お世話になっております。
国民健康保険の扶養についてお聞きしたいと思います。

現在24歳、無職です。
現在も含め24年間、父親の国民健康保険の扶養に入っています。

2005年11月から2007年2月まで1人暮らしをし、毎月15万弱収入がありました。
その間も父の扶養に入っており、病院(歯科)にかかっています。

調べたところ、103~130万円以上の収入がある場合には不要を外れ、
個人で国民健康保険に加入しなければならないそうですが、
当時知識がなかったためそのような手続きはしていませんでした。

2007年2月から2009年4月までは実家に戻り、収入は0円です。

1人暮らしをしている際、住民票などは移していませんでした。
ただ、退職後に住んでいた市町村から住民税の支払いを命じられる書面が発送されてきました。(支払済みです。)

現在実家を出て仕事を探しています。
収入は月に20~25万円ほどになる(職場での社会保険加入などはありません。)予定なので、
国民健康保険に加入しなければならないと思うのですが、
手続きなどどのようにすればよいのか分からないので教えてください。

本来国民健康保険に加入すべきだった2年分を払わなければいけないのでしょうか?


年金も払っておらず、こちらの手続きも一緒にしたいと思っています。

こんな年にもなってお恥ずかしいのですが、どうぞお怒りにならないでアドバイスいただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>現在も含め24年間、父親の国民健康保険の扶養に入っています。



国民健康保険に扶養はありません。

>調べたところ、103~130万円以上の収入がある場合には不要を外れ、
個人で国民健康保険に加入しなければならないそうですが、
当時知識がなかったためそのような手続きはしていませんでした。

いわゆる会社での健康保険には扶養と言う制度があります。
扶養になった場合は保険料は無しで保険の適用を受けられます。
ですから健保組合としては無闇に扶養を認めてしまえば、入る金額は変わらないのに出る金額だけが際限なく増えてしまいます。
ですから色々な制限を設けて加入者を増やさないようにしているのです、被扶養者の収入に関する制限もそのひとつで、その制限を越えれば扶養になれないということがあります。
一方国民健康保険には扶養と言う考え方はありません、扶養がないので例え生まれたばかりの子供でもある額の保険料は取られます。
また収入が増えればそれなりに保険料も増えますので、収入の制限をする必要はないということです。
ですから扶養ではないので、収入が増えても保険料がそれなりに増えるだけで国民健康保険から外れなければならないということはありません。

>1人暮らしをしている際、住民票などは移していませんでした。

本来ならば住民票を移動させて、質問者の方自身が世帯主となって国民健康保険に加入するべきでした。

>収入は月に20~25万円ほどになる(職場での社会保険加入などはありません。)

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

ですから質問者の方の場合、会社は社会保険に加入させる義務があります。
違法を承知で会社は質問者の方を社会保険に加入させないということでしょうか?
それはさておいて

>国民健康保険に加入しなければならないと思うのですが、
手続きなどどのようにすればよいのか分からないので教えてください。

>現在実家を出て仕事を探しています。

と言うことなら転出・転入の手続きをしなければなりません。
転出・転入の手続きについては下記を読んでください。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/tetuduki. …

転入の手続きをしたときにその窓口で国民健康保険の手続きについて訊ねれば教えてくれます、あるいは職員のほうからさきに国民健康保険の手続きに関して言われるかもしれません。

>本来国民健康保険に加入すべきだった2年分を払わなければいけないのでしょうか?

本来でしたらそうすべきですが、もう過去のことですし役所も追跡しないと思いますが。

>年金も払っておらず、こちらの手続きも一緒にしたいと思っています。

国民健康保険の手続きをするときに窓口で聞いてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

私は女性なのですが、
「自分が就職した時」は、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、加入手続きをしてくれると思います。

「在職中に結婚した時」
「在職中に住所が変わった時」も、
会社に結婚や転居の届をすれば、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、姓変更、住所変更の手続きをしてくれると思います。

「自分が退職した時」
厚生年金と会社の健康保険は、会社が自動的に停止してくれると思うのですが、
国民年金と国民健康保険は、どんな手続きが必要でしょうか?

「自分が退職後に、夫が会社を退職した時」

「自分が退職中に、夫が就職した時」

「自分が退職中に、夫が転職した時」

妻の国民年金、国民健康保険について、
どのような手続きが必要でしょうか?

必要な手続きとやり方を知る方法が何もないのですが…。

また、国民年金と国民健康保険に加入中に転居した場合は、
役所に転居届を出せば、
国民年金と国民健康保険についても、
転居の手配をしてくれますよね?

以前、そうしてもらった覚えがあります。

もしお分かりになる方がいらっしゃれば、ぜひお教えください。
どうぞよろしくお願い致します。

厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

私は女性なのですが、
「自分が就職した時」は、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、加入手続きをしてくれると思います。

「在職中に結婚した時」
「在職中に住所が変わった時」も、
会社に結婚や転居の届をすれば、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、姓変更、住所変更の手続きをしてくれると思います。

「自分が退職した時」
厚生年金と会社の健康保険は、会社が自動的に停止してくれると思うのですが、
国民年金と国民健康...続きを読む

Aベストアンサー

「自分が退職した時」
国民年金と国民健康保険は、どんな手続きが必要でしょうか?

国民年金は社会保険庁
 国民健康保険は管轄の役所

 それぞれに出向いてご自分で手続きをします。

Q国民健康保険被保険者で、かつ、特別加入労災保険未加入者である独り親方の業務内負傷時の国民健康保険給付

健康保険法には、業務内(第1条)の保険給付を行わない記述があります。
しかし、国民健康保険法には、業務内の保険給付を行わない記述が見あたりません。
本質問の表題の場合、国民健康保険の保険給付は得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

建設業などの一人親方が、労災特別加入をしていない場合の負傷に関して、国民健康保険法での給付制限はありません。
ただし、法的なものではありませんが、各国民健康保険組合が運営上の規則(市町村国保の場合は条例、通達など)を定めていると思います。
公正と公平、健全運営をするために『お互いで守りましょう』というマナーの中では、加入者が納得したうえで一定の制限をしていると聞いています。

ちなみに労災隠しは犯罪ですし、後遺症などの心配もあります。
また一人親方でも、事故の時の就労形態によっては、労働者性が認められ、事業所労災の適用になるケースもあります。
まずは、一人親方労災に加入した時の事務組合に問い合わせるのが大切です。

Q再就職した場合の国民健康保険・国民年金保険の手続き?

 お世話になります。国民健康保険・国民年金保険のことで質問させていただきます。

 今年の9月頃に会社を退職して、無職になった間は国民健康保険・国民年金保険の手続きをして保険料を支払っていました。

 そして最近なんとか再就職先を見つけることができたのですが、この場合、雇用保険はハローワークに行き手続きすることになっているようですが、国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

 それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃればご意見を聞かせていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、申し出れば返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

源泉徴収票は税金の処理に必要です、年金手帳は厚生年金の手続きに必要です、それと雇用保険被保険者証も必要になるはずです。
また現在は住民税を納付書で直接窓口で支払っている(普通徴収)と思いますが、これも新しくつとめる会社で給与から天引き(特別徴収)にしてもらうよう頼んだ方がいいでしょう。
ただ転職の初年度だけは特別徴収をやらない会社、あるいは少数ですが特別徴収そのものをやらない会社もありますので、その場合は今までどおり直接窓口で支払うことになります。

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりま...続きを読む

Q国民保険未払いで国民保険なくなり社会保険に加入して8年くらいたちます。 また国民保険に加入出来ますか

国民保険未払いで国民保険なくなり社会保険に加入して8年くらいたちます。
また国民保険に加入出来ますか?
前の国民保険代は、払っていません

Aベストアンサー

国民健康保険として書かせていただきます。

時効が成立などとして、支払い義務がなくとも、未払いであった記録が残っていると思います。国民健康保険は、国の運営ではなく、市町村の運営となっており、あなたの地域の条例次第で、取り扱いも変わると思います。

保険料を請求されなくとも、悪質未納者として取り扱われていた場合には、国民健康保険に加入ができたとしても、健康保険証に制限がされる可能性があります。いわゆる短期間の健康保険証のようなものです。支払いが問題ないと判断されるまでの間はいつでも健康保険の利用を停止しやすいように、有効期間を設けられてしまうのです。

時効が成立していない保険料があれば、支払いが完了するまでの間、健康保険証が交付されない可能性もあることでしょう。

国民健康保険の加入時には、以前の健康保険である社会保険の資格を失ったことの確認が求められます。また、国民皆保険という制度により、健康保険証がなかった期間も国民健康保険料が発生する場合もあります。社会保険に加入したことを届出ていないような場合には、市役所などでもどこまでが国民健康保険で、どこから社会保険なのかを判断できません。社会保険の加入期間の初めと終わりがわかるものが求められる可能性もあることでしょうね。それにより、やはり保険料の支払い次第で国民健康保険証の交付などにつながると思います。

最後になりますが、加入できるかどうかは加入できる、以外にはありません。
法令上国民健康保険は必ず加入しなければならず、例外として社会保険等の健康保険に加入している場合のみを除くこととなります。しかし、加入できるのと、健康保険証が利用できるかどうかは別問題となるのです。どうせ使えないから国保の加入手続きをしないというのも、法令に反する行為となります。

国民健康保険として書かせていただきます。

時効が成立などとして、支払い義務がなくとも、未払いであった記録が残っていると思います。国民健康保険は、国の運営ではなく、市町村の運営となっており、あなたの地域の条例次第で、取り扱いも変わると思います。

保険料を請求されなくとも、悪質未納者として取り扱われていた場合には、国民健康保険に加入ができたとしても、健康保険証に制限がされる可能性があります。いわゆる短期間の健康保険証のようなものです。支払いが問題ないと判断されるまでの間はいつ...続きを読む

Q国民健康保険 加入手続き

国民健康保険の加入手続きに必要なものとして「印鑑」の他に
「家族の中で国民健康保険に加入している方がいればその保険証」というのがありました。
父が会社の保険に入っていて母も私もその扶養になっているので
私の家族(父・母・祖母・私)は誰も国民健康保険証を持っていないということで良いですか?
もしそうであれば、加入手続きの際に必要なものは印鑑だけで大丈夫でしょうか?

是非教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

国民健康保険に加入されるのはどなたですか。
そもそも、今の社会保険から国民健康保険に変更する理由は何なのでしょう。
あなただけが国民健康保険に加入すると仮定します
いま扶養になっているお父さんの保険組合からあなたの資格喪失証明書を取り寄せてください。提出物はそれだけです。

Q国民健康保険から会社の健康保険の扶養へ加入について

今月、会社を退職し、来月からしばらく無職になりますので、現在国民健康保険に加入しているのを、親の勤務先の健康保険に扶養者として加入しようとおもっています。

一応退職は今月末になっているのですが、シフト制で30、31日は休みなので、実質29日までしか働きません。

そこで思ったのですが、
●1月31日付けでの退職だと、2月1日からの親の健康保険の扶養の加入となり、1月分の国民健康保険を支払うことになり、1月29日付けで退職にしてもらえば、1月30日付けで親の健康保険の扶養に入ることになるので、1月分の国民健康保険料は払わなくて済むことになるのでしょうか?

また、1ヶ月早く会社の健康保険の扶養に入ることで、親の会社側の負担が増えたりして迷惑がられたりとかするのでしょうか?

社会保険のことは無知でいろいろ調べてみたら頭がごちゃごちゃになってきましたので、意味不明なことを言っているかもしれませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>●1月31日付けでの退職だと、2月1日からの親の健康保険の扶養の加入となり、1月分の国民健康保険を支払うことになり、1月29日付けで退職にしてもらえば、1月30日付けで親の健康保険の扶養に入ることになるので、1月分の国民健康保険料は払わなくて済むことになるのでしょうか?

そうなりますね。

>また、1ヶ月早く会社の健康保険の扶養に入ることで、親の会社側の負担が増えたりして迷惑がられたりとかするのでしょうか?

扶養の有無あるいはその人数で保険料が増えるということはありません、ですから少なくともその点で親に負担を掛けるということはありません。

ただ親の会社がきちんと速やかに手続きをしてくれるかどうかですね。
手続が遅れた場合に一部の健保では遡ってくれず、資格取得日が遅れる場合もあるので注意が必要です。

Q個人事業廃業時の国民年金、国民健康保険の手続き

今年末(12月末日)で個人事業を廃業し、年明けから会社員(会社はまだ決まっていませんが)として働こうと思っているのですが、国民年金と国民健康保険の手続きについて教えてください。

国民年金はクレジットカードで、国民健康保険は銀行引き落としで、それぞれ毎月支払っています。

この場合、国民年金と国民健康保険はどのように手続きすればよいのでしょうか?
会社員になると両方とも給料から天引きされると思いますが、二重払いになったりしないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。また、還付の手続きが必要になった場合を考え、アドバイスを受けるようにしましょう。

国民年金も手続きが必要かもしれませんが、厚生年金を含め国の制度運営ですから、最終的にその加入データは連動することになるでしょう。さらに、厚生年金保険は2階建てとも呼ばれ、国民年金に上澄みされた年金保険です。ただ、厚生年金の保険料は、資格取得月(入社月など)から発生することになり、資格喪失月(退職日の翌日の属する月)の保険料が発生せずに、次の年金保険料が発生することになります。さらに、給与天引きされるタイミングは会社ごとに異なることになります。多くの会社は最初の給料では給与天引きを行わず、2回目の給料からとなります。これは会社側の納付日にあわせて会社側が天引きするタイミングを任意で決めていることになり、単純に重複かどうかはわかりづらい状態になると思います。ですので、国保などの手続きとあわせて、納付しすぎた場合の還付手続きを聞いておくほうが良いことでしょう。それか、クレジットカードでの納付から現金納付に切り替えて、入社後数ヶ月程度経過したころに確認のうえで納付されるのも良いでしょう。期間によっては延滞金なども発生しないでしょうし、余計な重複納付により一時的な負担を強いられたり、還付のための手続きから逃げられますからね。

国民年金の手続きは、国保と一緒に市町村役所でも可能ですが、あくまでも年金事務所の代行的な形のため、職員が年金やその保険料の制度を熟知しているとは限りません。私は何度も誤った情報をつかまされたため、年金は年金事務所に相談したり、手続きをするようにしています。

最後に自治体などによるかもしれませんが、年金は本人しか手続きできなかったと思います。家族であっても委任状などが必要です。しかし、国民健康保険は、同一世帯員であれば手続きが可能だと思います。不安であれば、それぞれの窓口に電話などをして確認しましょう。

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。ま...続きを読む

Q国民健康保険証の有効期限について 退職後、今年の一月から国民健康保険に加入しました。保険証(緑色の紙

国民健康保険証の有効期限について

退職後、今年の一月から国民健康保険に加入しました。保険証(緑色の紙)を見ると三月末で有効期限が切れていました。
過去の郵便物を確認しましたが、不在票なども無く…
直接役所に取りに行くのでしょうか?
地域によって違うとは思いますが、調べても分からなかったので…
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

それはまた随分なことですね~。A^^;)

保険証の更新等、地域によって違うといった
ことはありません。
有効期限切れ前に、本人確認記録の郵便物で
届くはずです。
手違いで、発行しなかったか、発行しても
返送となってしまったのでしょう。

古い保険証、マイナンバー通知カード等を
お持ちになり、すぐに役所に行って下さい。

Q国民健康保険を手続きしてから放置・・・支払いはどうなりますか?

2008年4月に会社を退職し、社会保険を抜けた為、今保険に入っていない状態です。
5月に区役所に行き国民健康保険への加入の手続きをし、自宅に通知が来て通帳と印鑑等を区役所に持って行く最終の手続きがあるのですが、それをしておらずまだ保険証を頂いていません。
いずれ、社会保険が完備されている仕事に就こうと思い、国民健康保険はやっぱり入らないでおこうと思って放置しているのですが、もし数ヵ月後にやっぱり国民健康保険に入ろうと思った場合、最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでしょうか?

自宅に来た通知には
『保険料は退職された時や他の市町村から転入された時等、国民健康保険に加入しなければならなくなった時から掛かることになりますので、加入手続きが遅れている場合は遅れた期間の保険料もさかのぼって納めていただくことになります』
と記載されています。
数ヵ月後一気に高い保険料を請求されてしまうのでしょうか?
また、入らない場合はこのまま放置でもよろしいでしょうか?
分かりにくい文章で申し訳ありませんが、詳しい方よろしくお願い致します。

2008年4月に会社を退職し、社会保険を抜けた為、今保険に入っていない状態です。
5月に区役所に行き国民健康保険への加入の手続きをし、自宅に通知が来て通帳と印鑑等を区役所に持って行く最終の手続きがあるのですが、それをしておらずまだ保険証を頂いていません。
いずれ、社会保険が完備されている仕事に就こうと思い、国民健康保険はやっぱり入らないでおこうと思って放置しているのですが、もし数ヵ月後にやっぱり国民健康保険に入ろうと思った場合、最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでし...続きを読む

Aベストアンサー

国民健康保険というのは実は権利ではなく義務です。
国民は総て国民健康保険に加入しなくてはいけないということになっているのです、ただし会社に就職してそこで健康保険に入っているかその扶養者になっている場合は加入しなくても構わないというだけです。
ですから退職により健保を脱退すれば、国民健康保険に入らねばなりません。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。
ですから質問者の方の場合は、前職の健康保険の資格喪失日に遡って保険料は請求されます。

>最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでしょうか?

そうなります。

>自宅に来た通知には
『保険料は退職された時や他の市町村から転入された時等、国民健康保険に加入しなければならなくなった時から掛かることになりますので、加入手続きが遅れている場合は遅れた期間の保険料もさかのぼって納めていただくことになります』
と記載されています。

多くの自治体ではそうです。

>数ヵ月後一気に高い保険料を請求されてしまうのでしょうか?

そうなりますね、ただその分を分割にしてもらうことは出来るはずです。

>また、入らない場合はこのまま放置でもよろしいでしょうか?

放置しておくと督促状が来ることがあります、ただ実際どこまで追跡するかはわかりません。
以前はその追跡が甘かったので、保険料を払わないで逃げてしまう人もいたようですが、最近は財政逼迫の折から追跡することも多いようです、ですがどこまでやるかは役所のやる気次第でしょう。

国民健康保険というのは実は権利ではなく義務です。
国民は総て国民健康保険に加入しなくてはいけないということになっているのです、ただし会社に就職してそこで健康保険に入っているかその扶養者になっている場合は加入しなくても構わないというだけです。
ですから退職により健保を脱退すれば、国民健康保険に入らねばなりません。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれ...続きを読む

Q医師国民健康保険と、市町村の国民健康保険に同世帯で加入

個人の診療所に勤めて、医師国民健康保険(医師国保)に加入している者です。
主人はサラリーマンですが、つい最近まで会社が社会保険に加入していなかったので、
市町村の国民健康保険、国民年金に加入していました。

つい最近、同じ世帯で別々の国保には加入できないと聞きました。
うちは主人も私も、別の国保に本人として加入していたのですがこれは
だめなんでしょうか?
それと、お金の面でも損していたりするのでしょうか?

ちなみに主人は最近社会保険に加入になりましたので、今では問題ないと思うのですが、
今までのこと(別々に国保に加入していた期間は約1年間です)が心配になってきました。

今からでも何か手続きをしておいた方がいいのでしょうか?
戻ってくるお金などはありますか?
ただ、今からどちらかの保険を変えるとなると(そんなことできるのかわかりませんが)
今までかかっていた病院に出していた保険証が違っていたことになりますよね…。
ちょっと混乱しています。

何かアドバイスをお願いしたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>同じ世帯で別々の国保には加入できないと聞きました…

医師国保など、業種団体が運営する健康保険は、国保の名が付いていますが、自治体の国保とは別物です。
似て非なるものです。
ご家族で別々でもいっこうに差し支えありません。

>お金の面でも損していたりするのでしょうか…

お金の面では、一緒に入った方が安くなるとは思います。
特に、国保には本人と扶養家族という区別がありませんので、給付面では全く差がありません。
掛け金が安くなることだけを考えればよいかと。

>戻ってくるお金などはありますか…

1年分を前納して途中で他の保険に移られたのなら還付はありますが、月々払っているなら返ってくることはありません。

>今からどちらかの保険を変えるとなると…

診療の途中で保険証が変わったからと言って、別に問題にはなりませんけど。
まあ、病院の事務員さんは面倒なのかも知れませんが、そんなことに遠慮しなくてよいです。


人気Q&Aランキング