家光 家綱の側室に養春院という同じ名前の人物がいますが
同一人物なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

徳川将軍家墓碑総覧


P327には 養春院は家綱の側室で、家光の側室にはいませんね。
徳川諸家系譜 4
P109 にもそのように書いてある

つまりWIKIPEDIAの間違いかなと
http://books.google.co.jp/books?ei=3XIVSvamMobgk …養春院&as_brr=3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家光の側室のおまさの方をWIKIで養春院と間違え
表示されていましたが、後に削除されたようです
しかし表題の妻の欄には依然残っています(ていねいに赤字で)
WIKIもまちがえが結構ありますね
ご指摘の書籍は間違えはなさそうですね
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/22 09:12

こんばんわ。


NO3.です。

>>夜のお相手が上達したところで越し入れをしたというのは
ほんとうでしょうか?

昔は、例えば、江戸の庶民の実態を見てみると、男60%、女40%でしたので、男は一生涯独身で暮らす人も多かった。
従って、一緒になってくれる女がいれば、処女でなかろうと、子持ちであろうと、所帯を持ちました。

まあ、将軍家あたりでも、実際に、家臣の妻を好きになり、大奥へ入れたりもしていますので、その「逆バージョン」もありましたね。
柳沢吉保なども「染子」を側室としていますが、綱吉の側室であり、下賜された人物ですよね。
しかし、綱吉は、度々吉保の自宅に訪れています。
たぶんに、綱吉と染子の密会場所だつたのでは・・・と、推測されます。

吉宗と竹姫・・・恋愛関係にあった。
と、多くの書物にも書かれていますので、男女の仲はあったのかも知れませんね。
しかし、吉宗が将軍であるがゆえに、「許された」ことであり、逆に、「封印」されて「闇」に葬られたのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

竹姫をいろいろと調べましたが
吉宗が竹姫を継室に強く望んだが天英院の猛反対で頓挫した
ようですので、かなりの恋愛感情があったようです、
仕方なく養女にしたようですが、養女というより夜のお相手
が主だったようです、最終的に薩摩藩に越しいれとなりましたが
いろいろもめたようです、しかし幕末に薩摩が台頭してきたのは
竹姫の越しいれがきっかけだったようです

ありがとうございました

お礼日時:2009/05/26 11:41

こんばんわ。


NO3.です。

>>家綱が家光より側室をもらい下げで拝領
したのかと思いまして質問してしまいました

一瞬、そのような考え方も起きるかも知れませんが、将軍家として、つまり、武家の棟梁として、結構、「秩序」が重んじられました。

※3代家光が将軍になるに当たっても、春日局の尽力があったとは言え、「長子優先」が基本とされましたよね。

※5代綱吉の養女「竹姫」と8代吉宗の関係が、私の脳裏に浮かびました。
「竹姫」

(1)5代綱吉と側室・大典侍局(おおすけのつぼね=寿光院)の養女。

(2)大典侍局は、綱吉の側室でしたが、子に恵まれなかったため、姪の竹姫を養女に望んだ。

(3)綱吉も紀州藩主徳川綱教に嫁いだ一人娘の鶴姫を亡くしたばかりだったため、特別に、側室に養女を迎えることを許可する。

(4)宝永5年(1704)7月、会津藩主松平正容の嫡子久千代(正邦)と婚約するも、宝永12年久千代早世。

(5)宝永7年(1710)、有栖川宮正仁親王と婚約するも、享保元年(1716)、輿入れ直前に親王が没する。

(6)将軍は8代吉宗の代となる。

(7)正室を亡くしていた吉宗は竹姫を継室に望むも、5代綱吉の養女であり、仮にも「大叔母」に当たるため断念。

(8)吉宗は、それでも、竹姫を案じ、養女とする。

(9)一説には、吉宗と竹姫は恋愛関係にあった、とも言われているが定かではない。

(10)さらに、二度の婚約までしても、その相手が立て続けに死亡したことで、婚家探しは難航。

(11)享保14年(1729)、ようやく薩摩藩主島津継豊との縁組が成立。

少々「余談」でしょうかねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
養女として迎えたのに、中にはもっぱら夜のお相手専門という
養女がいたと本で読んだことがあります
夜のお相手が上達したところで越し入れをしたというのは
ほんとうでしょうか?

お礼日時:2009/05/23 08:59

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>家光 家綱の側室に養春院という同じ名前の人物がいますが
同一人物なのでしょうか?

Wikipediaを見られたのでしょうか。
Wikipediaも間違いを起こすことがありますね。

ちなみに、
家光の正室、側室
正室・孝子・・・鷹司信房娘・・・本理院
側室・お夏の方・・・京都の町人弥市郎(のち、旗本藤枝重昌)娘・・・順性院
側室・お万の方・・・公家六条有純娘・・・永光院
側室・お玉の方(お国の方とも呼ばれた)・・・関白二条氏家の家司本庄宗利の義理娘・・・五代家綱生母・・・桂昌院
側室・お楽の方(お蘭の方とも呼ばれた)・・・古河藩領の百姓青木利長娘・・・宝樹院
側室・お振の方・・・幕臣町野幸和娘・・・自証院
側室・お琴の方・・・浄土真宗寺院徳円寺住職娘・・・芳心院
側室・お里佐の方・・・正室孝子の侍女、父親不明・・・定光院
側室・おまさの方・・・不明

家綱の正室、側室
正室・顕子(あきこ)・・・伏見宮貞清親王娘・・・高厳院
側室・お振の方・・・吉田兼起娘・・・養春院
側室・お満流の方・・・佐脇安清娘・・・円明院

家光は8人の側室をもちましたが、家綱は病弱であったため、2人しか側室はもつことができませんでした。
NO1.の方が言われるように、

家光の側室・お振の方・・・自証院

家綱の側室・お振の方・・・養春院

が混同されたためと考えますが、

「徳川実記」によると、家綱の側室・お振の方について、
「お振の方と呼ばれたようであるが、その実つまびらかならず」
と、あり、朱墨で「、」「、」と印が付けられており、武士の娘ではありましたが、父親の吉田兼起は身分が軽るかったため、あまり記録としては残らず、実際には「お振の方」とは呼ばれてはいなかった可能性もあることを窺わせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度丁寧な回答ありがとうございます
WIKIを結構信用しておりまして、家光の妻の欄に赤字で養春院と
でていたものですから、家綱が家光より側室をもらい下げで拝領
したのかと思いまして質問してしまいました
中世以前ならともかく江戸で同じ側室を親子が共有することはありませんね、徳川実記等権威のある書物で調べなければいけませんね
結論としてWIKIの単純な間違いのようです(養春院の削除の記録
もありましたが現在も掲載されたままです)

お礼日時:2009/05/22 16:58

私も文献、資料等を調べてみましたが、徳川家光の側室の中に「養春院」を見つけることはできませんでした。


家綱の側室の1人が「養春院」でした(吉田兼起の娘とされています)。

その中で1点もしかしたら…と思ったのは、家綱の側室である「養春院」の俗名というか、大奥での名前が『お振(の方)』だったようなのですが、家光の側室の1人である「自証院」も名前が『お振の方』なのです。

このあたりから、もしかしたら混同があったのでは…と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
私がWIKIだけで質問してしまいました

お礼日時:2009/05/22 16:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川秀忠の側室と徳川家光の正室について

徳川秀忠の子、保科正之の母の静ですがウイキペディアの徳川秀忠
のページでは側室としてかかれていますが、ウイキペディアの大奥の
ページの将軍の側室一覧では側室として記載されていません。
どちらが正しいのでしょうか?
個人的には静が保科正之が誕生前から誕生後も江戸城内に住んでいませんでしたし、
正之が徳川又は松平を名乗っていませんので正之は隠し子
(正室の江与には知れていたが諸大名には内密)であったため、側室
扱いではなかったと思います。

もう一つ質問ですが、
徳川家光の正室である鷹司孝子と家光の仲が険悪であったと言う記録が
あり(様々な書物)事実と思われますが、険悪な理由はなんだったのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、側室については大奥にしかるべき部屋をもちお付きのものたちが配され公認されなければ、側室ではありません。質問者さんの解釈で良いと思います。

さて、家光の夫婦仲の悪さですが、普通は朝幕関係の緊張関係が影響してと考えるのが正論でしょう。

鎌倉以降、どんどん実権を奪われつずけた朝廷は豊臣政権下では大きく影響力を回復しました。しかし、徳川政権は家康が禁中並びに公家諸法度を制定するなど朝廷を縛る動きを強めます。二代秀忠は娘の和子を強引に後水尾帝に入内させたり、紫衣事件、春日の局の無位参内など朝廷の権威を失墜させ、後水尾帝を激怒させまくっています。そうした朝廷を代表してきている正室とうまくいかないのは当たり前田のクラッカーです(藤田まことさんのご冥福をお祈りします)。

しかし、本当のところはわかりません。家光はどうも性格異常のような気配がありますし、春日の局との関係は(変な意味でなく、変な意味もあるかもしんないが)ちと異常です。幼児期の親からの虐待からかどこか変です。そのへんが実は本当の理由かもしれません。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q「鈴蘭」渡千枝(月刊ホラーM)

http://comics.yahoo.co.jp/bunkasha/watariti01/suzurann01/shoshi/shoshi_0001.html

怖いもの駄目なくせに、ついつい立ち読みキャンペーンにつられて読んでしまいました。が、立ち読みということで当然途中までです。続きが気になって仕方がありません。
ふつうなら、「仕方ないな…購入するしかないか…」となるところなのですが、先に述べたとおり、私は怖いの駄目なんですよ。お金を払ってまで恐怖したいとは思いません。(なら最初から読むなよと、本当に自分は馬鹿だと思います。)

そこで、ラストまで読んだことがある方に、最後は後味悪い終わり方なのかどうか教えていただきたく、質問させていただきました。
ネタバレOKです。
救いのある終わり方なら、いいかなあとも思うのですが…。詳しいあらすじが知りたいです。

Aベストアンサー

この作品はじわじわと怖くなるストーリーなんですよね。。。

残念ながら、救いのある結末とはいえないです。
たしか、最後は主人公の女の子が鈴を道連れに崖から落ちて終わります。
でも、それで死んだかと思うとそうでもなさそうな感じというか・・・
肉体は滅んでも、「人の幸せを奪う」精神が残っているというか・・・
実際、この一冊では終わらず続編も出ていますので。

うまく伝えれずすみません。

もし、機会がおありでしたら古本屋さんなどで続きを読んでみては?^^

Qドラマ「篤姫」と「大奥(菅野美穂)」どちらが現実に近いでしょうか?

ドラマ「篤姫」と「大奥(菅野美穂さん主演)」は同じ時代・同じ人物の物語でも内容が随分違いますが、どちらが現実に近いのでしょうか?

Aベストアンサー

ドラマ「篤姫」の方がより史実には近いと思います。

ただし、特に徳川輿入れ前の部分は正確な記録がないので、どちらもオリジナル部分が多くなっています。
また家定についても謎が多いようです。

ドラマ「篤姫」の方がより史実には近い例として、
今後の展開では明らかに差が出てきます。
代表的なものとして二つ。

これから出てくる和宮との嫁姑問題では
「篤姫」の方が正解で、和宮:堀北真希vs天璋院(篤姫)が正解で、
「大奥(菅野美穂)」の和宮:安達祐実vs実成院(家茂生母):野際陽子は脚色されています。

最後まで大奥に残るシーンについても
「篤姫」の滝山(稲森いずみ)が正解で(天璋院は先に出ている)
「大奥(菅野美穂)」のように滝山(浅野ゆう子)と共に江戸城を去る場面は脚色されています。

いずれもしてもドラマはドラマで、史実にない部分は脚色せざる得ません。私的な夫婦や友人の会話は史実には残りませんよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報