障害年金2級を受給している状態で、体調が良くなり3級程度のアルバイトをしたとします。確定申告はします。
この場合、毎年の状態確認で「労働していない」にすると社保庁は分かるものなのでしょうか。

要は税務署に聞き収入について問い合わせをするかという事です。

宜しくお願いします。


また、来年1月に社会保険庁が解体し新しくなりますが、審査などは厳しくなると予想されるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から言いますと、わかります。


社会保険庁は、住民基本台帳ネットワークを通じて、
生存確認や所得状況について、市区町村に問い合わせるからです。
(法で定められている「現況確認」<毎年>と言います。)

所得状況は、年末調整や確定申告の後、
税務署とともに、市区町村にも報告されます。
そうしなければ、所得税も市民税も算出できないからです。
そして、所得状況は、
障害年金の加算(子)や加給年金(配偶者)の可否に絡んできますし、
20歳前傷病による障害基礎年金の場合には所得制限がありますから、
毎年毎年、特に厳しく見ています。
(年金コード上2桁が「63」=20歳前傷病による障害基礎年金)

なお、社会保険庁が解体されて日本年金機構に移行する来年以降は、
上記のようなことも含めて、年金関係事務の総見直しが行なわれ、
受給に関するチェックも厳しくなる見込みです。

その他、精神の障害による障害年金であるなら、
たとえアルバイトであっても、
労働に著しい制限を加える必要がない程度にまで回復した、とされれば
障害年金の支給停止につながる可能性が大です。
不正受給(詐病)防止の観点(実際に北海道で事件が起こった)から、
こちらも、昨今はチェックが厳しくなってきています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/05/21 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報