地域のボランティアに参加したいのですが、どんな種類の物があるのでしょうか?
ヘルパーの様なボランティアもあるのですか?(あるのなら、ヘルパーの資格を取ってからしようかと思います)
母の介護をしているので、毎日は出れないし、午前中に出かけられる日と午後からしか出かけられない日があります。
地元のボランティアセンターに聞きに行けば良いのですが、私の状況が合わなくて断られるとショックなので。
予備知識として、教えて頂きたく思います。今の私は、自分に自信が持てなくなっていて、何か始めたい気持ちで考えました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は昭和57年に家を新築したのをきっかけでボランティアを始め、年齢とともに先細りになりましたが、いまでもやっています。



まずは、ボランティアセンターに行ってみましょう。
断られることは絶対ないですよ。ただ、へんな主義主張をまくし立てると判りませんがね。

ボランティアは継続です。来たり来なかったりは困ります。相手は毎日待っているのですから。
しかし、人間は生身の身体です。用事もあれば病気もします。貴女のように介護をなさっているならなおさらです。
そこで、団体に入るのが一番です。「今日は行けないから代わりにお願い」といったわがままが出来ます。
一匹狼はそれが出来ませんから、頼られなくなり、活動の場が少なくなります。

自分がやりたいことや、得意な分野をはっきりしておくと長続きすると思いますよ。
いろんなボランティア団体を紹介していただいて、気に入ったのがあれば参加すればいいし、なければやめておけばいいだけのことです。

ヘルパーはボランティアではないでしょうね。時給いくらで雇われます。ですから、定員オーバーの場合は断られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
私は28才から17年間仕事をしながら、母の介護をしています。(最初は、介護と言うほどの事ではありませんが)
急にそうゆう状況になり、それまで自分勝手に暮らしてきたものですから、仕事と家の事、母の事とが大変に思えて、家と職場の往復だけの生活になって行きました。
回りの方々にはとても親切に、良くして頂いたのに、心から感謝して自分も少しでも人に親切に接していきたいと思っていましたが、年月がたつと共に、
自分達の事で精一杯だとか、誰も分かってくれないとか、介護してるからと言う甘えが出ていたりと、知らぬ間に心が荒み、心を閉ざして生きてきました。(表面的には誰とでも仲良くしていたつもりですが)
ある事情で仕事を退職し、考えてみると、自分は物凄く人のお世話になり、親切を受けているのに、人には何もしてあげていない事に気が付きました。
(母は病気になるまでは、人の為に朝から晩まで動き回る人でした。)
そこでボランティアをしてみたいと思ったのですが、世間を狭くしてきた私は、最初の一歩を踏み出す事すら躊躇してしまうのです。詳しい説明を頂き、踏み出す勇気が出てきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 13:07

>私の状況が合わなくて断られるとショックなので。



仕事ではないのです。無償奉仕に対し断られることはあり得ません。
下のサイトでお住まいの地域を沢山でてきます。
こうした団体もあれば、市役所には
病院の老人の話し相手から、外国人の子供に日本語を教える、養護学校のイベント補助などあらゆるもの日々寄せられています。
質問者さんの都合にあったものを選べばいいのです。
凄い数があるので、断られることなど考える必要がありません。

http://volunteer.yahoo.co.jp/do/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な種類のものがあるのですね。
今までは、自分達の事で精一杯だと思い込んで、ボランティアをする事など考えもしていなかったので、知識もなく、最初の一歩を踏み出す勇気がなかったのです。
参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 13:14

こんにちは。



役所や図書館などにいけば、色々なボランティアのちらしが置いてあると思います。

ヘルパーだったり、PC教室、いのちの電話、外国人に日本語を教える
などなど。

ものによっては研修や論文があって、面接に合格したものしかできないものもあります。
(私も研修だけ受けて、参加条件が合わずにあきらめたものがあります)
ボランティア=英語で言うと「自発的」ということになりますが
ある程度のプロ意識は必要です。人になにかをしてあげる職種が多いからですが、自己満足ではすまされない部分があります。
介護ヘルパーなどは、命を預かる仕事でもあるからです。

ただ、やはりお手伝いをしていて「ありがとう」と言われたときのうれしさは、お金には変えられない宝物のような感慨があります。

私はひとになにかをしてあげられるほど人生経験もないし
知識もまだまだ不足です。
一時はボランティアの方々に助けていただく側にもいましたので
自分もいつかは助けてあげる側になりたいなあという気持ちで勉強中です。

あまり参考にならない文章で恐縮ですが
是非、「必要とされるひとに感謝される」ボランティアさんとして
頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答と励ましの言葉、ありがとうございました。
私も今までは、回りの人達に助けて貰ってばかりの人生でした。
自分たちの事で精一杯で、恩返しをする事も出来ず(と言うより甘えていたのかもしれません)過ごしてきました。
今後は少しでも、他人の役にたちたいと思います。
頑張ります。

お礼日時:2009/05/21 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング