カナダ人の友人にウクライナの作曲家について説明しようと思うのですが、
ウクライナの発音が分かりません。
自分で調べたところ、(カタカナで発音を表記するのはあまりよくないと思いますが・・・)「ユクライン」といった発音でした。
「ウクライナ」だと伝わらないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

発音については、他の方の回答のとおり、カタカナ表記では、「ユークレイン」がより原語の発音に近いでしょう。

ところで、ビートルズはご存知ですね?彼らの曲"Back in the U.S.S.R."の歌詞に

"Ukraine girls really knock me out~"

という一節があります。やはり、「ユゥクレェイン~」と聞こえます。ご質問者様が洋楽に関心がおありで、英語圏の国の人と音楽の話題で会話されるのであれば、一興ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、説明するのはカプースチンというクラシックの作曲家なんです・・・。
残念ながらpopは余り聴かなくて・・・^^;
でもビートルズは当然知ってます!!
いい曲を作る方たちでしたねぇ・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 00:40

サッカーの国際試合では今まで日本はウクライナとも何度かやりましたが


その時のナレーター(カビラ)の英語では
「ジャパンーウクレイン」でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり「ウクレイン」に近い発音でいいんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 21:27

う~ん, 「ユークレイン」「ユークレイニアン」ともに「レイ」を強調して読めばそんなに難しくない気がするけど.... 「crane」の前後にちょっとつくだけだよね.


余談で #1 の「ちなみ」のところ:
ether をドイツ語で読むと「エーテル」, 英語で読むと「イーサ」.
Ethernet (イーサネット) の「イーサ」です. ちなみに初期のころは「エーテルネット」としたこともあったらしい.
もともと Ethernet は「エーテル (相対性理論以前に光の媒体として宇宙にあまねく存在すると仮定されたもの, 化学のエーテルとは別) のように全世界にいきわたる」という意味を込めた命名なので「エーテルネット」でもいいんだけどね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分も相対性理論を読んだことあるので知っています!
しかし発音のことは知りませんでした。
面白いですねぇ・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 21:26

ロシア語の R(アルファベット表記) の発音は巻き舌の音だったと思います。

なお、ウクライナの公用語は「ウクライナ語」だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、書き込み不足だったでしょうか?
ウクライナ語の発音ではなく「ウクライナ」を英語でどう発音するのかをお聞きしたのですが・・・。
分かりづらくてすいません。

お礼日時:2009/05/21 14:00

Ukraine [ju(:)'krein ユークレイン 'you-crain'] [ei] にアクセントを置きます。


形容詞は Ukrainian [ju(:)'kreinian ユークレイニアン] 同じく [ei] にアクセント。
ロシア語では Украина [ukra'i:na ウクライーナ] 「イー」アクセントを置きます。「ウクライナ」は完全に日本語発音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、自分発音記号が分からないもので・・・【汗】

>形容詞は Ukrainian [ju(:)'kreinian ユークレイニアン] 同じく [ei] にアクセント。

言いにくいですね。舌が回りません^^;

>「ウクライナ」は完全に日本語発音です。

やはりそうだったんですね!勉強になりました。

お礼日時:2009/05/21 13:58

http://www.merriam-webster.com/dictionary/ukraine

ukraine と書いて上記のように ユクレイン と発音します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLつけていただいてありがとうございます。

お礼日時:2009/05/21 13:56

もっと正確に言うと「ユークレイン」ですね。


英語の読みで伝えるのが無難でしょう。

ちなみに高校の時に化学の先生から聞いた話ですが、日本からアメリカに留学した理系の学生は、「エーテル(ether)」がカタカナ読みで伝わらず苦労するようです(英語の読みは「イーサー」)。もっとも、アメリカの教官はそうした事を知っていおり、わざと知らないふりをして面白がっているようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もっと正確に言うと「ユークレイン」ですね。

確かにそちらのほうが近いですね!
ご指摘ありがとうございます。

>「エーテル(ether)」がカタカナ読みで伝わらず苦労するようです(英語の読みは「イーサー」)。

カタカナ読みではエーテルとも読めるのにイーサーと発音ですか・・・。
ややこしいですね^^;

お礼日時:2009/05/21 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語発音のカタカナ表記法(小学生向け)で、現在主流のもの

英語発音のカタカナ表記法(小学生向け)で、現在主流のもの

突然、小学生(主に3・4年生)向けの英語の本作りに関わることになりました(普段は、英語・学校教育とも無関係です)。

発音を表すカタカナ(場合によっては“ひらがな”混在)ルビを付けたいのですが、何を基準に付けるか、検討中です。
ちなみに、出てくる単語はI、have、mapといったごく易しい単語で、数も多くはありません。

書店でいくつか見比べたところ、入門用の英和辞典にはカナ発音が併記されているモノも多く、巻頭に「この辞書での発音の表記について」といった形で数ページにわたって説明されているようでした。
また、単語が載っているだけの幼児向け絵本に「発音は○○辞書での表記を基準にしています」といった注意書きだけが書かれているモノもありました。

カナによる発音表記法に公的に定められたモノはなく、各出版社が独自の表記法を定めて使っているのだと思いますが、現在、
「初心者向け(特に小学生向け)の英語教材等で主流のカタカナ表記法」
といったモノがありましたら、教えてください。

「そもそもカタカナで発音を教えるべきではない!」という意見があることは承知しております。
小学生が英語を学ぶ時、カタカナの読み方をつけない方がいいの?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3332238.html

今回の本では発音について詳しく説明する予定はありません(他で学習してもらう、ということで…)。ですが、発音を一切書かないワケにもいかないので、妥協としてカナを付ける必要があるかな、と考えています。
この質問では、是非は別として「現状してメジャーな表記法があるか、あるとしたらどのようなモノか」を主に知りたいと思っています。

…もっとも、いくつか立ち読みした印象では
「各出版社に共通してなんとなく『こういう感じ』というモノはあるけれど、『ドコの会社のモノが一番!』というほどのモノはない」
ような気がしているのですが…。
詳しい方からの「ない!」というご回答も歓迎します。諦めがつきますので(笑)。

また「メジャーかはともかく、この表記法が個人的にオススメ」というモノがありましたら、併せて教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

なお、↓の質問は見ました。

発音が日本語で書いてある辞書
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5363263.html

英語発音のカタカナ表記法(小学生向け)で、現在主流のもの

突然、小学生(主に3・4年生)向けの英語の本作りに関わることになりました(普段は、英語・学校教育とも無関係です)。

発音を表すカタカナ(場合によっては“ひらがな”混在)ルビを付けたいのですが、何を基準に付けるか、検討中です。
ちなみに、出てくる単語はI、have、mapといったごく易しい単語で、数も多くはありません。

書店でいくつか見比べたところ、入門用の英和辞典にはカナ発音が併記されているモノも多く、巻頭に「この辞書での発音の...続きを読む

Aベストアンサー

発音のカタカナ表記に「詳しい方」ではありませんが、「ない!」というのが私の回答です。以前はほとんどの辞書が国際音声記号を使っていましたが、最近はフォネティクスの理論等を反映して新しい表記法を採用した辞書も出てきました(研究社 ライトハウス英和辞典等)。それでも以前から中学生などの初学者向きの辞書にはカタカナ表記も併用されていました。先生の中にはカタカナはダメとおっしゃる方も大勢居られましたが、いわゆる「発音記号」を正確に発音できるかどうかは別問題です。発音記号をカタカナ読みしていたら正確な発音とはいえませんから。もちろん発音記号の方がカタカナよりも日本語にない特有の音を表記するのに向いていることは確かです。今は電子メディアの普及に伴って、教科書の新出単語にも発音記号が付けられていない場合があります。NHKの基礎英語のシリーズなどでも発音記号が付けられていないことが多くなりました。学習者は自分の耳から聞こえた音を頼りに発音を覚えることを大切にしているからでしょう。しかし中学で発音記号をあまりうるさく言わなくなった為に、高校生になって辞書を引いても発音が判らない生徒が出てきたのか、学研から高校生向きの辞書にカタカナの発音表記のついた辞書が出ているのを以前本屋さんで見かけました。皮肉な話です。だからこれから作られる「英語の本」には適当にカタカナのルビを付けてあげて下さい。もし音声教材としてCD等をお使いになる予定があるのでしたら、生徒自身がルビを付ける練習問題などを載せてみるのも面白いかもしれません。以前NHKの「ラジオ英語会話」の講師をされていた早稲田大学の東後勝明先生が中学生時代にご自身が使われていた古い「英語会話」のテキストにfriendshipの発音に「フレンシェ」とご自身でルビを打ってあるのが見つかったそうです。また発音はきれいに越したことはありませんが、アメリカは移民による多民族国家ですから、キッシンジャー博士等はポーランドなまりがありthatの発音がdatの様になっているそうです。この手の発音は物理学者にアメリカではドイツ系の人が多く皆さん優秀なので、非ドイツ系の物理学者もthis, that を dis, dat の様に発音される方が多いとも聞きました。また以前の宗主国イギリスのQueen's English(or King's English)に憧れがあるのか、アメリカ人女性はイギリス英語を話す俳優の方が好きだと言う人が多いらしいです。またそのイギリス英語ですが、王室を頂点とする階級社会の面が結構残っていて、出身地や学んだ学校によって発音が違うそうです。例えばイートン、ハローといった全寮制のパブリックスクール(私立)からオックスフォード、ケンブリッジといったエリートコースでどの学校に行ったかも発音から推測できると聞きます。少し古い映画ですが『マイ・フェア・レディ』等はコックニーと呼ばれる下町英語等のよい勉強になります。もう一度カタカナ表記に戻りますが、little の最初の l (clear l) は「リ」、後の l (dark l) は「ウ」の様に違って聞こえます。「リトル」ではなく「レロ」のように聞こえます。old の l (dark l) も「オールド」よりも「オゥウド」の様に聞こえるのではないですか。また better の t は「ベター」ではなく「べラー」、water も「ウオーター」ではなく「ワラ」の様に聞こえる時があります。江戸末期に漂流してアメリカに渡ったジョン万次郎が、What time is it now? に「ほったいもいじるな?」のルビを付けたのは有名です。だから質問者様も生徒さん向けに一応ルビを打ってあげて、いくつか授業中に生徒自身にルビを打たせてあげて下さい。みんなで「ああでもない、こうでもない」と言ってルビを打てば授業も盛り上がるのではないですか。長くなりましたが以上です。「本づくり」の成功をお祈りします。

発音のカタカナ表記に「詳しい方」ではありませんが、「ない!」というのが私の回答です。以前はほとんどの辞書が国際音声記号を使っていましたが、最近はフォネティクスの理論等を反映して新しい表記法を採用した辞書も出てきました(研究社 ライトハウス英和辞典等)。それでも以前から中学生などの初学者向きの辞書にはカタカナ表記も併用されていました。先生の中にはカタカナはダメとおっしゃる方も大勢居られましたが、いわゆる「発音記号」を正確に発音できるかどうかは別問題です。発音記号をカタカナ読...続きを読む

Qmanagerの発音とカタカナ表記について

managerという単語があります。
スポーツ団体において選手の管理をしたり、企業において調整役、スケジュール役をする人の事です。

この英単語、ネイティブな発音を聞くと
マネジャー(アクセントはマの位置)ですが、
日本語においては表記、発音とも
マネージャー(アクセントはネの位置)となります。

(ネイティブの発音に近い「マネジャー」と書かれているのは、大学の体育会系運動部の紹介文に多いように思われる。
 それ以外は「マネージャー」と書かれることが多いように思われる)


どっちが正しいのでしょうか?
またカタカナで「マネージャー」と書かれている場合に「マネジャー」と発音するのは間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

英語をカタカナに変換するのは権威ある機関・組織が行なっているわけではなく、英語の記事を輸入した人々が勝手にやっていることですから、どれが正しいとは云うものではありません。

『広辞苑』も『明解国語辞典』も「マネージャー」で、これが一般的でしょうが、私は原音に近い「マネジャー」と書きます。実は最も原音に近いのは「マニジャー」ですが、これでは人々に理解されないからです。

>カタカナで「マネージャー」と書かれている場合に「マネジャー」と発音するのは間違いなのでしょうか?
間違いではないと考えます。「バイオリン」と書かれている際に「ヴァイオリン」と発音するのと同じことです。

ただ、「バレーボール」を"volleyball"(ヴァリ・ボール or ヴォリ・ボール)と発音すると、理解されないか、キザだと思われるかも知れません:-)。

Qfishesの発音のカタカナ表記がわかりません

店舗名に「fishes」という言葉を入れることになったのですが、これをカタカナ表記するとどのような発音になるのかがわかりません。

フィッシュズやフィッシュィズ、フィッシーズで表記してる人もいますが、どれが一番近いか、教えていただけないでしょうか。

どうかお願いします!

Aベストアンサー

 たとえば,book の k の部分の発音は,カタカナでは「ク」としか言いようがありませんが,実際には,ka, ki, ku, ke, ko から,a, i, u, e, o という母音を取った音です。
 
 sh の音は,sha, shi, shu, she, sho(シャ,シ,シュ,シェ,ショ)から a, i, u, e, o を取った音です。日本語では「サ」「シ」「ス」「セ」「ソ」で「サ行」ですが,ローマ字で見ればわかるように,「シ」だけ違う音です。
 日本語では「フィッシュ」ですが,実際には,shu から u を取った音です。

 この sh の音に,複数の -es(イズ)をつけるわけですので,カタカナ的には,-shiz より「フィッシズ」というのが最も近いでしょう。

Qlとtの発音について質問です。 qualityという単語の発音ですが 無理矢理カタカナで表すと「クゥ

lとtの発音について質問です。











qualityという単語の発音ですが
無理矢理カタカナで表すと「クゥアラティ」と発音すると思っていました。

しかし、ネイティヴの方の発音を聞くと「クゥアリィ」という風に聞こえました。

lityの発音の仕方が分かりません。
口の動きがどうなって発音されているのか教えていただきたいんです。

Aベストアンサー

まず発音を聞いてみてくだい。

●外国の辞書サイトの発音(スピーカー・マークを押すと発音されます)

(1) メリアム・ウェブスター
https://www.merriam-webster.com/dictionary/quality

(2) オクスフォード
https://en.oxforddictionaries.com/definition/quality

(3) ケンブリッジ 
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/quality
UK(イギリス)、US(アメリカ)の発音が聞けます。


●Youtubeにある発音

(1) Quality - pronunciation in British English

https://www.youtube.com/watch?v=Hou5RJ0eJvQ

(2) How to Pronounce Quality in U.S. English
https://www.youtube.com/watch?v=kBUnaIiFnN0


質問者さんには、どのように聞えましたか? ところで、

》 口の動きがどうなって発音されているのか教えていただきたいんです。

発音(発声)に関係するのは「口の動き」だけではありません。お腹(おなか)を使っての息の吐きかたなども関係します。いろいろ調べてみてください。Youtubeにもあると思います。

まず発音を聞いてみてくだい。

●外国の辞書サイトの発音(スピーカー・マークを押すと発音されます)

(1) メリアム・ウェブスター
https://www.merriam-webster.com/dictionary/quality

(2) オクスフォード
https://en.oxforddictionaries.com/definition/quality

(3) ケンブリッジ 
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/quality
UK(イギリス)、US(アメリカ)の発音が聞けます。


●Youtubeにある発音

(1) Quality - pronunciation in British English

https://www.youtube.com/wat...続きを読む

Qカタカナ発音と実際の発音が一致しない単語

初めて質問させていただきます。

よく目にする英単語で、カタカナでの発音と実際の発音が大きく異なっていることが良くあると思うのですが、
(例えば、イメージが実際の発音だとimage(イミッジ))
他に事例はないでしょうか?

今のところ考えついているのは
radio(レイディオ), opera(オウプラ)
です。

できれば、実際の発音を初めて聞いた時に、カタカナ発音しか知らない人にはなんと言っているのか想像できない単語がいいです。

つたない文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なかなか思いつかなかったので、今朝の新聞を見ながら発音の怪しいカタカナ英語を拾ってみました。

ビール⇒ビア(beer)
マイケル⇒マイコゥ(Michael)
オーブン⇒アバン(oven)
キャリア⇒カリーア(career)
テーマ⇒スィーム(theme)
ボトル⇒バートゥ(bottle)
メートル⇒ミータァ(meter)
アイロン⇒アイアン(iron)
エネルギー⇒エーナジィ(energy)
プロフィール⇒プロゥファイル(profile)

こういうことですよね?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報