義夫が1000万単位の借金をしています。
持っている土地を担保に取引先の会社からお金を借りたそうです。
義夫は、借金が返せなくなったらその土地を渡せばいいから
何の問題もないと言っていたのですが、
まだローンの残っている土地なので、先方が
ローンを払ってから、渡せと言っているそうです。
もちろん、私も当然だと思いますが、お金を借りるときに
ローンのある土地を担保に借金はできるのでしょうか?
そのときの詳細や契約書などを私は見ていないので
分からないのですが、もしその土地を担保に実際にお金を
借りた契約の場合は、土地のローンを払い終えた上で
土地を渡すのは当然ですよね?
義父は、ローンのある土地が担保にできなかったとは不思議だと
思っているようです。
借りたお金を返すのは当然ですが、こういう契約が
そもそも出来たことが私も不思議です。
義夫は口が上手く、人前ではいいかっこをしたがるので
正直、呆れてしまっています。
お金を借りるときにローンが残ってることを言ってなかったのかな?
その辺がよく分かりませんが、ローンのある土地を担保に借金はできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

問題はその借金の抵当権が設定されているかどうか?、です。

登記簿を確認しましょう。登記簿には住宅ローンの抵当権が第一順位で設定されているはずで、その借金の抵当権が設定されているとすれば第二順位になるはずです。
「土地を担保に」と言うくらいですから、普通に考えれば抵当権が設定されているはずですが、先に住宅ローンの抵当権が設定されているのにさらに抵当権を設定して1000万単位の金を貸すのは、ちょっと考えにくいですね。よほど高く売れる土地でローンも残りわずかならわかりますが。
「ローンを払ってから土地を渡せ」という言い方もちょっと変ですね。借金を返せないのにローンも全部返せるわけがないし、ローンを全部返すようなお金があれば、借金を先に返しますよね。抵当権を設定していて債権の回収ができなくなったのなら、競売にするはずです。
ひょっとすると相手は不動産については素人で、住宅ローンの抵当権が設定されている事を確認せず、抵当権も設定せず、口約束だけで「土地を担保に」と言ってるのかもしれません。
あるいは、住宅ローンの残高がわずかで土地が何千万もするような土地であるならば、ローンだけ返済させれば土地を取れると考えているのかもしれませんが。
とにかく、まずは登記簿を確認しましょう。

この回答への補足

登記簿を確認すれば、抵当権が分かるんですね。
すごく勉強になりました。
ありがとうございます。

>ひょっとすると相手は不動産については素人で、住宅ローンの抵当権が設定されている事を確認せず、抵当権も設定せず、口約束だけで「土地を担保に」と言ってるのかもしれません。
夫が義父(上では漢字が間違っていました)から聞いた話では、
義父がお金を借りた取引先の会社は古い付き合いで自分は信用があるから
とか言っているそうですが、借用書は存在するそうです。
でも、相手は住宅ローンの抵当権が設定されている事を確認せず、抵当権も設定していないかもしれません。

>あるいは、住宅ローンの残高がわずかで土地が何千万もするような土地であるならば、ローンだけ返済させれば土地を取れると考えているのかもしれませんが。
先方がどう思っているかは分からないのですが、
購入時は2500万くらいだった土地は今は1000万くらいの価値しかないそうで
ローンの残金は500万くらいだそうです。

>抵当権を設定していて債権の回収ができなくなったのなら、競売にするはずです。
もし競売にかかったら、きっと他の方からの回答にあったように
相手は回収できず、銀行が全部回収することになると思うので
その場合は保証人が1000万を返す…ということになるのでしょうか?

補足日時:2009/05/22 00:17
    • good
    • 0

> そういったウソをついて保証人にさせてしまった場合、詐欺罪とかの適用にはならないのでしょうか?


基本的には無理。

> 保証人が1000万を返す…ということになるのでしょうか?
そうなる。

保証人なら、土地を売って残金を少なくしてからと言う権利があるが、多分連帯保証人でしょうから、そのような権利も無く請求されたら支払う義務がある。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
私はこの件については全くノータッチなのですが、
義父は結構口がうまいので、保証人を騙したっぽい気がするのですが
やっぱり子供たちの手前、おじいちゃんが
逮捕とかされたら、やっぱり嫌だなと思ったので、気になっていました。

補足日時:2009/05/22 11:48
    • good
    • 0

ローンのある土地を、担保にいわゆる2番担保に借り入れは可能です。

例えば時価2千万あるとすれば、ローンの残高が1百万しかなければ十分可能です。
ただ時価と貸付金の額は、債権者がきめます。
 現在の担保状況は、管轄の法務局へ行けば誰でも調べれます。
土地の地番を正確に調べておいてください。手数料は、1筆1000円
です。
もし行けない場合は、司法書士に頼んでください手数料は、少々かかります。

この回答への補足

>現在の担保状況は、管轄の法務局へ行けば誰でも調べれます。
そうなんですね。

土地の購入時のお金借りた銀行から
事業用にもお金を借りているそうなので、きっと
他の方からの回答にもあるようにその土地は
担保にならないということが分かりました。

ご丁寧に教えていただき、ありがとうございます。

補足日時:2009/05/22 00:13
    • good
    • 0

その様なことを「抵当権」と言います。


現在第一抵当権として土地の購入時のお金借りたところが設定しています。
で、取引先の会社が抵当権を設定するとなると第二抵当権になり、仮に破産等でローンが払えなくなると第一抵当権の方が残金分を持って行って残りを第二抵当権の方が残金分持って行くという事になり、その時点で損金が発生すると思ったのでしょう。

この様な抵当権を順位付けて設定するのは可能です。
しかし順位の下になればなるほど その抵当権での回収は出来ない計算になるので、その分金利を高くして貸し付けます。

この回答への補足

>その様なことを「抵当権」と言います。
「抵当権」という事について理解することができました。
ありがとうございました。

夫の話では、義父(上では漢字が間違っていました)は
土地の購入時のお金借りた銀行から
事業用にもお金を借りているそうなので、
仮に破産等でローンが払えなくなると第一抵当権の方が残金分を
持って行ってしまうということは、
その抵当権で回収は出来ない計算になるので、
保証人が支払うことになるのですね。

保証人についてなのですが、保証人になる人が嫌がっているのに
土地が担保だから一切迷惑はかからない…と言い、
無理矢理保証人にさせたようですが、
保証人になった時点でその人の責任だとは思うのですが
そういったウソをついて(←義父はウソはついていない、実際にそうだと思っていたからと言っているようですが…)
保証人にさせてしまった場合、詐欺罪とかの適用にはならないのでしょうか?
返せない場合、全て保証人がかぶるのでしょうか?

補足日時:2009/05/22 00:02
    • good
    • 0

> ローンのある土地を担保に借金



 ローンを組んで家や、自動車などを購入する場合、
すべてのローンを返し終わったときに、はじめてその
所有権を譲り受けることができます。

 ※ローンを支払っている間は、他人のものです。

 したがって、ローンのある土地を担保にして、借金はできません。

この回答への補足

なるほど。

>ローンを組んで家や、自動車などを購入する場合、
すべてのローンを返し終わったときに、はじめてその
所有権を譲り受けることができます。

よく分かりました。
ご回答ありがとうございます。

補足日時:2009/05/22 00:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエルソードについていろいろと質問です。

エルソードについていろいろと質問です。

エルソードをやっているのですが、わからないことだらけです。
なので、いろいろと質問させてもらいます。


1.装備の仕方

イベントリに装備アイテムがあるんですが、
キャラクターに装備したいときは右クリックだけで大丈夫なのでしょうか?

右クリックしたのですがキャラの外見が変わりません。


2.武器について

武器の要求レベルとは何でしょうか?
また、耐久度とは何でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゲーム内ヘルプを読みましょう。

[参考]ゲームシステム紹介 - ゲームガイド ‐ ELSWORD エルソード - ハンゲーム
http://elsword.hangame.co.jp/intro.nhn?m=gi04_12

アイテム装備したからって外観が変わるとは限らんでしょ。
装備ウインドウ開いて、自分が装備している物を確認してください。

武器の要求レベルは、その武器が使えるレベルでは?
レベルが足りなきゃ、その武器は使えませんよ、と。

耐久度は、耐久度無くなったら武器が壊れて使えなくなるって物でしょ。
耐久度が減ってるのなら、修理して耐久度を回復してください。

Q友人に土地を担保にお金を借りる時

友人に土地を担保にお金を借りるんですが(一千万)、友人は売れた時に返せばいいと言ってます。利子もいらないと言ってますが、贈与にしない為にはどれだけの利子にすればいいですか(銀行と同じ0.05くい?)。又、借用書を書く時に一応期間を設定した方がいいですか。何か気を付けなければならないことがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

借入れをする場合、金利を支払わないと、その金利相当分が贈与と認定されますが、贈与税では、1月から12月までの1年間に、贈与を受けた額が110万円以下であれば、非課税となっています。

又、通常は、このような場合、銀行の借入利率が基準とされますから、年利2~3%程度でしょう。
仮に3%としても、利息が年間30万円ですから、他に贈与を受けなければ贈与税の心配は有りません。

借用書の作成する場合、返済期間を定めずいつでもよいということになると、贈与と認定される心配がありますから、返済期間は定めておく必要があります。

又、印紙も忘れずに貼付しましょう。

Q民法の担保責任について

こんにちは。担保責任につきまして2点質問させていただきます。


担保責任において、「無過失責任である」「特定物が対象」とされるのは瑕疵担保責任のみでしょうか?
それとも担保責任全般が「無過失責任」「特定物が対象」なのでしょうか?


用益権や担保権による制限が付いていた場合の担保責任では、同時に債務不履行責任を問うことは可能なのでしょうか?
「用益権・担保権が付いてるなんて、不完全履行だ!」
「用益権・担保権を外してくれないなら履行不能だ!」
「用益権・担保権を約束の日までに外してくれないと履行遅滞だ!」
と言えるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

問1 担保責任において、「無過失責任である」「特定物が対象」とされるのは瑕疵担保責任のみでしょうか?
それとも担保責任全般が「無過失責任」「特定物が対象」なのでしょうか?

答 瑕疵担保責任(民法570条)の趣旨は,特定物引渡し債務については,483条により,現状引渡しにより債務不履行とならないことから,債権者保護(有償契約の対価的均衡の確保)のために特別に規定された法定責任です。
 570条と同趣旨の規定は,565条,566条です。
 これらの場合は,債務者が事後的に瑕疵を治癒させられない場合です(これを「Aグループ」とします。)。
 たとえば,家屋の地盤が思ったよりゆるかったり,古銭としての小判に傷が入っていたりしていた場合,売主としてはいかんともしがたいところがありますよね。
 用益物権についても,それには契約期間があったり(地上権・永小作権),所有権に付属している(地役権)のだから,権利者が納得しない限り,除去することは困難です。
 そこで,現状引渡しにより売主には原則として債務不履行責任がないものとする代わりに,買主に解除や損害賠償請求を認めるわけです。

 しかし,日常的に行われる売買等の特定物引渡し債権において債権者を保護する要請は,隠れた瑕疵によるものにとどまりません。
 そこで,債務不履行責任の特則としての担保責任も存在します。
 これは,債務者が契約後に瑕疵を治癒させられる(たとえば,他人から目的物を買い取ったり,抵当権を抹消させることが求められる)場合です。(これを「Bグループ」とします。) 
 この規定としては,561条,562条,563条,564条,567条があります。

 一方,売買の目的物が不特定物である場合,瑕疵ある物を提供しても,「債務の本旨に従っ」た提供(493条)ではなく,「債務者が物の給付をするのに必要名行為を完了し」たことにならず,特定しませんから,債権者は,引き続き瑕疵のない物の給付を請求することができますから,それを履行として受領しない限り担保責任の追及を認める必要は有りません。
 
 このように,債権者が受領した特定物について,債権者を保護する要請は,瑕疵担保責任に限らず,一方,不特定物の場合には,担保責任により保護する必要がありませんから,「担保責任全般が『無過失責任』『特定物が対象』」といえます。


問2
用益権や担保権による制限が付いていた場合の担保責任では、同時に債務不履行責任を問うことは可能なのでしょうか?
「用益権・担保権が付いてるなんて、不完全履行だ!」
「用益権・担保権を外してくれないなら履行不能だ!」
「用益権・担保権を約束の日までに外してくれないと履行遅滞だ!」
と言えるのでしょうか?

答 まず,問1のAグループについては,原則として債務不履行責任は追及できません。
 根拠は,483条です。
 ただし,当事者間で,瑕疵ある場合の保証特約があれば,債務不履行責任に相当する損害賠償請求をすることができます。(具体的には,損害賠償請求の範囲について,特約がなければ信頼利益相当額の賠償しか求められないが,特約がある場合,履行利益相当額の賠償が求められる。)
 
 一方,Bグループについては,債務者の故意又は過失で瑕疵の治癒ができなかった場合には,担保責任とは別に債務不履行を追及できます。
→最高裁昭和41年9月8日判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=27976&hanreiKbn=01

問1 担保責任において、「無過失責任である」「特定物が対象」とされるのは瑕疵担保責任のみでしょうか?
それとも担保責任全般が「無過失責任」「特定物が対象」なのでしょうか?

答 瑕疵担保責任(民法570条)の趣旨は,特定物引渡し債務については,483条により,現状引渡しにより債務不履行とならないことから,債権者保護(有償契約の対価的均衡の確保)のために特別に規定された法定責任です。
 570条と同趣旨の規定は,565条,566条です。
 これらの場合は,債務者が事後的に瑕疵を治癒させられない場...続きを読む

Q夫の借金で数年に渡り、私の両親から数年、数回に渡り180万借りました。

結婚十年の主婦です。
十年間、モラハラ夫となんとかけんかしながら仲良くしながら暮らしてきました。
が、今年2月に夫名義の計550万のクレジットカードの借金、商売の為のリース料をようやく払い終わった途端、夫が些細な事で怒りだし離婚だと言い通帳その他の現金を全て持って6月から実家に帰ってしまいました。
生活費請求のため調停を起こしたところ、夫は離婚調停を申し立てたのですが、弁護士を代理人にし一度も調停にはきません。
そうしているうち、私の両親が怒りだし夫に180万返済請求の内容証明を送付したところ、
「直接借りた事実は無い。貸金の請求には金銭の授受と返還の合意が必要だ。事後的に妻より借りたとの報告を受けたが夫婦といえども、夫が借り主となるわけではない」と代理人である弁護士から返事が来ました。
夫から両親へ返済義務は無いのでしょうか。
私自身が働いて返したいのですが、10年間の家庭内暴力で自律神経を患い心療内科へ通院しているありさまです。
詳しい方、どうかご教授ください。
ちなみに明日、3回目の調停です。

Aベストアンサー

ご質問内容と、他の回答の補足欄等を拝見しました。

事実関係が十分わからないので、安易なことは言いにくいですが、ご主人が直接ご両親にお金を借りたのではなく、質問者さんがご両親から借りてそれをご主人に渡した、ということであれば、正直、ご両親が直接ご主人に請求しても認めてもらうのは難しいと思います。
しかし、だから何ももらえないということではなく、もし、そういうことであれば、それは、婚姻費用分担・財産分与あるいは慰謝料算定にあたって考慮されるべき事項であり、それらの中でご主人から質問者さんに返してもらうことが可能と思われます。
とはいっても、ご主人にお金がなければ、実際にお金を取ることは難しいかもしれませんが…

いずれにせよ、弁護士に相談すべきと思われます。相手方が弁護士を立てているのに、それに対して素人が必要な反論をするのは難しいと思います。いずれ弁護士を立てる予定だがこの件については話してないということでしたが、まさにこれは離婚や財産分与等に当たって同時に解決すべき事柄であり、別扱いにする理由はないと思います。

相手方弁護士が、相手方にとって都合のいい部分だけ主張してくるのは当たり前です。極端に弱気にならず、こちらも弁護士等の専門家に相談して対処するのがベストです。

ご質問内容と、他の回答の補足欄等を拝見しました。

事実関係が十分わからないので、安易なことは言いにくいですが、ご主人が直接ご両親にお金を借りたのではなく、質問者さんがご両親から借りてそれをご主人に渡した、ということであれば、正直、ご両親が直接ご主人に請求しても認めてもらうのは難しいと思います。
しかし、だから何ももらえないということではなく、もし、そういうことであれば、それは、婚姻費用分担・財産分与あるいは慰謝料算定にあたって考慮されるべき事項であり、それらの中でご主人...続きを読む

Q担保権・担保物権の定義はどこに明記されているのでしょう?

 担保権・担保物権・担保の定義がどの法律に明記されているのかを教えて頂きたく存じます。
 担保権につき調べた所「債務者が債務不履行を起こした際、債権者が担保として提供を受けた物について一方的に換金し、返済に充当する権利」であり、「典型担保として先取特権・留置権・抵当権・留置権等、非典型担保としては、譲渡担保権・仮登記担保・所有権留保・リース等がある」というような説明は様々な所でされているのですが、具体的にどの法律の何条にその旨、明記されているのでしょうか。
 例えば、民法には留置権・先取特権・質権・抵当権それぞれについての明記はあるものの「担保権とは~~の事である」「担保とは~~の事である」等とは明記していないようなのです。
 具体的に言いますと「担保権/担保物権・担保とは~~のことを指す。(●●法第×条△項)」の●●×△をお答えいただければ幸甚です。もし、どこにも規定されていないようなのであれば、その理由も併せてご教示頂ければ、なお嬉しく存じます。
 どうか宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

定義(条文)はありません。
理由は、定義する必要性が無いからではないでしょうか。
担保物権などの用語は、法学上、先取特権・留置権・抵当権・留置権等の総称として用いているだけと言えます。

法学で用いる用語には、解釈から導き出している便宜上の用語も存在します。
例えば、日本国憲法には「大学の自治」「適正手続きの保障」「罪刑法定主義」などの用語は存在しません。
民法でも「私的自治原則」「所有権絶対原則」「過失責任原則」などの用語は存在しません。

要するに、あなたが疑問に思っている用語は、条文上の言葉ではなく法学上の言葉ということです。

Q土地を借りている人が、その土地を他の人に貸したら違法行為ですか?

TVで見かけたのですが、こういう商売があるそうです。
土地を持っている人
「小さな土地だが、駐車場にしたりアパートを建てたりすることなく、更地のまま活用したい・・・」
商売のための土地を借りたい人
「短期間とか一日数時間の契約でいいから自由に商売をやらせてもらえる場所はないだろうか・・・」

こういう二者をマッチングして、「狭い土地の時間貸し」をするネット商売が出現したそうです。

主な契約は
借主「軽ワゴン車を使って鯛焼き屋、弁当販売、靴磨き、などの商売をする人」
貸主「小さな事務所の経営者で、営業マンが出払ったあとの駐車場を短時間で貸し出しする」
こういうニーズがマッチしているそうです。

ここでふと思ったのですが、土地を貸す側が自分の土地ではなく、地主から借りている土地を貸し出すことは可能なのでしょうか? それとも地主からクレームが入って、借り賃の何割かをピンはねされてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

底地地主の承諾があれば、可能でしょう。

現在の契約書の契約範囲を越えて、無断で、また貸しをすると、契約解除になると推測しますが。。

Q譲渡担保について

不動産の譲渡担保契約についてですが、
債務者が譲渡担保設定された不動産を別の債務の担保(抹消前に)に、
出来ないというのは分かるのですが、
債権者(譲渡担保設定者)は、譲渡担保で暫定的に得た債務者の不動産を
担保にして契約をするのは可能なのでしょうか?

又、可能であればいかにして行うべきなのか?
不可能であれば何故不可能なのか?
理由も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

可能です。
例えば、AがBから借金し、譲渡担保を登記原因としてAからBに所有権移転しており、BはCから借金し、Cは、B所有の不動産に抵当権を設定したとします。(これは、BとCの間ですから可能です。)
Bの不履行で、Cが抵当権実行し、Dが買い受けたとすれば、AはBから取り戻せなく、Dの所有権は確定的です。(民事執行法184条)

Q借金の担保となっている土地の分筆

妻の父が先日他界しました。
妻の父は事業を営んでおり、消費者金融などから借金をしていたようで、総額が1500万円ほどになるようです。
相続資産としては預貯金はなく、上記借金の担保として設定されている土地があるくらいです。
この土地の固定資産税評価額は1800万円ほどです。

この土地を相続する際、分筆することは可能ですか?
可能だとして、分筆すると担保や借金はどうなるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

技術的(登記するという意味で)には可能でしょうが、現実には難しいです。

最初にこの土地を相続するかどうかを決める必要があります。場合によっては「相続放棄」あるいは「限定承認」を考えなければならないかも知れません。

1500万円の借金を返済するためには、その担保となっている土地を売却することになるでしょうが、土地の固定資産税評価額が1800万円でも、実際にその価額以上で売却できる保証はありません。
ひょっとすると1500万円を下回る額でしか処分できないと、不足分を相続人が支払わなければなりません。

土地も借金もすべて正式に相続すると決めたのなら、まず相続手続きをして所有者を変えてから分筆手続きをしますが、その際には債権者の承諾も必要です(承諾なしでも登記そのものは可能ですが、結局相続人が債務も抵当権もそのまま引き継ぐだけです)。

なぜ先に分筆したいのか分かりませんが、分筆出来たところで債務関係は今のままです。

Q不動産担保ローンと住宅ローンの差

不動産担保ローンと住宅ローンの差って何ですか?
住宅ローンって担保割れを起こした場合負債を抱えるけど
不動産担保ローンは不動産をとられて終わりってことで良いのでしょうか?

今のご時勢、住宅ローンは担保割れの可能性あるし、
なかなか売りたいときに売れないし
それなら不動産担保ローンにしてローンを払うのが嫌になったら
不動産手放して・・・
ってこと出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>ってこと出来るのでしょうか?

出来ません

住宅ローン...自分の居住する住宅のためのローン

不動産担保ローン...お金を借りるのに「不動産」を担保にするだけ

http://allabout.co.jp/finance/loan/closeup/CU20050402A/

どちらも不動産で不足すればその金額は支払う義務が残ります

Q土地建物の担保及び借金について教えてください。

土地建物の担保及び借金について教えてください。
長文ですみません。

主人の姉夫婦がコンピューター関係の会社を経営していますが、昨年の震災後から経営状態が極端に悪化したらしく、借金の申し入れがあり、昨年の4月に300万円、今回50万円を主人と相談して用立てました。この状態では倒産するのも時間の問題のような様子です。
ご相談したいのは、主人の別の姉二人が実家に住んでいますが、その土地は主人の父名義、家は倒産が危ぶまれている姉か姉の夫名義のようでローンを返済している最中のようです。頭金は金額はわかりませんが主人の父が支払ったようです。義姉の口調から家は担保に入っていると思われます。今月の上旬に主人の父が亡くなり、倒産も近いようで心配になり、インターネットで色々調べたところ、土地が亡父の名義であると言うことは、義理の父は連帯保証人になっていたのではと心配になりました。
私達夫婦も貸したお金も返ってきそうになく、また父の葬儀でまとまった金額を出したため貯金もわずかしか残っていません。最悪の場合、今の家を2人の姉が追い出されてしまっても、父名義の別の土地を売却したお金で小さな家でも購入できればと思っていたのですが、亡き父が連帯保証人になっていたとすれば、父が亡くなってしまったら、主人や主人の姉に残りの返済が言ってくるのではと心配になりました。その場合は3ヶ月以内に相続放棄をしたほうがよいのでしょうか?また相続放棄した場合は土地を売却するわけにもいかないのでしょうか。
また亡父が連帯保証人になっていたかどうか調べる術はあるのでしょうか?
どうしたらよいか知恵をお貸しください。
義姉に事情を聞ければよいのですが事業が大変な今主人も聞きづらいらしく、また主人も高校卒業後から県外に就職しており実情は良くわからないようですし、実家の姉2人もおっとりしていてあまり実情はわかっていないようです。私も結婚して2年しかたっておらず実情は良くわかりません。実家は10年ほど前に建てたようです。

土地建物の担保及び借金について教えてください。
長文ですみません。

主人の姉夫婦がコンピューター関係の会社を経営していますが、昨年の震災後から経営状態が極端に悪化したらしく、借金の申し入れがあり、昨年の4月に300万円、今回50万円を主人と相談して用立てました。この状態では倒産するのも時間の問題のような様子です。
ご相談したいのは、主人の別の姉二人が実家に住んでいますが、その土地は主人の父名義、家は倒産が危ぶまれている姉か姉の夫名義のようでローンを返済している最中のようです...続きを読む

Aベストアンサー

「ローン」という言葉からすれば、いわゆる「住宅ローン」でしょうか?
その場合、当然銀行の抵当権が設定されていますが、
問題は土地が父の所有というところなわけですが、
まともな銀行(いわゆるサラ金街金の類いならいざしらず)なら、父に物的保証を求め、その土地を共同担保として抵当権を設定します。
人的な連帯保証人ではないはずです。
もっとも、事業されていますから、事業用資金の担保として根抵当権を設定することも考えられるわけですから、
その場合、物的保証人のみならず人的な連帯保証人を求められている可能性が全くないとは言い切れません。
一度、司法書士に直接相談してください。

なお、相続放棄すると当然、処分する権限はなくなりますし、
さきに財産処分してしまうと相続放棄ができなくなります。


人気Q&Aランキング