Tkazu12です。
英語の学習にディクテーションを取り入れています。
今は、市販のCDつきの教材を使って、学習しています。
しかし、教材に付属しているCDは、あまり、発音がよくないのです。
なるべく、コスト0で学習するにはインターネット上のテキスト
しかないと思うのですがフリーでテキストを印刷できて、
リスニングCDのデータ無料で取れるサイトがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先ほどのyosizu2009です。



私のパソコンでは音声のところを普通にクリックすれば、そのまま問題なく聞くことができました。
しかし、私が他にこのサイト薦めた方がいて、その方によれば、最初は音声が上手くダウンロードできなかったそうです。
今はちゃんと聞くことができるそうですが、パソコンにインストールされているソフトの問題だったそうです。
音声用のフリーソフトで、インターネットにて入手できるそうです。
また、このソフトがインスールされていても、設定上の不具合から問題が生じる場合もあるそうです。
フリーソフトのインストラクションをインターネットでご覧になるのがよろしいのではないでしょうか。
私は技術的なところはあまり詳しくありませんので、悪しからず。

少しでも参考になればよいのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのまま、「右クリック→対象をファイルに保存」で保存する
ことができました。すいませんでした。
ご回答2回もありがとうございました。
これからもよろしくおねがいします。

お礼日時:2009/05/22 13:45

はじめまして。



リスニングプラザをお薦めします。
http://www.listening-plaza.com/
無料でディクテーション用のシートも付いています。
音声は標準的なアメリカ英語とイギリス英語、しかも男性と女性という具合に、標準性とバリエーションが考慮されています。
レベルも初級、中級、上級に分かれています。

お望みにぴったりだと思いますよ。

この回答への補足

さっそくしてみたのですが、テキストのほうは問題なく
とれたのですが、音声が取れないのです・・・。
どうすればいいですか?

補足日時:2009/05/21 13:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【英語の発音とリスニングについて質問です】 英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない人(器質性構音障害)や幼少期に身に付けた誤った発音が治らない人(機能性構音障害)等のことです。

なので、発音できなくても正確に聞き取ることが可能だということが証明されています。

もし「発音できない音は聞き取ることができない」が本当であれば、先天的な器質性構音障害を持った日本人の方が日本語を正確に聞き取っているという事実が説明できません。

「発音できない音は聞き取ることができない」のではなく「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」というのが正しいと感じています。
これだと構音障害を持っている方々の状態にも当てはまりますよね。

なので、「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々には「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」と考え方を改めてほしいと思っています。

発音の仕方さえ分かれば聞き取ることが可能だと思っています。
リスニングができないという人は、発音が正しくできなくても発音の仕方さえ知っていれば、勉強(静聴など)を続ければいずれ正確に聞き取ることができるのではないかと思っています。

(もしかしたら発音の仕方すら知らなくても正確に聞き取ることが可能なのではないかとも思っていますがこれは特に根拠はありません。
大した根拠はありませんが、先天的な器質性構音障害を持っている方々に聞いたところ、過去に日本語の発音の仕方を学んだという人が僕の周りには一人もいないからです。)

ただ、この僕の考え方も間違っているかもしれません。

前置きが長くなりましたが
英語を習得するにあたり「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々に聞きたいのですが
上記の僕の考えを見ていただいた上で、それでも「発音できない音は聞き取ることができない」と言い切れる人はその理由を教えていただきたいです。
僕の考えが間違っているのなら、やはり僕も考え方を改めたいので。

宜しくお願いします。

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。
2.自分の発音で聞き取る練習ができない。
3.ますます聞き取れない。
という悪循環に陥ります。

これをやや大げさに言うと、「発音できない音は聞き取ることができない」ということになるのです。

たとえ障害があったとしても、やはり幼児から聞いている母語は違いますよ。
ちなみに、聴覚障害の場合は、やはり正しく発音するのは不可能とは言わないが、非常に難しいと言わざるを得ない。
聞き取れないので、正しい発音ができないわけです。


> 「英語習得に才能は関係ない」

これはまあ、障害がないのが前提ですね。
「コツさえつかめば、速く走れるよ」というのは、真実だとは思いますが、まさか乙武さんにそうは言わないでしょう。

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。...続きを読む

Q易しいリスニング教材

この6ヶ月ほど、英語力を上げようとがんばっているものです。
リスニングを鍛えようと、色々な教材に取り組んでいますが、その割にはレベルの高くない日常会話でも、ネイティブのスピードになると聞き取れないのが悩みです。
アルクの「究極の英語リスニング」を3冊全部やり終え、Engrish JournalとCNN Engrish Express を今は聞いています。
これはこれで勉強になって面白いのですが、私にはもっと平易な文章の、たとえば子供とお母さんのやり取りのような日常会話をもっとたくさん聞く必要があるのではないかと思い始めました。

今のところ市販されている教材ではそのようなものにめぐり合っていませんが、お勧めの本や方法などがありましたら教えていただけないでしょうか?
「英語漬け」は持っていて、好きで取り組んでいますが、あれは脈絡のない文章が次々に出てくるので、もう少し自然な流れというのに触れたいです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

簡単すぎるかもしれませんが、『家出のドリッピー』。
同じ会社で他の教材(コース)もありますが、『家出のドリッピー』がカワイイのでオススメです。

月いくらなので安くありませんが、インターネットオークションを探せば、安く入手できます。

参考URL:http://www.ea-go.com/html/drippy.html

Qリスニング力つけるためには、どちらの教材がよいでしょうか?

最近、英語の勉強をはじめました。
リスニング力をつけたいと思っているので、色々調べたところアルク出版の「ENGLISH JOURNAL」か、研究社出版の「時事英語研究 CURRENT ENGLISH」のどちらかの購読を考えています。
ただ、どちらも書店で探してもなく(ENGLISH JOURNALは、アルクの通販購読のみでしょうか?)、見比べようがないのでどちらが良いのかわかりません。

そこで、これまでにどちから一方の教材でもお使いなった方、お使いになって良かった点や悪かった点、その他感想を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 数年前なので情報がやや古いかもしれませんが、どちらも講読したことがあります。
 リスニングの勉強ということなので、テープの内容に絞ると、イングリッシュジャーナル(EJ)は、いろんな分野の人たちとの幾つかのインタビューと、ありそうな会話の擬似的なやり取りとから成り立っていたと思います。後者はちょっとわざとらしいので私はあまり好きではありませんが、インタビューのほうは、いろんな人のいろんな英語(たとえばニューヨークに長く住んでいる日本人アーティストへのインタビューもあったりします)が聞けるのが魅力です。
 時事英語研究は、「時事」というだけに、テープの中にその月の国内外のニュースをコンパクトに紹介したものがあったり、外国の新聞記者同士の会話があったりします。つまり今問題になっている世界のニュースについての英語を手っ取り早く学べるわけで、外国人相手に中身の濃い会話をしたいと思えばとても役に立ちます。逆にいうと、既にけっこう英語力がないと難しいでしょうが、それはEJも同じですね。
 「時事英語研究」のよさは、その多様性にあると思います。ニュースを扱うほか、話題の映画の一部をサントラで聞けるのも魅力です。またインタビューも入っていますが、これはEJのインタビューがどちらかというと一般人なのに対し、有名人対象なので、そういう意味でも興味が湧きます。EJにあるような(わざとらしい)会話のサンプルもあります。
 当然ですが、どちらの雑誌もテープの内容のトランスクリプションが雑誌のほうに付いています。
 最終的にはご本人の好みや相性によって決まることでしょうが、個人的には時事英語のほうがいいと思っています。なお、大きな書店なら、発売時期にもよるでしょうが店頭にもあるでしょうし、簡単に取り寄せできるはずです。

 数年前なので情報がやや古いかもしれませんが、どちらも講読したことがあります。
 リスニングの勉強ということなので、テープの内容に絞ると、イングリッシュジャーナル(EJ)は、いろんな分野の人たちとの幾つかのインタビューと、ありそうな会話の擬似的なやり取りとから成り立っていたと思います。後者はちょっとわざとらしいので私はあまり好きではありませんが、インタビューのほうは、いろんな人のいろんな英語(たとえばニューヨークに長く住んでいる日本人アーティストへのインタビューもあったりしま...続きを読む

Q英語リスニング教材の音声変化の法則の生かし方

英語リスニングの本にはよく「語尾の子音と文頭の母音が繋がる
(take it easy)」のように聞き取りのときに変化してしまう法則が多々かいてあります(英語耳には5つの法則がありました)

確かに理屈では「ふむふむ」とうなずけると思います。
現に、take it easyも法則どおりに考えれば納得できると思います。
しかし、実際に未出の英語を聞いてる最中はこんな法則を考えて「ていきてぃいいーじーだから、take it easyだな」という風にかんがえることは不可能だと思います(少なくとも私には無理です)

これは法則を理解した後何を学習者はすればいいというメッセージなのでしょうか?

英語を聞いても解からなかった→文章があれば文章を見る→法則をしってるので聞き取れなかったところが省略されていることに気がつける
→法則を知っているので正しく音声変化できる→省略されたところを何度も口なりなんなりで練習する→聴けるか確認する。

といった風に、練習しろということなんでしょうか。

リスニングアレルギーが抜けず困ってます。
誰かお手数ですがお教えください。

英語リスニングの本にはよく「語尾の子音と文頭の母音が繋がる
(take it easy)」のように聞き取りのときに変化してしまう法則が多々かいてあります(英語耳には5つの法則がありました)

確かに理屈では「ふむふむ」とうなずけると思います。
現に、take it easyも法則どおりに考えれば納得できると思います。
しかし、実際に未出の英語を聞いてる最中はこんな法則を考えて「ていきてぃいいーじーだから、take it easyだな」という風にかんがえることは不可能だと思います(少なくとも私には無理です)

...続きを読む

Aベストアンサー

法則は文法も含めて、言語を分析したレポートみたいなもので、そのレポートを読んだからといって、分析の対象になったものを再現できるわけでもそれを保証しているわけでもありません。

英語を聞いても解からなかった→文章があれば文章を見る→×法則をしってるので聞き取れなかったところが省略されていることに気がつける
→×法則を知っているので正しく音声変化できる→◎省略されたところを何度も口なりなんなりで練習する→聴けるか確認する。

上記の×のところは違います。もしそうなら、法則を知っている人のほとんどは悩まないはずです。これは文法もそのはずです。しかし、リスニング、および会話においてこうなりたいという願望をもっている人たちは、その大半が悩みをもちづづけつつ、しかしアプローチを変えない、変えられない人がほとんどです。法則/文法だけにこだわっている場合は、10年立っても聞けない/話せないでしょう。

しかし、口と耳という「器官」を使い、何度も練習を繰り替えすのはとても有効です。
さらに目で会話相手やスピーカーが見えるところで(ネイティブでも英語を話す日本人相手でも)練習をやる(練習につきあってもらう)とさらに効果があります。
マンツーマン教室へ行っても、自分がその時間の大半を話させてもらはないかぎり、お金と時間だけが消えていきます。

いろんなやり方があっていいとおもいますが、ある長い期間試してみて求める結果が出ていないなら、方法論やアプローチの仕方が間違っていることの自明になります。(文法や法則理解を求めているならそれが結果になってあらわれてしまうということでもあります)
ではどのくらいの期間あるメソッドを試すのか?は、これは人によって学習の進み具合が異なるので、自分で試しながらみつけるしかありません。

法則は文法も含めて、言語を分析したレポートみたいなもので、そのレポートを読んだからといって、分析の対象になったものを再現できるわけでもそれを保証しているわけでもありません。

英語を聞いても解からなかった→文章があれば文章を見る→×法則をしってるので聞き取れなかったところが省略されていることに気がつける
→×法則を知っているので正しく音声変化できる→◎省略されたところを何度も口なりなんなりで練習する→聴けるか確認する。

上記の×のところは違います。もしそうなら、法則を知っている人...続きを読む

Q英語のリスニングのいい教材はありませんでしょうか?

英語のリスニングのいい教材はありませんでしょうか?

久しぶりに英語を勉強しようと思っているのですが、なにかよい
リスニングのテキストはありませんでしょうか。
はっきりいって英語の実力はかなり低いのですが
昔、少し勉強してたときに結構いいなと思ったテキストは

NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション (岩村 圭南)

でした。
これと似た感じでためになるテキストがあったらぜひ教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

CNNやBBCの英語ニュースは一応、模範的な英語ということになっていますが、時事関係にあまり興味がなければあまりお勧めしません。リスニングが苦手でしたら、案外 子供用の教材も馬鹿にできませんよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報