ある大学入試の第一段落、第一文からの質問です。
科学に対する基本的な取り組み方について述べた論説文を題材にしています。

一段落 一文In a sense , it is not surprising that our social knowledge is still at an early stage of scientific development. 2文Less than a century has passed since the first attempt to work out a strict sciecnce of society. (1)(How far this goal can actually be fulfilled remaines to be seen)But there is no doubt that many kinds of progress can and will be made.

※()は和訳です。解答は、
厳密な社会科学に最初に取り組もうとするこの目標が、実際に、どの程度まで達成できるかは、まだ未解決の問題である(まだわからない)、となると思います。

模範解答は
厳密な意味での社会科学を作り上げるという目標がどの程度まで達成できるかはまだわからない。

厳密な意味での社会科学!?とは、どういう意味でしょうか?社会科学、自然科学が理科系の学問であることはわかります。

work outは「~を練って作る」とありますが、「作り上げる」ぐらいの意味でいいだろう、と解説にありますが、「取り組む」ではダメでしょうか?

この一段落のトピック(主張)はなんでしょうか?
考えとしましては、主張はbut前後で「目標(科学を作り上げるという
目標)の達成はわからないが、進歩は着実にしている」だと思います。いかがでしょうか?

1行目の「ある意味とは」、どういう意味ですか?「違った視点から見ると」、となると思いますが、なんとなく{漠然とした感じに}思えてしまいます。どう解釈したらいいですか?

この第一行目は3回ほど読んでようやく意味していることがわかる感じです。

訳すと「我々の社会的知識が、まだ科学の発達の初期の段階であることは、ある意味では驚くにはあたらないだろう」となると思いますが、読んでいく時に「社会的知識」で意味は{合っているはず}なのに、「よくわからない」となってしまいます。
日本文にしたけど、意味がはっきりわからないというのは、何が不足しているのでしょうか?

もしこの部分だけではわからないという場合は、第一段落の後も書きます。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



試験問題としての解答には相応しくないかもしれませんし、試験に出たとして、私の考えるようなことはないと思いますが、一応、回答として書かせていただきます。

>厳密な意味での社会科学!?とは、どういう意味でしょうか?

あえていうなら、「厳密な社会科学」という「社会科学」は、例えば、マルクスなどが浮かびますが、すでに数世紀過ぎています。それに比べて、「科学」は、例えば、原子力にしても、コンピュータにしても、未だ、1世紀は経っていません。科学は、現代科学と古典的な科学があって、"strict science" の科学は、現代科学(modern science)ではないかと考えました。

・社会における厳密な科学の最初の試みをなんとかやり遂げ(work out)て以来、未だ、1世紀が経ってはいない。

science of society は、社会(における)科学で、「社会科学」とは私は読めないです。一般科学と、社会科学では、意味が違います。「社会科学」は、"social science" と言うと思います。

>模範解答は
>厳密な意味での社会科学を作り上げるという目標がどの程度まで達成できるかはまだわからない。

社会科学は、「作り上げるもの」ものでもなく、work out は、あれこれと最後までやり遂げる、とかいう意味だと思います。

「ある意味では」としても、社会科学というのは、国家、政治を科学的に分析し、法則性を見出すことだと思いますが、「社会科学」が、そのような主旨の元にあるものとは思えません。何かの間違いではないでしょうか。この範囲では、判定できません。

>この一段落のトピック(主張)はなんでしょうか?

(実際は目標に達成する先がどのぐらいになるか、まだ分からないが)
科学の最初の試みは、まだ初期段階ではあるが、「科学」は、あらゆる進歩が可能であり、進歩するだろう。

という「予定調和」で結ぶのが良いだろうと思います。混乱させてしまったら、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お返事するのがほんとうに遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。大雑把に社会科学しか知らなかったわたしにとっては教わることが多かったです。work out などの句動詞の理解も努めていきたいと思います。混乱なんてことはありません。いろいろありがとうございます。

お礼日時:2009/11/14 17:15

・社会科学は「理系の学問」ではない


これについてはかんたんに検索でもしてもらえれば分かると思いますが、一般に「社会科学」と言ったときはその言葉は「文系」の学問の一部を指します。

・「科学」とは何か、という話
これも検索してもらった方が正確なところが分かるはずですが、「科学」は思考方法や証明体系のことを意味し、自然科学のみに限定しません。科学は、仮説・検証のループを積み重ね、再現可能性により支持された説によって成長していく学問体系です。
Wikipediaで言えば、「科学的方法」の項目に当たります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6% …

科学という言葉はとかく誤解されがちです。第一段落だけではこういう意味でscienceを使っていたか心配だったのですが、第四・五段落あたりを見てもこれで意味が通るので、たぶんこの意味で使ったのだろうと思います。
英文全体としては、社会科学というものは必ずしもこのような意味での科学として成長してこなかった、という話だと私は理解しました。そしてそれは今でも構築を続けられている、進化の可能性はまだまだある、と。

work outについて、英英辞書で見てみましたが、completeするという意味合いが強くあるようです。ですので「作り上げる」の方が妥当ということになると思います。(私は英語の専門家ではないので、肌感覚としてこの用法を知りません…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき、ありがとうございます。お返事するのが遅くなり、本当にすみませんでした。社会科学という学問のことがよくわかっていたつもりだったということもわかりました。「厳密な」というのがどういうことなのか回答してくださった皆様のおかげでわかることができました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/11/14 17:27

続きの文ありがとうございます



第一段落であえてsocial scienceとかかなかったのは
作者がこの文章でこれから使う、social scienceの意味が広義のsocial scienceと違うからなのでうすね

socail sience , in its strict sense
とありますのでここをふまえて
「厳密な意味での社会科学」はまったくもって
意味が通じます。
これは、法学、経済学とかではなくもっと狭義の限定されたという意味でしょう。
具体的にいえば扱う対象が、
povery and hunger among masses of people, widespread illitacy and ignorance , large- scale crime , drug addiction, alcoholism
などの、社会問題(社会事象ではなく)だということだとおもいます。

work outについてですが
最終段落
That, after all , is the point . The main thing is not what has been done so far , but what remains to be done. Science is not something finished and completed , like a magnificent monument created by past masters whose work we are asked to admire from a respectful distance. (6)Its is a bulding still in process of construction , a building of which perhaps only the foundations have been laid ; and you are invited to join in the task of making it grow.

この部分に同格表現がありそうでうす。
この文章では
making it grow
がまさにそうではないかとおもいます

私もいろいろと勉強になりました。
また一緒に考えさせてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな、勉強になりましたなんていっていただいて、いえ、いろいろと本当にありがとうございます。回答していただく方にはわたしの質問がより回答者様の方々にわかりやすくするためにかくことが多く、それで結果として質問文とともに、補足なども長くなってしまったりします。長い文に目を通していただき、本当にありがとうございます。ひとつ、ひとつとてもご丁寧に回答してくださり、本当に感謝いたします。

お礼日時:2009/11/14 17:24

No.2です。

質問された点もふまえ、以下のように少し変更しました。
(模範解答を離れて解釈しております)

我々は(いつの時代にもあった)社会的知識(社会での出来事、現象の把握、その背景、原因、経過、影響など?)に対し、(個人毎の理解でない)科学的な展開(理解)をまだ始めたに過ぎないことは驚くことでない。(すなわち)社会(的知識)について厳密に(正確に、客観的に)科学的取り組みを始めてから、(第2段落で言及しているように物質に対する科学は数百年の歴史であることに比べ)まだ1世紀にも達していない。(また)この取り組みの目的がどの程度達成されるかは、実際のところ不明である(今後の課題である)。しかしいろいろな進歩(展開)が可能であり、(今後)進歩(展開)することは疑いの余地のないことである。

以下質問点も含めた補足です。
1)social knowledgeの訳は、webでは社会(的)知識、社会集団的発想、社会認識、知識の認知などとされているようです。
要は、社会における現象、出来事に対する知識、知識の認知、考えなどのような感じがします。

2)「われわれが科学をどれだけ知っているかは、まだほとんど社会に浸透していない」
についてですが、「われわれが社会を(理系のように)科学的にどれだけ知っているかは」と理解されるとよいのではと思います。
私はまず「われわれの社会における知識は、まだ科学的に展開する方法の初期段階(始まったばっかり)にある」というように主語は「われわれの社会における知識」のように理解し、それを意訳しました。
ここでは、(いつの時代にもあった)社会に対する知識・認識が理系のような科学的視点にたっているかどうかについて言及していると思います。
科学的な展開とは、現象を集め観察し、(原因や効果、影響などに対し)仮説を立て、それを検証(実験や事実集めにより普遍性がある説になるかを確認すること)してみる方法を展開させることです。

3)「厳密な」についてですが、過去においては社会的な知識が、個人個人で異なっていたので、「厳密な(=客観性のある、正確な)」科学的方法を用いて理解するという意味かと思います。完全な形とか最終目標というような意味でないように思います。

私は、「厳密な」の意味が漠然としているように感じたので(細かい、緻密な?)、英和辞典にもあります「正確な」の方がわかりやすいとして「正確な」(「明確な、客観性のある」などとしてもよいのかとも思います)を使用しましたが、これもなんだか漠然としていてよい語句が浮かびません。
strict science of societyという言葉はwebになく、あるのは、strict science of physics 、strict science of citation、strict science of consciousnessなどです。一方、science of societyは社会科学(social science)と同じ意味とされている例もあります。従って「厳密な社会科学」と訳すこともできますが、そうすると1世紀以上まえから厳密でない「社会科学」が存在したという変なことになります。科学に厳密も、厳密でないの区別はなく、厳密なのが科学であるはずですので、「厳密な社会科学」といいう訳は採用しませんでした。

4)work outについてですが、No.2で「正確な研究をはじめてから」としましたが、「正確な研究(への取り組みを)をはじめてから」というような意味ですので、「取り組み」という解釈を私もしています。

以上、勘違い、誤解している箇所もあるかとは思いますが、参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事するのが大変遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。わざわざ調べてまで回答していただいて本当にありがとうございます。回答してくださったことで多くのほとんどの疑問を解消することができました。このようにわたしが疑問に思ったことに、とても回答していただける方に出会えて、本当に幸せです。ありがとうございます。いつも本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/11/14 17:20

抽象名詞がでてきたらすぐ名詞→動詞になおすことをおすすめします



our social knowledge
とみたら
「knowledge、動詞はknowだな」
じゃあ「誰がしっているんだろう?」「ourとあるから私たちが」か
「何についてしっているんだ?」「社会だな」
と自問自答していけば
「我々が社会について知っていること」=What we know about society.
となります。そもそも社会的知識?ん・なんだそれ?ですよね
的というおかたいひびきにまどわされずほぐしてほぐして胸にすとんとくるまで

a strict science of society
またこれも細かい意味で名詞→動詞にしちゃいましょう
science、ん?何を科学するんだ?あ、「社会」をか、そういえば社会を対象とする科学を社会科学というんだなあ、
ん?
strictという形容詞がついている

たとえば
She drives carefully.=She is a careful diver.
と動詞を名詞化するとき、その動詞にかかっている副詞は
形容詞となって名詞にまえにつく現象がよくみられます。

これを応用して、strictを副詞的に考え「厳密に」と考えたらいかがでしょうか

厳密な科学、ではなく「社会を(対象として)厳密に科学すること」

また科学の本来の目的とは「知ること」です
社会を科学することは社会を知るための手段です。

だから、まだ完全に厳密に社会を科学できない今では、我々が社会をちゃんと知ることなどできないのはあたりまえじゃん、というかんじなのではないでしょうか

飛躍しましたが
名詞を動詞にもどして考え5W1Hを自問自答すれば
みえてくるものがあるとおもいます

ちなみに1段落で主張が一個、とかいうのはあまり考えないほうがいいとおもいます、
「文章全体で何がいいたいのか、そのためこの文はどういう役割をしているのか」くらいにとどめといたほうが、いいです
私が受験生のころはパラグラフリーディング全盛期でした。
いろんな人がそのような方法論を展開していました。
ある先生が本音をもらしていましたが、それが通用しない英文が何割かはある、それが国立上位校の問題だ、ということです。
私が尊敬していた先生はbutの後が主張ってだれがきめた?っていつもいってました。
方法論より、質問者さまが発している問い、「何がいいたいの?」「どういう意味」という姿勢のほうが大事なのではないでしょか。なれてくれば
「この文は全体の中でどういう位置づけ?」「全体で何をいってるの」にシフトしていくと思います。



おすすめ本
「思考訓練の場としての英文解釈」
このレベルの英文がごろごろのっています。
質問者さまの学習態度で勉強すればえられるものは多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
厳密な科学、ではなく「社会を(対象として)厳密に科学すること」
というのはとてもわかりやすいです。名詞構文の理解というのでポレポレ英文読解プロセス50と書籍で知りました。

他の回答者様にも書きましたが、われわれが科学をどれだけ知っているかは、まだほとんど社会に浸透していない」と思っていたのです。

厳密な意味での社会科学というのは、「完全な形となる」「最終目標的になる」というのが「厳密な」と思っていました。

ありがとうございます。著書を批判するつもりはありませんが、わたしもパラグラフリーディングにはできるものと、できないものがあるように思います。本当に長い英文でなければできませんし、和訳しなさいや、リード文もなく「~について書かれたものです」とテーマも書いていなければskimもできないように思います。わたしは今井宏先生のパラグラフリーディング スーパー速読編、 精読編でパラグラフリーディングの方法論を基礎から学びました。

おすすめの本をご紹介していただきありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 13:40

ある意味で、社会生活する上での(経験から得た)知識についての、科学的な解析はまだ初期段階であることは驚きでも何でもない。

社会についての正確な研究をはじめてからまだ1世紀も過ぎていない。(この目的達成が、現実にはどれくらいのことがあるのかは分からない)しかし進歩は可能であるし、進歩するだろう(ことは疑いもない)。

というように解釈すればいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とてもわかりやすい第一段落のまとめ、ありがとうございます。

模範解答の全訳の中の第一文では、「我々の社会的知識が科学的発達という面ではまだ初期の段階にあるということは、ある意味では驚くにはあたらない」となっています。わたしが解釈しましたのは、「われわれが科学をどれだけ知っているかは、まだほとんど社会に浸透していない」と思いました。justsoso様の解釈では科学的分析が(主語)、しょきの段階となっていますが、わたしの解釈は間違いなのでしょうか?

厳密な意味での社会科学というのは、「完全な形となる」「最終目標的になる」というのが「厳密な」と思ったのですが間違いでしょうか?
そう考えるとwork outはわたしの解答の「取り組む」よりも、やはり「作り上げるには」のほうがいいのでしょうか?work outは「取り組む」でもよいように感じるのですが。

もし回答いただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/23 13:28

まずは、first のとらえ方が違います。


「to work out a strict sciecnce of society」の最初のattemptがあってからまだ百年経っていない、と二文目は言っています。
ですから、次の文のthis goalは「to work out a strict sciecnce of society」ですね。

次に、「厳密な意味での社会科学」についてですが、読んだ感じ、strictはscienceだけにかかっていそうな気がしますね。社会科学と言いたいだけであればsocial scienceという言葉がありますし。
そうであれば、science(の考え方や検証方法)をstrictに利用してsocial scienceに適用するようなattempt、これがまだまだ未完成だって言う話ではないかと思います。

あと、最後の一文は、装飾を外すと
・many progress can be made.
・many progress will be made.
の並列です。「まだまだ進歩出来るし、実際これから進歩していく」と言っています。ここまでのところでは、「これまで進歩してきた」という話は出ていないように見えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
最初にと、最初のは助詞の違いですが、大きく意味が変わってきてしまいますね。もっと細かなところまできっちりと読むべきでした。

やはり「厳密な社会科学」の「厳密な」がわかりにくいように感じました。第2段落も書くべきでした。
第2段落です。
2段落 The existence of povery and hunger among masses of people, widespread illitacy and ignorance , large- scale crime , drug addiction, alcoholism-- things of this kind are so many challengs to the mind of thinking man. Can we find causes and remedies? Can we slove these age-old problems? Those are questions you will help to answer in one way or (2 ) .

3段落 Problems of kind have been with us for a long, long time. Some of them (3)(are as old as civilzation ), and there are people who sincerely believe we shall never get rid of them. On the other hand, (4) we must take into account the fact that civilization itself is only a few thousand years old /.Physical science, in its highly organizeded form , is only a few hundred years old , while socail sience , in its strict sense , is less than a century old.

4段落 When we consider these facts , we cannot help but feel that civilized man is , so to speak , only in his infancy. We have not really been trying to apply the method of science very hard for very long. It would be strange indeed if many , many more ways were not found to apply it to many , many more problems.

最終段落That, after all , is the point . The main thing is not what has been done so far , but what remains to be done. Science is not something finished and completed , like a magnificent monument created by past masters whose work we are asked to admire from a respectful distance. (6)Its is a bulding still in process of construction , a building of which perhaps only the foundations have been laid ; and you are invited to join in the task of making it grorw.

質問ですが、work out は取り組むではダメでしょうか?

お礼日時:2009/05/23 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q情報科学の卒業研究のテーマの悩み

情報科学を専攻している大学3年生ですが、卒業研究のテーマで悩んでいます。
波形(WAVなど)を扱えるソフトを作るテーマにしようと思って担当教員に相談したところ、私の考えている目標(音をカット、音量を調整など)ではレベルが低くて、卒研のテーマとしては認めづらい。波形を扱いたいのなら、もっと奇抜なエフェクトが掛けられたり、一味違った機能を備えているくらいで無いと・・・。といわれまして、なにがあるかと考えてはみたのですが、どうも、コレというものが浮かびません。
お知恵を拝借ください。将来はプログラマやSEなどの方向が志望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「テーマ」の「お知恵を拝借」ですから、こんな物があるとうれしいな!ってなのでもいいんですよね?

でしたら、あるチャンネルに録音されたデータの特定部分を指定してタイミング信号として取り出し、他の物と同期させるような仕掛けがあると、応用範囲が非常に広いのではないかと思います。

測定分野やコンピューター音楽・・・結構応用できそうです。

Q「We can be friends」・・・友達である?「can be」の使い方、意味を教えてください。

「We can be friends」と言う言葉をテレビの映画で聞きました。
チャンネルを変えてたら、たまたまそのセリフが流れていたところだったので、話しの前後等は全く分かりませんが「友達になることができる・・・という意味だな」と意味を考えていて、あれ?と思いました。
「なる」はbeaomeだし・・・と思い、翻訳サイトで訳してみるとひとつのサイトでは
「私達は友達であるかもしれない」
また別なサイトでは
「私達は友達でありえます」
と訳されました。
「We can become friends」と入れてみると「私達は友達になることができる」と訳されたので、やはり「can be」とは違う意味なのだと思いました。
それで「can be」を調べてみましたが

http://eow.alc.co.jp/can%20be/UTF-8/?ref=sa

こちらのサイトでも色々な使われ方で例文がたくさんあり、結局この場合、どういう意味になるのか、どういう時に使うのか、どういう使い方をしたらいいのか理解できませんでした。

過去の同じ質問も見ましたが、私には少し説明が難しすぎてそちらを読んでもよく理解できませんでした。
「can be」について、どういう意味なのか、どういう時に使うのか、教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

「We can be friends」と言う言葉をテレビの映画で聞きました。
チャンネルを変えてたら、たまたまそのセリフが流れていたところだったので、話しの前後等は全く分かりませんが「友達になることができる・・・という意味だな」と意味を考えていて、あれ?と思いました。
「なる」はbeaomeだし・・・と思い、翻訳サイトで訳してみるとひとつのサイトでは
「私達は友達であるかもしれない」
また別なサイトでは
「私達は友達でありえます」
と訳されました。
「We can become friends」と入れてみると「私達...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。11/23のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「We can be friends」・・・友達である?>

前後文脈なしに、この英文をぱっと見で感じ取った意訳は
「私達お友達になれそうね」
です。


ご質問2:
<「can be」の使い方、意味を教えてください。>

1.beは「ある」「いる」「なる」どちらの意味でも使えます。特に、未来を示唆する助動詞と共に使うと、beは実存的な訳し方の「ある」ではなく、「未来の可能性」を示唆す訳し方に伴い、「なる」で訳されることが多いのです。

例:
She is pretty.
「彼女は美しい」
She will be pretty.
「彼女は美しくなるだろう」

2.ご質問文では、canが使われていることにご注目下さい。ここでのcanの用法がこの意訳を解明するポイントになります。

3.ここでは、canは「能力の可能性を示すcan(できる)」ではなく、「蓋然性(起こり得ること)の可能性を示すcan(あり得る)」の用法として使われています。

つまり、「未来の蓋然性」について言及しており、その場合、beは「なる」と訳すことができるのです。

例:
We are friends.(現在の事実)
「私達は友達だ」
We can be friends.(蓋然的未来)
「私達は友達になれそう」
We will be friends.(意志未来)
「私達はきっと友達になれるだろう」

4.ただ、文脈によって解釈が違ってくることもあり得ます。

例:
Whatever happens, we can be friends.
「何が起こっても、友達でいられる」
Even if we grows up, we will be friends.
「大人になっても、きっと友達でいられるだろう」

このような副詞節で条件を提示することで、beは「いる」の訳がふさわしい場合もあります。いずれも文脈次第です。


以上ご参考までに。

こんにちは。11/23のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「We can be friends」・・・友達である?>

前後文脈なしに、この英文をぱっと見で感じ取った意訳は
「私達お友達になれそうね」
です。


ご質問2:
<「can be」の使い方、意味を教えてください。>

1.beは「ある」「いる」「なる」どちらの意味でも使えます。特に、未来を示唆する助動詞と共に使うと、beは実存的な訳し方の「ある」ではなく、「未来の可能性」を示唆す訳し方に伴い、「なる」で訳される...続きを読む

Q研究テーマが適切かわかりません

 学校の授業で科学論文研究というのがあるのですがその中でやる研究のテーマが適切かわかりません。昔、定規にペンをペンのクリップでとめて机の端にペンは机にぎりぎり当たらないところで置いたらなぜか定規が倒れなくなることを発見して(説明が悪くてすいません)そのことについてやろうと思っていました。
 これは当然のことなんでしょうか?研究するまでもないでしょうか?まだ研究のテーマをどう決めたらよいかわかりません。教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

不思議だから○、不思議じゃないから×・・・。
それは違うと思うんだよね。
特に科学なんてそうだと思うよ。


貴方の言わんとしてる事がどういうものなのかはちょっと理解できなかったんだけど(定規を垂直に立てるって事?)、それがいかに不思議かを説明するのではなくて、それがいかに当然の事なのか、その道筋を解き明かす事が重要だと思うんだよ。

その事が起こるって事は、それは当然の事と捉えるべき。当然の事には違いない。
じゃあ、何故それは当然の事なの?ってところが研究なわけさ。
力の釣り合いがとれてるからとか色々理由はあるだろうね。何かしらの力が働いてるのかもしれないし。そんな事言ったら世の中全部「何かしら理由あるんだろうね」で終わっちゃう。
一体、最低限どういう条件を押さえておけば同じ結果になるのか。他の場合でもそれは成り立つのか。定規とペンではなくて他のものだったらどうなのか。逆に、どういう風にすれば成り立たなくなるのか。色々研究するべきところはあると思うよ。

つまりは、貴方が今言った事を研究するのが良いんじゃない?って事なんだけど。

不思議だから○、不思議じゃないから×・・・。
それは違うと思うんだよね。
特に科学なんてそうだと思うよ。


貴方の言わんとしてる事がどういうものなのかはちょっと理解できなかったんだけど(定規を垂直に立てるって事?)、それがいかに不思議かを説明するのではなくて、それがいかに当然の事なのか、その道筋を解き明かす事が重要だと思うんだよ。

その事が起こるって事は、それは当然の事と捉えるべき。当然の事には違いない。
じゃあ、何故それは当然の事なの?ってところが研究なわけさ。
力の釣...続きを読む

Qbut you should be able to be go in proud これはどういう意味

but you should be able to be go in proud これはどういう意味ですか?分かる方教えて下さい!

Aベストアンサー

(今は平だが出世とかして)誇りを持つことが出来るようになるべきだ。

Q学校での科学研究発表について                     

学校での科学研究発表について                                     学校で科学に関係あるものを調べて新聞をつくる課題が出ているのですが、なかなかいいテーマが浮かびません。レベルの高いものを調べたいのですが何かあるでしょうか。回答をしていただける方は、できれば科学分野に強い人であれば大歓迎です。また、テーマに関係のあるサイトを教えていただきたいともおもっております。どうか、ご協力お願いいたします。ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。    

Aベストアンサー

「科学」と言われてもかなり範囲が広いですから,すぐには思いつきませんねぇ・・・
こういう場合はニュースサイトなどを見て,ホットなネタを掘り下げて調べてみるのが一つの手です.

例えば今日のニュースでは個人的には「もんじゅ」に関する話題が面白いですね.
http://mainichi.jp/select/today/news/20100506k0000e040009000c.html?inb=fa
そもそも高速増殖炉とは何なのか?なぜ事故を起こすのか?社会的な意義は?などなど,いくらでも調べる・考えることはありますよ.

あと,「日経サイエンス」などの科学雑誌を参考にしてみてみるのもいいでしょう.
http://www.nikkei-science.com/

こういうのは,ネタを探すのが最初の課題です.
では,頑張って下さい.

Qwill be workingとwill workの違い

I don't think I can meet you at six tomorrow night because we have a lot of extra work this month. Probably ( ).
(1) I'll still be working (2) I'll still work (3) I'm still at work (4) I'm still working

(質問1)
答えは(1)ですが、なぜ(2)がだめなのか分かりません。教えていただけますか?
(質問2)
そもそも「未来進行形」と「未来形」の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと外出してました。^^;

未来進行形はその用法のほかに「未来のある時に継続、進行中の動作」をあらわします。
ちょうど現在進行形(現在の一点で進行中の動作)を未来の一点にポン!とうつした感じです。
この用法の場合普通はその「未来の一時点」が一緒にかかれているのが普通です。

At this time tomorrow I will be traveling on the train.
[明日の今頃、汽車の中だ]
At this time tomorrow ⇒未来の一時点

I ( ) when you come back.
[君がかえってくるとき、勉強しているだろう]
(1)am studying
(2)will be studying
どちらがはいるでしょう。
when you come backは未来の一時点なので、(2)がはいります。

この問題では
Probably I'll still be working at six tomorrow nightとまではっきりかかれていたら、こちらの未来の進行中の動作の用法といってふさわしいと思うのですが、Probably I'll still be working なので、個人的には、成り行き上おこりそうなことかなと思います。
「その未来の一点」を意識して言っている、といわれればそんな気もしますが、このあたり自信がありません。
でもどちらで考えても、こたえは(1)になると思います。

あいまいな知識でもうしわけないです。

ちょっと外出してました。^^;

未来進行形はその用法のほかに「未来のある時に継続、進行中の動作」をあらわします。
ちょうど現在進行形(現在の一点で進行中の動作)を未来の一点にポン!とうつした感じです。
この用法の場合普通はその「未来の一時点」が一緒にかかれているのが普通です。

At this time tomorrow I will be traveling on the train.
[明日の今頃、汽車の中だ]
At this time tomorrow ⇒未来の一時点

I ( ) when you come back.
[君がかえってくるとき、勉強しているだろう]
...続きを読む

Q中学1年生の自由研究のテーマが決まりません。だれか、テーマだけでも教えていただきたいです。 ※申し訳

中学1年生の自由研究のテーマが決まりません。だれか、テーマだけでも教えていただきたいです。
※申し訳ないですが、「自分で考えろ、ためにならない」等の意見はお断りです
※できれば、観察などよりも、科学系がいいです

Aベストアンサー

じゃあこの時期ならではのものを…

コップに冷水を入れて、結露した場合、どのくらいの結露が付くか。
重さと時間をグラフにすると面白いだろう。
冷水の温度と部屋の温湿度を正確に測っておくと良い。
このくらいならサンプル数や計測の回数にもよるが1日もかからないが、
日を変えることで温湿度の条件が変わるので、面白い結果が得られるだろう。

なお、調べた結果を考察するくらいは自分でやってみよう。

Qbe動詞の後にすぐにbutがくる

We must aware that we are constantly being selective,
and that what we do perceive is but the tiniest part
of what is perceptible.

訳ではなくて、ヒントが欲しいです。
is の後に、すぐbut がきていますが、どう考えたらいいんでしょうか?
not~butーの構文ではないようですし、悩んでいます。。
butを以外と訳すのかなと思って、訳してみたのが下の英訳です。

「私たちが感知することは、知覚されるものの最も小さな部分以外であり、絶えず、選択され続けるものだということに、私たちは気づいていなければならない」
という訳なんですが、どうでしょうか?

おねがいします。

Aベストアンサー

butは、いつも接続詞だとは限りません。
「ただ」「ほんの~にすぎない」の意味の副詞としても使います。
justとかonlyとかと、ほとんど同じ意味です。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=but&dtype=1&dname=1na&stype=0&pagenum=1&index=01046900

Q私の学校では約5人ずつのグループに分かれて物事を科学的に研究することに

私の学校では約5人ずつのグループに分かれて物事を科学的に研究することに取り組んでいます
私の班は化学班でテーマは花火になりましたが研究内容が決まりません
そこで各々興味があることをレポートで提出となったのですが私は火が苦手で、マッチの火がついた瞬間に意識が飛んで危うく学校が火事になるところだったという事件を起こしたことがあるので、そのテーマでの研究したいことが思いつきません
なにか研究内容でいいアイディアはありませんか?
金属を燃やすときの色の違いを利用したり……?
一応レポートには「火が苦手ですが○○には興味があります」というように書くので火を使う内容でもいいです

Aベストアンサー

テーマとして、「花火と環境非保全性」のようなテーマはいいでしょう。花火は、色々な爆発性のある、化学物質の入ったもので、これらが、爆発して、色々な光をだしますし、それに、臭い酸化物質が、多くでます。それらは、環境には、全く良くない物質で、人間、動物、自然にも、有害です。有害物として、多くの、一酸化炭素CO、炭酸ガスCO2, NO2, NO などのNOx, Li2O, Na2O,K2O から LiOH,
NaOH, KOH それに SO,SO2 それに有機物質、不完全燃焼物で、呼吸などできませんし、有害です
このことを友達、一般の人に知らせたら。

Qcanとbe able toの違いを教えて下さい

canとbe able toの違いを教えて下さい。
be able toはcanよりかしこまった表現なのでしょうか?

Aベストアンサー

手元にあるEnglish usageに次のように書かれてあります。
1.ability: the present
Can and be able to are used to talk about a person's ability to do something. You can use can or be able to to talk about ability in the present. Be able to is more formal than can.
「現在形で、誰かが何かをできる能力について述べる時、canも be able toも使える。be able to の方がcanよりももっとフォーマル。」
ですから、現在の能力について述べる時、どちらの方が上とか下といった違いはありません。

2.ability: the past
You use could(canの過去形)or a past form of be able to to talk about ability in the past. If you say that someone was able to do something, you usually mean that they had the ability to do it and they did it. Could does not have this meaning.
「過去にあった能力についてcouldかbe able toの過去形を使うことができる。もし、be able toを使って誰かが何かをできたと述べたなら、それはその人に能力があり、実際に過去においてそれをやったことを意味する。could(canの過去形)にはその意味はない=能力があっても実際にやったかどうかは不明」
加えて
If you want to say that someone had the ability to do something but did not in fact do it, you say that they could have done it.
「もし誰かが何かをする能力があっても実際にそれをしなかった場合はcouldを使って述べなさい」

3.ability: the future
You use a future form of be able to to talk about ability in the future.
「将来の能力について述べる時はbe able toを用いなさい」

4.ability: "be able to" after other verbs
Be able to is something used after modals such as 'might' or 'should', and after verbs such as 'want', 'hope' or 'expect'.
example: I might be able to help you/ You should be able to feel this/You're foolish to expect to be able to do that.
You do not use can or could after any other verbs
「文法的にcanは他の動詞の後ろに使えないがbe able toは使える」

5.possibility: the present and the future
Could and can are used to talk about possibility in the present or future.
「Couldとcanは現在および未来の可能性について述べる時に使える」=be able toは実際に能力がある時には使えるが、可能性だけならば使えない。

手元にあるEnglish usageに次のように書かれてあります。
1.ability: the present
Can and be able to are used to talk about a person's ability to do something. You can use can or be able to to talk about ability in the present. Be able to is more formal than can.
「現在形で、誰かが何かをできる能力について述べる時、canも be able toも使える。be able to の方がcanよりももっとフォーマル。」
ですから、現在の能力について述べる時、どちらの方が上とか下といった違いはありません。

2.abi...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報