国立大・文系の4年生女子です。現在就職活動中ですが、内定はありません。
このまま就職活動を続けるか、大学院に進学しそして公務員を目指すかで迷っています。

院進学→公務員を考えるようになったのは、就職活動を通してのことです。
きっかけは、ある会社の面接で仕事のアイデアを出すよう問われた時でした。
私は経済的な利益よりも、人や社会にとって役に立つか、精神的な利益があるかを優先する傾向があることに気付いたのです。
そして別の様々な会社の選考を受けるうちに、自分は民間企業で働くよりも、公務員となって公的サービスを支えたり、文化事業やまち作りに関する施策に関わりたいと考えるようになりました。
文化・芸術への関心が高く、大学での勉強もその領域に関係しているということもあります。

ただ、公務員という選択肢を考えるようになったのが遅く、
試験の対策をするにはもう間に合わない状況でした。
そこで大学院に進学し、院で勉強をしながら公務員対策を進めていこうと考えました。

院を考えたのは、公務員を目指す間の空白期間を作りたくないということもありますが、
それに加え、元々就職活動をする前から院には行きたいと思っていたからです。
しかしこの不景気もあり、諦めて就職活動をしていました。
ただ、もし公務員を考え今年就職しないのならば、どうせなら元々行きたかった院に行って、
あと少し勉強をしたいと思う気持ちが強くなりました。

ただもし進学した場合、万が一公務員試験に失敗したら、ということが心配です。
諦めて民間を受けようにも、院生、しかも人文系ということで、
就職は学部生よりも状況が厳しくなります。
それを考えると、やはり学部生のうちに何がなんでも就職しておくべきなのだろうか、とも思います。

就職活動を続けながら考えてみよう、一時の気の迷いかもしれないと思いながらずっと就職活動を続けていましたが、
院に行きたいという気持ちと、一方でのその将来性への不安が大きくなるばかりです。
院進学→公務員という方針が果たして良いものかどうか、ご意見をお聞かせ願えたらと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

東京大学公共政策大学院(GraSPP)出身の者です。



ずばり、そんなに不安にならずに、ゆっくり考えればいいかと思います。

私は元々は理系出身でした。大学卒業後はIT系の企業に就職し、退職して東京大学公共政策大学院(GraSPP)へ入学しました。

GraSPPは国家公務員を養成するすることも一つの目的としているので、ホームページを閲覧されてはいかがでしょうか。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/

お若いので、悩みながら自分の人生を選択していって下さい。それが成長するきっかけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
公共政策大学院、というところもあるのですね。

確かに、焦るよりゆっくり考えた方がいいですね。
実は金銭面と親との話し合いで院進学の道は断たれつつあります。
ですが、学部→院→公務員のストレートコースだけが確実な人生というわけでもありませんし、色んな道があるということを視野に入れて、悩みつつ模索していけたらと思います。
不安でガチガチになっていましたが、気楽に前向きに構えていこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/14 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員試験から民間就職活動への切り替えについて。

私は2016年卒業予定の大学生です。
これまで公務員試験に向けて勉強してきましたが、6月の公務員試験に間に合いそうにありません。
そこでこれから民間の就職活動を始めようと思うのですが、公務員試験の勉強は一切やめるべきでしょうか?

一応今年の公務員試験も受験するつもりですが、一切勉強はやめて民間の就職活動に専念するべきでしょうか?専門科目の試験がある地方上級は厳しい気がしますが、教養科目のみの市役所上級ならまだ間に合うかもと思っています。でもどちらか一方に専念しないとどちらも失敗してしまうのではないかと危惧もしています。
また今年民間企業に内定し就職したとしても、余程条件のいい企業に内定した場合以外は、来年の公務員試験を受けるつもりでいます。

なのでここで公務員試験の勉強を一切やめていいか迷っています。

Aベストアンサー

四季報は総合版

Q高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中

高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中です)高1です。

Aベストアンサー

メリット
早くから社会人となれ、金銭面で豊かになれる
金銭面で豊かになれるので、社会的な自由がより早く手に入る(車を買う、家を買う、結婚など)

デメリット
給料が大卒者より生涯低いままの可能性がある
もちろん大卒者より出世して給料が多くなることもある
高卒と自分が意識すればの話だが、意識すれば劣等感を感じることもある

就職するメリットとデメリットはこんなとこですが
本来大学は、就職のために行くところではなく、専攻した学問を深めるところです
その目的がなければ、私は大卒者ですが行く必要はありません
巷に大卒者でも就職先がないというのは、親に勧められてわけもわからず大学に行く学生が多いからだと思います

Q田舎地方上級公務員試験の内容

ある田舎の地方上級公務員試験受けようと思うのですが、どのような問題が出題されるのかわかりません。よくある上級地方公務員試験問題集などでいいのでしょうか?よくあるテキストは第1次試験が6月第4日曜日になってるので、今回受けるは9月で内容違ったりするのですか?また違うのであれば田舎の地方公務員の過去の試験問題を手に入れる方法はありますか?

またC日程というのを聞いたことがあるのですが、詳しいことがよくわからりません。今回自分の試験はこれに当てはまるのでしょうか?詳しく教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>田舎の地方上級公務員試験受けようと思うのですが、
「人口10万人以下(ぐらい)の市町村の採用試験」を受けるんですよね?

田舎(=地方)の「県庁」や「県庁所在地の都市」の採用試験を受けるわけではないですよね?
「人口10万人以下の市町村の採用試験」の場合は、地方上級とは言いません。なぜなら、試験の区分に「上級・中級・下級」の区分はないのが一般的ですから。(大卒程度、高卒程度の区分はあっても。)

>今回自分の試験はこれに当てはまるのでしょうか?
そのようです。
6月=A日程、7月=B日程、9月=C日程と呼んでいるようです。

>今回受けるは9月で内容違ったりするのですか?
「9月の日程だから違う。」とかじゃなくて、公務員の採用試験は「自治体によって違う。」んです。
自治体によっては、筆記試験において「教養科目」しか実施しない市町村があります。
それは、試験の募集要項やホームページで調べればわかる内容のはずです。受験を希望している市町村の情報を集めてください。

>田舎の地方公務員の過去の試験問題を手に入れる方法はありますか?
ないでしょう。
それほど筆記試験に関しては敏感にならなくていいと思います。
情報がないことについては、受験者みんな同じですから。

>田舎の地方上級公務員試験受けようと思うのですが、
「人口10万人以下(ぐらい)の市町村の採用試験」を受けるんですよね?

田舎(=地方)の「県庁」や「県庁所在地の都市」の採用試験を受けるわけではないですよね?
「人口10万人以下の市町村の採用試験」の場合は、地方上級とは言いません。なぜなら、試験の区分に「上級・中級・下級」の区分はないのが一般的ですから。(大卒程度、高卒程度の区分はあっても。)

>今回自分の試験はこれに当てはまるのでしょうか?
そのようです。
6月=A...続きを読む

Q学部生の選考(or内定)辞退後、大学院進学後での就職

タイトルがわかりにくくて申し訳ありません。

私は現在理工の学部4年生で就活をしており、内定はないですが選考が進んでいます。
しかし、今になって大学院の進学も考えております。

そこで質問なのですが、学部時代に選考(or内定)が進んでいた会社を一度辞退して、2年後の大学院卒業後の選考に学部生時代に辞退した会社をもう一度受け、選考に進むことはやはり難しいのでしょうか?

私としてはこれは失礼にあたると考えておりますが、今のうちは進学して少しでも勉強したいとも思っています。
そして勉学を深めた上でもう一度受けたいとも考えています。

また、学部時代に落ちた会社に大学院後の選考で応募することも難しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

採用担当者ですが
内定が出る前の辞退なら問題ありません。

現段階ではたくさんの応募者の中1人に過ぎませんので
次回受けに来た時、「こんな名前の人、見たことあるなぁ」というくらいです。

内定出してから「やっぱり院に行きます」というのが一番困ります。

Q公務員試験予備校の通信講座を受講されていた方に質問です。

公務員試験予備校の通信講座を受講されていた方に質問です。
現在はウェブやDVDで講義を視聴するというのが通常の形式だと思います。
そこで、よく通信はモチベーションが上がらないなどと言われますが、
実際どうなのでしょうか?
また、公務員試験予備校の通信講座を受講されてみての感想をお聞かせ頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

必ずしも画像付きの講座が普通とは思いませんが。というのも、画像
付き講座は当然「視聴する時間」が必要なため、多くの時間を確保し
なくてはなりません。また、見ただけで勉強した気になりがちなのも
不安な点です。基本的には公務員や難関資格は「問題演習」の時間に
重点を置くことが最終的には重要であり、そのためには、インプット
(上記の画像を見たり、基本書を読み込んだりすること)は最小限に
押さえ、アウトプット(問題演習、応用問題への対策)に十分な時間
を確保すべきと考えます。ですから、画像のあるなしとか、通学・通
信だからとかでモチベーションが高まったり、逆に低下するというの
は基本的に、相関性が低いのでは?と思います。要は本人がどの程度、
真剣に「合格したいか」考えているかではないでしょうか?確かに通
信は独りでの学習であり、強制的拘束がない自由な形態である為、サ
ボリ癖が付く恐れがあり、また分らない問題に当ると、自己解決でき
ずにヤル気が低下、ひいてはモチベーション自体の低下に繋がる可能
性もありますが、反面、意志の強い方や目標が明確である方ならば、
その自由さを活かし、スキマ時間(また、時には一日丸ごと)を駆使
し、少しずつでも積み重ねる事ができますし、そうでなければ、難し
い資格やレベルの高いライバルが大勢いる高倍率の公務員試験には受
かる事はできないと思います。

必ずしも画像付きの講座が普通とは思いませんが。というのも、画像
付き講座は当然「視聴する時間」が必要なため、多くの時間を確保し
なくてはなりません。また、見ただけで勉強した気になりがちなのも
不安な点です。基本的には公務員や難関資格は「問題演習」の時間に
重点を置くことが最終的には重要であり、そのためには、インプット
(上記の画像を見たり、基本書を読み込んだりすること)は最小限に
押さえ、アウトプット(問題演習、応用問題への対策)に十分な時間
を確保すべきと考えます。ですから、画...続きを読む

Qこんにちは。現在就職活動を終えようとしているものです。何社か内定を頂け

こんにちは。現在就職活動を終えようとしているものです。何社か内定を頂けたのですが、質問があります。総合事務職で1社内定を頂きました。経理、総務、人事などが仕事内容です。他の内定は普通の総合職です。一般的に営業職より事務職のほうが将来経営者としてのキャリアを積んでいく上で有利なのでしょうか?現在ヨーロッパの結構有名なビジネススクールに通う友人(日本人ではないです)に相談しました。営業は大した知識がなくても出来るから事務のほうが色々学べていいと言われました。もちろん営業でも製品知識等必要なのは分かりますが、事務に比べるとそれほど知識が必要ではないような気もします。就職課でも事務は人気だし営業からなかなか事務に行けない人も多いと言われました。事務のほうが潰しも利くと考えています。実際そこの企業も事務2名で営業10名の募集なので、ここの枠に入れたのはいいチャンスかなと思います。どなたか事務総合職経験者の方いらっしゃいましたらどのような仕事内容なのかも聞きたいです。またキャリアに関して詳しい方がいらっしゃいましたら事務、営業どちらのほうが一般的に良いのか教えてください。

こんにちは。現在就職活動を終えようとしているものです。何社か内定を頂けたのですが、質問があります。総合事務職で1社内定を頂きました。経理、総務、人事などが仕事内容です。他の内定は普通の総合職です。一般的に営業職より事務職のほうが将来経営者としてのキャリアを積んでいく上で有利なのでしょうか?現在ヨーロッパの結構有名なビジネススクールに通う友人(日本人ではないです)に相談しました。営業は大した知識がなくても出来るから事務のほうが色々学べていいと言われました。もちろん営業でも製品...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
某大手民間企業で人事の担当をしていた経験のある者です。
まずは、内定おめでとうございます。

> 一般的に営業職より事務職のほうが将来経営者としてのキャリアを積んでいく上で有利なのでしょうか?

決してそうとは限りません。
どちらの職種が将来の幹部候補になれるかは、企業の経営方針と規模によって異なります。
大企業の場合は、幹部人材も多く、営業、事務、技術、企画、開発、などそれぞれの職種から幹部を登用する場合が多いですが、多くの企業はそのようなことができません。
また、企業経営が技術や企画開発、営業の力によって動いている場合、総務等の事務系はあくまで裏方的な存在ですので、幹部のトップとなることはまずありません。

確かに、営業には専門的な知識が必要ないようにも思われがちですが、実際にはその企業の売上をたたき出す商品の知識をすべて持っていなければならず、専門はなくともそれを売り込む(=金にする)力があります。
しかし事務系にはその力は一切なく、企業の中では一般的に「非採算部門」と捉えられます。
この事務系部門をどう捉えるかは企業それぞれの判断によるので、決して事務系が有利ということはないのです。

事務系に求められる知識は、簿記や法律などの分野に絞った専門知識で、それが企業経営の利益に直結すると考えにくいというのも現実にあります。
確かに、事務部門なくして企業が安定的に経営を続けていくことはできませんので、非常に重要な部門であることは間違いないのですが、どうしても「金を生み出す」力がないので、社内での位置も評価されにくい場所にあることが少なくありません。
むしろ、経営する側の幹部には、金を生み出す力と、商品に関する深い知識、市場の動向をみる力、技術、企画、開発といった実務能力を把握していることが求められるケースが多いです。
何しろ、企業で働く大多数は現場を相手にする社員であり、現場を知らない人間がトップにいても、従いにくいという環境が生まれる危険もあり、現実にそうなっている企業も沢山あります。
一方で、営業系では企業経営を引っ張る力はあっても、経営バランス(財務的な思考や法律との兼ね合いなど)が取れない人も多いため、幹部全体で事務系、営業系などの人材わ揃えてバランスを取っている企業がほとんどです。


> 就職課でも事務は人気だし営業からなかなか事務に行けない人も多いと言われました。
> 事務のほうが潰しも利くと考えています。
> 実際そこの企業も事務2名で営業10名の募集なので、ここの枠に入れたのはいいチャンスかなと思います。

営業から事務に移ることはほとんどないと思います。
営業という儲けを生み出す存在から、非採算部門に移るということは、昇進ではなく降格である可能性も十分にあります。
事務系が人気なのは、将来的な昇進の可能性よりも、転勤がない、業務が単調という安定性による人気です。
潰しが効くのは事実ですが、ご指摘のようにほとんどの企業で営業に対して募集人数が少ないため、狭き門となっています。
営業10に対して事務2というのは、営業は経営のために10人雇えるが、非採算部門の事務にはそんなに採用できない、というのが真実であり、難しくキャリア採用目的だから人数が少ないのではありません。
企業全体では、企業にもよりますが大体、営業10、企画開発3、技術2、総務等事務1という比率ではないでしょうか。一番人数が多く、一番売上をたたき出すのが営業職ですので。

総合事務の仕事は、大きく分けて、総務(財務・調達・契約・経営計画)、人事(採用・教育・評価)、法務(契約・法律)・管理(情報通信・備品,建物,財産管理)などがあります。
企業によって幅の大小があったり、統合・分割があり得ますし、他に新たな分野が事務職の取り扱い業務になることもあります。

「非採算部門」とは言え、企業経営の根幹を担い、まさに稼ぎ頭の営業などの社員をバックアップする存在ですので、会社にとっては不可欠であり、非採算部門なくして採算部門は成り立ちません。
企業が、事務系の存在をどれだけまっとうに評価し、処遇してくれるかによりますが、日本企業の一般的な見方としては、事務系の将来キャリア像は、あまり華々しいものではありません。
正当に評価してくれる企業であれば、実際に現在でも事務系経営者が存在しますので、可能性は十分にあります。

内定先の企業の実態(今の経営陣の職種分野)、経営方針、仕事内容等をよく分析研究されて、将来を決められたらよいかと思います。
それでは。

こんにちは。
某大手民間企業で人事の担当をしていた経験のある者です。
まずは、内定おめでとうございます。

> 一般的に営業職より事務職のほうが将来経営者としてのキャリアを積んでいく上で有利なのでしょうか?

決してそうとは限りません。
どちらの職種が将来の幹部候補になれるかは、企業の経営方針と規模によって異なります。
大企業の場合は、幹部人材も多く、営業、事務、技術、企画、開発、などそれぞれの職種から幹部を登用する場合が多いですが、多くの企業はそのようなことができません。
また、企...続きを読む

Q公務員試験に落ちた連中がこぞって、

政治家を目指すと思いますが、やはり公費給料取得に対する物凄い憧れがあるのですね。
しかし中には、逆に官僚から国会議員に立候補するのもごく少数いますよね。
一生安泰の職業から不安定な職業に転職とは、何を考えているのでしょうかね?
よほど公務員以上においしいにんじんをぶらさげられたのでしょうかね?

案の定、橋下大阪市長が期限付きの区長制を提案したところ、元来就任してきた市職員の応募がゼロだったようですね。
そりゃあそうですよね。市の職員の職域で区長をやっていれば一生安泰ですが、期限付きでリコールのおまけ付きの区長をやる公務員がいるわけないですよね。

猪瀬都知事の辞任問題や今回の都議会議員のセクハラ発言にしたって、一生安泰の都職員には何の影響も及ばないし、職員はみんな議員じゃなくて公務員で本当に良かったとでも思っているでしょう。

公務員試験に落ちたけど市議会議員にでも当選した輩の万歳する喜びは察しできますね。
でも不安定な職域である事も事実なのですけどね。
やはり公務員試験で採用されているのが一番だったのですけどね。

Aベストアンサー

>地方公共団体の議員さんのほぼ100%は縁故組や地盤組とともに、公務員不採用組
これは全くの見当違いですね。
私は議員も職員も知っていますが、少なくとも私の自治体議員は職歴を見ても、公務員からの転進や公務員志望は皆無です。
少なくとも選挙で当選するほどの地盤・看板・かばんがないと無理ですから、現実問題として試験に落ちたから、じゃあ議員でもするか・・・という気持ちではとても無理です。
たまたま見つけた一事象を、あたかも全てのように語るのはやめましょう。

Q現在、国立大学の大学院理系(機械系)1年の者なのですが、もうすぐ就職活

現在、国立大学の大学院理系(機械系)1年の者なのですが、もうすぐ就職活動を始めるにあたって、第一希望をテレビ局に考えています。ただ、技術希望ではなく、バラエティなど製作をやりたいと考えているのですが、製作部門は理系出身者でも採用するのでしょうか?また年齢的に院卒を採用することはあるのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

今年就職活動を終えた修士2年です。
私もちょうど一年前は、テレビの制作(ドキュメンタリー)を第一志望にし、
マスコミ用のスクールに通っていました。

少ないですが、いるのではないでしょうか。
ただ8chは採用しない?と思います。
8chは技術職ですら、大学院より学部卒が多いそうです。
理由は、学部卒のほうが元気があるや同期が学部卒が多いから雰囲気を壊さないためとかそういう理由ではないでしょうか。
ただ他の局ならすくなからずいると思います。
バラエティではないですが、1つ上の先輩には、理系大学院卒でNHKの報道がいます。

Q公務員試験について!

現在高校2年です4月には3年になります。
将来は公務員試験を受けます!そこで私が学校に相談したら公務員試験を受ければ大学や専門学校を同時に受けれないといってました。もし公務員試験を落ちて受けれたとしても二時募集をしている所だといってました。
落ちる事がとても心配なので、公務員試験は学校を通さないで個人的(秘密)に公務員試験を受け、大学や専門学校は学校を通してやればいいとおもいます!学校側には進学希望と言えば大丈夫ですよね?
私の考えは、一度決まった学校を途中で辞めたりすると学校側の信頼度が無くなるからそういってるとおもいます!
詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

法律的には両方受けても何も問題ないはずです。

ただし高卒の場合、公務員試験1本にしぼっても合格率は5%未満だと聞きます。

また法律的には問題なかったとしても、公務員試験と大学・専門学校の勉強を両立させるのはほとんど不可能であると言っても過言ではないでしょう。

Q公務員試験と民間の就職活動

公務員試験と民間企業とを併願した方、何でもいいのでアドバイスください。
参考までに知りたいのは
1 比較的早め(4年の4,5月)に内々定が出る業界は?
2 民間の採用担当者は公務員試験を受ける者に対して、冷たく、公務員試験の結果が出るまで待ってくれないのか?
3 それ以前に併願は贅沢で、わがままなのでするほうが間違っているのか?
4 そのほか

と書きましたが、本当に何でもいいので教えてください。
その前に公務員試験の勉強を黙々とやってりゃいいんだと思われるかもしれないんですが不安なんです。ちなみに当方2年です。

Aベストアンサー

>1
4月、5月の内定は早くありません。
テレビ局、コンサルなどは1月や2月から、損害保険、生命保険、都市銀行といった金融は3月には内定が出ます。 製薬会社の研究職のように、3年生の10月頃に内定が出る業界もあります。
まぁ、多くのメーカーやIT業界、商社などは4月中に内定が出ると思います。

>2
そもそも、企業の採用面接で「公務員試験も受験します。」なんて言う必要も無ければ、言う学生もほとんどいないはずです。
そんなことを言っている学生は、就職活動に対する認識がズレているとしか思えません。
企業としては、自分たちが欲しい人材を探しているわけですから、「本命は他の企業です。」とか、「単なる練習として面接を受けてます。」みたいな雰囲気の学生を採用するわけがありません。 採用を進めていく段階で、「この学生はウチの志望度が低い。」と判断されれば、よっぽど欲しい人材で人間的な魅力にあふれた学生でもないかぎり、落とすはずです。
ですから面接で、「公務員試験も受ける予定です。」みたいなことを言えば、高い確率で落とされるはずです。
>公務員試験を受ける者に対して冷たく、
とは、完全に学生の立場からの考え方で、、就職活動とはどういったものであるか?を考えれば、「冷たく」ではなく、「採用のレールから落として当然」だし、「あなたに内定を出します。あと、あなたはとても優秀な人材でぜひウチに来て欲しいので、公務員試験の結果が出るまで待たせていただきます。」みたいなセリフが採用担当者から出るわけがないことは、ご理解いただけると思います。

>3
学生の能力次第です。
大学入学と同時に、バイトにサークルに、授業にTOEICに留学に、学祭に、などなど、とにかく様々なことにチャンレンジし、充実した学生生活をおくっていて就職活動の面接でアピールするに十分なくらいの材料を持っており、なおかつ、公務員試験の勉強と就職活動の面接を同時並行に進めても、ストレスに屈しない、精神的にタフな人間であれば、可能だと思います。
ですから、今大学の1年か2年で、これからいろいろなことにチャレンジする時間のある人や、あんまりストレスを感じないタイプの人であれば、器用に両方をこなせるかもしれません。
ただ、就職活動で一番重要なのは、エントリシートの作成や面接に対する準備であり、これらに力を入れればかなりの時間がかかります。 「就職活動というのは、とりあえず企業に呼ばれたら面接に行けばいい。」と思っているんなら辞めた方がいいです。 その前に、やることはたくさんあります。

>4
併願に成功している人は、少数ではありますがいると思います。 ただ、そういった人たちは基本的に「器用な」人たちだと思います。 あるいは、普通の学生が1年かけて試験勉強をするところを、3ヶ月ぐらいで合格レベルまで持っていけてしまう人間であるかの、どちらかだと思います。
とにかく、自分で「器用ではない。」とか「そんなに能力は高くない。」と謙虚に思えるなら、併願は辞めた方が無難だと思います。
また、公務員試験の場合は、「大学生活でのアピールはそれほど重要ではない。」と考えるのは間違いで、企業を受けるのと同じように、ある程度バランスのいいアピール材料を持っておくべきだと思います。

すでに試験勉強を始めておられるのかもしれませんが、、それが「独学」ならば、あまり効率がいいとは思えません。 2年生なら、今まで述べてきたように「アピール材料」を作る意味でも、大学生にしかできないことに時間を費やして、3年生の4月から専門学校で勉強を始めても全く遅くありません。
あるいは、専門学校に行く経済的な余裕がないならば、今の時期にアルバイトをして40万円ぐらい貯めて、来年1年間をバイトせずに勉強に集中できる環境を整えるのもいいと思います。
以上です。

>1
4月、5月の内定は早くありません。
テレビ局、コンサルなどは1月や2月から、損害保険、生命保険、都市銀行といった金融は3月には内定が出ます。 製薬会社の研究職のように、3年生の10月頃に内定が出る業界もあります。
まぁ、多くのメーカーやIT業界、商社などは4月中に内定が出ると思います。

>2
そもそも、企業の採用面接で「公務員試験も受験します。」なんて言う必要も無ければ、言う学生もほとんどいないはずです。
そんなことを言っている学生は、就職活動に対する認識がズレて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報