株式会社で運営しています、4名の小さな会社です。
人件費なのですが、売り上げと経費を引いて、利益があまり出ないように、人件費(特に妻の分)にて調整しています。
ですので、スタッフが月15万・妻が80万そのようになる場合もよくありますが、このような人件費を計上しても問題はないでしょうか?

A 回答 (4件)

会社法では株主に異論がない限り問題はありません。



しかし、税法では大いに問題があります。過大な使用人給与等の損金不算入の規定↓に触れる可能性大です。

http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin2/zeik1 …
    • good
    • 0

回答者No.2の方が書いていますが、税務調査が入ったときはおそらく損金とは認められないでしょう。



税務上の損金とするには、給与の額を定めたルールの明文化と継続性が求められます。「給与規定」のようなもので、この役職にはいくら、内訳はこれこれといったルールの明文化が必要です。きちんとしたものがなければせめて取締役会で決めた、という証跡が必要でしょう。
それと一度決めたルールはある程度継続させることも大切です。売上高に応じて毎月支給基準が変わるのはまずいです(最初から歩合給になっていれば別ですが)。
また勤務の実態についても訊ねられるでしょう。つまり奥さんが給与に見合う勤務をしているかどうか。

結局、税務署は出来るだけたくさん税金を取りたいので、税務上の損金は出来るだけ抑えたいと考えますので、解釈や判断がどうしても狭い方に傾きがちになります。
    • good
    • 0

お好きなようにされて構いませんが、大きな収入のばらつきは、税務監査の的になりやすい事を留意なさることです。



人件費を含めて、人員の増減がなければ経費はほぼ、毎月変動がないものです。動きは売り上げが上下するのが普通ですから、目を付けられるでしょうね。
    • good
    • 0

誰がいくら稼ごうが勝手です。


株主が文句を言わなければ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報