アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだとの意見がありますが、日本国民の利益(生活水準の向上や社会保障・インフラの整備のために資金をつぎ込む)のためにはそうしたほうがいいのですか。日本はいくら米国債を保有していますか。

日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが、それは暴力団の上納金や、属国が宗主国から搾取されるのと同じで、日本国民は宗主国に間接支配されているというのは本当ですか。

その他に、アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1で回答したものです.



訂正:現在日本国家全体として6619億ドル保有→3月時点で日本国家全体として6867億ドル保有

細かいミスですが…すみません.

No.2さんの回答を見ておもしろいことを思い出しました.
http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt
の日本の保有量を見る限り2004年以降減らし続けてきた米国債が1月以降急に増えていることがわかります.

ああ,政府がアメリカを助けるために買っているんでしょ?ていう人はお馬鹿な方です.なぜなら日本の外貨準備高の証券部門を見る限り大幅な増加は見られないのです.
http://www.mof.go.jp/1c006.htm

つまり,政府は米国債を新規に買っていないのです.じゃあ,誰が買っているのか?もちろん民間しかありえないわけですが.まあ,野村さんかもしれないし,三井さんかもしれないし….

いや,年金事業団だ!間接的に政府が買っているんだっていう人は以下のPDFでもごらんください.
http://www.gpif.go.jp/jyokyo/index.html
そもそも外国証券の割合は国内と比べて少ないですし,むしろ最近は国内のほうに投資を振りわけていることがわかります.

そんなわけで現在日本の銀行・証券会社が米国債を買い増している事実がわかったと思います.金融のプロが米国債を買い増しているということは…,まだ投資先としては有望だと考えているってことになるでしょうね.アメリカはまだ安全なんじゃないですか?(アイルランドやスペインと比べたら)


なんかわかりづらくなったのでまとめ+追加

>アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実
確実です.ただ一気に暴落することはないでしょう.時間をかけてゆっくり下げていくって感じでしょうね.(理由はアメリカにデフォルトという一気の環境変化はおこりえないため)


>ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだ
ぜひやってください.ドルが本当に暴落しまして,アメリカからミサイルが飛ばされますけど.やるなら20年スパンでゆっくりと減らすしかないですね.(米国債の売却→ドルの売却→ドル安)


>日本国民の利益のためには…
結局のところリスクヘッジしかないでしょう.じわじわと米国債を減らし,ユーロ債など他の債券を増やしていくことが外貨準備高に関してはベストでしょう.


>日本はいくら米国債を保有していますか
http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt 参考


>暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされている
間違い.No.1でも書いたけど,2005年から2008年にかけては日本の米国債保有は減り続けていた.無理矢理なんて迷信ですね.データはウソつかない.


>アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字がある.
なんともいえない.ソースもないし….まあ,うわさ話程度でしょう.まさかあの韓国じゃああるまいし….うわさであってもソースがつくからな,あの国は….
通貨安定証券
http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/b204cb37763989 …
※通貨安定証券は中央銀行の債券.本来なら国家債務にいれなきゃいけんのに,スルーしている.


>アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能
これも前で回答しましたが,アメリカは基軸通貨国のため絶対にデフォルト(破綻)はありえません.(債務はドル建て,そのドルを刷ることができるため無限に借金できる)ただ,シナリオ的に挽回不能になる可能性もあります.ドルが基軸通貨の地位から堕ちた場合です.まあ,中国・日本・産油国すべてが反対運動を繰り広げないかぎりありえないとは思いますが.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をいただきありがとうございます。

>2005年から2008年にかけては日本の米国債保有は減り続けていた.無理矢理なんて迷信ですね.データはウソつかない.

米国債の保有額はアメリカ財務省のサイトを見ればわかると知り、勉強になりました。

日本の財務省のサイトを見れば、日本全体の米国債保有残高が2004年以後減り続けてきたのに、今年の1月から増えていて、日本政府の米国債保有残高は増えてないので、日本全体の米国債保有残高の増加は民間企業が買っている、日本の投資は外国よりも国内への投資のほうが大きいと知り、勉強になりました。

>一気に暴落することはないでしょう.時間をかけてゆっくり下げていくって感じでしょうね.(理由はアメリカにデフォルトという一気の環境変化はおこりえないため)

>やるなら20年スパンでゆっくりと減らすしかないですね.(米国債の売却→ドルの売却→ドル安)

>結局のところリスクヘッジしかないでしょう.じわじわと米国債を減らし,ユーロ債など他の債券を増やしていくことが外貨準備高に関してはベストでしょう.

対外投資や資産を、少しずつドル以外のものに移していくのが適切な方法ということですね。

>>アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字がある.
>なんともいえない.ソースもないし….まあ,うわさ話程度でしょう

根拠があるなら事実ですが、ソースが無いということは陰謀論の類ということだと思います。

>アメリカは基軸通貨国のため絶対にデフォルト(破綻)はありえません.(債務はドル建て,そのドルを刷ることができるため無限に借金できる)ただ,シナリオ的に挽回不能になる可能性もあります.ドルが基軸通貨の地位から堕ちた場合です

基軸通貨国は有利だということですね。

お礼日時:2009/05/25 17:32

>>日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが・・・


アメリカに売りまくって超円高になると脅かされるのでつい米国債を買います ならば不利とはいえ運命共同体でいこうかと安易な方向になってしまいました もうあとへは引けませんね

>>アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

残念ながらピ~ンポ~ンです 財閥さんがこけないようお金印刷所(FRB)はいま年率16%くらい印刷し続けてます 子会社に不良債権を移し変えるなんてあたりまえですね 州によっては金本位マネーにすることも議題になってます とりあえずドル価値が収まったとしてもその先大インフレが100%あります まあしかし戦前からの日本の経済の流れをみると驚くほどのことではないです 何とかなりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>脅かされるのでつい米国債を買います

その根拠を知りたいというのが質問の趣旨です。根拠が示されないと信用が無いです。

>>アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

>残念ながらピ~ンポ~ンです
>財閥さんがこけないようお金印刷所(FRB)はいま年率16%くらい印刷し続けてます
>子会社に不良債権を移し変えるなんてあたりまえですね

その根拠を知りたいというのが質問の趣旨です。根拠が示されないと信用が無いです。

>州によっては金本位マネーにすることも議題になってます

金本位制は1970年代の初期に廃止されました。
金本位制の復活を主張するならその根拠を示さないと信用が無いです。

>とりあえずドル価値が収まったとしてもその先大インフレが100%あります

その根拠を示さないと信用が無いです。

お礼日時:2009/05/25 17:39

日本はアメリカ追従政策を取っています。


日本国民がこれ以上アメリカ国債買うな!
と言っても無駄です。
政治家の間ではその話題はタブーのようです。
発言した政治家はいましたが、次の日には圧力がかかり発言を撤回、修正しています。

今のアメリカは贅沢をし過ぎて酒に酔った状態です。
それに日本も協力して、自分もその酒を飲ませてもらって酔っている状態です。それは他の国も同じ状態です。
なんとかアメリカの酒を飲もうと必死なのです。
だから余計にアメリカ国債を購入してアメリカに輸出をしようとするのです。
しかし、アメリカもその酒(お金)が入ってこなくなったのと、使いすぎで自転車操業ができなくなってきてドルの増刷、粉飾決算を国を挙げて行っています。
更なる混ぜ物をした酒を飲んでいる状態です。

私の予測では、FRBのドル増刷により、資金が行き場を求めているのでいずれバブルが起こるでしょう。はじめに商品相場から始まり、株式にも行き渡るのではないかと思います。
時期に、経済回復宣言がなされ好景気が訪れるでしょうが、今回の深い傷はそんなに浅い傷ではありません。AIG一社で50兆ドルとも言われる焦げ付きがでているのです。アメリカ全体では1京ドルです。
次の段階では株は大暴落。商品の中でも、貴金属と食品関連は暴騰するでしょう。
今までにない大恐慌が訪れると考えます。
景気回復と言って浮かれる場合ではありませんよ。
まあ、浮上できるかどうかもまだわかりませんが、今は最悪期に突入したばかりです。
サブプライム→リーマン→第3の危機到来
が今の本当の市場観測です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>粉飾決算を国を挙げて行っています。

何の根拠も示さずにそういっても、振り込め詐欺に騙されるレベルの人以外には通用しないと思います。

>AIG一社で50兆ドルとも言われる焦げ付きがでているのです。アメリカ全体では1京ドルです。

アメリカ政府が公開している去年のGDPが約14兆ドル、IMFや世界銀行や国連が公開している去年の世界のGDPが約61兆ドルですが、
回答者様の回答では、AIGだけでアメリカのGDPの3.5倍の損失、アメリカの損失は世界のGDPの164倍、アメリカのGDPの714倍になりますが、何の根拠も示さずにそういっても、振り込め詐欺に騙されるレベルの人以外には通用しないと思います。あまりにもデタラメすぎると思います。

>日本はアメリカ追従政策を取っています。

戦争、軍職、外交、環境、人権、経済、社会保障など、日本はアメリカとは全く異なる政策を行ってます。

お礼日時:2009/05/25 17:17

>日本はいくら米国債を保有していますか。


以下のサイト参照。時系列で並べられているのでわかりやすいはず。現在日本国家全体として6619億ドル保有ってことです。
http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt


>日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされている

完全にウソ。ソースは上のURL+Internet archiveの過去ページを見ればわかる。日本は2004年を最高に米国債保有は減少傾向です。むしろ、このあいだバカみたいに米国債を買う=アメリカに貢いでいたのは中国であるのは自明の事実。あなたの考え方なら中国がアメリカに間接支配されているってことになる。


>アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく…

長期的に事実でしょう。いつかアメリカのドルの崩壊するときが来るでしょうね。ただ、それがいつなのかはわかりませんけど(5年後、10年後、もしかしたら100年後?)しかし、現在は米国債よりも他の国々であるイギリス・フランス・スペインなどの国債のほうが資産価値が下落しているため、米国債への投資は別にリスキーな投資ではないと考えています。


>とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

それはうわさでしょうな。なぜならアメリカは無限に外国から借金ができるからデフォルトする可能性はゼロ。挽回できる。理由はアメリカ国債はドル建て以外ないから。いざとなったら、米国債の償還にドルを刷って諸外国にそれを渡してしまえばいい。基軸通貨を持つ国の特権ですね。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4561949.htmlのNo.2さんの回答が参考になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をいただきありがとうございます。

お礼と感想はNo3のお礼欄にまとめて書きます。

参考として示されている回答のように、インフレ政策で借金の実質価値を減らして返済負担を軽減するという方法はあると思います。

お礼日時:2009/05/25 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング