古今和歌集の369番

今日別れ 明日は近江と おもへども 夜やふけぬらむ 袖の露けき

に使われている助動詞・技法(枕詞、掛詞など)・現代語訳 がわかりらないので教えてください。

和歌の初心者なので変な質問の仕方かもしれませんがよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今日別れ 明日は逢ふ身と 思へども 夜や更けぬらむ 袖の露けき



 歌だけを取り出して素直に解釈すれば

  近い将来あなたと一緒になるのだから、今別れても悲しいことは
  無いはずなのに、どうして袖が(涙で)ぬれてしまうのかしら。
  あ、ちがう、違うの、これは涙なんかじゃないの。
  夜露のせいで濡れたの……

となります。「逢ふ身」に「近江(あふみ)」を掛けてあるので、

  近い将来あなたと一緒に近江の国で暮らすのだから、

となります。ただ、実際には、この歌は、貞辰(さだとき)親王の邸の夜宴で、近日、近江の介に任官して近江の国に行く藤原清生(きよふ)への「はなむけ」として紀(きの)利貞(としさだ)が詠んだものです。上のような一般的な内容(恋人との別れ)を匂わせて宴を盛り上げつつ

  今日別れて、明日は近江に着く。すぐ近くだし、会いに行ける。
  なのに、どうしたことか…… 夜が更けたせいかな、湿っぽくなるね。

と離別の心情を吐露したものです。
    • good
    • 0

少し気になることがあります。

かな書きにして構文分析しますので参考にしてください。

(結果・現実)
  けふ─わかれ┐   (今日は 別れても)
  あす→あふ─┴─み (明日は 逢う身=夫婦)
 と おもへども (逆接)(それなのに) 
  つゆけき─そで   (涙に濡れる なぜ)
(原因推量) 
  よや ふけぬ らむ
    • good
    • 0

宿題でしょうか…。


宿題の答えを直接書くのはまずいんですよね。

>和歌の初心者
ということで、大人でこれから「和歌」というものを身につけ勉強していこうと言うことなら、なおさら古今和歌集ぐらいは図書館で読むとかしたいものですが…。
角川ソフィア文庫にも入ってるので廉価に入手できます。


もし宿題だとしたらの場合に備え、ヒントだけ書きますね。
・助動詞については「助動詞活用表」を見て、同じ助動詞がどこにあるか探してみてください。
・掛詞は「別れ」がヒントです。これだけバラすだけでも結構なずるなので、これ以上は言えません。
・それから技法としては係り結びがあるので、学校の教科書なり参考書なり便覧なりから「係り結び」の項目を読んで、係り結びで使われる助詞とその結びを探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて下さったことを参考にさせていただいて調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 22:58

できれば、どこがどのように分らないのかを具体的に述べていただくと回答される方が回答を書きやすいのではないかと思います。


この歌なら、私のような素人でも意味は取れます。
ほとんど現代の短歌として読んでも、特に違和感は覚えないのではないでしょうか。
「今日別れ 明日は近江と おもへども」の部分は、現代語と同じですね。
「夜やふけぬらむ 袖の露けき」も、前半は誰でも分るでしょう。
引っかかるとしたら、後半の「袖の露けき」でしょうか?
それも、特に判り難い表現とも思えない。「露けし」は形容詞で、「けし」は接尾語。連体形。意味は、「露っぽい。しめっぽい」と辞書に出ています。
なぜ「露っぽい」のかといえば、「今日別れ」なければならないから。作者名が付されていませんが、女の歌でしょうか。
男女の別れのような気がします。
その程度のことは、素人の私にも分りますが、技法だの何だの、面倒なことは分りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/21 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本史や世界史の読めない漢字

独学で日本史と世界史を勉強しているのですが
地名や人名などわからない漢字の読み方があり詰まってしまいます。
ネットや漢字辞典で調べてはいるのですが時間がかかるうえ本当に合っているのかわからりません。

なにかよい教材、ホームページなどあったら教えてください。
また読み方のコツなどもあれば宜しくお願いします。

いま使用している教材は山川出版社の詳説日本史(世界史)書きこみ教科書です。

Aベストアンサー

書き込み教科書も便利ですが、まずはふつうの高校生用の教科書をつかってはどうでしょう。難しい漢字にはルビが振られています。また用語集も使うと良いと思います。

難しい、といってもさほど数はないと思います。まずは読んで、喋って、音で覚えて、あとは綴りをマスターすればいいと思います。

世界史では王ギ之が一番難しいかと思います。日本史は土地の名前などが特徴があるので、そこから入ればいいと思います。特に、旧国名は覚えておくと便利です。讃岐、周防、備後etc

人物は時代によって特徴がありますが、僧の名前が面倒でしょうか。ミン、コンチイインスウデンなど読みにくいものばかりです。また法令の名前も読みにくいものばかりなので、先ほども書いたように、音読してリズムをつかむことが重要です。

要は”慣れ”です。がんばって

Q思ひ・火の掛詞を使った和歌はありますか?

ぱっと思いつかなかったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です
他にも見つけましたので載せておきます。

あやしくもわがみ山木のもゆるかな思ひは人につけてしものを
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tadamiti.html#LV

人しれぬ思ひをつねにするがなる富士の山こそわが身なりけれ
http://www.ne.jp/asahi/home/douraku/

しらやまの雪の下なるさざれ石のなかの思ひは消えむものかは
http://eva.genji.cc/boujin/sarasinanikki-091.htm

人にあはむ月のなきには思ひおきて胸はしり火に心やけをり
http://www.milord-club.com/Kokin/uta1030.htm

恋の歌には多いようですね。
参考になれば幸いです。

Aベストアンサー

配点によるでしょうね。

ひらがなで人名を書いて、

0点か1点か、なら、1はつけられないから0点だろうし、
3点がふられていれば1点はもらえるかもしれない。
記述問題で20点がふられていれば記述内容に誤りがなく
他に誤字もなければ、ひょっとすると度忘れかと思ってもらえ
減点されないかもしれない。

ということで『東大しか受けない』なら、枝葉にこだわるより流れや縦横で
歴史を把握し理解することに重点を置かねばならないかもしれない
けれど、併願も考えているなら全部覚えましょう。

それだけ気が散って勉強どころではないタイプなら東大(あるいは京大)
一本というのは到底勧められません。たくさん滑り止め(というより
実力相応校)を受けておく必要があると思います。

Q古今和歌集の返歌について

「秋来ぬと 目にはさやかにみえねども風の音にぞ おどろかれぬる」「人はいさ 心も知らず ふるさとは はなぞ昔の 香ひほひける」の返歌を考えてるんですがなかなか思いつかないので。だれか返歌を歌って参考にさせてください。おねがいします。

Aベストアンサー

秋きぬと風の便りも聞こゆれどなおもみじ葉は名のみなりけり
ふるさとの花の香りはかわらねど人もわが身も同じあたわず

Q大学入試の世界史選択に関して質問です。

大学入試の世界史選択に関して質問です。

当方、歴史自体は好きなのですが、どうも世界史はカタカナなどの横文字が漢字に比べて覚えにくい上に、時間もかかります。
大学入試で世界史を選択した方にお聞きしたいのですが、カタカナなどの横文字アレルギーは世界史の学習を進めていくにつれて払拭されていくものでしょうか?

Aベストアンサー

払拭されていきますよ。
世界史と日本史、どちらも好きだったので、選択にはかなり迷いましたが、
結局世界史を選びました。

人間は、各自それぞれいろんな考え方を持っていますが、
私は世界史の答えは「カタカナ」だから、漢字間違いがないので助かるなあという
単純発想で世界史を選択しました。

要は慣れですよ。
例えは悪いですが、私はJ―POPと洋楽、両方とも大好きなので聞いていますが
洋楽を聞く時間が長くなってくると、日本語の歌詞が流れるJ-POPのほうが
耳に違和感をおぼえるようで、しっくりとこなくなってきます。
(だからカラオケでは村八分にされますが・・・涙)。

19910822さんの学力があれば(失礼、以前の質問からの推測です)、
たいした問題ではないですよ。
そのうち自然とカタカナに慣れてきますから。

Q古今和歌集について

古今和歌集について

授業で勉強している古今和歌集についての質問です。

伊勢物語との関わりで、どうして伊勢の成立年代がなぜ905年以降と
いえるのか?という疑問です><

知っている方、どんな些細なことでもいいので教えて頂けると助かります!

Aベストアンサー

日本古典の中でも、とりわけ『古今和歌集』と『伊勢物語』を愛読してきた者です。

>伊勢の成立年代がなぜ905年以降といえるのか?

『伊勢物語』の成立事情については、いまだに研究者たちにとっても不明な点が多々あることについてはご存じですよね。
そうは言っても、現行の『伊勢物語』のテクストが生成される前段階の、より古い原形らしきものが『古今集』編纂の勅命が下された905年以前に存在していたはずと考えられております。

それが現存の『業平集』にも通じる家集に近いの形を取っていたのか、それとも多くの人々の口伝てによる歌語りのような形を取っていたのかとなると、これを確認するための文献資料は残っていないようです。
しかしながら、『古今集』編纂時には、こういう業平の歌やエピソード(逸話)を記録したものがあって、編者たちがこれらを参照したことが『古今』序に記されています。

現行『伊勢物語』のテクストを検証すると、『古今和歌集』や『後撰和歌集』から歌を取り込んで物語が作られている章段があることからして、確かに『伊勢物語』の原形は『古今集』以前に存在していたにせよ、現行の物語に近いテクストが成立するまでには、『古今』、『後撰』はもちろん、その他の歌集・家集、歌語り、伝承、逸話の類からも多くの題材を取り込みながら生成発展していったと考えられているようです。

ということで、現行の『伊勢物語』にほぼ近いテクストが成立した年代は、どんなに遡ろうとも、『古今集』編纂の勅命が下された「905年以降」であると推定せざるをえないのです。

日本古典の中でも、とりわけ『古今和歌集』と『伊勢物語』を愛読してきた者です。

>伊勢の成立年代がなぜ905年以降といえるのか?

『伊勢物語』の成立事情については、いまだに研究者たちにとっても不明な点が多々あることについてはご存じですよね。
そうは言っても、現行の『伊勢物語』のテクストが生成される前段階の、より古い原形らしきものが『古今集』編纂の勅命が下された905年以前に存在していたはずと考えられております。

それが現存の『業平集』にも通じる家集に近いの形を取っていたのか、そ...続きを読む

Q日本史と世界どっちが役に立つ

人生の中で日本史と世界どっちが役に立つものでしょうか?私は漢字が苦手だったので世界史にしました。それがよかったかどうか未だに分かりません。

Aベストアンサー

◆Naka◆
あくまで高校教育の中に限りますが、私は世界史の方が役に立つだろうと考えています。
そもそも「歴史」というものが、いったい何の役に立つと思われますか??

それは「同じ過ちを二度と起こさない」ということなのです。
どういう経緯で戦争が起きたのか?
どのような政治が国を滅ぼしたのか?
こういった事例をいくつも勉強することにより、「国の道を誤らせない大人」が育成されていくのです。
つまり、選挙で国にとって本当に有益な人を選ぶ、あるいは自らが政治家となって国の舵取りをしていく、そういう大人になってもらうことが目的だと言い切ってもいいと思います。

ですから当然歴史の一番大切な学習は、流れ、因果関係をつかむことにあります。
細かい人名や年代を暗記することではありませんね。
そのような観点から考えると、今の高校の日本史は細かすぎます。(あくまで高校生にとって、という意味です)
少しでも詳細な知識を詰め込む、というところに重点が置かれ過ぎているのです。
その点、世界史はかなり広範囲な地域におけるそれぞれの歴史の転換点を中心に、本当に重要な項目のみを積み重ねていくので、「歴史」の意義をつかみやすい、という利点があります。
またこれから国際人を目指す人にとっても、他国の文化や歴史に触れておくことは非常に大きな意味があることでしょう。

さて、高校における「歴史」の勉強は、ある意味、別の役にも立ちます。
それは大学受験です。
大学受験で選択する科目として、日本史と世界史、どちらが良いか、という問いに対してならば、私は僅差で日本史の方に軍配を上げます。
大抵の大学では、社会が受験科目にある場合、日本史も世界史も両方ともあるところがほとんどですから、「どちらでもいいだろう」と思われるかもしれません。
確かにどちらを選択してもそれほど優劣はありませんが、「歴史」が特に好きなわけではない、という普通の人にとっては、明らかに日本史の方が勉強しやすい、ということはあるんです。

世界史は世界のあちらこちらに飛びながら勉強します。
同じ地域でも国家自体もその規模もどんどん変わります。
ですから「同時代の世界の様相」をつかむのが大変難しいと感じる人も少なくありません。
また、「ある一つの国家のみに注目した歴史」というものもつかみにくくなっています。
歴史が大好き、という人にとっては苦痛でもありませんが、一般の高校生にとってなかなか大変な学習作業となることは確かです。
その点、日本史は「日本」というほぼ単一の国家の、一直線の流れだけを学習するので、混乱しにくく、人名も事件名も一応日本語ですから受け入れやすい、という利点があるんです。

というわけで、目的が変われば結論も変わってきてしまうわけですが、質問者さんはどのように歴史を勉強していきたいとお考えでしょうか??

◆Naka◆
あくまで高校教育の中に限りますが、私は世界史の方が役に立つだろうと考えています。
そもそも「歴史」というものが、いったい何の役に立つと思われますか??

それは「同じ過ちを二度と起こさない」ということなのです。
どういう経緯で戦争が起きたのか?
どのような政治が国を滅ぼしたのか?
こういった事例をいくつも勉強することにより、「国の道を誤らせない大人」が育成されていくのです。
つまり、選挙で国にとって本当に有益な人を選ぶ、あるいは自らが政治家となって国の舵取りをして...続きを読む

Q新古今和歌集 939番歌

月曜日に宿題で和歌新聞というものを作らなければならないのですが、
(1)語釈。文法の説明(品詞分解など)。
(2)通訳(現代語訳)
(3)作者の解説。
(4)和歌の修辞法についての説明。
(5)その他、歌集、時代背景、裏話など
上記の解説がされているサイトはないでしょうか?
新古今和歌集 939番歌です。

Aベストアンサー

まず単純な宿題に答える訳にはいかないので、方法を。

新古今和歌集 939番歌というもは無いので、質問に歌を入れるべきですよ。番号は後から付けたので本によって番号が違いますから。
(1)まず一語一語古語辞典を調べてみる事。10回も引けば済みますよ。ただし、「なれや」は、「なりや」で調べた方が良いかも。
(2)通訳というものは、無いので、それぞれの解説本によって違います。その一つを探すには、明日図書館に行って新古今和歌集という本を探す。
その下調べとして、Yahoo!やgoo、Googleで歌で検索を掛けてみる。ゑはweと入力すれば出てきます。
(3)壬生二位(この人のあだ名。本名は違います)は、百人一首にも撰ばれていますから、検索を掛ければ直ぐに出ますよ。忠義に熱く、性格のとても良い人です。
(4)修辞法は特にない。「や」は係り結びではないので注意。句切れはある。
(5)老若五十首歌合については、情報が極端に無くなるので、歌合というのを辞書で調べる。新編国歌大観という積み上げると約2mの本の中から探すのは、ちょっと無理でしょう。
羇旅歌というも辞書で調べましょう。

ここまで調べてからどうしても分からないところがあったら聞いてください。

この歌は、マイナーだけどとても良い歌です。是非好きになって憶えて欲しいので。

まず単純な宿題に答える訳にはいかないので、方法を。

新古今和歌集 939番歌というもは無いので、質問に歌を入れるべきですよ。番号は後から付けたので本によって番号が違いますから。
(1)まず一語一語古語辞典を調べてみる事。10回も引けば済みますよ。ただし、「なれや」は、「なりや」で調べた方が良いかも。
(2)通訳というものは、無いので、それぞれの解説本によって違います。その一つを探すには、明日図書館に行って新古今和歌集という本を探す。
その下調べとして、Yahoo!やgoo、Goo...続きを読む

Qセンター選択教科 世界史or日本史

こんにちは
僕は文型の高校二年です。

現在世界史B、日本史Bを履修しているんですが、
来年度センターで使う教科を選択しなければなりません。

センターは歴史どちらかと現代社会で受験をします。

ここからが本題なんですが、
日本史と世界史の選択に悩んでいます。

今の時点では模試や校内実力考査ではほとんど点数に差はありません。
(日本史は江戸初期 世界史は百年戦争あたりまで)
調べた限り世界史の方がセンターで高得点を取りやすいとのことでした。

興味は日本史≧世界史です。

日本史
・文化(特に建造物)が覚えずらい
・漢字が覚えずらい

世界史
・時代が掴みずらい

この様な状況です。
どなたかアドバイスをいただけると幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、質問者さんと同じく高2です。
私も今日本史か世界史どちらをとるか選択を迫られている状態です。
通っている高校の世界史担当の先生が言っていたことなのですが
「二つの教科の点数にあまり差がないのなら、好き嫌いで選べ」とのこと
「世界史はよっぽど好きな人でないと無理」らしいです。
まず、質問者さんが言うように
浅く広く学ぶ故、時代と場所を行ったりきたりするので
全体の流れが把握し辛いことや、
同じような名前が多く間違えやすいこと。
場所の名前なのか人の名前なのか分かり辛いことがデメリットらしいです。
その点日本史は
小学校から学んでるからか取っ付きやすく
時代の流れも把握しやすい。
漢字もあるし、内容も深いが逆に日本史の時代背景が見えてきて
おもしろくなると言っていました。
質問者さんの興味が世界史よりも日本史よりのようですので
私は日本史をとるとこをオススメします。
ご参考になれば幸いです。

Q新古今和歌集の訳・品詞分解

新古今和歌集で
「西行法師、すすめて、百首歌詠ませはべりけるに
見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ
                       藤原定家」
これについて「西行法師、すすめて、百首歌詠ませはべりけるに」の部分の訳がわかりません。 また、「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」の品詞分解、修辞を教えてください。

Aベストアンサー

品詞分解…宿題か何かですか?

見渡せ/ば 花/も/紅葉/も なかり/けり 浦/の/苫屋/の 秋/の/夕暮れ

単語わけだけしてみたので、あとは頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報