職場の直属の上司から『偲ぶ会』というのを主催するので手伝ってほしいと言われました。
20年以上前に退職された方で、半年前に亡くなられたそうです。
会社の創設者というわけではありませんが、それに近いような存在だそうですが、私はもちろんのこと、他の上司・同僚のほとんどが面識もなく、主催するのは会社ではなく、その直属の上司個人のようです。
出席するのはその当時その方の部下だった方々で、現在はほとんどの方が別の会社に勤めておられ、こちらからは私と主催する上司を含め3人だけです。
ご遺族が別の都市に住んでおられるため、会場の手配などの実際の仕事はそちらの都市におられる元部下の方々が行なってくれているそうです。

私はお亡くなりになられた方と面識がないのはもちろんのこと、出席される元部下の方々とも全く面識がありません。
通常そのような集いに何の縁もゆかりもない人間が参加することはありえないと思うのですが、主催者となっている以上何も手伝いをしないわけにはいかないので受付など手伝いに来て欲しいと言われました。

手伝いをするとして、会の最中に私が会場の中にいるというのはふさわしいのでしょうか?
皆さんが故人を偲んでおられる数時間、どういう態度をとっていれば良いのか、全く想像がつきません。
私としては、何か仕事があるのであればやむをえないかもしれませんが、特にいる必要性がないのであれば、会の前後の手伝いだけ参加して、会の最中は会場の外にいるようにしたいと思っています。
関係のない人間が参加するのは、ご遺族にとってもゆかりの深い出席者の方々にとっても失礼な行為ではないでしょうか?

主催者の上司は全くそのようなことは気にしていないようで、私が休日に数時間かけて自費でその会場まで行き、会の手伝いをして、会費を支払って会にも参加するようにと言っています。
下世話かもしれませんが、休日に仕事と直接関係ないことを無給ですること自体抵抗があります。
加えて出席者の方々に不快に思われたのでは。。。
どうすべきか、とても悩んでいます。

一般常識的にいうと、私はどのように行動するのが良いのでしょうか。
経験談やアドバイス、宜しくお願いします。
(ちなみに、残念ながら「断る」という選択肢はありません。)

A 回答 (2件)

『休日に数時間かけて自費でその会場まで行き、会の手伝いをして、会費を支払って会にも参加するように』というのは、いくらなんでも酷いお話ですね。



直属の上司から頼まれたとの事ですが、『これは仕事としてですか?』と
聞いててみることはできませんか?

仕事としてなら断れません、ですがその場合は経費はもちろん会社持ちです。
プライベートで頼まれたなら、経費は上司が持つべきです。

上司の『手伝ってほしい』は、仕事をはなれても部下を使って良いのだと
間違った認識からきています。

断るという選択肢がないのはなぜでしょう?
断れないなら『経費は持ってください』と言うべきと思います。

会場では徹底的にお世話係(ホストやホステス)に徹することです。

しかし、いくら考えても自費でというのは。。。

質問者さんの上司は、部下は公私混同したお手伝いさんのように捉えておられるように思えてなりません。

けじめは大切ですよ。
それができないなら、文句を言わずに言われた通りにするしかありません。

きつい言い方でごめんなさいね。
質問者さんのお立場もあり、断れないと仰っておられるのでしょうが
こういう事は、また別の形でもあるとおもいますので、どこかで上司に
認識してほしいものですね。

行かれるなら憂鬱な気持ちで行かず、割り切って(あきらめて?)
その1日を質問者さんが少しでも気持ちよく過ごせるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

一番心配だったのは“関係ない人間が参加することは出席者に対して失礼になるのではないか”ということだったので、安心しました。
立場上・性格上はっきり上司に言うことはできないので断る選択肢はないと書きました。
加えて入社して1年ですので。。。

おっしゃる通り、完全にお手伝いさん状態です。
個人的な雑用を何でも押し付けられています=3
なんとか費用の件だけは伝えたいと思います。
嫌な気持ちで参加するというのは、それこそ失礼と思いますので。

お礼日時:2009/05/21 01:35

社会勉強のつもりで上司の指示のとおりにしたら良いと思います。


直接の縁のない方であっても、今自分が働いている職場に少なからず影響を与えた人なのでしょうから、故人がどんな人物だったのかを知っておいても損はないでしょう。
会の最中はどうするかは、その時の様子をうかがって、参列者が多いようなら「私は外で待つようにします」等、上司に断わって出ても良いでしょう。
むしろ列席者が少ないようであれば一人でも居てくれた方が場の見栄えがするかも知れません。
その場合は末席にて列席しましょう。
まだお若い方とお察ししますが、そういう経験というのはしておいて後々、損はないものですよ。
見ず知らずの人の会で退屈と感じるかも知れませんが、列席する方は今現在のご自分と少なからず関わりのある方だったり、これから関わる方かも知れません。
人との関わりというものを大切にする気持ちを、その上司はあなたに伝えたい意図もあるかも知れません。
なんでも面倒だと切り捨てる風潮の世の中ですが、それによって失うものが多いことを知っておいて欲しいと思います。
直接のメリットがなくても、そういう機会に、人間同士の関わり、お付き合いというものの大切さを学べれば、ご自身の糧になるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

出席されるのは、ご遺族とごくごく親しい方々のみだそうです。
面倒というのも多少ありますが、失礼なことではないかと心配だったというのと、非常に親しい間柄の方々のみが故人の思い出を語り合うという雰囲気の中、数時間も耐えられるか心配でした。

主催する上司自体、故人とは面識がある程度で深い関わりはないそうで、私の立場はますます微妙な感じです。
親しかった元部下の方々がこちらの会社に今でもおられれば、その方々が主催となり、私の出番は全くなかったのでしょうが。。。

とにかく一般的に私が参加したとしてもおかしくないということがわかりホッとしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 01:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング