先ほど自己破産と離婚の件で質問した者です。
もう一つお聞きしたことがあったので、質問させていただきます。

実は債権者の中に貸金業者以外のところがあって、そこが「破産するなら今のうちに支払督促をやって、給料を差し押さえてやる!」と以前通告してきました。
いずれ破産・免責になるのだから大丈夫と考えていたのですが、手続きを進めるうちに色々と不安が大きくなってきました。
本当に大丈夫なのでしょうか?
わずかな給料が差し押さえられてしまうと大変なので。

教えてください、よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

> 自己破産をするため準備中です。


まだ申し立てをしていない状態ですから、
> いずれ破産・免責になるのだから大丈夫と考えていたのですが
これは甘いです。
債務名義を取られたら、免責決定がでる日までの期間は給料が差し押さえられる可能性があります。

とりあえず、異議申し立てをして通常裁判に移行して時間を稼ぎ、その間に少額管財用の費用を貯めて弁護士に依頼し、裁判所の開始決定を貰わないと。

異議申し立てをせずに、又は裁判になっても裁判所の破産手続き開始決定前に債務名義を取られたら、給料を差し押さえられると思います。

この回答への補足

ありがとうございました。
恐縮ですが、後学のために教えていただけるでしょうか?

『免責決定がでる日までの期間は給料が差し押さえられる可能性』とありますが、
●免責決定がでたあとは、差し押さえが解除になるのでしょうか?
●免責決定前の取られてしまった給料は、免責決定後に返してもらえるのでしょうか?

宜しくお願いします。

補足日時:2009/05/22 09:16
    • good
    • 0

素人でない=貸金業者



貸金業21取立て行為の規制
    • good
    • 0

> ●免責決定がでたあとは、差し押さえが解除になるのでしょうか?


解除させる事が出来る。

> ●免責決定前の取られてしまった給料は、免責決定後に返してもらえるのでしょうか?
無理。
貸した者の正当な権利だから。
    • good
    • 0

#3 正しい回答

    • good
    • 0

素人が債権者の場合、破産手続き同時廃止まで、強制執行は禁止されない。


破産法249

この対抗策としては、支払督促に異議を申し立て、裁判に移行して、時間稼ぎをしている間に、免責を得てしまうこと。

この回答への補足

ありがとうございます!
恐縮ですが、もう一つ教えてください。
『素人が債権者の場合、』とありますが、ここで言う素人というのは、どういう方が当てはまるのでしょうか?
貸金業者以外=素人?
法人≠素人=個人?
と言いいますのは、いま私に通告してきているのは貸金業者ではありませんが、会社なのです。

補足日時:2009/05/22 09:04
    • good
    • 0

自己破産の手続きが進行中なら、その債権者はなにもできないはずです。

    • good
    • 0

こんにちは。



免責手続きをしている中にその業者さんがはいっているなら
無視して構わないと思います。
心配なようでしたら、手続きをお願いしている弁護士さんもしくは司法書士さんにそのような通告がきた旨相談したほうがいいでしょう。


参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護士先生は何とかしてくれましたが・・・。一度詳しく無視していいものかどうか聞いてみるとよいと思います。

もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
⇒基本無いと思います。弁護士次第です。
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
⇒細かく心配事を話しておく必要があります。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
⇒ま、私の場合会社の知るところで、会社の組合から弁護士相談に至りましたが・・・。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

まとめ
〇弁護士は法的公使を行う為、そのような提訴等は基本無いと思われます。その怪しい2社というのが全情報信用情報記録開示書に出てこないようなところですとありえると思いますが、弁護士はそんなやわな仕事ではないはずです。基本的に心配なことは弁護士に相談すべきです。ま、正直に心配なことをぶっちゃけてすっきりしないと人生のやり直しも出来ませんし。不安で仕事にならないと思います。私は債務整理で払い込み期間は過ぎ、妻は自己破産と行いましたが、自分を反省し見直すチャンスです。弁護士に細かく心配事をぶつけるべきです。弁護士もいろんな人がいますが、要点を絞って反省の誠意を持って話せば誠意を持って答えてくれると思います。国選弁護士、と民間弁護士ではちとお金のかかりかた対応が違うかもしれませんが。解決していくのはあなた自身です。

以上参考になったかわかりませんが。

 

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護...続きを読む

Q自己破産後に支払督促がきました。

私の両親は3年前に経営不振により支払が滞り、自己破産しました。
その時、父と母(母が連帯保証人)は自己破産の手続きをし、認められたのですが、
会社の方の自己破産にかかる費用(弁護士さんに250万と言われたそうです)が捻出出来なかったため、廃業届を出し、廃業しました。
両親は会社の土地、建物、自宅を売却したのち自己破産をしました。

そうしましたら今日、以前の債権者(信用金庫)ではなく、債権回収業者からの支払督促が
裁判所から届きました。金額は1800万円でした。

両親は少ない年金で生活しているので、到底支払う事ができません。

このような場合、異議申立てをしたとしても分割なりなんらかの方法で支払うことになるのでしょうか?
また、個人で自己破産していても、会社は【廃業】のままなので別物と考えた方がよいのでしょうか?

3年たった今、突然手紙が来て母はとても不安がっています。

できるだけ不安を取り除いてあげたいのですし、
ご存知の方がみえましたら教えて頂けますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社は法人ですよね。それなら会社の借入は会社自身に返済義務があるので、御両親に返済義務はありません。
 但し、よくあるのが会社名義で借り入れをする場合に、会社の代表者を保証人にしてしまっている場合が非常に多いです。もし、ご両親が会社の借入の保証人になっている場合は、ご両親にも返済義務があることになります。
 この点、自己破産しているから大丈夫と思っている方が多いですが、もし保証人として債務を負っていることを失念して、自己破産手続きで債権者(信用金庫ないし債権回収業者)を裁判所に届出ていなかった場合には、原則免責されないことになります。
至急債権者として漏れなく裁判所に届出をしてしてくれていたのかを、手続きをされた弁護士に確認されることをお勧めします。万一、保証債務を届け出ることを忘れてしまっていたなんてことになっていたら多大な損害を被ることになり、再度の自己破産も前回の破産から7年を経過していないため極めて困難になると思います。

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q破産免責後に債権者から異議申し立てされることはあるのでしょうか?

破産免責後に債権者から異議申し立てされることはあるのでしょうか?

破産免責後に債権者から異議申し立てされることはあるのでしょうか?
もし債権者が異議を申し立てを出来るのであれば、異議申し立ては破産免責後からいつまで出来るのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

破産法は改正されました。旧法にあった異議申立は現行法にはありません。
現行の破産法において、債権者ができる不服申立は次の通りです。
1.債権者は、免責申立について裁判所が定める(官報に公告された日から)1か月以上の期間(この期間は裁判所が債権者に通知します)内に(財産隠匿があるなどの)意見を述べることができます(意見陳述期間、破産法251条)。
2.免責許可があったときは債権者は、公告の日から2週間以内に即時抗告ができます(252条5項、9条)。
3.債権者は、破産者が財産隠匿などで有罪判決を受けた場合や破産者に不正な行為があった場合は、免責取消しの申立ができます(免責許可決定後1年内、254条)。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2hamensk.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報