先日自動車(私)と自転車で接触事故を起こしてしまい、本来でしたら人身事故として警察を入れて対処すべきところなのですが、相手の方の都合があり、被害者側より賠償なしの示談を提示されました。
物損、障害とも保障はいらないとのことで、損保会社を入れたかったのですが、賠償がなく受付取り下げとなったため、示談書を当事者間で取り交わさなくてはならなくなったのですが、相手方より立会人を求められています。
後日になり後遺障害等で再請求等がないとも限らないので極力当事者外の方を交えたくないのですが、
(1)第三者を立てる場合、保険会社が入らない場合で賠償が絡まないケースだとどこ(費用を払ってでも全く関係のない第三者に頼みたいと考えています)にお願いできるでしょうか?できるだけ職場関係者や友人は巻き込みたくないと考えております。またその際の費用の相場はおいくらぐらいでしょうか?
(2)第三者が無理な場合は同居家族でも立会人とできるでしょうか?

今からでも警察を交えて申告することも提案しているのですが、被害者側からかたくなに辞退され、このような形になっています。
また、賠償についてもこちらから再三提案はしているのですが、現状では受ける気は全くないとのことです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

交通事故の加害者になったときにやるべきことは負傷者の救護と110と119への通報です。

これを怠るとひき逃げになります。示談云々はその後のことです。
今からでも遅くはないので最寄の警察署へいって事の顛末を話したほうがいいと思います。素朴な疑問ですが、物損も怪我も補償無しでよいなら、そもそも示談の必要を感じません。

老婆心ながら、精神的ダメージを理由にの慰謝料狙いの線も。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
119や110番通報については事故当初よりおこなおうとしたのですが、相手方本人にも過失があるとおっしゃり職場的にもそのことで不利益があるようで、仕事上の進退もかかっているので絶対にやめてくれと言われ、このようになりました。
賠償を含め、休業のこともあり、自費または保険での賠償も提案はしたのですが、とにかくこの件については職場のほうの処理も終わり、なかったことにしたいようなのでこのような形になりましたので、慰謝料請求はないと思いますが、むしろ打ち身が後遺障害を起こさないかを心配しているところです。

補足日時:2009/05/21 08:59
    • good
    • 0

(1) 弁護士です。


額は全く想像がつきませんが、10万-20万円ぐらいでやってくれるのではないでしょうか。
詳しくは日弁連ウェブサイトや、地元の弁護士会に問い合わせてください。

単に示談書の作成を依頼するだけなら司法書士でも良いでしょう。
書類作成で大体3万円ぐらいです。


(2) できます。
示談書というのは、法律に定められた文書ではないので、契約当事者間で合意があれば誰でも良いです。


ちなみに老婆心ながら…
警察を交えることに相手側の同意は必要ありません。
(むしろ交えない方が道交法とか特別法で問題になった気がします。忘れましたが。)
警察を呼んで保険会社を通じてきっちりやった方が良いように思います。
うさんくさい臭いがします…。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
示談書については事故相談センターにも問い合わせをして確認したのですが、被害者側から賠償を辞退されており(当方はしかるべき通報と保険の使用を打診しているのですが)、当事者間でのやり取りでも大丈夫だろうとのことなのですが・・・回答者様がおっしゃるとおり、相手方が不利益を受けるケースなため、第三者を立てておいたほうがいいかと思っています。
警察に対する通報義務は承知しており、むしろ行いたいのですが、相手様の職業上の進退も絡んでいるとのことで、事故以外の保障をすることは不可能なため、加害者であるこちらから無理も言えず、このような形をとることになりました。

補足日時:2009/05/21 09:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの慰謝料は妥当か  損害保険会社との示談交渉の方法

この慰謝料は妥当か  損害保険会社との示談交渉の方法

家事従事者の母が人身事故にあい、入院74日、通院4日(一ヶ月に一回の通院)しました。
そして休業損害など全て含めた慰謝料の総額が130万です。これは妥当な慰謝料でしょうか?

損害保険会社との示談交渉がそろそろ始まろうとしています。
もしかしたら死ぬかもしれなかった事故に130万はひどすぎるので、あらゆる慰謝料をアップする示談交渉の方法を教えてください。

Aベストアンサー

お母さん本人、もしくはお母さんと同居している親族の方に自動車保険はありますか。
人身傷害保険がついていて、かつ「契約車両搭乗中のみ補償」でない場合、たとえ自転車搭乗中や歩いている時の事故であれ、車にはねられたらそちらの人身傷害保険が請求できるのはご存知ですか。
交通事故のついての相談にも乗ってもらえますし、もしあるなら請求を。

ついでに弁護士特約があればなおいいんですけどね。

過失がないなら、弁護士委任する手もあります。
しかし、後遺障害がないなら、慰謝料は弁護士基準まで上がっても弁護士に支払う報酬でトントンか、もしくは損します。
後遺症が認められた事故とか、弁護士特約があるなら迷わず弁護士委任ですが。

一度、お母さん本人か、お母さんの同居の親族の自動車保険を確認してみてください。
たいがい、人身傷害保険は付けておられますよ。
「契約車両搭乗中のみ補償」ならアウトですが。

Q第三者のための代筆(代書)行為等について  行政書士などの士業でない者が、第三者(ご近所の住人)

第三者のための代筆(代書)行為等について 

行政書士などの士業でない者が、第三者(ご近所の住人)のために、有料で相談に乗り、あるいは書面(内容証明郵便を含む)を代書する行為は、何らかの法律に抵触するのでしょうか。
実費費用(コピー代・用紙代等)のほかは、相談も代書も常に無償で行うべきなのでしょうか。

詳しい方、ご教示のほど、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

相談、代筆の内容次第です。

Q婦女暴行の慰謝料と示談について

弟の起こした事件について質問させて頂きます。
酔った勢いで女性にわいせつ行為を行い、その際女性の腕に怪我をさせてしまいました。何とか示談に出来ないかと国選弁護士と相談して、女性に慰謝料(この場合は和解金と言うのでしょうか?)として50万用意しました。しかし相手の女性は暴行を受けた場所には住めないからと引越しをして、その引越し費用と慰謝料を合わせて180万を要求し、更に起訴すると言うのですが・・・
この場合、慰謝料として180万を支払っても起訴されてしまったら、弟は有罪になり、執行猶予が付かない限り刑務所に入る事になってしまうのでしょうか? それともその慰謝料を持って示談にする事は出来ないのでしょうか?
女性に対して暴行を行った弟が一番悪いのは分っておますが、父は障害者の為働けないので、弟の収入と母のパート収入で生計を立てております。そんな中での180万という金額はとても大金ですし、蓄えもないので慰謝料を支払う場合は親族から借りる事になります。
もし慰謝料を支払っても起訴、有罪となるのなら・・・変な話、慰謝料を払わない方がよかったりするのでしょうか?
慰謝料として支払うのではなく、和解金として支払う場合は示談になるのでしょうか? またこの場合、相手の女性が和解を受けてもらえなかった場合はやっぱり起訴されてしまうのでしょうか?
どうぞご教授お願いいたします。

弟の起こした事件について質問させて頂きます。
酔った勢いで女性にわいせつ行為を行い、その際女性の腕に怪我をさせてしまいました。何とか示談に出来ないかと国選弁護士と相談して、女性に慰謝料(この場合は和解金と言うのでしょうか?)として50万用意しました。しかし相手の女性は暴行を受けた場所には住めないからと引越しをして、その引越し費用と慰謝料を合わせて180万を要求し、更に起訴すると言うのですが・・・
この場合、慰謝料として180万を支払っても起訴されてしまったら、弟は有罪になり、執行...続きを読む

Aベストアンサー

相手のケガの程度や、状況などもうちょっと詳しくないと
正確な判断はできませんがとりあえず。

相手には弁護士がついてないのですか?
こういったケースで示談を行うのは告訴されたくないからです。
相手もこのことはわかっています。
だから一般的に認められる慰謝料よりも高い金額が請求できるのです。
こういう場合はだいたい示談金といいます。
『告訴しない』という確約がなければほとんど払いません。

つまり彼女が請求している180万円には現実味がないのです。
もちろんだからといって払わなくていいわけではありません。
民事で訴えられればまず間違いなく負けます。
慰謝料はいくらになるか相場を知らないのでわかりませんが
まぁ200万を超えることはないと思います。
部屋で強姦されたなら引っ越したいという主張も通ると思います。
ただ手間と時間、費用がかかるので金銭面では示談の方が得です。

とはいっても現状払えなければ意味がありません
裁判所も『借金してでも払え』とはいえませんし
差し押さえも資産ゼロでは意味がなく、収入も少なければ
給与の差し押さえもできません。
相手が勝訴しても取れる可能性はかなり低いでしょう。

もちろん被害届が出され、和解できなければ起訴されますし、
起訴されればほぼ有罪です。精密司法とか言われてるくらいですから。
性犯罪で執行猶予は難しいですね。
払っておけば付く可能性はありますが確証はありません。
付かなくても刑が軽くなる場合はあります。

とりあえず告訴しないことを条件に示談をまとめた方がいいでしょう。

相手のケガの程度や、状況などもうちょっと詳しくないと
正確な判断はできませんがとりあえず。

相手には弁護士がついてないのですか?
こういったケースで示談を行うのは告訴されたくないからです。
相手もこのことはわかっています。
だから一般的に認められる慰謝料よりも高い金額が請求できるのです。
こういう場合はだいたい示談金といいます。
『告訴しない』という確約がなければほとんど払いません。

つまり彼女が請求している180万円には現実味がないのです。
もちろんだからといって払わな...続きを読む

Q暴行事件の示談に第三者として着いていく

友達が暴行事件を起こしました。
暴行と言っても、相手の腕を掴んだだけで障害等は残っていません。示談は被害者が提示してきました。
友達は成人して社会人としてやっているものの、高校中退でインターネット接続環境もなく、法律の知識に乏しいです。被害者が893風の男なので、友達の無知を利用されないか心配です。
私も法律には詳しくないのですが、不当な請求をされた時等の証人になる為に、示談についていこうかと考えています。
示談に加害者側の第三者が介入するのは、問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

 民事の示談(示談と言うからには民事であるのは当然なのですが)ですから、本来なら民事専門の弁護士が同伴しても良いくらいです。
 まして、ご友人が同席するくらい何ら差し支えがあろうはずはありません。

 ただ、相手の素性から考えて最も懸念されるのは、「警察沙汰にして社会的地位を失いたくなければ法外な金銭をよこせ!」と迫られることでしょう。厳密に言えば、これは、恐喝未遂ですが、ご友人にも非がある関係上、強気に出れない危険性があります。
 これは、チンピラの常套手段であり、素人さんが良くお困りになるケースです。

 このばあい、相手の出方によるケースバイケースの対応が求められる為(特に、チンピラの方から示談を求めてきたという点が激しく臭います)、臨機応変である必要があり、この回答欄では全てを説明できません。

 ですから、次に述べることは、「あくまで私(Elim03)がご友人であったなら」という仮定での方法論ですので、あくまでも参考になさるだけにしてください。生兵法は怪我の元です。
 生兵法しか方法がない場合は、法外なたかりを受ける前に、弁護士を同伴させるべきです。

 で、私なら・・・
 警察は民事不介入ですが、示談の場所として、警察官が常駐している交番を指定します。
 その上で、私は「暴力事件など起こしていない」とシラをきります。
 で、ただ、それでは「意見の食い違いで納得できないだろうから、多少の金銭を払うことはやぶさかでない」旨を伝えます。
 なにせ、場所が警察官の前ですから、チンピラといえども、恐喝行為に及ぶことはできません。民事不介入の警察官であっても、明白な恐喝が目の前で行われれば、現行犯逮捕の権限はありますので。
 それで、チンピラが妥当な金額で示談に納得すれば良し、納得せずに「そんなはした金ですまそうというなら、出るところへ出ようぜ!」と言ってくる可能性も普通はあります。
 ですが、相手には何の傷害もなく、仮にあったとしても現場検証をしていない以上ご友人が暴行の犯人であるという証拠が皆無である以上、「出るところ」へ出ようがないのは明かですし、仮に語気を強めたりでもしようものなら、やはり「恐喝未遂」か「強要」の現行犯です。

 この手のチンピラは、自分たちに恐れをなし、且つ、相手の社会的立場を守る義務を逆手にとることが多いので、最初から逆手にとられない準備をしておけば、特に怖ろしいものではありません。
 ただ、あくまでも、これは、私のやり方ですので、大金をぼったクラレ続けられそうな予感がある場合には、弁護士同伴をお奨めします。

 民事の示談(示談と言うからには民事であるのは当然なのですが)ですから、本来なら民事専門の弁護士が同伴しても良いくらいです。
 まして、ご友人が同席するくらい何ら差し支えがあろうはずはありません。

 ただ、相手の素性から考えて最も懸念されるのは、「警察沙汰にして社会的地位を失いたくなければ法外な金銭をよこせ!」と迫られることでしょう。厳密に言えば、これは、恐喝未遂ですが、ご友人にも非がある関係上、強気に出れない危険性があります。
 これは、チンピラの常套手段であり、素人...続きを読む

Qセクハラの慰謝料、示談金について教えてください。

セクハラの慰謝料、示談金について教えてください。

上司にセクハラをうけました。

仕事のミーティングということで今まで3回食事にいき、1、2回目にもキスや手を繋がれるなどがあり、ホテルに行こうと誘われ全て断りました。

3回目でホテルに行き断ったのですが無理矢理セックスをされました。

全て仕事のミーティングでということで会いましたので、こちらから好意があり会ってはいません。

無理矢理セックスをされたことをメールで数回やり取りをしたので証拠で相手が無理矢理したことを認める内容が残っています。

そのことを会社に訴えたところ(メールも提出しました)、上司は役職降格と減俸となったそうです。

そして会社から示談金を払うと言われました。


まだ金額の提示はされてないのですが、相場としてはいくらくらいなのでしょうか。


・上司という立場を使い食事に誘ってきた
・嫌がったのに無理矢理したことを認めている、証拠のメールも残っている
・会社もセクハラを認め、本人からの慰謝料ではなく、会社を挟んで払うとのこと。
・会社には顧問弁護士がついています。
・私も法テラスで相談をする予定ですが、予約がとれず2週間くらい待つようです。


私は無理矢理セックスをされてから仕事をやめました。
その仕事の契約が来月まであったので、その分の給料も慰謝料とは別に頂けるのでしょうか。

また、会社は示談金を払うと言ってきているのですが、慰謝料と示談金は別ですか。


宜しくお願いします。

セクハラの慰謝料、示談金について教えてください。

上司にセクハラをうけました。

仕事のミーティングということで今まで3回食事にいき、1、2回目にもキスや手を繋がれるなどがあり、ホテルに行こうと誘われ全て断りました。

3回目でホテルに行き断ったのですが無理矢理セックスをされました。

全て仕事のミーティングでということで会いましたので、こちらから好意があり会ってはいません。

無理矢理セックスをされたことをメールで数回やり取りをしたので証拠で相手が無理矢理したことを認...続きを読む

Aベストアンサー

あなたも会社も勘違いしていますが、セクハラでなく強制わいせつ、強姦なのです。
会社がセクハラで片付けようとするのは、示談金を50万とか安い金額で済まそうと
しているのです。

セクハラでの退職は会社都合ですので、当然給料はもらえます。(解雇予告手当かも)

安易には妥協してはだめです。300万以上はもらえます。

警察に告訴する覚悟で臨まないと足元見られます。
労働基準監督署等

会社の使用者責任で払うというのですかね。

http://www.hiramatsu-go-law.com/business/harassment/faq.html

同じ男性としてなさけない。その人に子供はいないのですか。
自分の子供がそうゆう事されたらどうするのか。といいたい。

Q示談金を債券として第三者に譲渡する事は可能なのでしょうか?

交通事故等の示談金(慰謝料や和解金)を回収作業も含めて譲渡する事は可能なのでしょうか?

例えばAはZから100万円借りているとします。
ある日AはBの乗る車にひかれました。
この時点でBはAに示談金を払う事になりましたが、
過失割合も決まっておらず示談自体成されていない状況とします。
症状固定はしているとしましょう。
過失割合が未決定とは言え、五割を下回る事は無いとし、
目算で50万円から200位の示談金になるようなケースとします。

そこでAはZに「100万円の返済代わりにBが自分に支払う示談金を丸々あげる。
だけど回収作業は自分でしてくれ。
50万円しか取れなくても200万円取れたとしても自分と君の間には貸し借りが無くなったものとしよう。」
という取り引きを持ち掛けZが了承すればこの"Bが支払うべき示談金"はZに移るのでしょうか?
また回収作業をZが行う事は可能になるのでしょうか?
ダメなら何故ダメなのか教えてください。
(〇〇法の〇条にあるからとか書いてください)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合、公文書での作成すれば可能です。

公正証書に強制執行ができる旨の条項
債務者が倒産した場合の連帯保証人(振り手 B氏)
相手方が金銭債務を履行しないときは、訴訟を起こさなくても、
財産を差し押さえる強制執行ができ債権を法的にトラブルが無く取り立できるので現実的には可能です。

調停など面倒な事もありません。

当然、
個人同士の書面で効力の無いデタラメ借用の
約束ではお話になりませんね。

Q刑事事件の判決は民事裁判、示談金、慰謝料に関係しますか?

私は傷害事件の被害者です。
現在、警察が捜査中です。 ですが、警察からは穏便に済ませたらと言われています。
ですが、現実に加害者は反省していなく許せません。
なので、しっかりと刑事的責任は取ってもらいたと思っています。
民事裁判で慰謝料を請求したいと考えています。
刑事事件を示談にしたほうがお金は多く取れるのでようか?
それとも、民事裁判をすれば刑事処罰も慰謝料もとれるのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事と民事は別物か?
非常に難しい質問だと思います。
原則論だけで言えば、刑事と民事は全くの別物です。
実際、殺人事件で刑事事件では有罪なのに、その遺族が賠償を求めた民事訴訟では
賠償義務なしという判決になったというのが数年前にあったと思います。

とはいえ、同じ事件ですから刑事の判決を民事訴訟は完全無視するのか、といえば
必ずしもそうではありません。
大抵の場合は刑事の判決を証拠として民事でも提出するでしょう。
刑事の判決は少なくても裁判所が認定した事実ですので極めて信頼性は高いといえます。

賠償金額でいえば、相手にはらう意思があるのなら示談の方が取れるでしょう。
意外と裁判まで行くと取れませんので、腹八分で示談で終わらせるほうが額的にも時間
的にも意味があると思います。
もっとも相手はびた一文払う気が無いというのなら示談も成立しないので裁判しか
ありませんが・・・

Q本人訴訟(両当事者訴訟代理人なし)で当事者尋問を裁判所の職権でやること

本人訴訟(両当事者訴訟代理人なし)で当事者尋問を裁判所の職権でやることに。


1主尋問    裁判所が原告に質問
2反対尋問   被告が原告に質問
3再主尋問


これで間違いないと思うのですが、
被告が相殺抗弁している場合どうなるのでしょうか?
相殺抗弁を当然、原告は否認したいわけですが、
1と2では原告は被告に質問できないようになってますが実務はどうなのでしょうか?


それとも
1´主尋問   裁判所が原告に質問、続いて被告に相殺抗弁事実の質問
2´反対尋問  被告が原告に質問、続いて原告が被告に相殺抗弁の質問


または
1
2
3
1  被告と原告入れ替わり
2      "
3


こんな感じでしょうか?

Aベストアンサー

両当事者に対し当事者尋問するということなら,ご質問文の一番最後のパターンで行われます。

片方の当事者しか当事者尋問しないなら,当事者尋問の対象になってない方に質問する機会はありません。

被告が相殺など何らかの抗弁を主張しているからといって,必ず当事者尋問を実施するわけではありません。他の証拠を総合して裁判官の必要性判断によるでしょう。

Q見知らぬ男に殴られて暴行事件になったらどのように進んで行くのでしょうか? 慰謝料や示談などはどのよう

見知らぬ男に殴られて暴行事件になったらどのように進んで行くのでしょうか?
慰謝料や示談などはどのようにしてやればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事告訴をする。
加害者が逮捕されれば、(弁護士でも雇って)示談交渉。
示談成立しなければ損害賠償の裁判を起こす。
勝ったとしても取り立ては自分でやらないといけない。
相手が見つからなければ、泣き寝入りしかない。

Q解約の第三者立会いについて

アルコール依存症で精神障害を持っている叔父が1年前に高額の布団セットを契約してしまい、働く意欲がないことにより、継続的収入が見込めないため、今後の支払いができないことを理由に消費者センターを通じて解約手続き中です。

相手方が解約に応じてくれるという方向で話が進んでいますが、先方のお客様相談室の担当(役職がかなり上の人のようです)が『契約者との最終的な解約の意思確認』という名目で叔父宅に、8月中旬ごろまでに直接訪問することになりました。
叔父が精神障害者ということもあり、先方担当者と1対1で話をさせるのは、「もしかしたら解約できないかもしれない」「うまく丸め込まれて違う契約をさせられるのではないか」というリスクがあると考え、何とか先方との話し合いの『証拠を残したい』と考えております。

現在のところは
1)司法書士に立会いをお願いし、解約の書類を作成。
当事者同士と司法書士が署名捺印し、記録として残す。
(必要に応じて、会話内容を録音してくれることも可能とのこと)
2)司法書士を介さずに会話内容を録音して、万が一解約できなかった場合にそれを証拠として残す

のいずれかで証拠を残そうと考えています。
(司法書士は現在相談中です)

ただ、司法書士にお願いすると、サイトで調べたかぎりでは5~10万円近い費用が発生するようで、正直なところ、現在はその費用が捻出できない状況です。
では自分たちで会話の内容を録音する、ということになった場合、過去の質問事項を見ていると、2)の場合に"証拠"として残すためには『当事者双方の了解が必要』ということですが、叔父が会話の内容を録音することができず、逆に、司法書士や私たち親戚の第三者が立ち会うことにより、先方が都合のいいことしか言わず(逃げに走る、という感じ)話がうやむやになってしまうことを危惧しています。

諸手続きなどは私たち親戚が行っていますが、後々のこと(私たちのところに営業担当が来ることや、電話で勧誘されたり、脅されること)を考えて契約者本人の名前以外は出さないように仲介者である消費者センターにはお願いしています。
そのような状態で親族が立ち会うのはリスクが大きいと考えていますが、何としても「証拠」だけは残したいのです。
しかし叔父の家が中越沖地震のあった地域に近く、現在の交通事情では行けなくなる可能性もあり、少々費用が高くついても司法書士にお願いするべきか、自分たちで何とかして会話の内容を録音し、それが後々何かあった場合の証拠になるのかどうか、いろいろ悩んでいます。

同じようなケースを経験された方がいるようでしたら、録音の方法や司法書士の費用についてぜひアドバイスをお願いいたします。
乱文失礼いたしました。

アルコール依存症で精神障害を持っている叔父が1年前に高額の布団セットを契約してしまい、働く意欲がないことにより、継続的収入が見込めないため、今後の支払いができないことを理由に消費者センターを通じて解約手続き中です。

相手方が解約に応じてくれるという方向で話が進んでいますが、先方のお客様相談室の担当(役職がかなり上の人のようです)が『契約者との最終的な解約の意思確認』という名目で叔父宅に、8月中旬ごろまでに直接訪問することになりました。
叔父が精神障害者ということもあり、先...続きを読む

Aベストアンサー

相手は、プロの一人ですが、こちらは、司法書士以外は素人です。相手に会話を録音したいといったところで、確実に録音させてくれるとは思えません。両方が実際にあった時点において、会話の一部分だけということを出してくることも十分に考えておかなければなりません。それに、交通事情により、いけなくなるなどでは、意味しませんので、始めから、司法書士よりも弁護士に依頼しておくことです。司法書士が確実に録音してくれるとも考えにくいというのが実感です。そこまでの権利が行使できるのかもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報