現在、二つの母比率の差の検定について行っています。
その結果は、「有意性が出なかった(P>0.05)」
もし、消極的に少なくとも「差がない」と言いたい場合
どうしたらよろしいでしょうか。

カイ二乗検定とフィッシャーの正確確率検定を両方とも行ったが
有意性が出なかった。
その上に、「カイ二乗区間推定」を行ったらっというアドバイスを頂いたが、その意味はわかりません。

アドバイスをよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

 検定を使って「AとBには差がない」と言う、ということは絶対にできない。

(「消極的に少なくとも」なんて修飾語を付けてみたってだめ。)これはご承知なんでしょうかね。
 でも、いろんなc, dについて
○帰無仮説H1:「A>B+cである」を(ある有意水準pで)棄却すれば「A>B+cではない」と言える。
○帰無仮説H2:「A<B-dである」を(ある有意水準pで)棄却すれば「A<B-dではない」と言える。
 では有意水準pでぎりぎりH1が棄却できるc、H2が棄却できるdは幾らか。ってのが「区間推定」という考え方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって、申し訳ございません。
区間推定の考え方については了解いたしました。
検定の定義から勉強しなおします。
本当にありがとうございます!

お礼日時:2009/06/19 14:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報