面上の音と演奏時のポジションはほぼ一対一の関係になります。ジャズやロックの場合は、シングルノートでの演奏がメインですので、ギタリストの好きなポジションを選ぶことが可能です。

(質問1への回答)ドレミファソラシドは自然音階です。現在の自然音階は数千年前の中国で生まれたという説もありますが、とにかく世界中の民族で幅広く使われている音階です。あなたが気持ち悪いと感じるかどうかはさておき、ミとファ、シとドが半音である手も含めて普通の人はこれを自然に感じます。誰かが人為的にこのような音の並びを決めたわけではありません。昔から使われている音階だから自然に感じるというだけだと思います。

そしてピアノの鍵盤はこの自然音階を演奏しやすくするために配列されています...続きを読む

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q音響効果と音響デザイナーと音楽効果

って、同じですか!?違いとかありますか?

Aベストアンサー

追加のご質問、拝見しました。
音楽効果ですが、エンディングロールで
使っていたとすると、
BGMや効果音の選択/演出という
事になると思います。
検索してみたら、日本テレビライブラリが
この言葉を使っている事はわかりましたが、
書いてある内容は、
音楽演出+ライブラリ と、呼ばれている仕事でした。

それから音響デザイナーですが、
音をデザインしている人がそういう
呼び名を付けているとかんがえるしか
なさそうです。

これを言い出すと、音響担当は皆音響デザイナーという
事になってしまいます。

さて、音響デザイナーはともかく、
音響担当となる方法ですが、
今は、
専門学校(又は工学系大学)→ 番組制作会社
というルートが主です。
番組制作会社は一つの会社で全分野やっているわけでは
ありませんから、
そのなかから音響に強い会社を選ぶ必要があります。
また、専門学校にもかなり大きな差があります。
局に入社する場合は、大卒であることが
ほぼ必須条件です。多くの場合技術開発に
配属されます。

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q最近はポップスオケってあまりないんでしょうか?

ただ漠然となんですけど、昔のほうがポップスオーケストラとか、オケをパックにジャズ奏者がソロを取るというような形態があまりなくなったような気がします。今もよくありますか?あのゴージャスな感じが好きで。

Aベストアンサー

神奈川フィルポップスオーケストラ
http://www.kanaphil.com/kppops/index.html

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ


などはいかがでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/新日本フィルハーモニー交響楽団

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q有名コンクールで入賞やオケに入れる人

知り合いの弦楽器奏者は幼少の頃から楽器をやっていて某有名音大も卒業しているのですが、コンクールに入賞したりオケに入れないみたいです。オケは選ばなければ入れるみたいです。私は楽器の事はさっぱりですが、同じようにコンクールに入賞していく人もいます。例えばAさんは5歳から楽器をはじめて長くやっているのに芽がでない。Bさんは10歳から楽器をはじめたがコンクールに入賞できる。というような事があるとは思いますが、これはなぜこのような事が起こるんでしょうか?才能の違いなんでしょうか?それともコンクールに入賞するような人はあまり遊びもせずにひたすら練習に励む結果なしえたことなんでしょうか。

AさんBさんという例を使いましたが、彼らがどれだけ練習したとかは考えない(もちろんどちらも練習は時間を使っている)とした場合、練習量だけで決まるというものではないんでしょうか?

Aベストアンサー

>某有名音大も卒業しているのですが、コンクールに入賞したりオケに入れないみたいです

コンクールに入賞できる人は、中学生くらいまでにすでに、秀でた能力がある人で、そういう人は海外に行って勉強する人が多いのではないでしょうか。楽器の種類によっても違いますが、ピアノやバイオリンにかんしては、才能があれば大学には行かないか在籍しているだけだと思います。

>例えばAさんは5歳から楽器をはじめて長くやっているのに芽がでない。Bさんは10歳から楽器をはじめたがコンクールに入賞できる。

子供のやる気や才能が一番大事ですが、

音楽でコンクールに入賞できるような人は、家族の中にステージママみたいな人が居て、家族や周りの協力が得られ、経済的にも恵まれていないと無理だと思います。また、親が、音楽家でないと無理とも思えます。

また、いい先生に巡り合わないといくら才能や経済的に恵まれていても無理だと思います。

練習量は勿論音になって現れますので大事ですが、上のことが揃わないと、いくら練習しても無理というか、または、一人で黙々と練習できるようになるのは簡単な事では無いと思います。

また、自分の楽器を持って演奏する人は、極端な言い方をすると楽器の値段によって音が違っても来ます。

>オケは選ばなければ入れるみたいです

ヨーロッパの一流のオケの演奏者は上のように育ってきたけれど、ソロで食べてゆけるほどではない。または、オーケストラで演奏するのが好きという人が多いと思います。それに加え、代々家系が、音楽家一家に育ったというような人が多いように見受けられます。

音楽の世界ってある意味でフィギュアースケートの世界と似ています。

>某有名音大も卒業しているのですが、コンクールに入賞したりオケに入れないみたいです

コンクールに入賞できる人は、中学生くらいまでにすでに、秀でた能力がある人で、そういう人は海外に行って勉強する人が多いのではないでしょうか。楽器の種類によっても違いますが、ピアノやバイオリンにかんしては、才能があれば大学には行かないか在籍しているだけだと思います。

>例えばAさんは5歳から楽器をはじめて長くやっているのに芽がでない。Bさんは10歳から楽器をはじめたがコンクールに入賞できる。

...続きを読む

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Qアマチュアオケ

チェロを1年半やっている者です。
音大は経済的理由で断念し
普通の大学に進学することにしましたが
音楽はやっていきたいので
大学進学後(具体的な時期はわかりませんが)
アマチュアオケに入りたいと思っています。

しかし、受験勉強のため
今から1年半ほど、チェロから
離れることになります(休憩がてらやろうとは思います)
進学決定後、またチェロを本格的に再開しようと思いますが

◎アマチュアオケはどのくらいの技術が必要なのか?
◎アマチュアオケに入るのでならば
楽器はやはり高価なものを購入した方がよいのか?
具体的な値段がわかるのであればお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
まず大学にオケがあればそこで腕を磨くのがベストですね。
わざわざ、そのクラブに入りたくて学校を選ぶ方もいますよ。

アマチュアオケと言ってもレベルが様々です。
それぞれのオケのHPを見て、過去に演奏された曲などがレベルの参考になると思いますし、実際演奏会を聞きに行くのが一番ですね。

アマチュアの市民オーケストラは、ある程度技術のある人を対象に欠員のみオーデションで募集していることが多いので楽器によっては狭き門かも・・?

ご自分のレベルに合ったオケを探して入団してみるのがいいと思います。
演奏会の頻繁な所は練習はもちろん、チケットノルマがあるかもしれませんので、その辺もチェックしておくと良いと思います。

楽器については入団されてから団員の方に相談すると良い楽器が手に入ることもありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報