こんにちは。


昨日GENOウイルス対策に
カスペルスキーの試用版と
adobe flush player10をインストールして、
adobe readerとウイルスバスターを最新のものに更新しました。


今日パソコンしようとしたら、
「IEではこのページを表示出来ません」とはじかれてしましました。
無線LANは繋がってるのに…


何が悪かったのでしょうか?
少しひっかかる事は
カスペルスキーの定義データベースが更新されて無い事位です。

パソコンはgateway製の
WindowsXPです
あと富士通の無線LANでインターネット接続をしています。


どなたか分かる方、
回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カスペルスキーを使ったことが無いので良くわからないですが、カスペルスキーとウイルスバスターって、そもそも両方導入しても大丈夫なんでしょうか。


カスペルスキーとウイルスバスターのファイアーウォールが競合して、ネットへの接続ポートを塞いでる、なんてことはないですかね。
カスペルスキーの定義ファイルが更新されないのは、そのための通信ポートを、ウイルスバスターが塞いでるからとは考えられませんか。

また、IEが接続したページをうまくブラウジング出来ないだけという可能性もあるので、IE以外のブラウザを使用して接続してみるのも手だと思います。

あとは、たまたま接続したページのサーバが死んでたという可能性もありますね。他のページもすべて見れないのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウイルスバスターとカスペルスキーが反発しあって接続出来なかったようです。


欲張りは駄目ですね^^;
カスペルスキーをアンインストールしたらさくさく接続出来ましたw


回答有り難うございます。おかげで解決出来ました!(*´U`*)

お礼日時:2009/05/21 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOffice の「インストールID」についての質問です。

Office の「インストールID」についての質問です。
Office Professional 2003 Academic を、2台のパソコンにインストールして、使っています。
そのうちの1台を破棄して、新しいパソコンに、Office をインストールしようと思います。
そのさい、「電話でのライセンス認証に、インストールIDが必要」と聞いたのですが、
「インストールID」がわかりません。どこに書いてありますか。教えてください。

Aベストアンサー

パソコンにインストールしていてオンライン認証が出来ない時に画面に現れた番号がインストールIDです。

これを電話で伝えることになります。確か30桁くらいあったかと思います。

QGENOウイルス大ブーム、それでもカスペルスキーを使わない理由

カスペルスキー以外のセキュリティソフトを使う方に質問です。
kaspersky以外のソフトを購入または導入した理由はなんですか。

Aベストアンサー

そのGENOで4月末から5月初旬まで非常に困った経験者です。
初期のものはカスペルスキーでも反応はするのですが阻止できませんでした。
前バージョンの7.0をWin2000で使っていましたが、アドビリーダーの5と9を両方混在させていたのが失敗でした。
5で反応して、突然パッパッとフラッシュしたような、何か画像が出たのかな、開くのを失敗したかな、と思った時には手遅れでした。

IE6、ファイヤーフォックス3でのグーグルツールバーに細工をしてしまい、何を検索しても、海外の謎の黒バックに青文字のサイトが表示されてしまいました。次に出たバージョンでは、なにを検索しても404Not Foundと表示されて、(404にも色々なバージョンがありました。)実は表示自体がウソで他のサイトにさらにアクセスさせようとしていました。何かの送信が止まらない、ネットワークの切断出来ない。IPアドレスの解放と再収得が出来ない。なんだこれは。といった状態で、ブチ。とLANケーブルを引っこ抜きました。

大体、感染すれば、まずこのように検索結果が変になります。(なぜかヤフーの検索だと、まともに出る。)

ウィルスの一部がカスペルスキー7.0で隔離されていたのでこれを検体として別のパソコンで送信して、ジャストシステムに連絡したら、ネットから切り離して必要はものをバックアップしたらリカバリー、それ以外に今方法がない、ワクチンはロシア本社から送付されるまで時間がかかるかもしれない。その間該当サイトは見ないように。という回答でした。

反応はするが、防御、削除不能だった訳で、この時点で、なんだ、感染する時はあっさり感染してしまうんだ、という意識に変りました。

今ではカスペルスキー・G-DATA・エフセキュア・Avast!・ウィルスバスターなど有名所は反応するようになっているようですから、問題のAcrobat JavaScriptをオフにする。あとは該当ソフトの脆弱性をチェックして適宜アップデートしておけばいいと思います。

今なら別にカスペルスキーにこだわらなくてもいいです。経験した私はそう思います。仲間内でも感染してしまい、もう散々でした。

参考URL:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/05/20/23509.html

そのGENOで4月末から5月初旬まで非常に困った経験者です。
初期のものはカスペルスキーでも反応はするのですが阻止できませんでした。
前バージョンの7.0をWin2000で使っていましたが、アドビリーダーの5と9を両方混在させていたのが失敗でした。
5で反応して、突然パッパッとフラッシュしたような、何か画像が出たのかな、開くのを失敗したかな、と思った時には手遅れでした。

IE6、ファイヤーフォックス3でのグーグルツールバーに細工をしてしまい、何を検索しても、海外の謎の黒バックに青文字のサイ...続きを読む

QWinXPプロダクトID不明時の再インストール

WindowsXP の再インストールを行いたいマシンがあるのですが
プロダクトIDのシールがはがれてしまい紛失してしまいました。
マシンのリカバリメディアではなくXPのインストールメディアを
使用する場合はインストール時にプロダクトIDを聞かれますよね?
http://www.magicaljellybean.com/keyfinder/
等で紹介されているプロダクトキー検出ツールを使用すればXPの
再インストールは可能でしょうか?再インストールしたいマシンは
自作マシンです。
あとプロダクトID取得ツールのテストをメーカー製パソコンで
行ったら筐体に貼られているプロダクトキーと異なっていたのですが
メーカー製の場合はOSとリカバリメディアでキーが異なるのでしょうか。

Aベストアンサー

>テスト用ハードディスクにXPを入れてから元ハードディスクにXPを入れようとするとはじかれる事はないですよね?
現在使用中のHDDを外して新しいHDDを取り付けてXPをインストールしてもライセンス認証を行わなければ何の影響も有りません。

QGENOウイルス adobeアップデート

GENOウイルス対策としてAdobeのアップデートが必要だと聞き、
FrashPlayerのアップデートは出来たのですが、
Adobe Readerのアップデートが分かりません。
ブラウザのアドオンの項目の中にAcrobat Readerがあります。
これとは別物なのでしょうか?
Readerのアップデートのやり方を教えてください。

Firefoxでは Adobe Acrobat Plug-In ver7.00が入っています。
IE8は Acro IEHlprObj Class7.0.7.142です。

Aベストアンサー

Adobe Readerのダウンロードは、次のURLから出来ます。

http://get.adobe.com/jp/reader/

Adobeが公表しているダウンロード方法では、IEではActiveXコントロール、Firefoxでは専用の拡張機能のインストールを要求されます。が、ブラウザに余計なものを入れて重くしないためにも、これらのインストールは許可しないことを推奨します。

IEでは『Internet Explorer - セキュリティの警告』ダイアログ上で『インストールしない』を選択して画面を閉じます。

Firefoxでは『あなたのコンピュータを保護するため…』のバーを、×ボタンを押して消します。『許可』をクリックしないでください。

IE、Firefox、いずれの場合も『ダウンロードが開始しない場合は、 ここをクリックしてください。』の『 ここをクリックしてください。』をクリックすると、スタンドアロン、つまりウェブ経由のインストールではなく、ネットに繋がなくてもインストール可能なインストーラそのものをダウンロードすることが出来ます。

ダウンロードが終了したら一旦ブラウザを閉じ、デスクトップ上などに保存したファイルを、ダブルクリックで実行してインストールを行なってください。

なお、
http://get.adobe.com/jp/reader/
において"Choose a different version"と書かれたリンクをクリックすると、最新版である9.1.1以外のバージョンのダウンロードも可能になります。バージョン9ではなく、7や8の最新版を使いたい場合はこちらを利用してください。それぞれ8.1.5、7.1.2では、今回問題になっている脆弱性が解消されており、9.1.1同様に安全です。

GENOウイルスにのみ過剰反応を示す方が非常に多いのですが…GENO以外にも深刻な感染は今日多数存在します。Flash PlayerとAdobe Readerのアップデートを済ませ、sqlsodbc.chmのファイルサイズが正常だったら大丈夫、とせずに、感染全般をより確実に防ぐための処置を怠らないようにすべきです。

次のような点に注意すべきだと考えます。対処出来ていない点がないかどうかをチェックしてみてください。(意味が分からない用語は、e-Wordsで調べるなどして理解に努めてください。)
http://e-words.jp/

1)各種アプリケーションソフトのセキュリティ更新を怠らない。

Windows Updateの必要性はこれまでも叫ばれて来ましたが、悪用されるセキュリティ上の問題点=脆弱性は、WindowsOS上のものから各アプリケーションソフトのものへと主流が移り変わりつつあります。つまり、これからのネットセキュリティにおいては、OSだけでなく、その上で実行される各種アプリケーションソフトを必要に応じて最新のものに更新することも怠ってはいけません。例えば、

・Firefox、Operaなどのブラウザ。
・Sun Java 仮想マシン(JRE)。
・Flash PlayerやShockwave Playerなどのプラグイン。
・Real Player、QuickTimeなどのメディアプレイヤー。
・Adobe Readerや圧縮解凍ソフトなど、それ以外のアプリケーションソフト。

最新の感染では、そうしたアプリケーションソフトの脆弱性が利用されることが殆どです。一般サイトが何らかの理由で改変された結果、そうした脆弱性を利用した仕掛けの施された悪意のあるサイトにこっそり転送されて感染が試みられます。

http://internet.watch.impress.co.jp/
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/security/

こうしたサイトを出来れば毎日チェックし、速やかな対処を行えば防ぐことの出来る感染も多いのです。

2)標準設定のInternet Explorerはセキュリティ上危険な面が多いことを認識すること。

IEで扱うことの出来るJavaScriptはJScriptといい、Windowsを直接操作出来るように拡張されており、各種感染に悪用されることがあります。勝手の知らないサイトではIEのセキュリティレベルをあらかじめ上げておく必要があると考えられます。

でも、セキュリティレベルをTPOに合わせて切り替えて使うことはユーザーにとってかなり負担になります。IEに依存しないFirefoxやOperaのようなブラウザを普段遣いにすることで、各種感染のリスクを大幅に下げることが可能です。

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
http://jp.opera.com/

もちろん、各ブラウザにおいても随時セキュリティ上の問題点が見つかることがあり、その場合には危険が生じます。でも必要な情報を入手した上で随時最新のものを使うように心掛ければ、IEほどには感染のリスクは高くありません。

XPまでのWindowsで、もしどうしてもIEをあらゆる局面で常用したいというのであれば、次のURLで紹介されているReducedPermissionsやRUNASAのようなソフトの利用を検討してください。

http://www.oshiete-kun.net/archives/2006/05/iereducedpermissions.html
http://www.oshiete-kun.net/archives/2007/04/vistauacxprunasa.html

制限つきユーザー上でIEを利用することが出来れば、JavaScriptやActiveXの実行に関してサイト閲覧上の効果を損なわずに利用が可能になる一方、システムに重大な変更をもたらすような危険な動作は抑制されます。ただし、ActiveXのインストールが必要な場合など、必要に応じて管理者権限での起動を使い分ける必要はあります。また、権限の昇格を伴う脆弱性がIEやプラグインソフトなどに存在している場合には、ReducedPermissionsやRUNASAを使っていても安全とは言えないケースも出て来ます。くれぐれも過信しないようにしてください。

ReducedPermissionsの入手は、次の各URLから行うことが出来ます。
http://download.cnet.com/Reduced-Permissions/3000-2239_4-10572884.html
http://www.softpedia.com/get/System/System-Miscellaneous/Reduced-Permissions.shtml

なお、Windows Vista以降のIEでは、保護モードにおいて感染を防ぐための配慮が行われていますので、標準設定のままでもXP以前のものよりかなり安全です。無理に他のブラウザを常用する必要はないかも知れません。ただし、Flash Playerなど他のアプリケーションソフトや、WindowsOSのセキュリティ上の問題点=脆弱性の影響には十分注意しなくてはいけません。その辺は1)で説明した通りです。

3)ファイアウォールを有効にする。

出来ることなら、ファイアウォール機能の付いたブロードバンドルーターを介してネットに接続することが望ましいです。それが出来ない場合には、パーソナルファイアウォール機能を含むウイルス対策ソフトを利用しましょう。

最低でもWindowsファイアウォールを有効にしておけばそれなりの効果は期待出来ますが、例えば各種共有機能が有効になっているとそれ関係のポートが開かれたままの状態になり、ネットワークウイルス感染や不正侵入を防げない可能性もあります。より確実に不正な通信をブロックするためには、やはりブロードバンドルーターかパーソナルファイアウォールを別途導入するのが望ましいです。

4)怪しいリンクをクリックしたり、怪しいファイルをダウンロードしたりしない。

興味深いネタへのリンクと称して怪しいリンクを踏ませたり、動画再生に必要なコーデックなどと偽って怪しいファイルをダウンロード、実行させようとする手口は後を絶ちません。十分な注意が必要です。

このような騙しに遭わないためにも、先述したようなニュースサイトで最新の情報を常時チェックされるのが望ましいです。

なお、私自身はFirefoxを常用するものの、NoScript拡張は導入していません。この拡張の導入が無意味だとは言いませんが、使い勝手と安全性を計りに掛けた上で考えた結果、必ずしもこの拡張を使わなくても当面の安全性は保てると判断しました。

あらゆる感染への対応策として、JavaScriptを抑制するというのは単純かつ分かりやすい説明のようにも思えますが…実際のところ、感染の直接の原因となり得るのはアプリケーションやOS上のセキュリティホールであり、JavaScript自体はその呼び水に過ぎないことがほとんどな訳です。

また、JavaScriptを切ってしまうことで正常な利用が出来ないウェブサイトも数多く存在している一方、NoScript拡張によって全てのJavaScriptを一旦ブロックするという一般的な運用方法がFirefoxのユーザビリティを著しく損ねているという懸念もあります。

なので他の方々のご意見とは相反する回答になりますが、私個人としてはNoScriptの利用を必ずしも推奨しないものとします。

NoScriptで十派一絡げにJavaScript全てを一旦切るというやり方よりも、脆弱性に関する情報収集と対応策の早期実行、あるいはIEを管理者権限のないユーザー権限で実行するなどの方法をとる方がよりスマートであると考えます。

Adobe Readerのダウンロードは、次のURLから出来ます。

http://get.adobe.com/jp/reader/

Adobeが公表しているダウンロード方法では、IEではActiveXコントロール、Firefoxでは専用の拡張機能のインストールを要求されます。が、ブラウザに余計なものを入れて重くしないためにも、これらのインストールは許可しないことを推奨します。

IEでは『Internet Explorer - セキュリティの警告』ダイアログ上で『インストールしない』を選択して画面を閉じます。

Firefoxでは『あなたのコンピュータを保護する...続きを読む

QOSについて(インストールID)について

すいません質問させてください。
この間yahooオークションでOSxpのCDを買い自宅に届き
OSのインストールをしあとは、認証だけの所ですが、プロダクト
キーが無効でweb認証が出来ず、電話認証をしようと思うのですが
インストールID最初の6桁を入力してくださいと機械音声に言われましたが
インストールIDは、何処に記載されていますか?
また、オークションで買ったOSは、認証出来ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インストールするときにはプロダクトキーを入力しなければ進みませんが入力をしたのですよね?
それが認証プロダクトキー英数字混合のものです。CDにはありませんか。箱にもありませんか。

認証されない場合、ネットに接続されているかの確認。年間4回までは認証可能だが回数を超えている場合。OEM版の場合。
CDのタイトルを記載してください。オークションのCDについての説明には何と書いてありましたか。?
画像があればいいのですが、、。

Qウイルスソフト:カスペルスキーvsウイルスバスター

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

ジャストシステム社が、ロシアのカスペルスキーの
ウィルスを発売しましたよね。
このソフトは、トレンドマイクロ社のウイルスバスターより
おすすめなのでしょうか?

自分は、ホームユーザでWinXPを使用しているのですが、
ここ2年ウイルスバスターを使用しています。
ただ、ウイルス検出は、1回もありませんでした。
しかし、カスペルスキーを使用すると、ウイルスが検出
されたりするのでしょうか?

今、どちらのソフトにしようか迷っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

セキュリティ対策としてよく言われること、つまり危ないサイトには行かない、知らないメールは開かない、などの注意事項を守る事が大事で、ウイルスバスターかカスペルスキーかはそれほど重要ではないと思います。私もカスペルスキーのオンラインスキャンを時々やっていますが、誤検出が出ます。カスペルスキーを必要以上に賞賛する意見には賛成できません。またウイルバスター2007を使っていますが、問題なく使っています。これも一部の方が悪く言ってますが、この意見にも賛成できません。
http://ratan.dyndns.info/avast4/Z-Baster-menue01.html
使い慣れたソフトが一番と思います。このままウイルスバスターを続けるべきでしょう。

QOfficeをインストールせずに、プロダクトIDを確認したい

会社に、複数のOfficeがあります。
誰がどの製品でインストールしているかが曖昧で、それを調べたいです。

知りたいことは以下の2点です。
どうかよろしくお願い致します。

1)ヘルプ-バージョン情報で、プロダクトIDが表示されますが、Officeをインストールせずにこれを確認する方法はありますか?
(CDの\FILES\SETUP\SETUPという設定ファイルを開くと、上の方に「ProductCode={…」とありますが、こちらですか?)


2)アップグレード版をインストールした際、IDは古いもののままで据え置かれるのですか?それともアップグレードしたものに置き換わるのでしょうか。

Aベストアンサー

ご使用になる予定のOfficeがプリインストール版でないなら(プリインストール版の場合は、アンインストールたち後に他のPCにインストールするのは違法です)、バージョンが同じならCDの中身は変わらなかった気がします。(大きな意味でのOffice2000とかOfficeXPというバージョンではなくバグフィックスなどで変わる細かいバージョンのことで、同時期に多数購入されたのなら同じ可能性が高いです)
つまりそのバージョンのCDにマッチするIDは多数存在するわけで、ユーザーは自分の購入したCDについてきたIDを入力、アクティベーションすることで正規ユーザーとして登録されるはずです。
よってもしも「bari_saku」さんが、会社の任意のPCに入っているOfficeをアンインストールして、違うPCにインストールするために今回の質問をされているとしたら、まずMSOfficeのサポートに連絡してユーザーの移行作業を指示に従って行う必要があります。(でないとアクチベーション出来ません)
次に削除したPCで確認しておいたIDを使い新しいPCにOfficeをインストールして、アクチベーションすればユーザー移行が完了するはずです。
但しアップグレード版Officeの場合はされに事情がややこしくなりますから(ID自体は新しいOfficeのIDが登録されます)、MSに確認してください。(場合によってはアクチベーションできなかったり、違法行為になるおそれがあります)

ご使用になる予定のOfficeがプリインストール版でないなら(プリインストール版の場合は、アンインストールたち後に他のPCにインストールするのは違法です)、バージョンが同じならCDの中身は変わらなかった気がします。(大きな意味でのOffice2000とかOfficeXPというバージョンではなくバグフィックスなどで変わる細かいバージョンのことで、同時期に多数購入されたのなら同じ可能性が高いです)
つまりそのバージョンのCDにマッチするIDは多数存在するわけで、ユーザーは自分の購入したCDについてきたIDを入力...続きを読む

QGENOウイルスの確認

Vista使用です。

GENO対策のまとめサイトなどを見て、感染の有無を確認しています。
sqlsodbc.chmのサイズを確認ということなのですが、サイズという方とディスク上のサイズというもののどちらを見ればいいのかわかりません。
サイズが49.5 KB (50,727 バイト)と表示されたので大丈夫かとは思うのですが、その下に表示されるディスク上のサイズというのが52.0 KB (53,248 バイト)となっています。

情報がたくさん出まわっているので混乱しています。心配しずぎかとは思うのですが…
回答お願いします。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1226308957

OKっぽいですね。

Q別のOS(IDのちがう)CDからXPを再インストールする方法

自作のPCが2台あります。自作した当初は当然ながら、WindowsXPのCD(OEM版)もそれぞれ購入し、インストールしました。
今、一台をXPの再インストールしようと考えているのですが、XPのCD-ROMをなくしてしまいました。手元にあるのは、もう一台のほうのXPCD-ROMのみです。これを利用してCDをなくしたほうのパソコンにインストールすることは可能でしょうか?

実は、2台目のPCを自作したとき、XP自体は1台目にインストールしたCD-ROMを使い、後から新しくXPを購入し、そのIDを入力して認証をした記憶があります。

要は、これからインストールしようとするXPのIDさえ知っていれば、XPCD-ROMはどのIDのものを使ってもとりあえずはインストールすることができると考えています。問題は、なくしたほうのIDをどうやって調べるかです。この方法はあるのでしょうか?

わかりにくい文章になってしまい、申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Windows Product Key Viewer 1.02

http://cowscorpion.com/Win/WindowsProductKeyViewer.html

参考URL:http://www.rjlsoftware.com/software/utility/winproductkey/

QGENOウイルス感染、データの取り出し

GENOウイルスに感染してしまいました。
デスクトップに残ったファイルの残骸や、お気に入り等
ちまちましたファイルを取り出してからOSのインストールを行いたいのですが、
他のPCにHDDを繋いでデータを取り出す分にはGENOウイルスの感染の恐れは無いでしょうか?

あとまとめサイトによるとOSはクリーンインストール推奨の用ですが
今回Windows7を入れようかと思っています。
HDDのフォーマットをせずにWindows7を入れると
古いシステムファイルやその他もろもろはWindows_oldというフォルダに移動されるみたいですが、
そこから必要なファイルを取り出す方法でも大丈夫でしょうか?

お願い致します。

Aベストアンサー

>他のPCにHDDを繋いでデータを取り出す分にはGENOウイルスの感染の恐れは無いでしょうか?

一般に『USBメモリなどを介して行なわれる感染』として紹介されているタイプは、バックアップ先メディアに感染が波及する場合があると考えられます。

ですがその場合、ファイル本体にではなく、バックアップ先メディア内に不正な実行ファイルや関連ファイル、そして自動実行のためのautorun.infが作成されるのではと思われます。

結局、システムを初期化されたPCにバックアップしたデータを戻す前に、リムーバルメディアなどの自動実行を停止する設定を行っておけば、新しいシステム上に感染が及ぶ心配はないと考えます。参考URLです。

Windows の自動実行機能を無効にする方法
http://support.microsoft.com/kb/967715/ja

ただし、

>今回Windows7を入れようかと思っています。

MS、USBドライブでのAutoRun動作を変更--Windows 7で適用へ:ニュース - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20392528,00.htm

USB接続のHDをWindows7で使う分には、設定変更は必要ないかも知れません。

あとね…

>HDDのフォーマットをせずにWindows7を入れると
>古いシステムファイルやその他もろもろはWindows_oldというフォルダに移動されるみたいですが、
>そこから必要なファイルを取り出す方法でも大丈夫でしょうか?

一般論で行くと、それはダメ。

ハードディスクを初期化してまっさらな状態にしてからOSをインストールする、というのが、通常言う『クリーンインストール』です。

古いシステムが別フォルダにそっくりバックアップされる、というそのやり方は『アップグレードインストール』ではあっても『クリーンインストール』とは呼べないのでは?

つまりは、何かあったときに元の状態に戻すための"Windows_old"フォルダの筈なんで。レジストリ上の記述も可能な限り、新規にインストールしたWindows7のソレに反映されてしまう可能性が非常に高い。

取り分け、感染を克服するためにシステムの再インストールを行うのであればなおのこと、どういう形であれ古いシステムがまるのまま残るようなやり方をすべきじゃありません。

きれいさっぱり、を肝に銘じられるように。

追伸:まさか、とは思いますが…sqlsodbc.chmのファイルサイズだけで感染の有無を確定したりはしてない、ですよね?

>他のPCにHDDを繋いでデータを取り出す分にはGENOウイルスの感染の恐れは無いでしょうか?

一般に『USBメモリなどを介して行なわれる感染』として紹介されているタイプは、バックアップ先メディアに感染が波及する場合があると考えられます。

ですがその場合、ファイル本体にではなく、バックアップ先メディア内に不正な実行ファイルや関連ファイル、そして自動実行のためのautorun.infが作成されるのではと思われます。

結局、システムを初期化されたPCにバックアップしたデータを戻す前に、リムーバル...続きを読む


人気Q&Aランキング