登録とかしなければならないそうですが、自分で登録(動物病院でしてもらうこと)を(市役所?保健所)できるのですか?

登録しないと、狂犬病予防接種などうけられないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自治体によって異なると思いますが、


・自治体に直接申し込むところ
・動物病院を介して受け付けるところ
などなどがあります。
狂犬病ワクチン申し込みと、登録申し込みが同時にできます。

とくに自治体は4~6月を狂犬病ワクチン摂取強化月間にしているところが多いので、積極的に動いてくれます。

お住まいの自治体名と狂犬病ワクチン、登録 といったキーワードをいれて検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!調べてみます!!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 09:56

動物病院以外で自治体が行なっている場合


公園や広場などで定期的に行なっている事が多いようです
その場で狂犬病予防接種と登録が可能で
登録しなくても予防接種等は受けられますが
登録、狂犬病予防接種は義務ですのでご注意を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

予防接種はもちろんします!!
が・・・登録は、どこかのサイトでみたら単なる金もうけ(犬シール1枚に)にしか過ぎない!!そんなのに金出すなら、もっと犬にしてあげたほうがいい!!と、言われてる方もおられたので・・・つい聞いてみました!!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 09:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q狂犬病ワクチン:何故犬にだけ?

 昨今狂犬病が話題になってますね。
 日本では犬への狂犬病ワクチンの接種が義務付けられてますが、
狂犬病は全ての哺乳類に感染可能なので、「犬にだけ」
ワクチン接種しても、感染予防としてはあまり意味を
成さないのでは?と思われます。
 そこで質問ですが、何故他の動物には、これらの義務が
ないのでしょうか。また今後義務化がなされる動きは
ないのでしょうか。どなたかご存知でしたら、よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

 獣医師です。狂犬病は専門外なのですが(専門の人なんて日本には数人しかいませんが)、一応専門的知識は持ち合わせていますので、ちょっとみなさんの回答に補足します。

 馬は普段から人を咬みます。牛や猫は普段は滅多に人を咬むことはありませんが、発症すれば咬むこともあるでしょう。また、咬む咬まないに限らず、家畜を扱うときは大量の唾液には暴露されることが多々あるので、狂犬病が入ったら間違いなく脅威になります。

 日本の場合、野生動物に狂犬病ウイルスが侵入することがなかったので、疫学的に犬だけ重視していれば十分である、ということが現在に至るまで犬のみにワクチン接種が義務づけられている理由です。

 野生動物の間で狂犬病が蔓延している国(多くの国がそうです)では、狂犬病対策はもっと複雑です。
 牛にワクチン接種を実施している国もありますし、ドイツやスイスではワクチンを混ぜたエサを蒔いて野生キツネにワクチン接種を行っています。
 吸血コウモリが狂犬病を保有しているような地域(ラテンアメリカ)では、その洞窟ではウイルス濃度が非常に高くなるため、エアロゾルで感染してしまうといった恐い話もあり、そういう地域では家畜に抗凝固剤を投与し、その動物の血を吸ったコウモリが死ぬような対策をとっているそうです。

 これに対し、野生動物にウイルスが侵入していない日本では、最も他の動物や人間にウイルスを感染させやすい動物、すなわち最も人間の身近に多数いて、人や他の動物を咬みやすい犬を対策しておけば十分、という事情があるわけです。

 もう4年ほど前、韓国の獣医さんと狂犬病について話す機会があったのですが、あちらでは野生のタヌキが狂犬病を持っている確率が高く、感染したタヌキが里に下りてきて牛舎に入り(エサを食べるため)、牛に噛みついて牛の狂犬病が年に何頭か発生するそうです。
 その獣医さんも実際に見たことがあり、どんな症状か詳しく聞いたのですが、BSEと見分けが付かないですね。
 診断するためには当然、その牛を殺さなくてはなりませんが、発症している牛なんて手が付けられず、危険なウイルスを保有していることも相まって非常に恐いそうです。まあ私も扱うならBSE感染牛の方が100倍マシ、と思いますが・・・

 ですから狂犬病がもし入ってしまって、しかも野生動物にまで侵入してしまうようなことがあれば、もっと複雑な対策が必要になるでしょうが、現状では犬さえ抑えておけば大丈夫、というわけです。

 獣医師です。狂犬病は専門外なのですが(専門の人なんて日本には数人しかいませんが)、一応専門的知識は持ち合わせていますので、ちょっとみなさんの回答に補足します。

 馬は普段から人を咬みます。牛や猫は普段は滅多に人を咬むことはありませんが、発症すれば咬むこともあるでしょう。また、咬む咬まないに限らず、家畜を扱うときは大量の唾液には暴露されることが多々あるので、狂犬病が入ったら間違いなく脅威になります。

 日本の場合、野生動物に狂犬病ウイルスが侵入することがなかったので、疫...続きを読む

Q小さいマルチーズを飼っているのですが保健所に登録しないとまずいですか? 又狂犬病の予防接種しないとい

小さいマルチーズを飼っているのですが保健所に登録しないとまずいですか?
又狂犬病の予防接種しないといけませんか?

Aベストアンサー

そのワンちゃんは誰かからもらったのですか?ペットショプやブリーダーさんならちやんと教えてくれるのでね。
ワクチンや狂犬病などの予防接種は義務化です。保健所の登録もです。自分が噛まれたらどうするのですか?ウイルスが身体に入ったら重症になりますよ。お金の問題ですか?お金がなくて育てられるないのなら里親に出してください。里親に出せばまだ子犬なのでいい人が飼い主さんになってくれます。それが嫌ならちやんとしてあげてください。飼い主の責任です。

Q子犬のワクチンと狂犬病予防接種について

もうすぐ3カ月になるラブラドールレトリバーを飼い始めました。
その子は2回目の混合ワクチンを9月の末に終えています。

ペットショップで購入したのですが、その時に3回目のワクチンと狂犬病の予防接種の説明をされました。
しかしよく分からないので教えていただきたいです。

まず、ワクチンと狂犬病の予防接種はどちらを先に行うのが正しいのでしょうか?
説明では「予定として10月19日に狂犬病で10月26日にワクチンを行う予定だった」と聞きました。
しかし調べるとワクチンの方を先に行っている方がほとんどのようなので・・・。
それにワクチンと狂犬病の予防接種は1カ月ほどあけるものだと聞いたのですが、どうなのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワクチンの2回目を9月末に打っているなら、3回目を10月末(2回目から1ヶ月後)に打ちます。
その後は毎年1回(主様の場合は10月末)、忘れずに打って下さいね。

狂犬病の注射はワクチンのように 日にちは決まっていません。取りあえずは焦らなくて大丈夫です。
まずはワクチンを済ませ、その後落ち着いてから狂犬病の注射を打ちましょう。
3回目のワクチンの際に、獣医さんと相談して日にちを決めるのが無難だと思いますよ。

Q予防接種との狂犬病予防接種の間隔

先週、狂犬病の予防接種を終えました。
5種の予防接種もそろそろ受けようと思っているのですが、狂犬病の予防接種とどの位間を置いてすればいいのでしょうか?
動物病院には、忙しくて電話できないので、簡単な目安を教えていただければと思います。

Aベストアンサー

愛犬の歳は何歳ですか?
生まれたばかりの仔犬はNo.1の書かれたように、45日前後で1回目の
ジステンパーやパルボの混合ワクチンを打って、その後1ヶ月後くらいに2回目を打ちます。
その後、また1ヶ月後に狂犬病の予防接種を打つのが通例だと思います。

参考URLは相模原市の星ヶ丘動物病院のHPです。
「よくある質問FAQ」のワクチンの項目を見てください。

すでに1歳以上ですと逆でもかまわないと思います。
やはり1ヶ月空けたほうが良いと思います。

参考URL:http://www.matuhosi.com/index.html

Qワクチン接種・狂犬病注射

去年の4月22日生まれのダックス、2回ワクチン接種して8月に狂犬病の注射したのですが次のワクチンと狂犬病の注射はいつごろがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

8月で良いとおもいます
狂犬病は年に一回なだけなので
無理に集団接種でなくても良いですよ
家は病院で接種してます
自治体から督促状が来ますが無視しても大丈夫です
知人は1月に接種してますよ

Q狂犬病予防接種の危険性

狂犬病の予防接種は、犬を飼っているなら必ず接種する義務があり、それが愛犬のためだと思っていたのですが・・・

数ヶ月前に、ブリーダーでチワワを買った知人が
「狂犬病の予防接種は怖いからしない」
と言いました。
知人は犬を飼うのは初めてで、ブリーダーから教わった話をそのまま私に話しました。
「狂犬病の予防接種をした次の日に健康だったはずの犬が亡くなった例があるらしい。だからそのブリーダーのところで飼われている犬は皆、狂犬病の予防接種をしていないらしい。散歩中に人が近づいてきたら、触られる前に、この犬を触らないでくださいと一言言えば大丈夫だと言っていた。」
と言うのです。

狂犬病の無い国で狂犬病の予防接種をしても無意味なのか
狂犬病の予防接種を義務付けているから狂犬病の無い国になれたのか

狂犬病の予防接種って危険性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3407319.html

外部から薬を打つわけですから、何かしらの危険性はもちろんありますね。人間でも同じことです。でも、本来は義務付けられているんですよねぇ...

Q子犬の狂犬病ワクチン注射の副作用について

実家の両親が子犬を飼い始めましたが、
狂犬病ワクチン注射の副作用について心配しています。
副作用は普通はないものなのでしょうか。

しかし、毎年毎年なぜ狂犬病の予防接種は打たなければダメなのでしょうか?
狂犬病に一度かかってしまうとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

非常に広範囲に渉る話しですので、ご質問からはみ出す部分が出てきますが、出来るだけ簡潔に書きます。

>副作用は普通はないものなのでしょうか。

薬剤ですから副作用ゼロということはありません。
ほぼ全ての薬剤が何らかの副作用を持っていますし、これは人間用でも同じです。
ご質問は狂犬病ですが、それ以外の混合ワクチンであっても副作用はあります。

狂犬病予防接種についても、実際に年間数頭の犬が亡くなっています。
ただ日本全国で狂犬病予防接種を受けた犬、それに対しての割合ならば率として低いのは確かです。(ただし予防接種の副作用としてみると多いです。同じ率が人間用の薬で出たら大問題になります)
リンクは農林水産省の副作用データベースです(http://www.nval.go.jp/asp/se_search.asp)
狂犬病をキーワードに検索するとデータを見ることが出来ます。

問題は全体の率よりも『自分の飼い犬に副作用が出たとき、それは飼い主にとって100%』という事です。
この点については信頼できる獣医さんで予防接種を受けることでリスクを軽減できます。
『注射後に最低三〇分程度は帰宅せず医院に留まり、体調に異常が無いか診察を受けてから帰宅する』ということですね。
また獣医師の診察により『健康上予防接種をうたない方が良い』という判断が下された場合、注射を延期できます。
ですので信頼できる獣医さんにお願いすることが大切になります。
流れ作業的な接種で無く、しっかりと診察を受けてあげた方がより好ましい対応になるということですね。

>しかし、毎年毎年なぜ狂犬病の予防接種は打たなければダメなのでしょうか?

尤も大きくは『狂犬病予防法という法律で(予防接種が)犬を飼う”義務”になっている』という点があります。
なぜ法律で定められているかというと『日本が狂犬病清浄国であり続けるために』です。
狂犬病は全哺乳類が感染します。
犬に対して予防接種が義務づけられているのは、(犬)→(人)という感染経路をたどることが非常に多いからです。

全哺乳類が感染するというのは、海外からの船便や航空便に紛れ込んだ動物が感染しているという可能性もあるということです。(港に停泊していた船舶から感染動物が上陸した時点で、感染拡大の危険があります)
そして世界的に見ると狂犬病清浄地域は極一部です。
同時に清浄地域のほどんどが島国。もしくは他国と陸で繋がっている場所が極一部です。
ですので、現在日本が狂犬病清浄国であるのは、海に囲まれているという立地条件と『検疫により持ち込ませない』という努力のたまものでもあります。

ところが哺乳類の中には、ネズミやコウモリという小型の動物がいます。
これら動物が検疫をすり抜けて入ってきた場合を考えて、犬に予防接種が行われています。

>狂犬病に一度かかってしまうとどうなるのでしょうか?

(人間も含め)狂犬病を発症すると決定的な治療法は無く、ほぼ100%死亡します。
犬が発症した場合は、それ以上の感染が広がることを避けるため、各都道府県知事に任命された予防員(獣医)により殺処分されます。(正確には、予防員の判断で殺処分できる。また殺処分の決定を飼い主は妨げられないということです)
ですので、万が一、狂犬病が上陸した場合は愛犬を守るという意味もあります。
詳しくは厚生労働省のページを(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/)


狂犬病予防接種そのものにも、色々と問題はあります。(議員の間でも何度か法律見直しの声が上がっています)
箇条書きで。
60年以上、日本での感染例がないというのは検疫で防止できる証明。
薬剤原価に対して、接種料金が異常に高い。(業界利権、金銭目的が疑われている)
発症前(噛まれた)段階ならば、暴露後ワクチンで発症を防げる。(感染拡大阻止ができる。ただし暴露後ワクチンを常に一定数備蓄しておく必要が出てくる)
副作用リスクが、十分に飼い主に伝えられていない。

書かせて頂いたのは一部ですが、こういった問題が指摘されています。
『今後どうすべきか?』というのは個々人がしっかりと考えるべき事ですし、もしも法律に不満があるならば署名という方法で法改正の必要性を国会に訴えていく方法があります。

非常に広範囲に渉る話しですので、ご質問からはみ出す部分が出てきますが、出来るだけ簡潔に書きます。

>副作用は普通はないものなのでしょうか。

薬剤ですから副作用ゼロということはありません。
ほぼ全ての薬剤が何らかの副作用を持っていますし、これは人間用でも同じです。
ご質問は狂犬病ですが、それ以外の混合ワクチンであっても副作用はあります。

狂犬病予防接種についても、実際に年間数頭の犬が亡くなっています。
ただ日本全国で狂犬病予防接種を受けた犬、それに対しての割合ならば率として低い...続きを読む

Q狂犬病予防と8種混合ワクチンの接種間隔

2歳、黒ラブ、メス

各予防接種はどのくらい間隔をあけたらよいでしょうか?立て続け、もしくは同日に受けることはありえないですか?
どちらが先のほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

獣医師によって多少の考えの違いはあるようですが、やはり混同ワクチンと狂犬病予防接種の間隔は最低2週間くらいはあけたほうがいいみたいですよ。それにはこんな理由があるみたいです。
 狂犬病予防注射も混合ワクチン注射も不純物の量や犬の体質や体調によって副作用(下痢や嘔吐、顔が腫れる、最悪の場合は死亡)やアナフィラキシーショックが出る場合があり、間隔をあけるのは、もし副作用で何か起きたときにどちらのメーカーにクレームをつけてよいかを分かりやすくするため(PL法?)だそうです。特に仔犬や老犬、特異体質の犬が副作用によるショック症状になったときどの注射が原因かで一刻を争い、処置の仕方が変わってくるのでそのためにも間隔はあけたほうが良いそうです。
 ただ昔は往診などで、狂犬病も混同ワクチンも同じ日に接種していたので、副作用の心配が無ければ飼い主の責任で同日に接種することはあるようです。

参考URL:http://www.iris-pet.com/wan/qa/QA001.asp?ID=351

Q狂犬病のワクチンの有効期間

狂犬病のワクチンの有効期間は1年だそうです
日本では4~6月に摂取が義務づけられています
去年の4月1日に受けた場合、今年の4月2日~6月までワクチンが有効ではない期間がある
と思うのですが、その期間に噛まれた場合、狂犬病の可能性はありますか?

Aベストアンサー

可能性の話しを書くと、これをゼロにすることは不可能です。どんなワクチンでも有効性が100%にはならない、狂犬病のワクチンは死菌ワクチンで、免疫が付きにくい特徴がありますので、完全に感染を防止できないものです。

しかし、日本国内では、現在、狂犬病ウイルスが蔓延していない、流行していないので、海外へ連れて旅行などに行っていないなら、ほぼ感染していないことが予想されます。

人間のワクチンを考えると、こちらも似たものです。

http://izavel.com/rabies.html

>狂犬病ワクチンの有効期間
>3回の接種後、抗体は約90%つくと言われており、国産のワクチンでは2-3年毎、輸入ワクチンのRabipurでは3年毎(基礎接種完了1年後に追加接種をすると5年毎)に追加接種(1回)をすることで抗体は維持できます。

日本で、犬では生まれて初めてのワクチンを接種したあと、次は1年後程度になりますので、初回に十分な免疫がついていないものが1割程度いるかも知れないという報告を読んだことがあります。昨年の日本小動物獣医師会の会報か何かに記載されていたみたいですが、ネット上で論文を検索できませんでした。見つかったのは法律から除外される生後90日までの子犬の狂犬病の抗体価調査と追加接種の論文、そちらを一応出します。

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06802/d1.pdf
>91日齢未満の幼齢犬における狂犬病抗体保有状況調査
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma/68/2/68_135/_article/-char/ja/
>幼齢犬への狂犬病ワクチン接種後の中和抗体価は,一時的な上昇にとどまるか,十分に上昇しなかった.しかし,その後の追加接種により感染防御が可能な有効抗体価が得られた.

同じ4月1日に接種しても、お母さんからの母乳免疫や胎盤からの臍の緒経由の免疫、以降抗体というのですが、それが有効な時期にはワクチンを接種しても有効でないケースが多い、しかし、その後、追加でワクチンをすると、ちゃんと効果が出たとの報告です。

つまり、90日に満たない子犬では十分に免疫がついていないから、感染の危険性は十分にあるし、海外なら、感染している可能性がそれなりに10%前後は抗体価が十分でないので危険かも、そういう結論になるのです。

抗体は1年で急になくなるのでなく、基本的に大半のワクチンを接種された個体が十分な抗体価が維持できなくなる、そこで1年後に接種すると抗体価が維持できるということなのです。

私もウイルス学などを大学では学んだものの、具体的な個別の予防接種については論文などを見ないと確認できませんし、調査報告などを読む限りでの回答になりますが、感染の危険は国内では安全なレベルでしょうとしか予想できないみたいです。

可能性の話しを書くと、これをゼロにすることは不可能です。どんなワクチンでも有効性が100%にはならない、狂犬病のワクチンは死菌ワクチンで、免疫が付きにくい特徴がありますので、完全に感染を防止できないものです。

しかし、日本国内では、現在、狂犬病ウイルスが蔓延していない、流行していないので、海外へ連れて旅行などに行っていないなら、ほぼ感染していないことが予想されます。

人間のワクチンを考えると、こちらも似たものです。

http://izavel.com/rabies.html

>狂犬病ワクチンの...続きを読む

Q臆病な大型犬の狂犬病予防接種

5歳の大型犬を飼っています。体は大きいながらも生まれつき大変臆病な性格です。散歩中、物音にびっくりして飛び上がったところを、体が大きいものだから他の人が見て逆に怖がってしまう…ということもしょっちゅうです(T_T)

この時期の最大の難関、狂犬病の集団予防接種ですが…。子犬の頃はまだ大丈夫だったのですが、年々「ここは怖いところ」ということを学習しているようで、どんどん恐がりになって困っています。去年などは特にひどく、今までにないほどの怖がりようでした。

動物病院も同じくらい怖がるのですが、他の人への迷惑を考えると病院で個別に受けた方がよいのかなと思います。しかし私の住む地域は集団で受けるよりも個別で受けるとかなり値段が跳ね上がってしまうので悩んでいます。それに犬のためを思うと、色々な場に慣れさせるためにも集団に行く方が良いのかなとも考えて…。

子犬の頃は子犬のしつけ教室があって定期的に他のたくさんの犬と関わっていたのですが、今は身近にそう言う場所がなく、あっても対象が子犬だけなので、あれほどの集団の犬たちと顔をあわせる機会はほとんどありません。それも臆病がひどくなっている原因なのでしょうか?普段はなるべく色々な場所に散歩に連れて行ったりしているのですが…。

小型犬で臆病ならまだ周囲の理解も得られるかもしれませんが、大型犬なので臆病ぶりが周りに誤解と迷惑を与えてしまい、こちらも寂しい・心苦しい思いをいつもしています。

まとまりのない質問になってごめんなさい。ご相談したい主な点は、

・値段云々より、やはり予防接種は個別で受けた方がよいか?
・少しでも臆病を治す(治すという言い方はちょっと変ですが…)方法はないか?

の二点です。慣れた場所で、慣れている人、慣れている犬に対しては飼い主馬鹿の発言ですがお利口にできるのですがそれ以外があまりに臆病で…。アドバイスをよろしくお願いしますm(_ _)m

5歳の大型犬を飼っています。体は大きいながらも生まれつき大変臆病な性格です。散歩中、物音にびっくりして飛び上がったところを、体が大きいものだから他の人が見て逆に怖がってしまう…ということもしょっちゅうです(T_T)

この時期の最大の難関、狂犬病の集団予防接種ですが…。子犬の頃はまだ大丈夫だったのですが、年々「ここは怖いところ」ということを学習しているようで、どんどん恐がりになって困っています。去年などは特にひどく、今までにないほどの怖がりようでした。

動物病院も同じくらい怖が...続きを読む

Aベストアンサー

小型犬ですが、同じくワン飼いです。

家の子は小さい時は臆病でどうなるかと思いましたが、年齢が経つにつれ
収まっちゃったので、それに関してどうこう言えませんが、教えられた
ことがひとつあるので、それを残していこうと思います。

臆病を治すのは、とっても根気が要ることだということと、ワンちゃんに
とっては結構なストレスを感じることだと聞きました。
質問者さんのワンちゃんが、注射を苦手としているか分かりませんが
もし怖がっているようだと、二重でストレスになる話だということです。

臆病を克服させたいなら、それを単独でやった方が良いのでは?
ドッグランを利用するですとか、日常的に矯正するべきことでしたら
多少ワンちゃんに頑張ってもらうところですが、いい子にできるワンちゃん
みたいですから、臆病も個性かな?と私は思う部分です。

ちなみに予防接種は動物病院で接種すると、確かに料金は跳ね上がりますが
簡単な健康チェックなどもやってくれるので、悪くはないと思います。
家では集団接種をしたことがありません^^;
あと臆病を治す為にと多くのワンちゃんの中に、一気に入れてしまうのは
逆効果になると思われます。1匹、また一匹・・・とできる環境があれば
いいのですけど、今はなかなかないですよね。

小型犬ですが、同じくワン飼いです。

家の子は小さい時は臆病でどうなるかと思いましたが、年齢が経つにつれ
収まっちゃったので、それに関してどうこう言えませんが、教えられた
ことがひとつあるので、それを残していこうと思います。

臆病を治すのは、とっても根気が要ることだということと、ワンちゃんに
とっては結構なストレスを感じることだと聞きました。
質問者さんのワンちゃんが、注射を苦手としているか分かりませんが
もし怖がっているようだと、二重でストレスになる話だということです。

臆病を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報