ぼくはその試合に出たくないんだ。
きっと君のほかにも出たい人がたくさんいるだろう。
父は本を読まない日はないくらだ。
これを文節に区切ってみてください。
ねをつけても変じゃないとこ
が区切り目なんですが、自分は変なとこにねをつけて間違います。
例えば「なるようだ」
とあったら「なるね・ようだね」と思って間違います
どうしたらいいでしょうか?
あと助動詞で着せると着るのちがいがわかりません。
「妹にきれいな服を着せる。」はどこが助動詞ですか?
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「なるようだ」が一文節だと分かるのは、「『ようだ』が助動詞だから」です。


助動詞はそれ単独では文節になれないので、「なる」にひっつかせておかないとだめなんです。

では、どうやったら「ようだ」が助動詞だと分かるか?
それは「助動詞活用表を暗記していたから」です。
あれを声に出して暗誦して、覚えてしまうことが一番です。

>「妹にきれいな服を着せる。」はどこが助動詞ですか?
それも、助動詞活用表が暗記してあれば、すぐにわかります。
今は分からないかもしれないので、ひとまず活用表を見てみてください。
(「せる」がそうかと思って活用表を見ると、「せる」が接続できるのは五段動詞だけなので、「この『せる』は助動詞ではないんだな」と分かります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉーなるほど^^
わかりました。ありがとうございました

お礼日時:2009/05/22 22:27

 「1つの文節には自立語(単独で意味を持つ言葉…名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞・連体詞・感動詞・接続詞)は1つしかない。

」と考えたらどうでしょうか。つまり、一つの文節は、自立語だけ、または、自立語+付属語(自立語に付くことで意味を発揮する言葉…助動詞・助詞)(いくつあってもいい)に必ずなっていると考えるのです。
 ただし、たとえば「なるようだ」の場合、動詞「なる」(自立語)+助動詞「ようだ」(付属語)というように「ようだ」が付属語だとわからなくてはいけませんが。
 「でたくないのだ」で1文節ですが、動詞「で」+助動詞「たく」+助動詞「ない」+助詞「の」+助動詞「だ」で、最初の「で」だけが自立語です。
 ちなみに、「本を読まない」の「ない」は助動詞で付属語ですが、「本がない」の「ない」は形容詞で自立語です。
 「着せる」と「着る」の違いは、「着せる」がサ行下一段活用する他動詞で、「着る」はカ行上一段活用する自動詞なので、どちらも動詞で助動詞ではありません。したがって、「妹にきれいな服を着せる。」の中には助動詞はありません。「妹にきれいな服を着させる。」であれば、「させる」が助動詞になります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。^^
理解できました

お礼日時:2009/05/22 22:32

単純に「"ね"をつけても可な場所」という考え方は間違っています。


「そこが文節ならば"ね"が入っても不自然ではない」というだけで、
「"ね"を入れて不自然でない場所」は文節とは限りません。

まずは、「文節」という発想の原点に返って、分解して下さい。
「ね」を入れると言うのは、一種の「確かめ算」でしかなく、入った
からと言って「文節」だとは限りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単語の種類や意味をしっかり理解しないとだめなんですね
がんばってみます^^
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/22 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 接続助詞の「て」は、なぜ助動詞ではないのか。

 接続助詞の「て」は、なぜ助動詞ではないのか。


 昨日の午後、突風が吹い『て』、看板が倒れた。

というようなときの『て』は連用形接続の接続助詞ですよね。


 どうして、過去の助動詞「た」の活用形(連用形?)として扱わないのでしょうか。

Aベストアンサー

同様の質問が昨日あり、そのベストアンサーの回答の中の指摘にあるように、文法の不合理さには共感するところが大いにあります。
文法は後付けの理屈なので、結局どのように分類すればいちばん合理性が高いかになると思います。助動詞「た」の連用形にしても矛盾が出そうです。

今回、質問の「昨日の午後、突風が吹い『て』、看板が倒れた。」にある「て」の場合は、確かに前後関係のある接続用法なので助動詞「た」の過去、完了との用法とよく似た使い方です。
助動詞「た」の活用形「たろ、○、た、た、たら、○」には連用形がないので、他の形と比べ不自然な感じを乗り越え、助動詞「だ」の連用形「で」と同じように連用形に「て」をいれてもいいのかもしれません。

しかし「て」には多くの用法があって、たとえば、授与動詞、「てあげる」、「てもらう」、「てください」では完了の一つの用法とできなくもありませんが、過去や完了というのは少し苦しいところもあります。
さらに、「てくる、ている、てみる、ていい、てほしい」などの用法になると現在や未来の用法も多く、助動詞「た」の本来の用法とは乖離します。
雨が降ってくる
雨が降っている
できるか考えてみる
してもいい
してほしい

その点で「て」は助詞にせざるを得なかったのだろうと推測しています。助詞とすれば助詞の用法を増やすだけで矛盾をいかようにも逃げられます。

同様の質問が昨日あり、そのベストアンサーの回答の中の指摘にあるように、文法の不合理さには共感するところが大いにあります。
文法は後付けの理屈なので、結局どのように分類すればいちばん合理性が高いかになると思います。助動詞「た」の連用形にしても矛盾が出そうです。

今回、質問の「昨日の午後、突風が吹い『て』、看板が倒れた。」にある「て」の場合は、確かに前後関係のある接続用法なので助動詞「た」の過去、完了との用法とよく似た使い方です。
助動詞「た」の活用形「たろ、○、た、た、たら、○...続きを読む

Qお前だって変だよ どう理解していいか 「お前だ」って変だよ それとも、お前「だって」変だよ

お前だって変だよ
どう理解していいか
「お前だ」って変だよ それとも、お前「だって」変だよ

Aベストアンサー

お前も変だよ

Q助詞・助動詞

今度の学年末試験で助詞・助動詞が出るのですが、いまだに全然覚えられません。
何か効率のいい覚え方ありませんか??
助詞・助動詞はきっとこれからも出続けると思うので一時しのぎの覚え方でない覚え方を教えてください!!

Aベストアンサー

#1です。自分の勘違いを正当化するような言い方で恐縮ですが、中学校で習った口語文法はある程度マスターされていますか。そうでないと、文語文法を習得するのはきわめて困難です。文法は、国語の中では特異な分野で、数学や英語同様、基本(知識・理論)が身についていないと上達は望めません。

さて、文語の付属語ですが、ご存じのように、内容・範囲があまりに膨大なので、ここでちょっちょっと説明するわけにはいきません。
そこで、経験(国語の教材屋としての経験と、三十路過ぎてから古文を木服した経験)をもとにした勉強法を、いくつか紹介しましょう。
高校二年生(あるいは一年生)という前提で話を進めます。

●助動詞
助動詞のポイントは、
(1)「意味」
(2)「活用」
(3)「接続」
の三つです。

これをマスターするに際して、初学のうちは、「つ」は(1)「完了」、(2)タ下二型、(3)「活用語の連用形に接続」、というように、一語ずつ覚えていくのは大変です。
そうではなく、まず第一段階は、(1)の意味だけを覚えるとよいでしょう。
つまり、今日は「つ・ぬ・たり・り」の(1)~(3)を覚えよう、というのではなく、今日は主な助動詞(全部合わせてもせいぜい30語強です)の(1)意味を全部覚えよう、という線から初めて、それがほぼ頭に入ったら、(2)活用形に進むのです。この場合も、まず(3)接続は忘れて、しばらく(2)に専念します。そして(1)(2)がおぼろげでも頭に入ったら(3)に進みます。
そして(1)~(3)を一通り終えたら(この時点でいくつか忘れて、あるいは理解できない点があってもかまいません)、初めて、一語一語、(1)~(3)のすべてを視野に入れつつ勉強します。

頭にほとんど入っていないのに、いきなり一語について(1)~(3)を丸ごと覚えようなんて無理です。今では国語を仕事している私でも、初めはちんぷんかんぷんでした。ただ、上のような、いわば、横に広げる勉強法をとった結果、アレルギーが徐々に改善し、最終的には縦に深める勉強法にまで進むことができました。
以上は私固有の勉強法で、普遍性がどれほどあるかわかりませんが、とりあえずやってみる価値はあると思います。その際、コピー機を利用して、教科書や辞書の最後に載っている助動詞一覧(活用表)を一枚の大きな紙に写して(もちろん手書きでもかまいません)、一目で見られるようにし、壁などに貼っておくといいでしょう(普段はしまっておいてもかまいません)。

なお、今回私は助動詞を先に説明しました。それは、助動詞の方がずっとめんどうであり、助動詞をマスターした後だと、助詞はしごく楽に感じるからです。ただ一言付け加えるなら、冒頭の内容にも関係しますが、助詞の種類(格助詞・接続助詞・副助詞・係助詞・終助詞・間投助詞)を、まず初めに完全に理解することです。この基礎をおろそかにしてはいけません。また、初学のうちは、上代や中世以降は捨てて、中古のものだけに力を注ぎ、その段階を超えたら上代、中世以降に移るというようにしましょう。一覧表を作るべきなのは、助動詞の場合と同じです。

また、これは英単語などを覚える時に私がとった方法ですが、初学のうちは毎日少ない語を確実に覚えていくのではなく、一日一回、2~30分で単語帳(文語文法の場合なら、上記の一覧表)すべてに目を通す、という方が適している生徒もいるものです。この方法を一度は試してみてください。とにかく浅く広く、漠然とでもいいから全体像を捉え、その後、改めて深き学ぶのです。一日で5確実に覚えるというより、一週間で2~30だいたい覚えるという方が気が楽だし、結果的に身につくと思います。

#1です。自分の勘違いを正当化するような言い方で恐縮ですが、中学校で習った口語文法はある程度マスターされていますか。そうでないと、文語文法を習得するのはきわめて困難です。文法は、国語の中では特異な分野で、数学や英語同様、基本(知識・理論)が身についていないと上達は望めません。

さて、文語の付属語ですが、ご存じのように、内容・範囲があまりに膨大なので、ここでちょっちょっと説明するわけにはいきません。
そこで、経験(国語の教材屋としての経験と、三十路過ぎてから古文を木服した...続きを読む

Q文節に区切れますか??

「協力する」という言葉は 協力ネするヨ と2文節なのか 協力するヨ と1文節なのか、どちらか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一文節です。
『~する』というのは、サ行変格活用になりますので、『~する』で一単語となります。
(~は名詞になります)
『協力』と『する』の間に助詞の『を(例)』が入り、『協力をする』となれば、『協力をネするヨ』となります。

『~する』とありましたら、一文節と考えてください。

Q古文の助詞(助動詞)暗記の歌なんてありませんか?

古文の助詞(助動詞)暗記の歌なんてありませんか?

古文が本当に苦手で、なんとか克服しようと助詞助動詞を覚える努力をしているのですが、暗記もとてもへたくそで何度読んでも覚えられません。上手く覚えられるような古文の助詞(助動詞)暗記の歌
なんてありませんか?ご回答お持ちしております!

Aベストアンサー

こんばんは。
私が知ってるのは、助動詞がなんの活用形につくか、というものです。(例えば「む」は未然形につきますよね)

桃太郎さんのメロディーで、

(1)未然形、未然形 るー・らる・るー・らる・すー・さす・しむ ずー・じー・むー・むず・まし・まほし
(2)連用形、連用形 きー・けり・つー・ぬー・たり・けむ・たし 体言・連体 たり(と)なり
(3)終止形、終止形 べし・らむ・らし・めり・まじ(と)なり 連体ごとし 已然り

ご希望のものとは違うかもしれませんが、よければ参考にどうぞ。

Q文節に区切る(3)

あきれたことに教科書すら読んでいなかったらしい。
という文を分節に区切る場合
答えは5つとのこと

あきれたことに 教科書すら 読んで いなかった らしい。
としますが
「あきれたことに」、「いなかった らしい。」でよいのでしょうか
考えかたを教えてください。「ね」をつけて文節かする方法では、「いなかった らしい。」が区切りとして不自然と思いました

Aベストアンサー

単語には自立語と付属語があって、
付属語は助詞と助動詞のみです。

1文節中には必ず自立語1つと決まっています。
0でもだめだし、2こあってもだめ。

しかも、自立語は最初にきて、付属語は文字通り後に付属します。
だから、次の自立語が来た時点で文節は区切れます。

付属語はいくつあってもいいです。
0でもいいですし、2こ3こあってもいいです。

だから、

「あきれた」(動詞「あきれる」の連用形「あきれ」+過去の助動詞「た」の連体形)
ときて、
「こと」という名詞(当然、自立語)が来た時点で文節は区切れます。

助詞「に」のついた
「ことに」で句切れ、

「教科書すら」名詞+助詞
で句切れ、

「読んで」動詞(連用形、音便)+助詞
で句切れ、

「いなかったらしい」で1文節です。

「~している」の「いる」は補助動詞と言われ、一種の動詞(自立語)として新しい文節になります。
その未然形「い」+否定の助動詞「ない」の連用形「なかっ」+過去の助動詞「た」の終止形
そして、助動詞「らしい」の終止形。

「らしい」は助動詞で付属語なので、新文節とはなりません。

単語には自立語と付属語があって、
付属語は助詞と助動詞のみです。

1文節中には必ず自立語1つと決まっています。
0でもだめだし、2こあってもだめ。

しかも、自立語は最初にきて、付属語は文字通り後に付属します。
だから、次の自立語が来た時点で文節は区切れます。

付属語はいくつあってもいいです。
0でもいいですし、2こ3こあってもいいです。

だから、

「あきれた」(動詞「あきれる」の連用形「あきれ」+過去の助動詞「た」の連体形)
ときて、
「こと」という名詞(当然、自立語)が来た時...続きを読む

Q「助動詞」と「助詞」の説明の意味がよくわかりません

塾講師のバイトをしていて国文法を教えなければならなくなりました。国文法で助動詞や助詞は「活用のある付属語」「活用のない付属語」とどの本にも書いてますが、はっきり言ってそれだけでは生徒も意味がわからないだろうし、教える側も意味がはっきりわかりません。「助動詞」「助詞」は小中学生相手にどう説明したら分かりやすいのでしょうか??教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

品詞の問題は、まず文節に分けることが基本ですよね。文節は、小学生向けによく「文の間に『~ね』『~よ』を付けて見つける」と教えるようです。

例:ハリーは 杖を 上げて 呪文を 唱えるようだ
 ↓こうやって見つける
ハリーはネ 杖をネ 上げてネ 呪文をネ 唱えるようだネ

このようにして文節に分けることができました

次に各文節は、自立語と付属語に分けることができます(品詞は一番大きく分けると自立語と付属語の二つしかありません)。

自立語は、その語だけで意味がわかるものです。
ハリー、杖、上げ、呪文、唱える、の5つ見つかります。
付属語(自立語以外のすべてなのですが)は、それだけでは意味がわかりません。
は、を、て、を、ようだ、の5つありますね。
このうち、「ようだ」だけが「ようで」「ような」「ように」などの活用語があります。つまり、これが助動詞でそれ以外の「は」「を」「て」は助詞ということがわかります。

大体、小学生だとこのような説明になります。
まずは、文、文節の理解がないと始まりませんね。

文節、助詞、助動詞などの詳しい説明は↓をご覧ください

参考URL:http://yslibrary.cool.ne.jp/harojapa000top.htm

品詞の問題は、まず文節に分けることが基本ですよね。文節は、小学生向けによく「文の間に『~ね』『~よ』を付けて見つける」と教えるようです。

例:ハリーは 杖を 上げて 呪文を 唱えるようだ
 ↓こうやって見つける
ハリーはネ 杖をネ 上げてネ 呪文をネ 唱えるようだネ

このようにして文節に分けることができました

次に各文節は、自立語と付属語に分けることができます(品詞は一番大きく分けると自立語と付属語の二つしかありません)。

自立語は、その語だけで意味がわかるものです。
ハリー...続きを読む

Q「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが

「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが、助動詞 (補助動詞) というからには助けられる (補助される) 動詞があるはずだと思うのですがどれが動詞ですか。

「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

Aベストアンサー

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事より)
 一方、「日本語文法」では「動詞文」「形容詞文」「名詞文」の3種類に分類し、述語はそれぞれ「動詞」であり、「形容詞」(この場合、形容詞と形容動詞を含んでいる)であり、「名詞+だ(です・である)」であります。
 「だ」は「断定」の助動詞とされ、「(これは)…だ」と判断したことを表しますが、述語として使われる時は、上の記事にあるように「繋辞(けいじ=コピュラorコプラ)」の働きをします。英語で言えば「be動詞」に似ています。「(彼女は)美人だ」「(人間は)動物だ」のような文(名詞文)が述語になり得るのには、この「だ」が重要な働きをしています。

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事よ...続きを読む

Q助動詞・助詞とはどういった場面で使うのでしょうか?

助動詞・助詞とはどういった場面で使うのでしょうか?

Aベストアンサー

先の質問の「自立語」だけでは完全に意味を伝えられないときに、自立語の後ろにつけます。

「東京」が目的地である、と言いたいとき「東京へ」と助詞「へ」をつけます。
「東京」が出発点である、と言いたいとき「東京から」と助詞「から」をつけます。
「彼女」が主語である、と言いたいとき「彼女が」と助詞「が」をつけます。
「彼女」が恋愛の対象だ、と言いたいとき「彼女を」と助詞「を」をつけます。
「走る」という動作が過去のことである、と言いたいとき「走った」と助動詞「た」をつけます。
「走る」という動作を希望しているんだ、と言いたいとき「走りたい」と助動詞「たい」をつけます。

「彼女 東京 走る」では文として不完全ですから、これらの自立語を助けてるんだ、と考えればいいでしょう。

Q断定の助動詞「だ」の未然形は「だろう」だと思うのですが、

断定の助動詞「だ」の未然形は「だろう」だと思うのですが、
「だろう」を否定形にするとどのような言い方になるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

未然形を否定形にする、ということはないです。

例えば動詞で考えると

「考える」 の 未然形は 「考えよう」
「考える」 の 否定形は 「考えない」
ですが
「考えよう」の 否定形になると「考えようとしない」
などになりますが、もはや文法の問題を脱しています。

質問者様は外国の方ですか? 質問の目的やは学年などを教えていただけると質問の意味がもう少し分かるかもしれません。


人気Q&Aランキング