助けてください
2週間後、第4希望の就職先の面接があることをすっかり忘れていて英語の勉強を大してしていませんでした
テスト内容は英語面接、何を聞かれるかなどの過去問はいっさいないようです
自分はTOEIC600点台後半、留学経験なし、外国人の友達もなし、ほとんどはなせないです
どういう勉強したら効率が良いでしょう?英語は発音、語彙などが豊富である必要は
ないようで、質問をちゃんと聞き取れてある程度自分の意見を組み立てられれば良いみたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

第4希望の就職先にも、全力で臨まれる質問者さんは凄いですね。

。。
尊敬してしまいます。頑張って下さい!

さて、英語についてですが、今の環境が英語で話せる環境でなかったとしても、2週間ずっと英語で話す努力をするしかないと思います。
英語というのは不思議なもので、私はTOEIC400点台しかありませんが 何故かビジネスで海外に電話しちゃったりするんですよね。。。だから大丈夫なはず!!

さて、質問をちゃんと聞き取れる必要と、自分の意見を組み立てる、この2点が必要らしいのであんまり難しく考えずに、とりあえず”英語”に耳と口が慣れればどうにかなると思いますよ。

例えば、英語を組み立てる力は、
http://shop.alc.co.jp/files/photo/7006008.jpg
こういうのを活用して日記を書いてみる。それを口に出して話してみる、とか。

聞き取る力は、とりあえず生活全部を英語に囲まれるようにする!!
私がよくやったのは映画を英語音声・英語字幕でみる、NHK教育をひたすら流す、でしょうか。。。
 その際、DVDのセリフを聞きながら”自分だったらなんて答えるかな?”と考え、それを口にだして言ってみてました。

あと、パニックになって何も言えないのが一番良くないですから、
自分が何で答えられないかを英語でいくつか言えるようになればどうにかなるんじゃないでしょうか?(笑)
ちなみに、私が良く使うのは "I cannot find my words..." でしょうか。。。

英語は慣れですから、面接官の方も英語力より本人の仕事に対する意識、向上心等を優先されると思います。(会社に入ってしまえばしゃべれるようになる、と。。。)ですが、何も言わないと始まりません。
 聞き取る能力、聞き取れなかった時に聞き返せる度胸、また英語を話す度胸(失敗を恐れずに自らの意思を自らの口で伝える、という姿勢を見せること)をつけたらいいと思います。

頑張って下さい!!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

思いつかなかった時の対応、参考になりました。お礼が遅れてすみませんでした。ありがとうございましたあ。

お礼日時:2009/09/16 19:08

英会話教室で自由に授業時間が決められる


マンツーマンの授業を申し込んでみてはいかがでしょうか?
やはり声に出して話す練習をしたほうがよいと思います。
英語面接に対応してくれる教室だと尚いいですね。

他に、お金をかけずにNHKラジオ英会話等でシャドーイングをしたりして
"話し言葉"で話す練習をしても効果的と思います。

最後にもう1つ。
想定質問を考え、それに対して自分の文章でまとめておくことがおすすめです。
日本語でもなさっているとは思いますが、英語での質問に対しても有効だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。ありがとうございます。
想定問題やってみました。助かりました。

お礼日時:2009/09/16 19:07

まず、そんな短期間に特別なことが出来る可能性はありません。


現在のあなたのままです。

それより、私も同じように英語で面接を受けましたので、簡潔に。
1.結論を言え! 理由は言うな!
2.分からないなら、そう言え。質問しろ。
3.笑顔。
4.堂々としていること。
5.相手の言うことをしっかり聞いて、分からないところはしっかり分かるまで聞け。

かなぁ。
私は、学校が北海道だったので、習慣で日本語でも同じにしてたせいで、英語にしても、日本語にしてもはっきり物を言うので、ぜんぜん苦労しませんでした。
合格したのは、16人中1人。
なんか、詰問されて、びくびくして、脂汗かいてたのは、みんな落ちたようです。私は落ちてもいいと思って受けてたので、別に落ち着いていました。
参考です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。ありがとうございます。
堂々とする、大事なことですよね。実は試験をうけてきたのですが
ある程度受け答えできたのですが流暢というにはほど遠く、残念な結果となりました。

お礼日時:2009/09/16 19:07

>自分はTOEIC600点台後半


なら焦ること無いです。
私なんか二年留学したけど二十年経ったら724点しか取れなかった。(爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。それでも就職には使えないレベルでした;

お礼日時:2009/09/16 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q授業では聞き取れるのに簡単な英語が聞き取れません

北米の専門学校でネイティブと一緒に学んでいます。 
授業を受ける上では、先生が早口でまくしたててもリスニングはあまり問題ありません。

ところが、友達と何気ない会話をするときや、短い質問文など、一瞬にして終わるcontextのない内容のリスニングができないときがあり、悲しい思いをすることが最近多くなりました。 

聞き取れないものの3分の1は、スラングなど自分の知らない表現が原因だと思います。

でも、残りの3分の2は、あとで確認してみるとそれほど難しい英語でもなく、ただ音としてキャッチできなかっただけのものだったりします。

ちなみに、聞き取れないとしゃべれない、と言われますが、授業中に普通に発言もできますし、発音も悪くないと言われます。

聞き取れない原因は何なのでしょうか?
何かを耳にしたとき、聞き取れるものは頭の中でリピートできます。
でも、簡単な短い英語(早口)に限って、頭が真っ白になり何も残らず当然リピートもできません。
(でもなぜか授業の先生の早口は、聞き取れます。)

1年も英語圏にいるのに、なぜ聞けないのだろうと悲しいです。
どなたかアドバイスをお願いいたします。 

北米の専門学校でネイティブと一緒に学んでいます。 
授業を受ける上では、先生が早口でまくしたててもリスニングはあまり問題ありません。

ところが、友達と何気ない会話をするときや、短い質問文など、一瞬にして終わるcontextのない内容のリスニングができないときがあり、悲しい思いをすることが最近多くなりました。 

聞き取れないものの3分の1は、スラングなど自分の知らない表現が原因だと思います。

でも、残りの3分の2は、あとで確認してみるとそれほど難しい英語でもなく、ただ音として...続きを読む

Aベストアンサー

akijakeです。
偉そうなことばっかり言って申し訳ないです。

アパートに1人暮らしだったり、日本人と住んでいたりすると中々難しいかもしれませんね・・・^^;
私は全寮制の大学だったので、ルームメイトを含めて周りが全てネイティブという環境でした。
強制的な環境でない限り、楽な方に流れてしまうのはしょうがないと思います。
私も自分のあの時の辛さとかを考えると、きっと周りが楽な環境だったら絶対流されていたと思います。
質問者さまは、そうでない厳しい環境に自分を置こうと努力できる人のように思います。

日本人の友だちと日本のことを色々思い出して楽しく会話する事、今の辛さを打ち明けあったりする事はいいと思いますよ。
外国に1人でいるのですから、いざと言う時にはやっぱり頼りになる存在でしょう。
決して孤立する事だけは避けた方がいいと思います。

ただ限度の問題かな、と。
楽だからとついつい毎日一緒に食事に行ったり、休み時間に固まったりすると、自然とネイティブは寄り付かなくなってしまい、結局向こうで出来たのは日本人の友達ばかりだった、と言う話をよく聞きます。
私の友人を見ていると、英語のうまさは向こうでできたネイティブの友人の数と付き合いの深さに比例しているように思います。
間違っても、何度聞き返しても、怖気づかずにどんどん話しかけていく事が出来る性格の子は上達も早いです。
ただし、英語を勉強したいという気持ちだけで友達になろうとすると、相手は判ってしまうようで(ネイティブ談)、長続きしないみたいです。
何人とも接点を持つうちに、きっとそういう利害なしに一緒にいて楽しい友人を見つかります。
そういう人を作るのが上達への道じゃなかな?って思います。

校風にもよりますが、私の場合、同じクラスの子に授業についての助けを求めて、いつも一緒に予習、復習、試験勉強をしてもらううちに、毎日彼女の部屋に通うようになったりしました。
英語がどうこうというより、とにかく単位をもらわないといけなかったので、授業で判らない所を教えてもらうのに必死でしたけど・・・^^;

私も日本語を教えてましたが、その生徒さんとか日本に興味のある子と話すのが嬉しくて、よく一緒にお茶に行ったりしました。
そういう人はきっと話してても楽しいし、話題も持つと思いますよ。

とにかく、いろんな角度から接点を探してみたらどうでしょうか?

映画を見たりテープを聴いたりするよりも、やはりせっかく実際にその土地でネイティブに囲まれている環境にいらっしゃるし、すごくもったいないですよ^^*

頑張って下さい!

akijakeです。
偉そうなことばっかり言って申し訳ないです。

アパートに1人暮らしだったり、日本人と住んでいたりすると中々難しいかもしれませんね・・・^^;
私は全寮制の大学だったので、ルームメイトを含めて周りが全てネイティブという環境でした。
強制的な環境でない限り、楽な方に流れてしまうのはしょうがないと思います。
私も自分のあの時の辛さとかを考えると、きっと周りが楽な環境だったら絶対流されていたと思います。
質問者さまは、そうでない厳しい環境に自分を置こうと努力できる人...続きを読む

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q英語が聞き取れない。を英語で何と言うのか?

英語が聞き取れない。を英語で何と言うのか?

Aベストアンサー

I can't hear English.

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q英語にも身体表現は豊富にある? たとえば胸に刻むの英語は?

身体を使った表現は日本語が特別に豊かなのかどうかを知りたいと考えています。
たとえば胸に関する日本語には以下のような言葉があります。これに対応する英語はあるのでしょうか? 
あるいは逆に日本語にはない英語独自の(胸に限らず)身体表現も沢山あるのでしょうか。
胸が一杯になる、胸が躍る、胸が裂ける、胸が騒ぐ、
胸が潰れる、胸が張り裂ける、胸に納める、胸に刻む、
胸に迫る、胸に響く、胸をかきむしられる、胸を焦がす
胸を突く、胸を撫で下ろす、胸を張る、胸を膨らます

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>* heartで100もでました。

一ページに100しか乗せられないので100しかないように見えたのかもしれませんが、今見てみたら、600以上ありました。

>結果をよくみると、 heart(または胸)自体の身体感覚に基づく表現は少ないような印象を持ちます。

つまり、感情に繋がる表現、と言うことですね。 ちょっと見てみますね。 動詞と一緒に使われる、と言う事かな。

broken heart、a hole in my heart、a stake to the heart, break one's heart, change of heart, don't mess with my heart, find it in one's heart, have a heart, know by heart, lose one's heart, open your heart, playing by heart, pour out one's heart, sick at heart, steal someone's heart, take heart, take to heart, tales from the heart, to break the heart, to enlarge the heart, to find in the heart, to get by heart, to have at heart, to have in the heart, to lay to heart、to learn by heart、to lie at the heart, to lose heart, to lose one's heart, to lose ones heart, to take heart, to take to heart等がありますね。

ここで気が付いたことと思いますが、日本語と同じように、heartという単語が日本語の胸という単語と同じように「心臓」や「胸」という生物学的単語として使われていないのが分かりますね。

この理解の下に慣用句的に見られなくても、take one's heart away, とかtouch one's heart, sting one's heart, cross one's heart, catch one's heart, bury one's heart, buy one's heartというような辞書で「説明」しなくても分かる表現もたくさんあります。 つまり、「胸」という日本語の単語のフィーリングが分かっていれば、胸を張る、胸を膨らませる、というような表現も辞書無しでフィーリングを感じ取れるというのと非常によく似ているわけです。

ただ、日本語と同じように、直訳的に訳すとおかしな表現だなと感じるわけで、cross my heartって心臓をどうやって交差させるんだよ、と言う事になるわけです。

昔、日本語の表現で体の一部を使った「慣用句」を日本語を習いたての外人さんがもしかした書くかもしれない「面白い日本語表現」みたいなものをふざけた(まじめな)コメント入りで作った物がありますのでその5%ほどを紹介しますね。 (著作権は放棄していなく私の元に残りますのでこのサイトの管理者には移行することを認めません。 必要であれば削除して編集してくださることをお願いいたします)

障子に目あり=これって、ジョージにメアリーっていうお見合いのオペラの日本名かな。
口を塞ぐ=森村誠一によると、鼻も塞がないと、窒息しないとの事。
口を塞ぐ=大和撫子がよくやるね。思いっきり笑えない悲しみ。
鼻をかむ=入れ歯を取り出して使わないとできないな。 それとも他人の鼻を攻撃する格闘術か。
はにかむ=これも、時代によって、発音・意味が変ってきたものと推理する。江戸時代は「歯でかむ」だったらしい。
腹が立つ=そういうけど、立っていない時は寝ているわけだけど、腹が寝るとはいわないな。
気が気でない=やっぱり、これは誤字だと思う。 紅葉になる前の話の事だろう。「木が黄でない」が本当だろう。
気が取られる=やっぱり、最寄りの交番に届けるべきでしょう。
小耳にはさむ=大耳は何するの。小耳は洗濯挟みの代わりに使いましょう。
腹を割って話す=二人の侍が切腹(割腹)をしてから、出血多量で死ぬ前に、お互いの一身上の事を話す事。
歯が立たない= 歯には足はないもんな。 ま,考え方によっては,下あごの歯は上に向いて立ってるんだけどな。
首を突っ込む=水のなかに長く突っ込むと死にます。 だから皆さん「やめなさい」とよく言う。
首を長くする=キリンがむかーし、そうしたため、今のキリンになってしまいました。
首をひねる=柔道では、禁止技です。
足がつく=ばらばら殺人に関しての刑事用語。
鼻につく=ハエが鼻の頭に止まるって言うけど、つくのは何だろう。
足が重い=重いのは、足だけじゃないだろう、減量減量!
手を焼く=焼くのは、たこ・魚くらいがいいところ。人手焼きなんて、名物・お土産にならないもんな。
手を切る=痛いだけならいいですけど、手首を切ると死んじゃうよ。
足が出る=足が出ないズボン、履いている人いなけどな。
足が棒になる=何に使う棒なんだろう、ごますり用だったら、腕のがいいしな。
足を洗う=Yes! 身体はいつもきれいにして置く事は大切、特に水虫の足は。
口を糊する=現代語の発祥語。 名詞を動詞にする。つまり、ガムテープの代わりに糊を使って、口を塞ぐ。 スーパーグルー。
頭が上がらない=首の筋肉が弱った証拠。 ほかに、赤ちゃんが這い這いする前の状態をいう事もある。
胸を借りる=レンタ・オッパイと言う新低価格風俗
腹が黒い=真夏にビキニで一日中仰向けに寝ていた証拠。ガングロとおなじこと。
手も足も出ない=出せるのは、舌だけ。あっかんべぇー
手を下す=腹を下す前兆とのこと。「早めのパブロン」は関係ないです。
喉から手が出る=悪魔が乗り移り、退屈しはじめたころ、じゃんけんをしたがっている様子。
歯が立たない=歯槽膿漏が悪化したして、歯がぐらぐらになった状態。
手に落ちる=お手玉の基本の基本,手に落ちなくては,続行できない。
瞼に浮かぶ=コンタクトレンズのメーカーが使って,違和感がない事を宣伝文句にした。
喉が鳴る=デート中におなかがなる時に,恥ずかしいので,喉で「グーグー」という事。
大きな顔をする=顔が小さいとよく言われる人がよくする事
顔が広い=川中美幸もそうだけど,おでこが広い事を直接言わずにわざと誤解させる言い方。
大目玉を食う=だめだよ,大きな目玉焼き食べちゃ,出目金になっちゃうよ。 あ目玉は問題ないです。
腕が立つ=日本語の難しいところ。立つ手がないといいながら,腕が立つ格闘家がいるとの事。 どうやって腕を立てて手を立てないようにするんだろう? 裏技かそれとも極秘技か。
顔を立てる=最近の若い人たちは,結婚式は屏風を立てる所じゃなく,親の顔を立てるとか。
人を食った言い方=人肉は食べてはいけません,すぐ話し方でわかってしまいます。
お手上げ=幼稚園ころ,よくやった。便所に行きたく行きたくてしょうがなくなったとき,諦めるしかないといって,話を短くして,とにかく手を上げて,「おトイレ!」
腕の見せどころ=ベトナム戦争のころ,アメリカ兵がガールフレンドの名前を刺青にするのがはやった。帰ってきてもガールフレンドが他の男を惚れていなかったことを言う。
顔に泥を塗る=エステでよくやるね。どうりで、これをやると怒る人が多いわけだ,ぜんぜん変わっていないもんね。
目星=これって,あの小さい魚を干したやつ,味噌汁なんかに入れるやつ。それとも,梅干を早口に言った時かな。
顔をつぶす=年取るとつぶしが効かないから雇いたくないって言うね。 これって、言われる前に,もう顔はつぶれているんだ。
顔が売れる=顔が売れると顔が広くなり,精神的にも顔がでかくなるんだって。売った顔はただの写真ってことかな。
顔から火が出る=最近のコンピューターゲームはすごいね。映画もそうだ。CGの技術が発達して口からだけじゃなく,目からだけじゃなく,もう,顔全体から火が出る時代になった。
顔色をうかがう=英語では,"What color is your face?" 歌舞伎を始めて見た外人さんがよく使うJapanese Conversationの定番文句。

確かに日本語ではこのように慣用句的に使われる表現は多いと思います。 実は英語でもないことは無いですが一般的に使いすぎていて日本では熟語として覚えてしまっていて直訳はしないので結構違和感を感じる事がないのでしょうね。

上と同じようなコメントをつけるとしたら、
show me your hands 持っているトランプなんか見せるなよ、俺が見たいのは「君の柔らかいその手」なのに。
give me your hand 手だけ置いていってくれれば大いに助かる。 give meといったけど必ず返すから。
keep your mouth shut、いつまで鼻だけで呼吸しろというんだよ。 今花粉症で大変なんだよな、分かってくれよ。
He's got a big mouth、大きな口の癖に結構口は軽いんだよな。
Hard nosed cop? うるさい警察官はあのかっこいいサングラスをいつもつけているから鼻が硬くなるんだ。
Heart warming story 日本にはその為にお絞りって言うのがあるんだよ。 それでまず心臓を暖めておいて分からないようにお絞りで涙を拭いて見せないようにするわけだ。 ティッシュと違い初めから濡れているから分からない分からない。 男泣きはするなよ、声に出ちゃうからな。

お遊び気分のGの「胸」の身体表現の「知ったかぶり解説」で終わりとしますね。

>胸を撫で下ろす、セクハラになりますので日本ではしないこと。

>胸を張る、「すみません、そこは壁紙を張るところなんです。」と胸を張れないのに胸を張ってアドバイスをする人が日本にはいます。

>胸を膨らます、 最近多いですね。 私が来た時にはアメリカでは昔ティッシュをブラの中に入れていました。 恋人が逢いに来るからといってこういうことをするのは時代が変わっても同じようですね。

胸を撫で下ろすと胸が潰れてしまうようなので、胸に納めて胸が一杯になる様に、胸を膨らましたいのですが、胸を張りすぎてしまったようで、胸が躍ったり胸が騒いだりして、胸に響いて仕方ありません。胸をかきむしられたり胸が裂ける、いいえもっと胸が張り裂けるようで、胸を突かれたら胸に刻まれたような跡が残り傷跡が胸を焦がしたようになってしまうので、胸に迫るようなことは決してしないでください。 

という事で日本語と英語の「知ったかぶり」を基本に身体表現の解読をしてみました。

Gのあまり出さない一面を今日は書いてみました。

ではまた。

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>* heartで100もでました。

一ページに100しか乗せられないので100しかないように見えたのかもしれませんが、今見てみたら、600以上ありました。

>結果をよくみると、 heart(または胸)自体の身体感覚に基づく表現は少ないような印象を持ちます。

つまり、感情に繋がる表現、と言うことですね。 ちょっと見てみますね。 動詞と一緒に使われる、と言う事かな。

broken heart、a hole in my heart、a stake to the heart, break one's heart, change...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Qイギリス英語を聞き続けたらアメリカ英語を少し聞き取りやすくなる?(かな)

日常英会話であれば普通くらいに会話出来るものです。でももっともっとリスニングの力をアップさせたいと思っています。以前フランス語を勉強(紙面での勉強の他にフランス語の映画をたくさん見たりもしました。)をしたら、自分では思いもしなかったのですが、英語がとても聞き取りやすくなっていました。私はアメリカンイングリッシュを話していますが、ブリティッシュイングリッシュを聞くとより周波数の幅広さを実感し、また今の時点ではとても聞き取りにくいです。でもこんな風にCDのイギリス英語の教材(本についていました)を聞き続けることで周波数が広がって、アメリカンイングリッシュが聞き易くなるかなぁとちょっと期待しながら聞いています。このような方法を試された方はいらっしゃいますか?理論的に効果はある・・・でしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理論的ではありませんけど、私の経験から・・・

私は逆にイギリス英語から入りましたので、初めてアメリカ英語を聞いた時ちんぷんかんぷんでした。でも、いろんなアクセントや訛りを持つ人と話すうちに、その特徴をつかむのが少しずつ速くなって来たように思います。一度その人の特徴を掴むと、耳が勝手に私の標準英語に変換してくれているようです。
そういった意味で、もうアメリカ英語には慣れていらっしゃるshooting-fishさんの方法はとても有効的だと思います。アメリカにも地方によっていろんな訛りがあるそうですものね。
日本ではやはりアメリカ英語を耳にすることが一番多いように感じますが、実際世界では、いろんな国の人たちがそれぞれのお国なまりで英語をしゃべっているわけですから、この英語しか聞き取れない、というのではちょっといやですよね。
私が勉強したテキストでは、イギリス国内のアクセントだけでなく、時に、インド語訛り、中国語訛り、パキスタン語訛りなどの英語も聞かせられました。(日本語訛りもありましたが、これは中国語訛りと一緒にされていて苦笑!でしたけど)
この英語は聞きやすい、聞きにくいというのはいつまでもあるとは思います。また、私は自分の日本語訛り結構だけれど、愛着のあるイギリス英語の響きを大切にしたいので、常に聴くようにしているのはイギリス英語です。

理論的ではありませんけど、私の経験から・・・

私は逆にイギリス英語から入りましたので、初めてアメリカ英語を聞いた時ちんぷんかんぷんでした。でも、いろんなアクセントや訛りを持つ人と話すうちに、その特徴をつかむのが少しずつ速くなって来たように思います。一度その人の特徴を掴むと、耳が勝手に私の標準英語に変換してくれているようです。
そういった意味で、もうアメリカ英語には慣れていらっしゃるshooting-fishさんの方法はとても有効的だと思います。アメリカにも地方によっていろんな訛りがあ...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q英語を母国語とする方は、くせの強い英語を聞き取ることが出来るのでしょうか?

いつもありがとうございます。
ところで質問なのですが、
例えば英語を母国語とする方は、他国の方が話すくせがあると思われる英語であっても言っている事を理解することが出来るでしょうか?

というのも、お友達に英語を教えることになったのですが、私はそんなに正確に発音できなくても、ある程度の発音であれば通じる・・・と思っているので、「完璧じゃなくても大丈夫」と伝えようと思ったのですが、でも実際はどうだろうとちょっと心配になりました。

教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私のヨーロッパ駐在の経験から言えば「出来る」です。
世界の共通言は英語でも米語でもなく、ブロークンイングリッシュだと言われています。伝えようとする姿勢が大切です。
ちなみに私が最も聞き聞き取りにくかった英語は、イギリス現地法人の守衛さんの英語でした。いわゆるロンドン下町言葉(コックニ-ル)かと思われます。また、私より英語が上手なヨーロッパ人がアメリカ人の「can't」「can」の聞き取り区別が出来ないことがありました。
アメリカ人とイギリス人は互いに変な英語を話すと思っているようです。
ということで、英語の世界は「完璧ではなくても大丈夫」です。試験ではなく、人と人のコミュニケーションですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報