アドバンテストという会社が出しているT2000という製品は、
どのような半導体の会社が買うのですか?
試験装置のことは何も分かりませんし
専門用語だらけで全く理解できません。
よろしくお願いします。
http://www.advantest.co.jp/products/ate/t2000/in …

A 回答 (1件)

半導体メーカー 例えばNEC、東芝とかです ICチップの検査用で ICテスターとも言います



半導体メーカーではウエハーという半導体円盤 直径数インチ~10インチ上に沢山のICチップを一度に作ります
数百個位 チップが大きければ少なく 小さければもっと多くなります チップサイズは色々で数mm~数十mm角です

これを1個1個切り出して 電極を取り付けパッケージに組み込みます 電極の数は数本から数百本(CPU等)まであります
実際に動くかテストしなければなりませんので指定された信号を入れ 仕様通り出力されるかをテストするのです 検査と言います
此処でパスしなければ不良品となり廃棄されます パスした物だけが市場に出されます

現在はもう少し進化した方法になってるかも知れません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://www.geocities.jp/bokunimowak

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-lna2.html#TA4020FTのサイトに詳しく地デジブースター製作が書かれていたので自分でもと思い素人ながら挑戦してみました。が、映りませんでした。
色々一つ一つの部品の性質などもしらべながら問題個所の割り出しなども試みましたが、行き詰ってしましました。
こそで、みなさんのお力をお借りしたくてご質問させて頂きます。

製作サイト(自作アンプ(2) 東芝 TA4020FT UHFブースター)と異なる部分
1.LEDは付けていない。ただ半固定は配置済み。
2.増幅回路のアンテナ入力側のインダクタ18nHが無かったので、10nH+6.8nH+1.2nHを直列配置

以上が相違点です。

動作確認状況は、
1.車のDC12Vから電源接続
2.車のアンテナから車の地デジチューナーに直接接続で受信レベルが約35前後だったものに
  自作回路を接続したところ、受信レベルが0。何かの偶然(手で触るなど)で偶に45に
  なる場合もある。が、ほとんどが0~5のレベル

そこで質問です。
1.DC12Vから入力してLEDを着けていなくても同じでしょうか?
  LEDは疎通確認のためのLEDだと思い、あまり意味がないので着けませんでした。
2.作成当初は、半固定抵抗も着けずに、DC12Vを流しました。その時にTA4020FTの4番端子とGNDで
  12Vが流れていたのですが、ICが破損してしまったのでしょうか?
  破損状況を調べるために電源供給していない状態で、ICの2番に対して1番、3番、4番と
  それぞれをテスターのダイオードVF測定機能でそれぞれ、0.93V、0.78V、0.98Vぐらいで
  大体が1.0V前後だったのでICの破損はないのかなと思っていますが。。。
3.アンテナ側入力インダクタの18nHの代わりに10nH+6.8nH+1.2nHを直列していますが
  18nHとはならないのでしょうか?全く別の動きになるのでしょうか?
4.利得や雑音、波形など測定する機器は無く、問題特定が出来そうなものは、簡易テスター
  のみですが、ブースター回路の問題を特定する方法は他にないでしょうか。
  例えば、この部分とこの部分が何Vあればほぼ正常で、ここは電源供給していないときは
  0Vだが、供給すると何Vなどの特定部分があれば。。。

素人ですみません。でも自作ブースターで今ある地デジチューナーの映りを良くしたいのです。
なんでも調べます。ただ1つのヒントでも結構です。少しのお力を頂ければと思います。よろしくお願い致します。

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-lna2.html#TA4020FTのサイトに詳しく地デジブースター製作が書かれていたので自分でもと思い素人ながら挑戦してみました。が、映りませんでした。
色々一つ一つの部品の性質などもしらべながら問題個所の割り出しなども試みましたが、行き詰ってしましました。
こそで、みなさんのお力をお借りしたくてご質問させて頂きます。

製作サイト(自作アンプ(2) 東芝 TA4020FT UHFブースター)と異なる部分
1.LEDは付けていない。ただ半固定は配置済み。
2.増幅回...続きを読む

Aベストアンサー

>データシートの上の展開図は確かに右側の足が長いので

? 図では足の長さは同じですが?


>展開図を見るコツ

コツというか... 多分製図の基本的なことなんですが、
三面図は、箱のように組み立てて不自然ない形に描くのが基本です。(添付図)

基板の上の方から見た図、というのは部品が主役でなく、基板のパターン設計の為に
スルーホールのどこが何番pin かを表のが目的の図です。
まぁどちらかの情報があれば脳内変換すればいいのですが。

この場合、部品の輪郭や足の輪郭を全て実線では書いてないと思います、
部品の輪郭が「ここにこういう部品が来る予定」を表す想像線(二点鎖線)だったり、
足の輪郭が隠れて見えないけどここにある、を意味する「隠れ線」(破線)だったりします。
または図面に TopView(上から見た図)とか Bottom View(下から見た図)という注意書きがあったりします。

Qhttp://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/21000

http://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/210000

このサイトのようにコンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか? できるようになるとしたら何年後でしょうか?
また できたとしても本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?

Aベストアンサー

>コンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか?
もう出来ているかも知れませんが、結構メンドイ。
>本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?
これは簡単で天才数学者アラン・チューリングが定義した「チューリング・テスト」というのがあり、面倒ですが手続は既に決まっています。

QExcelでt検定を行うTTESTという関数

Excelでt検定を行うTTESTという関数
の使い方についてわからないことがあります。

検定の種類で1-3の数字を選ばないといけないようで、helpを見ると下記のような説明が書かれているのですが、何のことかわかりません。それぞれどのような場合に使うのでしょうか?具体的な簡単な例で説明していただけると助かります。

 1 対をなすデータの t 検定
 2 等分散の 2 標本を対象とする t 検定
 3 非等分散の 2 標本を対象とする t 検定

Aベストアンサー

たとえば二つのクラス(1組と2組)に同じ試験をやり、どちらが優秀であるかを、その平均で比べるときを考えます。この時は一人一人の点数は、二つのクラスですから対応関係がありません。すなわち対をなすデータの検定ではありません。
もし1組だけ考えて、1回目の試験のあとで特別教育してから同じレベルの試験をやり直して能力が向上したかを平均値で見て調べるとします。この時はそれぞれ人について1:1対応がありますので対のあるデータの検定になります。
また、等分散と非等分散は1組と2組の点数の分散が問題になります。実測値ですから通常完全に一致はしません。もし、その差が有意でない、つまり差が小さくて本当に差があると結論できないならば、共通の分散を使ってt値が計算でき、平均値の差の検定ができます。ここで共通の分散はそれぞれのサンプル数をn1,n2, 偏差平方和をS1,S2とすれば
s=[(S1+S2)/{(n1-1)+(n2-1)}]^(1/2)
で出します。ところが両者の分散の差が有意である(つまり両者の分散に差がある)ときにはもう少し複雑な計算になります。

Q半導体製造ラインのノイズ対策について

半導体製造装置ではプラズマCVDやエッチャー装置など、ウェハーに電子粒子を当てて回路形成していくと聞きましたが、そのような装置ではノイズは発生しないのでしょうか?また、中性子までは飛ばないでしょうが何らかの放射線が出ていそうに思えます。実はこの半導体装置の近くで使用している機器が誤動作して困っています。どなたか情報アドバイスお持ちの方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

プラズマCVDやエッチャー装置ってプラズマを発生させるためにマイクロ波をつかっているのではないでしょうか?装置のカタログをみれば周波数とかも分かると思いますが?と思って検索を掛けてみたところ
プラズマCVDって2.45GHzが普通なんですね。しらなかった。ありがとうございました。
http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/gotoulab/contents/03_poly/ECR.htm
防ぐにはフィルタを付けるとか、吸収剤を使うとかあるかとおもいますが
相手が大出力のときは、もっとパルス的な変な信号や電源を通してのノイズもあると思います。
頑張ってください。

Q半導体レーザとホログラムレーザの違い

はじめまして。半導体レーザとホログラムレーザの違いを教えて下さい。
両方ともCDやDVDのピックアップ(?)に使われているんですよね・・・。
ちなみにピックアップというのは、信号の読み取りの事を意味するのですか?

Aベストアンサー

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビームスプリッタまでは同一経路ですが、そこから別れて受光器に入ります。
そして、電気信号に直されるわけです。

ホログラムは特殊な光学素子で、この「レンズ」「ビームスプリッタ」の役割をします。
また、最近では、半導体レーザと受光器とこのホログラム光学素子を一体にしたモジュールとして作ることによりコストダウンを測っています。
そのため、わかりやすいというか、印象が良いというか、まあそんな理由でこのモジュールのことをまとめてホログラムレーザと称しているだけでしょうね。
昔CDが出たばかりの頃は、小さなレンズ、スプリッタなどを組み合わせて作っていた自体もありますが、組立コストなどが馬鹿にならないので、最近ではもうこのホログラムタイプが主流かと思います。

ピックアップはこの場合ある記録媒体から「信号を取り出すモジュール」を意味することになりますので、このモジュール全体という事ですね。

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報