2リットルの容器A、3リットルのようきBがコックのある細いガラス管で連結している。コックを閉じて容器Aに水素を入れたところ圧力は3×10五乗パスカルであった。また容器Bにヘリウムをいれたところ、圧力は2×10五乗パスカルであった。温度一定でコックを開いて気体を混合させたときの各気体の分圧と全圧をもとめよ。

答えを出す過程では、容器AはV=5/2なのでP=2/5、
容器BはV=5/3なのでP=3/5 となっています。
この意味がわかりません。Vは体積の比からだすのはわかるのですが、Pが逆数をとる理由がわかりません。進路変更をしたため、この範囲の授業を受けておらず、解説だけでは理解できません。わかりやすく説明していただけたらありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

V 意味」に関するQ&A: 15A/125Vの意味とは?

A 回答 (1件)

>容器AはV=5/2なのでP=2/5、容器BはV=5/3なのでP=3/5 となっています。



容器Aの体積は2Lのまま、容器Bの体積は3Lのままです。
変わるのは中に入っていた水素、ヘリウムの体積です。
初め2Lの容器の中に入っていた水素がAB両方5Lの体積に広がるのです。体積と圧力は反比例の関係にあります(ボイルの法則)。
体積が5/2倍になれば圧力は2/5倍になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

V 意味」に関するQ&A: W/V%とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコックについて

質問お願いします。
自分の解釈では、コックはタメにつながるという解釈ですが、どうなのでしょうか・・・
今までスイング軌道の安定のためノーコックを目指していましたが、コックを使ったらリズムもよく振り切れる感じがします。&コックはどの時点で使うのがいいのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

>コックの形成時点
一般に薦められているのはテークバックが右腰(右利きの場合)に
達したところが多いですね
ある方はトップに達した時点でと教えていましたね
色々ありますのでご自身で具合のいいところでいいと思います

>コックの解除時点
インパクト直前といわれますが
右腰よりグリップが下がった時点から
ためにためて、インパクト前の一瞬までこれも色々あります

両方とも個人差がありますのでご本人の都合でいいと思います

アドバイスまで

Q気体の状態方程式で・気体分圧・全圧を求めるには?

はじめまして、お世話になります。

問)3.2gの酸素と8.4gの窒素を27℃で20Lの鉄製ボンベに入れた。混合気体の全圧・分圧を求めなさい。
N=14、O=16

ということで、PV=nRTの御出まし
P=nRT/Vに変形

酸素と窒素の原子量より個々のモル(n)を求め
P=nRT/Vに代入し分圧が出ます。
そこで問題なのですが…先生の解答では

まず先に個々のモルを足しその合計を「P=nRT/V」に代入し全圧を出しその後

全圧×1/4・全圧×3/4で個々の分圧を出しています。

でも私は個々のモルから個々の分圧出し、分圧を足し
全圧を出しました。

先生の解答はと私の解答は分圧は合ってるのですが、全圧の小数点以下が違います。手順が違う事が原因だと思いますが。

(N2)分圧+(O2)分圧=全圧、ではいけない理由を教えてください(手順が間違っている理由ですねTT)

ちなみに私の解答は「0.411」
   先生の解答は「0.492」

???化学も数学の要素がいっぱいなので、手順が大事だと思います^^;

あと、原子量が提示されてる場合は「まずモルを求めるのが先」と考えてよろしいのでしょうか?

はじめまして、お世話になります。

問)3.2gの酸素と8.4gの窒素を27℃で20Lの鉄製ボンベに入れた。混合気体の全圧・分圧を求めなさい。
N=14、O=16

ということで、PV=nRTの御出まし
P=nRT/Vに変形

酸素と窒素の原子量より個々のモル(n)を求め
P=nRT/Vに代入し分圧が出ます。
そこで問題なのですが…先生の解答では

まず先に個々のモルを足しその合計を「P=nRT/V」に代入し全圧を出しその後

全圧×1/4・全圧×3/4で個々の分圧を出しています。

でも...続きを読む

Aベストアンサー

>(N2)分圧+(O2)分圧=全圧
この式は正しいです。したがって、貴方の計算法と、先生の計算法では同じ答が得られるはずです。そこで、検算したみましたところ、全圧0.492 atmが正しいことがわかりました。おそらく、0.411 atmは単に計算の誤りと思われます。

以下、検算結果を示します。※有効数字は考えていません
(気体定数を、0.082 atm・L・mol^-1・K^-1 とします)
酸素の物質量 0.1 mol
窒素の物質量 0.3 mol
絶対温度 300 K
酸素の分圧 0.123 atm
窒素の分圧 0.369 atm
全圧 0.492 atm

Qゴルフ コックの正しい使い方

50代半ば スコア平均105  ヘッドスピード 平均 44 
ゴルフ 歴 3年です

コックを使うと
ヘッドスピード スイングがUPしスイングもスムーズにできます
よく、正しいコックは金槌を振り下ろすような縦コックと聞きますが
自分は、手の甲へ折る横コック?です

スイングの流れから自然と手首が横へ折れいくと思うのですが
間違いでしょうか?

Aベストアンサー

間違いではありません。

 冷静に考えれば分かりますが、トップの時「出前持ち」と言われる様な右手の手首は横に曲がっています。打った後はもちろん、左手側が折れるような形になっています。つまり、横の手首移動が行われているはずです。
 「近年のクラブではコックがそれほど必要ない・多くのアマチュアがコックを使いすぎる」ことから「コックは使うな」という指導方法が使われています。極端な表現の方が伝わりやすく、やり過ぎの場合は是正すればいいので、こうした表現になっています。

 縦コックには「ヘッドを体から遠くさせる=遠心力が増える」ことで飛距離アップにつながります。また横コック・縦コックは併存できるので両方やることは可能です。
 また、横コックは意識するとチーピンと呼ばれる、低くて左に行くボールが多発します。横コックはトップの出前持ち以外は意識しない方がいいスイングになります。ダウン時は手首でなく「肘と手首の間の腕」を回転させる(車のハンドルを回転させる感じ)の方が綺麗なボールが打てますよ。横コックは意識しなくても体が勝手にしてくれます。

Q高校生の化学の問題です。 ピストン付きの容器に水蒸気を満たしときの圧力をP1,圧力をV1であった。

高校生の化学の問題です。

ピストン付きの容器に水蒸気を満たしときの圧力をP1,圧力をV1であった。
次に温度を一定に保って、ピストンを押していくと、
体積がV2の時に水滴が出来始めた。
さらにピストンを押すと、体積V3の時の容器には
水と水蒸気の両方が存在していた。
この時横軸に体積、縦軸に圧力をとり、グラフで表すとどうなるか?

という問題がわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

気体の状態方程式は、PV=nRT ですよね。
最初、圧力P1,体積V, で等温圧縮ですから、nRTは一定ですね。
PV=一定 ですから、Pを例えば1とした時、Vを例えば1とすると、nRTの部分は1×1=1となります。(単位はあまり考えなくていいです)
P=2としたらV=1/2、P=4ならV=1/4 とPとVは反比例する双曲線が描けます。
P1V1 から P2V2 まではこのようにして曲線が描けます。

さてP2,V2になった時、水滴が出来始めた。これ以上水蒸気として存在できないくらい圧力が高くなった状態です。
この状態の水蒸気の量を飽和水蒸気量、圧力を飽和水蒸気圧といいます。
これからいくらピストンを押しても圧力は高くならずに水滴の量が増加するだけです。
飽和水蒸気量は温度に依存するので、問題は温度一定で問うてます。

>さらにピストンを押すと、体積V3の時の容器には
>水と水蒸気の両方が存在していた。
ここで、ある容積を残して実験が終わっていますね。

これらをグラフにすると雁垂の「厂」を左右逆にしたようなグラフになりますね。
ただし、縦軸に横棒をくっつけると間違いになる?ように思います。
分子にはこれ以上小さくならないという大きさがあります、これは先生に要確認する事項だと思います。

気体の状態方程式は、PV=nRT ですよね。
最初、圧力P1,体積V, で等温圧縮ですから、nRTは一定ですね。
PV=一定 ですから、Pを例えば1とした時、Vを例えば1とすると、nRTの部分は1×1=1となります。(単位はあまり考えなくていいです)
P=2としたらV=1/2、P=4ならV=1/4 とPとVは反比例する双曲線が描けます。
P1V1 から P2V2 まではこのようにして曲線が描けます。

さてP2,V2になった時、水滴が出来始めた。これ以上水蒸気として存在できないくらい圧力が高くなった状態です。
この状態の水蒸気の量を飽和水蒸...続きを読む

Qついさっき、見たら、燃料コックOFF。カブ90

燃料コックはONであれば、ガソリンが流れ出て、バイクが動く。
OFFであれば、ガソリンが止まり、バイク動かない。
という認識でいました。

先ほど燃料コックを見たら(購入後はじめて見ました)OFFでした。
何回も乗っていますが、バイクは動いていました。

燃料コックOFFだと、なにか不具合しょうじるのでしょうか?
それとも、この燃料コックつぶれているんでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/5075/cub/c90_carbu/c90_carbu_torituke.html

質問者のカブの燃料コックと同じか解りませんが(カブは歴史が長く他の方式の物も知っているので)3~4枚目に燃料コックのアップの画像があります、画像の状態だとOFFで手で持てる方向を上にしたらRESで手で持てる方をしたにしたらONです。

RESとは燃料タンクの中にパイプが少し出ていてそれから燃料が出ているときはONに成っていますがパイプが突き出ているためからに成りません、その残った部分の燃料を出すのはタンクの底からに成りますがそれがRES(俗に予備タンクなどと言う)実際に予備のタンクが有るわけではない。

又カブはタンクからキャブの燃料コックまでON用とRES用の2本の燃料のホースが来ていますからコックの分解時はガソリンが漏れます、普通のバイクはタンクの所に付いているけどカブは構造上難しいので昔からキャブと一体。

普段はONで乗っていてガソリンが無くなればRESにしてしばらくしてからキックすれば残っている予備燃料が有る内は走れます(残量までは知りません、又滅多に使わないとゴミでろくな事に成らない可能性も有ります)タンクの底に溜まったゴミや錆が有ればキャブに送られるので詰まったりしますから。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/5075/cub/c90_carbu/c90_carbu_torituke.html

質問者のカブの燃料コックと同じか解りませんが(カブは歴史が長く他の方式の物も知っているので)3~4枚目に燃料コックのアップの画像があります、画像の状態だとOFFで手で持てる方向を上にしたらRESで手で持てる方をしたにしたらONです。

RESとは燃料タンクの中にパイプが少し出ていてそれから燃料が出ているときはONに成っていますがパイプが突き出ているためからに成りません、その残った部分の燃料...続きを読む

Q容器内の圧力と蒸気圧の関係

化学重要問題集(数件出版)P24 52(イ)の問題です。

容積を変えることで圧力を一定に保つことができる密閉容器を純物質で満たし、容器内の圧力を一定に保ちながら物質が固体から気体になるまで加熱した。

このとき、解答によると
「物質が液体である間、蒸気圧は一定である。」
という選択肢は誤っているそうなのですが、そこがわかりません。
圧力を一定に保っているのだから、蒸気圧は一定なのではないのでしょうか?
わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

相律によればFを自由度、Cを独立成分数、Pを相の数として
F=C-P+2
です。純物質ならC=1です。もし液体と蒸気が存在するならP=2ですからF=1-2+2=1となります。示強変数として実験で自由に選べるのは1個です。圧力を指定したら温度は自由度がなく、対応するたった一つの値に決まってしまいます。
圧を設定して温度を変えて行く場合、水を例にとって起こることを考えて見ましょう。水の場合、低温では氷です。圧力を一定にして昇温したら、相図からすれば、ある温度で水蒸気が出来るか、または水が出来るかです。その温度においてだけ固液共存あるいは固気共存になります。設定圧が高い方であれば、固液共存になりその共存温度を超えれば全ての氷が水になります。この時水蒸気は共存できません。さらにこの液体の温度を上げ続けると、その圧できまる”ある温度”で気液共存する線にぶつかります。そこを超えたところですべての水が水蒸気になります。

Q外国人コック雇用のビザについて

アジアンカフェの開店準備をしています。知り合いを通して、スリランカからコックを呼び雇いたいと思っています。コックの雇用ビザについて教えてください。

1)友人は、研修生ビザでコックを雇えると言うのですが、研修制度に、コックのカテゴリーはあるのでしょうか。

2)外国からコックを雇うときの労働ビザの種類は、
「技能」ビザで合っていますか?

3)コックの技能ビザ取得の要件は、コックとして職務経験が10年以上で、日本人と同等額以上の給料を支払うという2つで合っていますか?また、他に条件があれば、教えてください。

4)カフェの開店に合わせてビザを取得することは可能でしょうか?または、カフェを開店して、何年かしないと取得は無理でしょうか。

以上の質問で、1つでもお分かりになる方、どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1)友人は、研修生ビザでコックを雇えると言うのですが、研修制度に、コックのカテゴリーはあるのでしょうか。

仰る状況では、研修生を受け入れる条件に全く合致していません。未開店という状況で人に物を教えることが可能な状態でない、教えるといっても当該国に無いか著しく遅れている技能という訳でもない、そのように研修を実施する体制が無いところに研修者を受け入れることは不可能ですし、許可などおりません。
可能性があるとすれば、例えば「伝統的な日本料亭を開店している。世界に日本料理を広めてもらうために日本料理の技能を伝授させたい」という状況です。

>2)外国からコックを雇うときの労働ビザの種類は、
>「技能」ビザで合っていますか?

85%当たりで15%はずれです。
「外国から」ではなく「外国人の」、「労働ビザ」ではなく「在留資格」、「「技能」ビザ」ではなく「技能の在留資格」です。
細かいことですが、今後経営者として外国人を雇用するのであれば誤りなく理解されることをお勧めします。

>3)コックの技能ビザ取得の要件は、コックとして職務経験が10年以上で、日本人と同等額以上の給料を支払うという2つで合っていますか?また、他に条件があれば、教えてください。

その他、雇用にあたっては、社会保険、雇用保険、国民年金の手続が必要です。

>4)カフェの開店に合わせてビザを取得することは可能でしょうか?または、カフェを開店して、何年かしないと取得は無理でしょうか。

割りと正しい知識を得ていることから、かなり真剣に検討されていると思いますので、現実的なことを書きます。
まず、稼動実績がないので、その辺の計画を誰の目から見ても間違いのないものを建て、計画通りに行かなかった場合の資金の計画、営業場所の賃貸し契約書などを携えて、在留資格認定証明を申請することになります。
現実的に在日スリランカ人は少ないわけでもなく、また料理人という資格でも不足とは思えない状態です。すると現実的に入管は「既に在留資格を持っているスリランカ人もいるでしょう。日本で募集しなさい。どうしてもその人でなければならない合理的かつ客観的な理由があれば、申し出てください」というでしょう。
例えば「もう2年も募集しているが、なかなか引き抜けない」とか、「スリランカの○○地方の料理がメインであり、それをできる在留スリランカ人はいない」とか、「彼は○○コンクールの金賞を得た人間だ。本格的スリランカ料理店を経営していくうえで、彼の技能が特別なメリットになる」などです。
現実的にいって、その方に限って招聘するのは難しいでしょう。経営実績は大きな武器になりますが経営実績がないことは大きなマイナスです。
もしうまくいったとしても、申請から在留資格認定まで3ヶ月ぐらいはかかります。その後、在外大使館で査証申請、等々、最短で4ヶ月、最長で半年程度はかかるでしょう。一方、店舗の賃貸し契約から開店まで少しでも短くするのは商売の鉄則ですから、開店準備に4ヶ月以上かける人も少ないのではないでしょうか。その方を招聘できるまでには数年の経営実績が出来ていることと思います。

>1)友人は、研修生ビザでコックを雇えると言うのですが、研修制度に、コックのカテゴリーはあるのでしょうか。

仰る状況では、研修生を受け入れる条件に全く合致していません。未開店という状況で人に物を教えることが可能な状態でない、教えるといっても当該国に無いか著しく遅れている技能という訳でもない、そのように研修を実施する体制が無いところに研修者を受け入れることは不可能ですし、許可などおりません。
可能性があるとすれば、例えば「伝統的な日本料亭を開店している。世界に日本料理を広...続きを読む

Q混合気体20Lを25Lの容器に封入しても、圧力が変わらないのはなぜ?

数研出版の「化学I・II重要問題集」のなかに、わけの分からない問題があったので、質問させていただきます。
「0℃、1.0×10^5Paにの一酸化炭素10リットルと酸素10リットルとを容積25リットルの容器にとり、一酸化炭素を完全燃焼させた。燃焼後の混合気体の温度を0℃として、容器内の混合気体の全圧を求めよ。また、燃焼後の混合気体中には何molの酸素が残っているか」
という問題ですが、容積25リットルの容器に一酸化炭素10リットルと酸素10リットルを取った段階で、もうすでに気体の圧力は1.0×10^5Paではないはずですよね?でも、解答には『反応後の気体の体積は15リットルであり、これが25リットルの容器中に存在するので、ボイルの法則より、1.0×10^5×15=P‘×25 よってP’=6.0×10^4(Pa)とあります。つまり、合計20リットルの混合気体を25リットルの容器に封入したときも混合気体の圧力は1.0×10^5Paであり、反応した直後も、1.0×10^5Paである、というのは、よく分かりません。どうしてなのでしょう。こういうことってありうるのでしょうか?

数研出版の「化学I・II重要問題集」のなかに、わけの分からない問題があったので、質問させていただきます。
「0℃、1.0×10^5Paにの一酸化炭素10リットルと酸素10リットルとを容積25リットルの容器にとり、一酸化炭素を完全燃焼させた。燃焼後の混合気体の温度を0℃として、容器内の混合気体の全圧を求めよ。また、燃焼後の混合気体中には何molの酸素が残っているか」
という問題ですが、容積25リットルの容器に一酸化炭素10リットルと酸素10リットルを取った段階で、もうすでに気体の...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんのいう通り、混合気体を容積の異なる容器に移しかえた時、
そして反応後は、それぞれ圧力は変わっています。

しかし、圧力&体積変化をと化学反応を一緒に考えようとすると
複雑なので、まず圧力一定のまま反応させたとしましょう。
そして反応後の気体を容積25リットルの容器に移し替えてみたら?
というのが解説の考え方なのです。


圧力一定のままの反応は化学式を書けば一目瞭然ですが、
一酸化炭素10リットルと酸素5リットルが反応して
二酸化炭素10リットルが出来、残った酸素が5リットル、
合計15リットルです。つまり「反応後の気体の体積は
15リットル」これは、気圧1.0×10^5Paにおける体積です。

解答を補足するなら、『反応後の気体の体積は
(気圧1.0×10^5Paの中では)15リットル」
ということです。

で、これを25リットルの容器に移しかえますと、
ボイルの法則(pv=一定)により、6.0×10^4Paです。


もちろん、移しかえた際の圧力変化をボイルの法則で計算し、
これを反応させ、反応後の二酸化炭素と未反応の酸素の
混合気体の圧力を求めても同じ答えになります。

ボイルの法則と質量保存の法則をあわせて考えれば、
どちらの考え方をとってもたどり着く答えは同じなのです。

質問者さんのいう通り、混合気体を容積の異なる容器に移しかえた時、
そして反応後は、それぞれ圧力は変わっています。

しかし、圧力&体積変化をと化学反応を一緒に考えようとすると
複雑なので、まず圧力一定のまま反応させたとしましょう。
そして反応後の気体を容積25リットルの容器に移し替えてみたら?
というのが解説の考え方なのです。


圧力一定のままの反応は化学式を書けば一目瞭然ですが、
一酸化炭素10リットルと酸素5リットルが反応して
二酸化炭素10リットルが出来、残った酸...続きを読む

QTZR250(1KT)のタンクコックにTZR250(3MA)のコックは

TZR250(1KT)のタンクコックにTZR250(3MA)のコックは付きますか?

初めまして。TZR250(1KT)を入手しました。

タンクが錆びているので錆び取りをしようと思ったら、カウルのところには負圧コックがありますがタンク直下にありません。

これだとガソリンが入ったまま簡単に外せません。

3MAなどはタンク直下のコックがあったと思いましたがねじのピッチなどは同じでしょうか?

誰か流用した方いますか?教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ちょっとうろ覚えですけど、負圧コックをフレームに止めてるネジを外して、キャブに行ってるホースを外して負圧コックをフレームの中に入れてからタンクを持ち上げてたら負圧コックはタンクに付いたまま外れてたように思います。
3MAのが付くかは解りません。

Q浸透圧と気体の圧力。薄い方→濃い方or濃い方→薄い方?

よろしくお願いいたします。
いま出先で考えていてわからなくなりました。
浸透圧や気体は、表題のどちらの方向に動くのですか?

また今回のようにいつもあれ??と思うのですが
方向はどのように理解すれば良いでしょうか?
あわせてご教授よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

仕組みを理解せずに結果だけ覚えようとするからそうなる。
 理科の勉強方法としては失格!!

 図で、水は膜を自由に通過できるが溶質は通過できないなら、右から膜に衝突する水分子と、左から衝突する水分子はどちらが多い???

 気体に置いても同様。二酸化炭素はゴムを透過しやすいので、しぼんだゴム風船を二酸化炭素の詰まった容器に入れると膨らむ。

 凝固点降下も、同様な現象なので、気体方程式と、よく似た式が現れる。衝突する数(分子数)と衝突頻度(温度)のね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報