お世話様です。

 中古資産の定率法について宜しくお願い致します。

 法人ですが、中古で普通車を買いました。

 登録から5年たった車です。なので、耐用年数2年で定率法で減価償却したのですが、1年で減価償却しきってしまいます。

 正しいのでしょうか?

 ご教授宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

こんにちは!



耐用年数2年の定率法償却率は1.000なので、事業年度開始月に資産を取得した場合には、
(1)取得価額×1.000×事業供用月数/事業年度月数(12/12)=取得価額
となりますが、
現行では残存価額として「1円」を残さなければならないので、
(2)取得価額-1円した金額
と(1)との金額を比較して少ない方の金額(つまり(2)の金額)が減価償却費として損金の額に算入できる限度額となります。

事業供用日が事業年度開始月でない場合は、「月数按分後の金額」の方が(2)の金額より小さくなるので1年目は月数按分後の金額が減価償却限度額となり、
2年目は「期首簿価-1円」の金額が減価償却限度額となります。

参考URL:http://www.c-5.ne.jp/~houjin/public_paper/60/35. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 purako3さま

 お忙しい中、ご教授いただきまして大変ありがとうございます。

 計算式も記載していただき、大変よくわかりました。

 どうもありがとうございました。 
 

お礼日時:2009/05/23 09:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング