米疾病対策センター(CDC)のダニエル・ジャーニガン医師の計算では米国内の新型インフルエンザの感染数は現在10万人を超えるとされていますが、米国内の死者の数は未だ5人ということは死亡率0.005%と考えて良いのですか。
この計算方法なら季節性インフルエンザの0.1%の1/20と言うことになります。
それとも実際に遺伝子分析で新型インフルエンザと確定された患者数に対する死亡率を見るのかよく分かりません
0.005%なら死亡に関わる他の原因による危険因子怖さからから考えると全く恐れるに足らないことと思いますがどうなんでしょう。その辺を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 質問を半年も放置するのもマナー知らずの行為なら、その挙げ句に平然と再回答を要求するというのも良い根性している、と思いますが・・・



 まず、

>これまでの感染者数は約600万人で、約60人が亡くなった。致死率は10万分の1で、単純な比較はできないものの、季節性インフルエンザ(2千分の1程度)より低い。

 そういう割り算をして単純比較してはならないことは、本質問の前回答にも書いてあるとおりです。感染者数は推計値であり、死亡者数は"把握できた"実数値ですから、それを割り算して推計値である季節性インフルの数値と比べることには適切ではありません。
 そようなことは前回答で説明しているので、それを理解していれば「この記事を書いた人は疫学については素人なんだな」ということは理解できるはずで、

>これはどう理解したらよいのですか。

 という再質問はしなくて済むはずです。

 さて、その他にもこの半年の間に判ってきたことはいくつかあります。

 特に若年層で重症化率が若干高く、また新型のウイルスは肺に親和性が高くインフルエンザ単独で肺炎を起こす場合が少なからずあることなどから、病原性そのものは季節性インフルエンザより高いことは解明されています。
 通常の季節性インフルのウイルスは肺に対する親和性は低いので、肺炎を起こす場合は細菌感染症との合併症がほとんどですから。

 それと、とうも過去のソ連型のウイルスと交差性があるのではないか、という話も出てきました。
 これはワクチンの臨床試験が始まってから出てきた話なのですが、通常は2回接種しなければならないはずの不活化ワクチンが、新型の場合は1回で十分な免疫を誘導できるという成績が出たことからです。
 1回接種で十分な免疫が誘導できるということは、過去に同じ(あるいは似た)抗原性のウイルスに感染して"基礎免疫"があることを意味します。
 若年層に対しては感染拡大の速度も速く重症化率も高いことから、この"基礎免疫"をもたらしたウイルスは、ある程度過去に流行したソ連型のウイルス、ということが推測できます。

 これらの話は全て一般にも報道されていることで、基礎知識さえ持っていれば、誰でもかなり正確な情勢が理解できる、というのが現在の状況です。
 しかも後で専門誌などでより詳しい情報を得るわけですが、大半の報道では大間違いは書いてないです。

 なので私は"騒ぎすぎ"とはまったく思っていません。情報の量、質ともにかなり高いレベルに達していると日本のマスコミをちょっと見直しています。基礎知識もなく勉強もしていない人にとっては"ゴミ"でしかない情報でも、読む人が読めば非常に有益な情報なのです。

 実際、新聞報道もテレビの報道も、この数年で非常にレベルが上がったと思っているのですが。まあクズもゴミも一部にありますが。

 それと各国の状況ですが、日本はほとんど例外的に被害が少ない国です。
 人口単位当たりの入院患者数、死者数共に最も少ない国が日本です。人口当たりの死者数はアメリカだと10倍以上、オーストラリアだと40倍以上ですから。

 これは医療体制そのものにも依るところが大きいでしょうが、国民の側の意識の差も大きいでしょう。

 例えば、今回の新型は肺に親和性が高く、ウイルス単独で肺炎を起こす場合があるのですが(とは言っても確率的には稀ですが)、通常の合併症による肺炎と比べるとウイルス性の肺炎は非常に経過が早いので、様子がおかしいと思って受診する頃にはもう手遅れになる可能性が高いです。(日本での死亡例でもそのような状況が伺える事例が既にあります)
 ということは、「熱発したらすぐ医者に行く」国民性の国と、「熱が出たくらいでは医者には行かない」という国民性の国では、後者の方が有意に致死率が高くなるでしょう。

 つまり、現在の日本の非常に低い重症化率と致死率は、質問者さんが「騒ぎすぎ」と思っている報道及び国民の反応の「成果」であるわけです。
    • good
    • 0

 No.3のJagar39です。



>ダニエル・ジャーニガン医師の計算において米国の死者5人という事実の上で10万人位が感染していると計算されていることです。
>つまり0.005%程度の死亡率と捉えられていることです。
>これはどう理解すれば良いんでしょう。

 私はその記事を読んでいないのですが、その「10万人」という感染者の見積もりの中に"死者"は入っていないのでしょうか。
 普通は当然「感染して診断されずに亡くなっている人も大勢いる」という推計をします。診断されていない感染者が何万人もいるのに、その中の誰一人として死んでいないなんてムシの良い推計はしないでしょう。
 つまり、ジャーニガン医師は「致死率0.005%」という推計はしていない、ということです。彼が「既に国内に蔓延している」ということを論証するためにこの推計を行ったのであって、ウイルスの病原性(致死率)を推察するために推計を行ったわけではないのであれば、10万人の感染者のうち死亡者は何人いるかという推計はしていないでしょう。

 ウイルスの病原性(致死率)を問題にするのであれば、アメリカ国内だけの患者数や死亡者数では統計処理できません。各国の公表感染者数と死亡者数を揃え、それぞれの国の診断能力と医療体制や医療レベルをパラメータとして計算に入れなければ、「ウイルスの病原性」を推察することはできません。それを行ったのがロンドン大学チームで、その推計結果が0.4%というわけです。

 とすると、今度はアメリカ国内で何人亡くなっているか、という推計が可能なわけです。
 10万人が既に感染している、と推計しているのであれば、10万人に0.4%をかけると400人です。この数字がどれだけ上下するかは私には判りません。医療体制やレベルを計算に入れなくてはなりませんから。
 アメリカの医療レベル自体は高いですが、健康保険加入率が低くて「金がないため医者にかかれない」層が多く存在しますので(高い医療レベルの恩恵を受けることができる人は限られている)、どういう計算をしているか、ですね。

 日本の場合は諸外国より明らかに「診断能力」が高いです。都道府県の衛研レベルで確定診断まで可能な国は他にはちょっとないでしょう。
 その診断能力と国内外から「過敏」とまで酷評されている監視体制のおかげで、「診断された感染者数/真実の感染者数」の数値は、諸外国よりはずっと"1"に近いという推計はできるでしょう。その数字(推定される真実の感染者数)に0.4%をかけて、その他諸々のパラメータを処理すれば、現在の日本での新型インフルエンザによる「推定される真実の死者数」が計算できるわけです。
 私は個人的にはその数字は「ゼロ」にはならないような気はするのですけどね。
 現時点で、感染して発症し、診断されないまま亡くなってしまった人が存在しても別に不思議には思いません。アメリカではそれが数百人レベルで存在するのではないか?というわけです。数百人なのか数十人なのか、それは私には伺い知ることはできませんけどもね。

 結核が怖い病気、ということには異議はありません。私もそのとおりだと思っています。
 ただ、結核と新型インフルエンザのどちらが怖いか、というと、やはり新型の方が脅威でしょう。

 感染症の怖さは実は「致死率」ではありません。致死率と感染率を合わせたものが感染症の怖さになるのです。
 致死率が高い病気でも感染力が弱ければ対応は可能です。例えばエボラウイルスは30-80%もの致死率を持つ感染症ですが、ではこれが日本に来るかと言えばまず来ないですし、来てしまって検疫を通過して国内に侵入してしまったとしても、そこから全国的に流行するわけではありません。何人かは犠牲になるでしょうが、小規模な感染拡大で集結させることができるでしょう。
 反して、致死率が低い病気でも感染力が強ければ多大な脅威になり得ます。スペイン風邪はたった1回の流行(第二波第三波も含めて)で世界中に拡大し、数千万人の命を奪いましたが、致死率は"たかが"2%程度です。
 「新型インフルエンザ」というのは、"スペイン風邪クラス"の伝染病になる危険性を内包している感染症であるわけです。今現在は厳重な監視が行われていて摘発された感染者は十分な医療処置を受けられるので、"表に出てくる数字"は「軽微な症状」でしかないのはいわば当然です。診断能力が追いつかないほど蔓延して初めて、このウイルスの本当の病原性が少し見えてくるのではないでしょうか。

 ただ過敏に騒ぎ立てても何も益はありませんが、「冷静」と「軽視」は違います。冷静にはならなくてはなりませんが、軽視できる事態ではない、と思います。

 余談ですが、

>世界では毎年200万人で25%の致死率

 の計算はちょっと違います。
 800万人というのは「新たな発病者」ですから、発病して1年以上経過する慢性期の患者がもっと多数いるわけです。致死率はこれらも分母に入れなければなりません。
 Wikiによれば、2004年は慢性期の患者が1460万人、新たな発病者は890万人、死者は160万人だそうです。となれば致死率はとりあえず160/(1460+890)=6.8%ということになるでしょうか。発病~転帰の経過が長いので、この計算でも正しくない気がしますが。

 ただ、これは「発病した場合の致死率」です。
 結核の場合は、感染しても発病率が1割程度ですから、「致死率25%」という計算をしてしまうと、かなりイメージが狂ってきてしまいますね。
 日本では平成12年の統計ですが、新規結核病患者が39,384人、死亡者が2,650人で結核死亡率2.1ということです。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03-07/k03 …

 確かに怖い病気ですね。
 でも、これは数十年かけてじわじわ増えてきた結果こうなっているわけですが、新型インフルエンザなら流行が始まって数ヶ月もあれば、この程度の数字は軽くクリアしてしまう可能性があるわけです。
 結核の他にも怖い伝染病はたくさんあるのですが、新型インフルエンザはそらの中でもエース級の伝染病なのは確かです。恐れていたより"たいしたことはなさそう"だからといって、軽視してしまって良い状況ではないと思います。
(そもそも、その"恐れていたモノ"がほとんどあり得そうにないくらい極端なモノだったので拍子抜けしてしまっている感がなきにしもあらず)

この回答への補足

この質問をしてから6ヶ月になろうとしています。

昨日の日本経済新聞の社説で
「これまでの感染者数は約600万人で、約60人が亡くなった。致死率は10万分の1で、単純な比較はできないものの、季節性インフルエンザ(2千分の1程度)より低い。」と出ていました。
つまり0.001%で私が春に質問した0.005%よりさらに低いようです。
Jagar39 先生、皆様方これはどう理解したらよいのですか。
今後ワクチン接種が増えて行くとさらに致死率が減るように思いますが。
なぜここまで世の中騒いでいるのか私には理解できません。

補足日時:2009/11/20 16:50
    • good
    • 0

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。



 まず、各国の感染者数と死亡者数の数字から致死率を求めることは適切ではありません。新型は遺伝子検査まで実施しないと確定できないため、どの国でも感染者・死亡者の数は「氷山の一角」ですから。
 なので各国の感染者数・死亡者数の数字は、その国の「診断能力」によって左右されます。それと行政対応としてどこまで検査するか、という診断体制ですね。

 例えば日本でも、既に蔓延してしまっていると考えられる神戸市では、疑わしい症例についても全例は遺伝子検査をしない、という体制に移行しました。ですから神戸市では今後、感染者数はたいして増加しないことになりますが、それが真実ではないことは判りきっています。
 死亡者も、典型症例でなければ見逃してしまうこともあるでしょう。

 国によっては、最初から神戸市のような抽出検査体制を取っている国(そのような体制しか取れない国)もありますし、全例検査するつもりでも取りこぼしが多い国もあるでしょう。

 ということで、統計数字から致死率を求めることは適切ではない、ということです。

 この新型の致死率はロンドン大学等が算出していますが、現在のところ0.4%という数字が出ています。季節性インフルエンザの致死率は、数字の取り方によっていろいろあるのですが、0.02%という数字もあり、これと比較すると20倍ということになります。
 ちなみに0.1%という致死率は超過死亡概念を含んだ数字だと思うのですが、それだと新型インフルエンザはまだそこまで求められるほど症例が出ていないので、「純粋な」インフルエンザによる死亡、ということでの統計なら、季節性インフルエンザの致死率は0.02%程度になるかと思います。
 ロンドン大学から出ている新型の0.4%という数字も、超過死亡概念は含んでいない数字のはずです。

 この数字、これからどんどん変わる可能性はもちろんありますが、今のところはこれが最も信頼が置ける致死率の予想、ということになります(言い換えれば、これがまだしも一番マシ、ということですが)。

 強毒性、という言葉についてはちょっとウイルス学を勉強した方でないと言葉の定義の問題で混乱すると思います。

 スペイン風邪は「弱毒型」です。今回の新型も「弱毒型」であり、これが「強毒型」に変異することはありません。ここは"絶対に"と言い切っても良いほどの確度で、です。
 ただ、「強毒変異」する可能性は十分あります。スペイン風邪も「弱毒型」でしたが「強毒変異」しています。

 つまり、「強毒型」とか「弱毒型」というのは、ウイルスのHA(ヘマグルチニン)という蛋白質の性質によって分類している、いわば「ウイルスの型別」に過ぎません。強毒型であってもヒトに感染しないウイルス、感染してもほとんど症状を示さないウイルスは実例もたくさんあります。
 強毒変異、という場合は「強毒型への変異」という意味で使われることも多々ありますが、TV番組などで識者がこれを言う場合は、「病原性が強くなる方向に変異すること」を意味しています。
 なので「弱毒型」のまま「強毒変異」する可能性はおおいにありますし、その実例もあります。また、「強毒型」より致死率が高い「弱毒型」もあり得るわけです。

 それと、これらの変異には豚も鶏も特に必要ありません。
 鶏や豚を介して、というのは「元々鳥のウイルスであるインフルエンザがヒト型になる」際に起きることです。
 つまり、「鳥や豚」を介した結果、現在の新型インフルエンザウイルスが誕生したわけです。

 強毒型はH5とH7の2つの亜型に限られていますから、H1である今回の新型ウイルスが強毒型になることはありません。今回の新型が豚や鶏を介してH5になることはあり得ますが、それは今回のウイルスが変異したと言うよりは、「さらなる新型インフルエンザが誕生した」と言うべきでしょう。このことが起きるためには遺伝子組み換えが必要ですから、「強毒性H5」が出現したとしても、現在のウイルスの遺伝子は断片しか残っていないでしょうから。

 なので「強毒型に変異する」心配はまずないのですが、「強毒変異」すなわち現在の弱毒型のままで病原性が強くなる懸念はあります。
 ただし、この変異には豚や鶏の介在は特に必要ではありません。ヒト→ヒト感染を繰り返す中で強毒変異する懸念がある、ということです。

 スペイン風邪は約2%の致死率でした。弱毒型でもこのくらいの致死率に達した実例がある、ということです。

この回答への補足

Jagar39さんいつも丁寧な回答、解説ありがとうございます

死亡率0.4%というのは聞いていましたが、私が言いたかったことは
ダニエル・ジャーニガン医師の計算において米国の死者5人という事実の上で10万人位が感染していると計算されていることです。
つまり0.005%程度の死亡率と捉えられていることです。
これはどう理解すれば良いんでしょう。

一方、結核ですと資料によると
『世界では、総人口の約3分の1(20億人)が結核に感染しており、毎年800万人が新たに発病し、200万人が命を落としています。
日本では死亡する人は毎年2328人にものぼり、死亡率は1.8%になる。』
世界では毎年200万人で25%の致死率
これを知って愕然としました。後進国においては毎年パンデミックもどきが起こっているのですね。
一応対処薬のある結核ですら日本の死亡率は1.8%ある結核。
第2波でどうなるかは別として、現在の時点においては諸外国に比べて日本は騒ぎすぎではないでしょうか。
もっと怖い病気は幾らでもありそうです。

余談ですが38℃を超えても医者に行かない人はたくさんいます。薬局が繁盛してますものね。
私もそのくちで、幸運にも成人してから風邪で(インフルエンザもかかっていたかと思います)が医院にいったことはこの50年間一度もありません。保険の充実していない後進国ならなおのことでしょう。メキシコなら数百万人以上罹患していたとしても不思議ではないでしょうね。

補足日時:2009/05/26 15:18
    • good
    • 0

健康ですぐ病院にいける人にとっては恐れることは無いと思いますよ。


問題はワクチンが無いため、広がることをとめないと、すぐに病院にいけないような国や、健康で無い人にもかかり、その方々がしにいたる可能性があるからです。
また、豚や鳥と近接して生活している地域に及べば強毒性に変異することがあります。
そうなると死亡率がスペイン風邪並みになる可能性があります。

現在のところは季節性ほど蔓延していないので実害が少ないですね。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/inf-rpd/ …
    • good
    • 0

 先日テレビのニュースで死亡率は0.4%程度で通常のインフルエンザよりも若干死亡率が高い、と言っていたように思います。



 どのように計算したかは分かりませんが確か厚生労働省からの発表だったかな。ご参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の単位数越えについて

大学3年生のものですが現在単位数(自分の所は128単位)が卒業必要単位数に達してしまいました。
しかし時間も余っていますし特に必要は無いですが後期の授業をいくつか取ろうと思っています。
そこで気になったのですがやはり就職活動の面接の際単位数は多ければ多いほどが有利に評価されるのでしょうか?
そもそも必要単位ギリギリだと帰って評価が下がるのでしょうか?

なお、後期の授業も取れば単位は128から134になります。

Aベストアンサー

たまたま人事等で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

NO1の回答者の方と同じで驚きました。
採否等に直接100%影響するとは限らないと思いますが、その効率や計画に対する実行力などにおいて充分自己のPRに活かせることかと思いました。

学歴やその授業内容や単位数などによって違いはありますし、学歴等より人物本位であるからこそ、多いからというよりもさらに今後の時間をどう有効に使うか、または使うことを計画しているかということもポイントかと思います。

自分は大学時に卒業の成績の優劣などが就職活動の評価のポイントと噂等で聞いていましたが、実際には関係なく、肝心なのはその内容と時間等をどう活用したかということが中心だったことを思いだしました。

当然、一概には断言できませんが面接等の段階では内定などの段階ではもう必要単位数を取得していること自体が採用側も驚くことがあると思いますが、次第にそれが結果として後の時間を何に費やしたか、またそれにはどういったことに注力したか、そして最終的には学生時代に何を得たか…などが中心になってくると予想されると思います。

解釈次第という面もありますが、今単位取得をしたと面接段階で答えたとした場合、後何にもしないということはないはずなので、学業以外でも学業でも、これは社会人にとっても時間の有効活用と学業や仕事などの計画や実行などが必要で必ずどんな会社であっても仕事でも共通かと思います。

ぜひこの経験や成果を有効にPRされて油断しないで今後自分の挑戦したいことなどに注力されることをお勧めいたします。

あくまで参考程度にでもなれば幸いです。

たまたま人事等で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

NO1の回答者の方と同じで驚きました。
採否等に直接100%影響するとは限らないと思いますが、その効率や計画に対する実行力などにおいて充分自己のPRに活かせることかと思いました。

学歴やその授業内容や単位数などによって違いはありますし、学歴等より人物本位であるからこそ、多いからというよりもさらに今後の時間をどう有効に使うか、または使うことを計画しているかということもポイントかと思います。

自分は大学時に卒業の成績...続きを読む

Q日本の鳥インフルエンザの死者数??

日本の鳥インフルエンザの死者数って一体何人なんでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

いないと思いますが。

Q卒業単位数足りていますか?

ある大学の法学部・法律学科に所属しています。今3年目で来年の春に卒業予定です。
まず質問からいいますと、来年度の履修は必要かどうかです。
どの大学にも卒業所定単位には「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」があると思います。現在、必修・選択必修科目はすべてとれているのですが、選択科目がまだ卒業所定単位数に足りていません。
しかし、必修・選択必修科目で必要以上にとれている分、卒業に必要な単位数(124単位)は確保できています。
質問の内容をまとめますと、選択科目で必要な単位数は確保できていませんが、「必修」ではない為、他必修科目等であふれた単位数をカウントされるかどうか、お聞きしたいところであります。
理解しにくい質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

kishinnkさん
結論から先に申し上げると、恐らく大丈夫だと思います。

大学(学部)卒業の最低の要件は、
「必修科目」+「選択必修科目」+「卒業に必要な単位数」+「在籍期間48ヶ月」です。

選択必修の最低履修単位数を超えて履修・習得した単位数は、卒業に必要な単位数に換算できます。
よって、成績表の選択科目の合計単位数が見かけ上少なくても、上記要件を満たしていれば、卒業認定となります。
ただし、選択科目に関しては、学部・学科ごとに卒業単位数に加えることができる科目か等を確認された方が良いと思います。
例えば、他学部や他学科で開設された科目、教員免許取得のための科目、資格取得や就職活動のための特別講座など、卒業単位に含まれない科目も最近は多くありますので、念のため、大学の教務課等で確認をされた方が良いと思います。
また、大学によっては、3年までに卒業に必要単位を全て修得していても、4年の履修届を出さないと、自動的に留年になる大学もあると聞いていますので、念のため、ご確認をお勧めします。

Q新型インフルエンザの死亡率どれが本当?

カナダで発表された新型の死亡率は0.05%で、季節性の0.01%より5倍も多いと言われていたと思います。WHO11月16日発表の新型インフルの日本での死亡者は100万人当たり0.2名だそうです。率にする0.00002%になります。死亡者が一番高いアルゼンチンでさえ14.6人率にして0.00146%です。これが本当ならあんまり心配要らないのではないでしょうか?

その割にはマスコミもワクチン不足を煽っているようですが、よく分かりません。それとも何かの間違いでしょうか?
妊娠中の娘がなかなかワクチン接種が受けられず心配しているのです。

Aベストアンサー

「新型の死亡率は0.5%で、季節性の0.1%の5倍」とか言うのは「超過死亡概念」というものを用いて推定された死亡率です。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1955.html
先日も森繁 久彌 さんが亡くなられた時に「『風邪』を引いて入院中でしたが『老衰』でなくなりました」というニュースを聞いて、私は「『風邪をひいて入院』したら『風邪で死んだ』んじゃないの?」と思いました。
事ほどさように、「死因」を何にするかというのはそう単純なことではなく、色んな考え方・判断の仕方があるようです。

そういうことからWHOでは「超過死亡概念」ということで、「インフルエンザが流行っていなかったと仮定したらこれくらいの死亡者数で済んだはず。その死亡者数と実際の死亡者との差、○○千人を『超過死亡者数』とみなそう」という数字を発表していて、一応その数字を使うことになっているようです。
そういうことで日本でも毎年1千万人がインフルエンザに罹って、その内1万人程度が死んでいる(はず)ということで、0.1%というわけです。

多少、我田引水的な数字の様な気がしないでもないのですが、現在はその数字が使われています。
超過死亡概念による新型インフルエンザの死亡率ですが、以上のような考え方で、季節インフルと新型インフルが両方流行ったときに(そうなるかどうか判りませんが)どう算定するのか?
私は素人なのでわかりません。

「新型の死亡率は0.5%で、季節性の0.1%の5倍」とか言うのは「超過死亡概念」というものを用いて推定された死亡率です。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1955.html
先日も森繁 久彌 さんが亡くなられた時に「『風邪』を引いて入院中でしたが『老衰』でなくなりました」というニュースを聞いて、私は「『風邪をひいて入院』したら『風邪で死んだ』んじゃないの?」と思いました。
事ほどさように、「死因」を何にするかというのはそう単純なことではなく、色んな考え方・判断の仕方があるようです。

そうい...続きを読む

Q通信制大学の単位修得試験で貰える単位数は?

通信制大学の単位修得試験で貰える単位数は?

私は通信制大学に入ろうと思っていますが、タイトルの通りの疑問があったので質問させていただきます。
単位修得試験に合格すれば単位を貰えるようですが、その単位数はいくつなのでしょうか?
例えば、受講科目が4単位ならば、試験合格によって、いきなり4単位貰えるのでしょうか?
それとも、1回の試験においては1単位しか貰えないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学によりけりです。

私の知っている大学だと、1回の試験で2単位です。
4単位の科目の場合、2回の試験を受けなければならない学校と1回の試験で良い学校がありました。

Q季節性インフルエンザの死亡者数

新インフルエンザの死亡者数は新聞等で逐一記事が出ているようですが、季節性インフルエンザでの死亡者数はどれくらいあるのでしょうか。

Aベストアンサー

改めて調べる元気がないので・・・・

記憶が正しければ、数十人~百人レベルだったように思う。

と言うのも心許ないので検索したら、厚労省のページが
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

具体的には『通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。』
を見ると、200人~千人レベルなのですね

Q単位数

こんにちは。質問させて頂きます。
ある資格取得の為に、大学の時の単位数を知りたくて 何単位取得したかを知りたいのですが
成績証明書を取ればいいのか、それとも単位取得(修得?)証明書だったのか忘れてしまいました。

自分が取った単位数を知りたい場合、どう大学に問い合わせれば良いのか教えてほしいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大学の事務局か何かに電話して「○年卒業の○○です」と名乗り、「自分がとった単位数を知りたいが、どうすればいいか」と聞けばよろしいかと思います。
各種証明の発行条件は大学によって異なりますので、ここで質問しても仕方がないのではありませんか?

QA型インフルエンザ感染後の新型インフルエンザ予防接種について

先日3歳の娘と、1歳の娘を含め家族全員がA型インフルエンザに感染しました。
子どもたちは新型インフルエンザ予防接種の接種対象であるため、今月末に接種をしようかと思っていたのですが、接種する必要はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

A型という事ですが、遺伝子検査はしましたか?
現在A型感染はほぼ新型だと思ってよいと思います。

ので、新型にかかったのであれば予防接種は必要ないのでは?

それより季節性を接種した方が良いでしょう。

Q数の単位

数の単位について
数の単位ですが、数字を加算していくと、一から万、億、兆を経由して無量大数〔10の68乗〕に到達し、
9999無量大数9999・・・・9999という数字の次の数は無限になります。
日常生活では、せいぜい兆位の単位として使われず、学問でもせいぜい京〔10の16乗〕か 垓〔10の20乗〕までですよね。
予(予禾)〔10の24乗〕以降はほとんど使われる事はありません。
しかしその 予(予禾)以降も、12個もの単位が存在してますが、この単位は、どのような事に利用されているのでしょうか?

同じく小数点以下の単位も、せいぜい割、分、厘、毛、糸までしか使われず、
惚、微以降の単位は使われているのを見たこと無いです。
もし、使われているととしたら、どの様な事に使われているのでしょうか?

加算も小数点以下も、何か理由があってここまで、沢山の使われることがあまり無い数字の単位をつくったのですか?

Aベストアンサー

裏付けとなる説明サイトを見つけられなかったので、40年以上前に読んだ数に関する本で得たあやふやな情報で書きます。
間違っていたら広い心でお許しください。

> 何か理由があってここまで、沢山の使われることがあまり無い数字の単位を
> つくったのですか?
(1)これらの単位は仏教用語から来ております。
・「那由多」
  仏様の寿命等を表す際の単位として仏典には登場。
・「微」
  1塊のゴミの中に含まれるチリの数を問われた際に、釈迦仏が使われた単位の1つ。

(2)また、単位の使い方は[中国において]変遷しており、例えば10を10倍する毎に次のように呼んでいた者もあるとモノの本で読みました。で、意味が解らなくなってしまったので現在の使い方に固定。
・各桁に単位が付く
  十⇒百⇒千⇒1万⇒1億⇒1兆⇒・・・
・千を繰り返しするだけではなく、それまでに登場した単位も繰り返す
  十⇒百⇒千⇒1万⇒10万⇒100万⇒1千万⇒1億⇒10億⇒100億⇒1千億⇒1万億⇒10万億⇒100万億⇒1千万億⇒1兆⇒・・・


> 9999無量大数9999・・・・9999という数字の次の数は無限になります。
なりません。
1 仏典を根拠とする場合
 次の単位が存在します(他にもあるかどう知識不足なのでネットで調べたら、まだまだありました)
 【阿婆羅 (あばら)】
 【僧羯邏摩 (そうがらま)】
 【不可説不可説転】
2 漢字で表さなくてもいいのであれば
  10の100乗は「グーゴル」
  


参考先
 http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/largenumber.html

裏付けとなる説明サイトを見つけられなかったので、40年以上前に読んだ数に関する本で得たあやふやな情報で書きます。
間違っていたら広い心でお許しください。

> 何か理由があってここまで、沢山の使われることがあまり無い数字の単位を
> つくったのですか?
(1)これらの単位は仏教用語から来ております。
・「那由多」
  仏様の寿命等を表す際の単位として仏典には登場。
・「微」
  1塊のゴミの中に含まれるチリの数を問われた際に、釈迦仏が使われた単位の1つ。

(2)また、単位の使い方は[中国におい...続きを読む

QA型インフルエンザと新型インフルエンザは同じ?

24さいの娘が今月10日の夜に39度程の熱が出て、A型インフルエンザと言われました。(休日診療所)

2日後、母親である私は、のどが痛くなり病院に行きましたが、インフルエンザではなく、フロモックスとカロナールとトクレス~という薬をもらいました。

薬が切れたので病院に行って検査をするとインフルエンザと言われました。(インフルエンザの吸入する薬を吸入しました)

熱は37度程度でそれ以上は上がってません。

病院では新型と言われたのですが、「娘がこの前A型でした」と言ったら、「A型もうっすらと反応してるね」と言われました。
インフルエンザは同時にかかることもあるのでしょうか?

息子が昨年新型インフルエンザにかかりましたが、1週間後に受験を控えてて、私が新型ならいいのですが、A型ならとても気になります。

支離滅裂な質問ですみません。

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 まず基本的なことですが、新型も「A型の1つ」です。病院で受ける簡易検査で識別することはできません。

 インフルエンザウイルスはA型とB型の2つの「型」があります。(本当はC型もあるし、そもそも"型"と呼ばれてはいますがこれらのウイルスは属のレベルで異なるウイルスなのですが、難しくなるので説明は省略します)
 そのA型の中に、さらに「亜型」という分類があり、Hが1~16の16種類、Nが1~9の9種類あります。このHとNの組み合わせで16×9=144"亜型"のA型インフルエンザウイルスが存在するわけです。

 で、数あるインフルエンザウイルスの内、ヒトの世界で流行しているのはH1N1とH3N2の2つの亜型のウイルスなのです。ちなみに鶏で問題になっているのはH5N1亜型のウイルスです。

 このH3N2亜型は、いわゆる「香港型」と呼ばれているウイルスです。
 ややこしいのはH1N1なのですが、これは従来は「ソ連型」と呼ばれていました。
 ですが一昨年、同じH1N1亜型である「新型」が流行し、ソ連型を置き換えてしまいました。

 というわけで、現在人類社会で流行しているA型インフルエンザは「香港型(H3N1)」と「新型(H1N1)」の2つのタイプです。
 ワクチンも今シーズンから新型、香港型、B型の混合ワクチンになりました。従来はソ連型、香港型、B型の混合でした。

 さて、病院で受けるインフルエンザの検査は「A型インフルエンザウイルス」を検出するモノで(多くのキットはB型も同時に検出可能)、A型の中の新型と香港型を識別することはできません。

 A型の中でも香港型やソ連型、それに新型は互いに抗原性が大きく異なるので(遺伝子特性という言葉をどれだけ理解して使っているのか知りませんが)、それぞれのワクチン歴や感染歴は違うタイプのインフルエンザには無効です。
 新型が流行したとき、同じH1N1のソ連型のワクチンも無効でした。・・・というよりそもそも、「人類の大多数が免疫を持たない(抗原的に)新しいウイルスによる流行」が、「新型インフルエンザ」の"定義"なのですがね。
 免疫的に交差する、というのは昔の初期のソ連型やそれ以前のスペイン型の感染歴があるであろう年齢層の人が新型に免疫を持っている、というものでした。

 つまり、同じH1亜型であっても、新型とソ連型は互いの免疫が無効であるほど抗原的に異なっている、ということです。繰り返しますが、それが「新型」の定義です。まして新型と香港型はH亜型が異なりますから、ますます無効、です。

 ということで、どちらかへの感染歴は他方への一定程度の免疫防御を獲得する、というのはまったくの誤りです。

>病院では新型と言われたのですが、「娘がこの前A型でした」と言ったら、「A型もうっすらと反応してるね」と言われました。

 これが意味不明ですね。新型も「A型」ですから。

>インフルエンザは同時にかかることもあるのでしょうか?

 あります。同時に流行していれば、ですが。現在は新型と香港型の両方が流行していますし。
 でも、その前のやりとりが意味不明なので、質問者さんが両方に感染している可能性については考察できませんが。

>息子が昨年、新型にかかってるので、もし私が今年新型なら、かかりにくい。
>でも、私がA型にかかってたら、息子にかかる可能性が高いと思ってました。

 その理解で正しいと思います。去年は香港型は流行しませんでしたし、今年の香港型は一昨年までとは抗原性がかなり異なっているそうなので、一昨年前までに感染歴があったりワクチンを接種していても、今年は感染するリスクは高いでしょう。
 今年ワクチンを接種していなければ、ですが。

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 まず基本的なことですが、新型も「A型の1つ」です。病院で受ける簡易検査で識別することはできません。

 インフルエンザウイルスはA型とB型の2つの「型」があります。(本当はC型もあるし、そもそも"型"と呼ばれてはいますがこれらのウイルスは属のレベルで異なるウイルスなのですが、難しくなるので説明は省略します)
 そのA型の中に、さらに「亜型」という分類があり、Hが1~16の16種類、Nが1~9の9種類あります。このHとNの組み合わせで16×9=1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報