以前 楽器屋のビンテージギターのイベントでフェンダーカスタムショプ54年製のストラトキャスターを購入しました。認定書なしの中古で以外と手ごろな値段でした。私は以前はロックを演奏してましたがブルースにはまってしまいストラトキャスターが欲しくなり衝動買いしましたが、今になって思うのがビンテージストラトキャスターは57年製や62年製が人気で、54年製はロックやブルースのミュージシャンからは人気がないような気がします。カントリーミュージシャンからは支持されてるようですが、私はストラトキャスターの知識があまりありませんのでよろしくお願いします。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#5です。



ヘッド裏を見る限り、トラ杢もしっかり出ているようですし、近年のカスタムショップのネックだと思います。それほど悪い用材ではなくむしろかなり杢目を選んだネックに見えます。

ただ、V-xxxxxxに関しては、USAならVintage Seriesだろうという推測は付くものの、ギブソンみたいに製造年とかがはっきりしていません。またフェンダージャパンにもV+6ケタのシリアル(1996-1997年製)もありますから、ここで回答を断言するのは無理ですね。

多分、お持ちのギターは1990年以降に製造されたカスタムショップの54年モデル(変な改造やコンバートがなければの話ですが)だと思われますので、18万という価格が妥当かどうかはおいといて、ギターとしては決して変なものではありませんし、ブルーズ志向のギタリストならば一生物の愛棒になること間違いありません。

何度も言いますように、本物の54年なんて滅多に見ることはありませんし、価格も200万~という破格値です。しかし近年のカスタムショップでもギターとしての機能は十分ですので、気を落とすことなく、練習に励んで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。気を落とさず自分と縁のあったギターなので、練習に励みがんばります。

お礼日時:2009/05/24 10:18

フェンダーカスタムショップの設立は1980年代なので


1954年製のストラトがカスタムショップであるはずはないです。

単なる「1954年モデル」です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7% …(%E6%A5%BD%E5%99%A8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7% …

もし1954年製のストラトなら200万円くらいするはずです。
参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。1954製のレプリカみたいな物だと思います。

お礼日時:2009/05/24 10:15

>ヘッドの裏にカスタムショプUSAのロゴ


>なんの疑問もなく18万くらいで購入した

それ、普通のストラトです。54年製ではありません、54年モデルです。ヘッドのシリアルナンバーから製造年が分かるはずです。

本物の54年製なら180万円でも手に入りません。

ただ、楽器としては決して悪いものではないと思うので、これでしっかりと練習すれば良いと思います。54年モデルは枯れた味わいが持ち味ですから、ブルーズなどで使うには最高だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

えーそうだったんですか(泣)楽器屋のイベントでカスタムショプがこの値段みたいな広告だったので、はっきりいってびっくりです。画像もアップすましたが、ついあのロゴに信用してしまいました。50周年記念前の購入だったので・・・ヘットではないですが、ボディの後ろのネックとの接続部分の金具にV071091って書いてます。18万って安すぎますよね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 16:09

54年には「カスタムショップ」なんてものはありませんよ。


確かにカラーリングなどはカタログにないものでもオーダーに応じてくれたようですが、今で言うCSというものではなかったようです。

認定書がないことから、もしかしてレリック54のセコハンじゃないのですか?

あと、ストラトはボディもネックもパーツもきれいにバラバラになります。つまり、古い中古品だとそれぞれのパーツがオリジナルなのか、寄せ集めなのか検証する術がありません。手ごろな価格だったというのはそういう事情もあるかも知れません。

ただ個人的には57や62より、54のネックの方が角があって好きですね。年が下るに連れ、音もどんどんポップになっていくストラトですが、54のキャラは捨てがたいです、レスポで言えばP90にバーテールピースのやはり54年ゴールドトップみたいな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かにヘッドの裏にカスタムショプUSAのロゴが入ってましたのでなんの疑問もなく18万くらいで購入したのですが、確認してみます。以前レスポールのスタンダードを愛用してたので、ネックを持った違和感がまったくありませんでした。

お礼日時:2009/05/22 21:29

私もシロウトに毛が生えた程度の知識ですが・・・


(1)57年製はクラプトン、62年製はベック、SRVといった大物ギタリストが愛用したため、彼らの音に魅せられたギタリスト達がこぞって手に入れたから。
(2)それぞれ50年代、60年代のストラトの代表的な仕様とサウンドキャラクターだから。
というのが両者に人気がある理由だと思います。
54年製が人気がないと思われているようですが、54年はストラトの製造初年度で希少性も高く、他の年度に比べてすごく高値で取引されているようですよ。私の知っている範囲でいうと、ジェフ・ベック、エリック・ジョンソン、ディヴィッド・ギルモア、春畑道哉といった面々が54年製を所有しているようですが、やはり価値の高いギターだけに、ステージでは手にし辛いので、あまり知られていないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。昨日動画でエリック・ジョンソン、ディヴィッド・ギルモアのライブみました。もともとジミヘン、レイボーンとストラトプレイヤーから入ったので、知りませんでした。凄いいい感じでしたのでもっと聴いてみたいです。

お礼日時:2009/05/22 21:19

54年製や、54年製レプリカの価値は、


ストラトキャスター誕生年と50周年記念に沸いたFenderUSAの気概にあると思います。

音は関係ないと言う意味ではなく、
それだけスピリットがあふれている機種だということです。

当時は職業ミュージシャンは流行の曲を弾かされるわけですから、
ラジオから流れて売れるジャンルの曲をこなしていったと思います。
ロックやブルースにいっちゃったC&Wプレイヤーは米国にも日本にもいっぱいいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

動画までありがとうございます。私はこのギターを弾いた音というより、哀愁ただようルックスが気に入り購入しました。歴史のあるギターだったのですね。もっとこのギターと向き合いたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 21:20

人気のためにふさわしくないというのはアンマリです。


いつ作られたものだろうとギターはギター、ストラトはストラトです。

ビンテージがいいものと言われるのは、ギターが年齢ごとにその音の良さが成長するところにあります。なのでネックが曲がるといった木の病気が無い限り古いものほど良い音が出るといえます。

科学的にはピックアップが弦の振動をキャッチするのであって音をキャッチしているわけではない。

とはいうものの、ボディの鳴りが弦に届くのでやはり影響はちゃんとあります。
前置きは長くなりましたが、中古でも新品でもまずは、音を聞く、弾いてみるというのは絶対に行うべきものであり、世間がロック=レスポール型を叫んでいても自分の音はテレキャスにあるといったような音へのこだわりも持ってほしいところです。

そうやって考えていくとやがてはギター本体の構造もさることながらアンプやエフェクターにも大きな要素があるというのがわかります。

なにはともあれブランドや名前にだまされず「自分の音」を追求してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分の音ですね。はりきってブランドのギターを購入したので、ついつい形にとらわれてました。

お礼日時:2009/05/21 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHudsonのストラトキャスターは鈴木バイオリン製?

ヤフオクで中古品を購入しました。
70年代後半のものと思われます。
ジャンク好きなのでスペックなど気にしませんが、
どこのメーカー.工場など出自が気になります。

ヘッドのHudson脇にSUPER SWINGERとあり、
さらに先端部にSpecial Madeとあります。
これで検索すると「Bellwood」のギターやベースに
同じ品名があることがわかりました。

Bell=鈴、Wood=木で鈴木。
つまり鈴木バイオリン製ということでしょうか?
なぜBellwoodのほかにHudsonブランド?
海外向けかも知れませんね。

ネックジョイントにMade in Japanなどの刻印はありません。
材質はたぶんセンでしょうね。
セレクターは3ポジションでした。
(週末にサーキット部分をバラしてみます)

BellwoodとHudsonの背景についてご存知の方、
周辺のことなど教えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

鈴木だと仮定すると価格帯によって幾つかのブランド名を使い分けていた可能性があります。代表的なのが「Tomson」。「Gibson」をパクって70年代中盤~後半に音楽誌に広告が載っていました。恐らく同ブランドが一番の廉価版で、その上にこれ等のブランドがあったのではないかと推測します。

指で擦ると消えて(剥がれて)しまいそうなロゴに哀愁を感じます。

Qロック、ブルースギタリストについて

上記のギタリストたち(特にプロ)は演奏中に良く、ギターのボリューム(トーン)ノブを調節しているのを見かけます。
あれは単なる見せかけでやっているのでしょうか?(初期のころのBBキングなんかはしょっちゅうやってます)
それとも調節しなければいけない必要性からやっているのでしょうか?
何とも漠然とした質問ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>あれは単なる見せかけでやっているのでしょうか?

質問者さんもギタリストとお見受けしますが、当然音が変るじゃないですか?
必要があってやるものだと思いますけど?
ジミー・ペイジなんかも結構いじるタイプですけど、ピックアップの切り替え、ヴォリューム・トーンの調節や、ピッキングの位置・強さなど、全て音色的な必要があってやるんだと思いますよ。少なくとも自分はそうしてますけど。

Qフェンダー・ストラトキャスターの製造年

オークションにて製造年不明のストラトを入手しました。
フェンダーUSAはシリアルから製造年が分かるそうで、
調べてみたのですが調べ切りませんでした。
お分かりの方、ご教授下さい。

シリアルは「SE9171**」です。
クラプトン・シグネイチャーモデルで、ピックアップがノイズレスの物です。

Aベストアンサー

ここに書かれている
https://support.fender.com/hc/en-us/articles/212774746-How-can-I-find-out-when-my-American-made-instrument-was-manufactured-

Q80年初めのtokai東海ストラトキャスターについて

81年頃、高校生の時でしたが、バイトでお金を貯めて、
tokaiのストラトキャスターモデルを買いました。
とても気に入っていたのですが、大学卒業と同時に
人に譲ってしまいました。今思えばなんて事をしたのかと
思っており、中古になりますが、もう一度同じモデルが欲しいと
思っています。
が!、どのような感じだったか、思い出せません。
手がかりは、当時パンフレットに、「フェンダーを超えた」と
キャッチコピーが書いてあり、ラインナップとして6万、8万、10万
(もしかしたら12万だったかもしれません)の3つがあり、
その8万円モデルを買いました。
ネックは、メイプルでオールドフェンダーの完全コピーだったと思います。
型番とか、特徴とか覚えている方がいらっしゃいましたら、教えてください。
ヘッドに書かれていた文字、Tokai○○とか。
オークションとか、中古楽器で探す手がかりになります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

81年のカタログを見ると、メイプル指板54タイプ、ローズ指板64タイプ、ラードヘッドの3タイプか発売されていたようです。
詳細はリンク先を参照のこと。

http://brochures.yokochou.com/guitar-and-amp/tokai/1981/jp_index.html

QAのブルースで、ブルースハープのキーは何を使ったらいいのでしょうか?

ブルースハープを購入しようと思っています。
以前に、クロモニカ280っていうのを買って、
すぐに挫折した輝かしい経歴を持っています。

しかし、10ホールズなら、
Aのブルースで、何も練習ナシでいきなり弾けるのでは?
まさか、ポップスでも、やりたい放題???
などと、練習しないで出来るのかと期待しています。

しかし、どのキーを使えばいいのかわかりません。
Aのブルースなら、Aでいいのでしょうか?

ポップスで、Cのキーだったら、Aとかなのでしょうか???

Aベストアンサー

ブルーズハープでブルーズを演奏する場合、ブルースハープのキーとして記載されているファーストポジションよりも、ベンドなどで得られる音程を取り込んだ、セカンドポジションや、サードポジションといったキーで演奏するのが主だと思います。
ブルーズをブルーズハープで演奏する時は、ベンドなどでブルーノートを出せるセカンドポジションのキーのブルーズハープを使って演奏するのが一般的といえます。 キーAのブルーズの場合、セカンドポジションがキーAになる「Dキーのブルーズハープ」を使って演奏することが多いでしょう。 あるいは、サードポジションがキーAになる「Gキーのブルーズハープ」を使うこともあると思います。
なお、セカンドポジションでは曲のキーに対して完全4度上のキー、サードポジションでは曲のキーに対して1音下のキーのハープを使います。

ポップスの曲の場合、演奏の内容がブルージーなフィーリングを求めないものであれば、ファーストポジションのハープを使うのが良いと思います。 キーがCメジャーであればキーCの、キーがCマイナーであればキーAのハープのファーストポジションで演奏するのが良いでしょう。
ポップス曲でも、ブルージーなフィーリングが求められる曲であれば、ブルーズを演奏する時と同様にセカンドポジションやサードポジションを使って演奏することもあるかも知れません。
いずれにしても、演奏内容に見合ったキーのハープを選ぶ必要があるでしょう。

蛇足ですが、10ホールズであれば、曲のキーとハープのキーを合わせただけで簡単に吹くことができるというのは、いささか短絡的過ぎると思います。 練習しないでできるということは、ありえないと考えるのが良いと思いますよ。 いずれにしても、楽器をきちんと扱いこなすための練習や、楽器のことを理解するための知識を蓄えることは必要でしょう。

参考まで。

ブルーズハープでブルーズを演奏する場合、ブルースハープのキーとして記載されているファーストポジションよりも、ベンドなどで得られる音程を取り込んだ、セカンドポジションや、サードポジションといったキーで演奏するのが主だと思います。
ブルーズをブルーズハープで演奏する時は、ベンドなどでブルーノートを出せるセカンドポジションのキーのブルーズハープを使って演奏するのが一般的といえます。 キーAのブルーズの場合、セカンドポジションがキーAになる「Dキーのブルーズハープ」を使って演奏するこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報