こちらのカテで再び皆様からのご助言を戴きたく質問を上げさせて頂きます。
 古い車で、いすゞのジェミニです。 前回の質問は↓
http://okwave.jp/qa4914031.html

今日は熱かったので今シーズン初めてエアコンスイッチを入れてみました。 その後アクセルをグイっと踏むと、接触不良でも有ったかのように、トルク感が断続的に落ちてしまう違和感に見舞われました。
 その後、数キロ走ってから、信号待ちが先頭になったので、フル加速を試みたら、1速はレッドまでスムーズに加速、2速で3000回転あたりでボコっと加速感が一度無くなり、すぐに復帰?して5000回転あたりでもう一度加速感が失われても、また復帰し、7000回転まで加速。 3速に入れたら、5000回転で加速感無くなり、アクセル踏んでるのに回転が上がる気配が無くなってしまいました(泣)
 すぐに5速に変速し、2000回転前後で30Km近い距離を帰ってきました。

一応、私もおばさんになったので、車も歳ですから、タービン壊れたのかなぁ? 大変だ! と思い、ネット検索したら、エンジンオイルでターボが壊れるみたいなサイトを発見し、オイルを点検してみました。

量はフル丁度に入っているのですが、白い不織布で拭うと 真っ黒け、、、

早急にオイルとオイルフィルター(エレメント?)の交換をGSに頼もうと思うのですが、そんな対処で良いのかどうか、詳しい方々からアドバイスをお願いしたいと思います。

できたら まだまだ乗りたい車です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


Irm-R私も以前乗ってました。
この年式の車だと、何が壊れてもおかしくないので、
症状から壊れてそうなところを列挙しますと、
ターボ本体
過給圧センサ
ECUそのもの
インジェクタ
燃料ポンプ、プレッシャレギュレータ
点火系(イグニッションコイル、プラグコード、点火プラグ)
などです。

プラグコードはいつ交換しました?
交換していないなら、点火プラグと一緒にまずは交換!

後づけで、ターボメータをつけておけば、
常に過給圧チェックができます。
全開加速で0.7kg/cm^2くらいだったような気がします。

それでも治らないなら、車屋さんで燃圧のチェックをしてもらいましょう。


ちなみに、エンジンチェックランプはついていないのですよね?
私が乗ってた車は、しょっちゅうエンストする持病があったので、
エアコンは常にON(アイドルアップ状態)でした。
もちろん全開で加速しても、何の問題もないですよ。
(メーカーだってそれぐらいの耐久テストはしてますよ。)

エンジンオイルですが、古いターボ車なので、
10W30(40)のSJくらいがいいです。
間違っても、0W40などの省燃費オイルは入れないことです。

あと、いすゞ車に関しての質問は、
こんなところより、いすゞメーリングリストに入会して、
そこで聞いたほうがはるかによいです。
http://www.type760.com/isuzu/isuzuml/index.html

この回答への補足

回答欄に書き込んでから、ホームセンターでオイル買ってきましたぁ~♪

10W30SJ と言うのは 高級で高価なのかなと思ってたから、拍子抜けするほど安くて、おどろいてしまいました。

1600円程で4リッター入り、買いましたので、週明けにも畑で交換してみます。(明日の日曜は町内会の行事と近所の知人の葬儀手伝いで、作業は出来そうに無いので、、、)

オイル交換で車の状態が良くなる事を祈るばかりです。

まずは オイル交換!! 実行してみます。  それでもトラブルが有る様でしたら、また質問をさせて頂きたいと思いますので、その時はまた宜しく御指導をお願いいたします。

補足日時:2009/05/23 21:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家からの貴著なアドバイス、ありがとうございます。

確かに壊れてもおかしくないほどの期間、乗っています。

プラグコードは交換した記憶が有りません。 プラグは2年くらい前に日産の整備師さんおすすめで、イリジュームとか言うのに交換しました(たしか2万円以上とられたように記憶してます)

エンジンランプは点灯していませんので、完全に壊れたとは考えておりませんが、壊れないように注意していきたいと思います。

オイル交換も他人任せでしたので、アドバイスに従って自力でできる範囲でがんばってみたいと思います。

いすゞメーリングリストのURL先を拝見いたしました。 なんだかとても詳しそうですが、私なんかがピョコンと登録するには勇気がいりそうです(苦笑)
しかし、今後のことも考えて、一応ブックマークに登録させていただきました。

エンジンオイルがこんなに重要だと、今まで認識出来ていなかったので、実用車のバンとは認識を変えていきます。 

お礼日時:2009/05/23 11:23

タービンが壊れたという事よりも、A/Cスイッチを入れたままフル加速をしたのかという事が知りたいです。


その時代の、A/Cアイドルアップは2次エアーを吸わせてアイドルを上げるソレノイドバルブが多く、
2次エアーを吸いながら加給はNGですから、断続的なスイッチのON/OFFを繰り返したかもしれません?
もう、どういった制御か忘れちゃいましたので、断言できませんけど。A/Cを「ONのままでのフル加速」などしちゃいけません!
コンプレッサーの保護や、クランクへの負担を避ける為に「車で制御」が入るはずです。
その辺りのコントロールでの症状(加速抑制)と思うんですけど???

プラグコードのリークなど回転全域、もっと言えばスロー状態で「ミスファイアー」が頻繁に出るはずです。
点火系はまず外してもイイかな?
ブーストが良く掛かるのは、燃料が濃く「EXマニでもまだ少し燃える」といった条件が一番ですから、
ブースト圧が上がらない、足りないというのであれば「燃料が薄い」という事を考えますけどね。

今度A/CをONで、フル加速して同じ症状が出る様子でしたら、加速をしながらA/Cを切ってみる、
といった事を試してください。解消するようであれば、単に「ムリな加速」をさせようとしていただけです。

それと「燃料フィルター」「燃料レギュレーター」など、経年による交換部品のメンテナンスを、
してやってもイイ年式ですね。
GSでのオイル交換ですか・・・たいして「いいオイル」が置いてないカンジなので、お勧めはしませんねぇ
年寄りは「旨いモノ(値段が高い)」を食いたがるものです。たとえグレードがSMとか書いていても、
性能は値段です!良い物が安い訳ないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、エアコンスイッチ入れたままフル加速だったと思います。
でも エアコンの加減でパワーを食われた と言う感覚とはハッキリ違いましたので、怖くなってしまったのです。


回転リミッターや速度リミッッターがかかった様な感じが有りました。

しかし、5000回転で頭打ちの時は、エンジンストールの感覚とはまた違い、アクセルを踏み込む方向のレスポンスが無くなり、アクセルオフで一呼吸タイミングがずれてから回転数が下がって行きましたよ。

ターボ車様のオプションメーターは無いので、(予算の都合上、ラジオも冬タイヤも無い状態で納車してもらいましたからね)ブースト圧とかがどうなっているか等 全く判りません。(さらに 私にはそのへんの知識も無いので、、、)

やはり ご年配の車ですので、多少高価でもおいしい物を食べさせてあげないと行けないのかと考え始めています。
 ガソリンだけは購入当初からハイオクオンリーなのですけれどね。

お礼日時:2009/05/22 20:19

>フル加速を試みたら・・・・



 ナナロク(JT191の開発コードはJT760。ISZ車ヲタクは『ナナロク』と呼んでいます)のIRM-Rで2nd全開!3rdで5000rpm!!
 いくらギヤ比が低めのISZ車といえど、若い!まだまだ十分お若いですよ。フツーのヒトなら、あのエンジンを7000まで回そうとは思わないでしょう(いろんな意味で)。

 さて『トルク感が断続的に落ちてしまう』のは、AC(エアコン)ONの時だけですか?或いはAC OFFでも出ますか?ココ、重要です。

※AC ONの時のみ出るなら、コンプレッサの電磁クラッチが勝手にON-OFFする、なんてのがあります。加速中にエンジンの負荷が(2馬力ほど)変動するので、エンジンの回り方に段付きが出来ます。

※それよりも・・・ナナゴー(初代FFジェミニ)ナナロクの共通エンジンである4Xシリーズには、共通した『アキレス腱』があります。
 それは、フローセンサです。
 インジェクションの更に上流にある、大気の吸入量を測定するセンサなんですが、コイツが壊れると御質問の様な症状が出ます。
 このセンサ、ターボでなくてもいつの間にか壊れるんですが、ターボ付きの場合、オイルが多少でもターボから漏れていたりすると、センサにオイルがかかって短時間で機能不全を起こします。(フローセンサの故障による『エンジンの息つき』は、ACのON/OFFに拘わらず発生します。ナナゴーのターボエンジン4XC1では、この故障が驚くほど頻発しました。)
 フローセンサのチェックは、エンジンコントローラのダイアグノシス(エンジンコンピュータの自己診断結果)を特殊なリーダで読み取る必要があるので、修理屋に依頼してください。(ナナゴー、ナナロクの整備に慣れているヒトなら、症状を伺ってまず最初にフローセンサをチェックするでしょう。もしISZ製乗用車をよく知らないヒトだったら、『フローセンサの故障かもしれないので、チェックしてみて』と一言付け加えて修理を依頼する必要があるかも。)
 問題は新品のフローセンサが入手出来るかどうか?ですね。センサがオイルを被っただけなら、ブレーキクリーナ等でオイルを落として再度組み込むと治ってる、って事も無くはないですが・・・。

※ついでに。
 上述した様にフローセンサの故障だとしても、原因がターボのオイル漏れだったら遠からずターボは死ぬでしょう。(ISZの開発の連中はこの状態のことを『デンデン虫が茹で上がった』などと言ってました。)
 7000rpmまでスカーッと回るなら、今のところは未だ『茹で上がって』ないと思いますが、ターボ自体をオーバーホールすることは出来ません。これからも永くお乗りになられる計画なら、スペアのターボを入手しておいた方がよろしいかと。勿論これも、新品が入手可能かどうか怪しいですが、ターボは確か・・・イシハリ(石川島播磨=IHI)製だったと思います。イシハリの汎用ターボで合うヤツがあるかもしれませんし、例えフランジのネジなどが合わなくても、タービン径が同じなら加工して利用出来る可能性もあります。(自分はやったことがありませんが・・・)
 尚、例えターボの新品があったとしても非常識に高価なはずなので、中古品でオイルが漏れて無さそうなヤツが解体屋などで見つかれば、ソレでも構いません。中古品でも壊れてなければしばらくは使えます。
 もっともターボが壊れたとしても、フツーに街中で運転する分には結構走れてしまうんですけど。

※も一つおまけに。
 ターボを長持ちさせる為には、オイルの管理は重要です。特にISZのターボ車の場合、クルマの取扱説明書の記載内容よりずっとヒンパンにオイルを交換してもよいぐらいです。
 但し、オイルの劣化は色では判断出来ません。(←この点、ガソリンスタンドの店員さんや用品店のオイル担当者、更にはレース経験のある改造ショップのメカニック氏でさえ判断方法を誤っています。)
 何の検査装置も持たずオイルの劣化具合を判断するのは不可能に近いので、色などというアテにならない情報に頼らずに、あくまでも走行距離だけでオイル交換の時期を決めることをお勧めします。

この回答への補足

とっても詳しくありがとうございます。

もちろんスピードオーバーですが、信号の無い道で、他車が居ない時のフル加速ですよ(苦笑)

さて、エアコンONで違和感を感じてから、キッチリフル回転まで試してみたのですけれど、明らかに異常だと感じたので、その後、エアコンを切って流し運転で帰りました。 この質問を立ち上げてからはまだ運転してません。(昨日と今日は、日産のバネットとクリッパーですよ)

以前のGSでは おばさんがキサクで5000キロ未満でオイル交換、1万キロ未満でフィルター交換を頼んでいました。 (一度、バンと同じ800円/リッター とかの安いオイル入れられ、2週間後に一時ていごとにエンジンストップと言うトラブルに遭遇してから、1200円/リッターのオイル限定にしてましたよ)

知り合いのGSが自主廃業してから、点検とかの時に「オイルが汚れてます」と言われた時だけ交換だったかもしれません。(しかも 日産のサービスで点検や車検をお願いして、ますから、、、)

一応、ターボ自体は当時のIHI製で ファミリアのターボと同じ部品らしいと言う情報までは得られました。
http://park11.wakwak.com/~petapetahatch/
こちらのページで(リンク先とかでしたかね?)

加速時の息継ぎ感は エアコンのコンプレッサーONの感覚とは全く違うように思いました。 まるで、7000回転を超そうとしたときや、社速が180Kを超えそうな時のリミッターのような感覚で、壊れるんじゃないかととても不安になったのです。

田舎なので、隣町までを広域農道や広域林道、地方主要道のバイパス等、10K走っても信号1ッ個とかの道が多いのですよ~(笑)

一度、自分でオイル交換とか経験してみたくなってきました。 
お母さんが使ってる豆トラや耕耘機の交換は経験有ります。その程度ではムリかなぁ~、、、 うーん耕耘機とかと違って、オイルを出すのに傾けたりって ジェミニじゃ無理そうですね、止めておきますね。

補足日時:2009/05/22 19:27
    • good
    • 0

その時のエンジンの音の感じはどうだったのかな?


普通にエンジンが回っているけど、ブレーキがかかる感じか、
明らかにエンジンがご機嫌斜めか?

だいたい、10年、10万キロぐらいで、プラグケーブルやデビスケーフルが痛んでくる。
夜中の真っ暗なときにエンジンをかけて、エンジンルームを見れば、ケーブルから火花が飛び散るのでそれと判る。
最初は雨が横殴りで吹き込んだり、水たまりを突っ切ると症状が出る。
現象としては、走りながらのエンストですな。

エアフィルタもチェック。まれに落ち葉が入ってたりする(こんな症状は出ないけど)。
あと、インテークマニホールドの洗浄ぐらいかな?

燃料タンク系に水が溜まっている可能性もありそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをいただき ありがとうございます。

「その時のエンジンの音」には 違和感は無かったように思います。
どちらかと言うと エンジンが更に回るのを拒否した感じ? でしょうか。

音に関しては、数年前から3000回転あたりで「ボコボコボコ~」って 購入時には無かった音は出ています。 当時はどこかのネジでも緩んで異音が出ているかと思い、日産の整備士(長身で笑顔がすてきな方)に何度も究明をお願いしたのですが、全くなにも出来なかった経緯が有ります。

燃料タンクの水は 全く考えていませんでした。 何年の毎回完全に空になる状態まで給油していないから、ちょいと考えてみないと行けないのでしょうかね?

ところで、無知なんで恥ずかしいのですが、「インテークマニホールド」って 何ですか? 
(つくずく 自分の知識の少なさにガッカリですけれど、、、)

お礼日時:2009/05/21 22:13

過給圧が正しく掛ってない可能性が高そうですね。


コントロール・バルブ(メーカーによって名前が違う場合あり)のトラブルかな?
デーラーでの点検をお勧めします。
 ターボ車はオイルにとっては過酷な条件で使用されます。
オイルのグレードと交換時期はメーカー指定の条件を守ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家からのアドバイスありがとうございます。

10年以上も前に自社生産を撤退したメーカーですので、メーカー関連の業者でメンテナンスや車検をお願いしていないのが事実です。

オイルは購入当時から近くのGSで5000キロごと交換、1万ごとにフィルター交換を頼んでいたのですが、3年前に行きつけのGSが閉店してしまい、点検等を日産のディーラーに出して、一昨年はプラグを交換したのですが、半年ごとのオイル交換 してくれているかは判らないので、やはり オイルに注意してみたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 22:02

天気はどうでした?


雨だと、エンジンルームに水分が入って、プラグケーブルがリーク。同じような症状が出ます。

タービンがいきなり途中で止まることは有りません。もし止まるとタービンがぶっ飛びます。

この回答への補足

早速のアドバイスありがとうございます、
今日の天気は 晴天!

熱過ぎて、私も作業後には水で濡らしたタオルでクーリングしたぞぉ~(笑)

それにしても プラグケーブル関係のトラブルで似た様な症状が有るって、初めて知りました。
 
ありがとうございます ☆ 

補足日時:2009/05/21 21:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全開加速時に失速する原因は・・・?

直線でアクセル全開でのフル加速時に突然失速します。
息継ぎというよりは失火しているような感じです。(ガス欠寸前の状況のような感じです)
ターボ車ですが、アクセルを細かく少しずつ踏みながらブースト全開にすれば症状は出ません。
アクセルを30%→100%のように一気に踏み込むと症状が出ます。
車種はインプレッサでマフラーのみ交換してます。エアクリ類はノーマルのままです。
オーバーシュートをしている様子もありませんし、街乗り走行では特に異常はありません。

考えられる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

HKSプロショップ パワーライター店 セッティング担当です。


三次元で高過給時燃料カットマップがあります。

これにかかっているようです。

エンジンを守るセーフティネットなのでそのままでよいと思います。

それからあと一つだけ可能性があります。
それは
高過給によるプラグの「失火」です。

一度プラグの番手を新品で「2つ」上げてみて下さい。
(このときオイルも15W-50辺りに換えておいて下さい)
これで解消すればプラグ失火が原因だったと言えます。

ロギングなしに運転者がオーバーシュートを検知するのは
ちょっと困難と思います。

Q加速しない、アイドリングは安定。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃料タンクが何となく「ペコッ」と音がした感じがして
 燃料ポンプへの影響を疑い、燃料を満タン状態にする、
 ポンプ、キャニスタ-関係かなとおもったりしたのですが、タンクにショックを
 与え、燃料満タン、この状態で丸一年無事乗ってきました。
○最近満タンにしていなく半分くらいの量で置いたままの状態でした。

今日の状態は下記の通りです。
○空ぶかしの状態では幾らでも回転数は上がる。
○実走行。アクセルを踏み込み2500回転位か「?」オ-トマ、加速出来ない。
 さらにアクセルを踏み込んでも返って減速する。(たまに順調に加速するときがある)
○アクセルを戻し再び踏み込む、加速する。(しないときもあるがほとんどがする感じ)
○アクセルふかす→減速→アクセル戻す→アクセルふかす、こんな状態で何とか
 帰ってきました。
 尚平地では何とか走行出来ていますが坂(付加がかかるところはしんどい感じです)
 平地では順調に行けば60キロ位の速度で順調に走行できる感じです。
 尚、エアコンを入れるとダウンする感じです。(アイドリング状態ではオッケイ)
○燃料満タン状態にしました。

深刻な常態かそうでないのか、何となくの回答で結構ですので
よろしくお教えお願いします。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃...続きを読む

Aベストアンサー

当方のH11アトレーバンカスタムターボ(S230V)も似たような感じが出たことあります。
(ただアイドリングで少しだけ不調な兆しがありましたが)

イグニッションコイルの劣化。(亀裂が入っており上手く火花が飛ばないときがあった。ならびにプラグ)

VSVバルブ劣化。その他ISVバルブ類の可能性も(ブースト圧がかからない為上り坂などではきつくなる。ブースト異常などでアトレーにはよくあるとの事。)

スロットルボデーやインジェクタなどの汚れ。センサー故障。


などが怪しいでしょうか・・・

踏み込んだときタービンの音は聞こえますか?
聞こえないならVSVやアクチュエーター・タービン劣化等が可能性高いかもしれませんね。
(エンジンの熱によりバルブが故障するみたいなので、さらに気温上昇などで同じ症状が出やすい可能性も)

参考URL:http://www51.tok2.com/home/kiroku/syuurisyo2/DAIHATU/S200-H14kouzou.pdf

Qターボエンジンの加速が最近あまり良くないのですが。。

ターボエンジンの加速が最近あまり良くないのですが。。

ご高覧ありがとうございます。
2005年式 スバル フォレスターSG5のターボ車(220馬力)に乗っている者です。
そのことで少し相談させて下さい。
現在の走行距離は93000キロで、80000キロぐらいの時に中古車で購入した車のことで…。



この車ですが、定期的なオイル交換は3000キロ毎にきちんとやっておりました。(粘度も変えてません)
また最近、ブレーキパッドやタイヤなども交換しました。
不具合も、これまで一切ありませんでした。

しかし、最近、何となくですが、車の加速が悪いのです。
なんとなくパワーも落ちたというか元気がなくなったというか。。
毎日乗っている者でないと分からないレベルですが…。(10pS程度?)

だから故障とかではないと思います。
これはどういう原因が考えられるでしょう。
プラグとか交換しても意味があるでしょうか。
いつも一発でエンジンは始動します。
バッテリーも考えたのですが、8万キロの時に新品に入れ替えています。
この場合、どういうところをチェックとかメンテナンスすると良いかどなたか教えて頂けませんでしょうか。

走行距離もかなりですし、そろそろタイミングベルトやポンプ、シール等は交換するつもりですが
その他にも交換したほうが良さそうなところもありましたら是非ご助言を頂けると助かります。
(別件ですが、サスペンションとか交換すると新車みたくなりますか?乗り心地とか。
費用はいくらぐらい掛かるのでしょうか?)

自分でも調べるつもりですが、もし宜しかったら教えて頂けませんでしょうか。
気に入っているのでこれからも大切にしてあと4、5年ぐらい、走行距離で20万キロ弱ぐらいまでは乗りたいと思っています。

そういった観点でアドバイス頂けると幸いです。

それでは、どうぞ宜しくお願い致します。

ターボエンジンの加速が最近あまり良くないのですが。。

ご高覧ありがとうございます。
2005年式 スバル フォレスターSG5のターボ車(220馬力)に乗っている者です。
そのことで少し相談させて下さい。
現在の走行距離は93000キロで、80000キロぐらいの時に中古車で購入した車のことで…。



この車ですが、定期的なオイル交換は3000キロ毎にきちんとやっておりました。(粘度も変えてません)
また最近、ブレーキパッドやタイヤなども交換しました。
不具合も、これまで一切ありませんでした。

しかし、最...続きを読む

Aベストアンサー

気のせい と言えば そうでしょう。

エンジンオイル粘度は 5W-30でしょうか? これ以上の粘度は、今の気温時期から冬は、重ったるく感じます。燃費に影響が出ます。
加速が鈍く感じる まさに OIL粘度を上げると その様に感じますが?

それと 0W-のOILは 使用しない事!! 夏場でぶん回す人以外 5W-40は要りません
常時5w-30で OK
純正か お勧めは SUNOCO スベルト5W-30です。
あと良いのは シェルヒリックス

カストロールエッジや モービル1は ターボ車では 初め良いが 2000km程度でタレルと言われますねー 高負荷耐久性が弱い様です。(普通に乗れば持つかも)
カストロールは スバル専用SLX5W-40が夏場だけ お勧め


一度エンジン内洗浄剤を 試してみてください
先週 アウトバック2・5LSOHCですが OIL交換前に バーダルエンジンOIL洗浄剤ETF(1.7千円)を入れ 100km程度走行し OILを抜きましたが 結構な汚れが落ちたようで 通常より真っ黒な感じ エレメントは、強く汚れが付くので 必ず 交換して下さいね
 ご自身で OIL交換しなくても OIL交換する前に 入れて少し走れば OK
10分のアイドリングでOKと説明書きが有りますが 300kmまで走行可能なので 少し走った方が
より 洗浄されます。

ガソリンタンクにには、ワコーズフューエル1を スロットルバルブの洗浄が行えます入れます 1.2千円程度 これは 単体でも 体感出来る効果が有ります。
※店舗で購入すると 高いですが オークションで捜すと 上記の様な価格で買えます。
今回送料がバカにならないので ETFと バーダルのインジェクションクリーナー900円を同じ出品者から購入し安く済ませました。フューエル1相当の効果が有ると期待 バーダールとワコーズのケミカルは かなり凄いです!!
十分 小遣い程度で 試せるエンジン内部洗浄なので だまされたと思って 試してみてください

タイミングベルトは、ぶん回す人は 10万km以前の交換が望ましく 普通に使用しているなら 10万kmを期に交換 ウオーターポンプも ついで交換するのが一般的です。

サスペンションは、純正は割高なので 純正+αの カヤバNewSRスペシャルが安くて無難です。
サスペンションを交換して足はしなやかに戻りますが ブッシュ類のヘタリが有るので 新車相当に 戻るとは 断言できませんが かなりの改善はされます。 ブッシュ全交換ですと 十数万掛ります。
ATなら ATFを SUNOCO RACINGへ交換で MT並みのダイレクト感が出ます。2.7万位掛りますが 全然違う フィーリング

プラグも交換すれば 良くなりますよ NGKイリジューム ロングライフの物がお勧め

後は RTSさんの アーシング+ATなら ATアースを追加すれば 結構きびきび走ると思います。

油脂関係は、血液と考えて管理して下さい。
純正程度のOILなら 3千超えたら交換 高性能OILなら 5~6千で交換でOK


エンジンOIL AFTも 車種に対するマッチングがあります。 高価なOILでも どのエンジンにも 高性能を発揮とは 限りませんので 良く マッチングを調べてから 試す事
上記に記載した 油脂は 自分が調べ体験した内容で 記載していますので 大きな外れはまずないと 断言します。

気のせい と言えば そうでしょう。

エンジンオイル粘度は 5W-30でしょうか? これ以上の粘度は、今の気温時期から冬は、重ったるく感じます。燃費に影響が出ます。
加速が鈍く感じる まさに OIL粘度を上げると その様に感じますが?

それと 0W-のOILは 使用しない事!! 夏場でぶん回す人以外 5W-40は要りません
常時5w-30で OK
純正か お勧めは SUNOCO スベルト5W-30です。
あと良いのは シェルヒリックス

カストロールエッジや モービル1は ターボ...続きを読む

Q失火?謎の加速不良

最近、謎の不調に悩まされているのでお知恵をお貸し下さい

主に2~3000回転くらいになるとウォン…ウォン…と2~3回エンジンの吹けが途切れその途切れに合わせて車体も前後に揺れます
しかも厄介な事に毎回必ずなるのではなく下からアクセル一定で加速して行くような時には比較的起こり難いような気がします。逆にアクセルを踏んだり戻したりしながら加速するような時にはよく起ると思います。特に2~3000回転付近でで一度アクセルオフしてから再びオンするような状況では必ずといっていいほど発症します
レブまで回したらどうなるか?とかフルブースト掛けたらどうなるか?など怖いので試していません

車は5年式180SXです
マフラー(触媒後)とエアクリ(ムキ出し)のみ交換してあります。CPUは純正です

アホなので変な説明ですが解り易く教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

車種は全く違いますが・・・

よく似た状況になりました。
ホンダバラードCR-Xでした。

加速がおかしい(一定でない)。
タコメーターの針が、意に反して、時々下がる。
真空計の針も、同じように不安定。

結果は、点火系の不調でした。
詳しくは、デスビの入り口(だったと思います)コードの接続部分が
溶けたような状態でした。
コードの交換だけで修理完了でしたよ。

ただし、古い車だったので、なかなか部品が無くて・・・
とりあえずはディーラーで「プレリュード」のものを応急的に取り付けて貰って
後日また交換という段取りになりました。

Qターボ付き軽自動車のトラブルをおしえてください

こんにちは、よろしくおねがいします。
中古車販売業者さんから、「ターボ付きの軽自動車は、とにかくターボ機構のトラブルが多いよ」と言われたんですが、具体的に知りたく、お詳しい方、または経験者様、「軽のターボにまつわるトラブルいろいろ」ということでおしえてください。

(1)どういう原因でどういうトラブルが起こるのか。
(消耗により不可抗力なものでも、メンテを怠った結果のものでも知りたいです。)
(2)その症状はどんなものか。
(3)それが起こってしまうと所有者は何をしないといけなくなるのか。
 (走行の可不可や、修理費用なども)

ちなみに私は、メンテがきっちりされてきた5万キロ走行くらいの
ターボ付き中古軽を買って、15万キロくらいまでしっかり乗りたいなと
考えているので、質問しました。

Aベストアンサー

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いていれば』問題ありませんが、手入れを怠ると意外ともろいのも事実です。具体的には既に回答にあるとおり『オイル管理不良に因る焼き付き』が最も多く、他に同じ原因で起こるセンターシールブローによる白煙吐き、インペラシャフトのガタ発生によるタービンのハウジング接触(異音、破損)などが代表的な症状となります。なのでオイルだけはそこそこ以上のモノを3000~5000kmに1回は必ず交換しましょう。また最近のタービンは水冷なので水漏れも致命的ですから発生したらすぐ修理しましょう。ちなみに先の回答にチラッと出ていました『アフターアイドル』ですがサーキットで使うのでない限り必要ありません。本当に必要でしたら車両メーカーがそうする様に最初から作ってます。

最後にタービン本体ではありませんがターボ車の不具合で一つ。
ターボ車はターボゆえにブースト圧が掛かります。 ターボ無しの車は負圧のみですのでバキュームホースは常にマニホールド負圧によって『引っ張られている』為に抜けにくいですがターボ車はブースト圧が掛かり始めると『ホースが押される』形になり、そこへ吹き返しのオイル等も加わってホースがふやけ、抜けてしまう事があります。するとエアフローメーターで測っている分以外の空気をそのホースから吸ってしまい、結果『ガスが薄い』状態となり最悪ピストンが溶け落ちます(経験者)。これは全開時ではなくゼロ発進でアクセル半開位の時にエンジンから『カリカリッ』と音が聞こえた次の瞬間にはもうピストンが逝ってしまっています。10万km近くなってきたらバキュームホースも総とっかえしましょう。

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いて...続きを読む

Qダイハツ ネイキッド ターボの加速不良について

はっきりと壊れているわけではないので何とも言い難く困っています。

ダイハツ ネイキッドのターボ車「L760S」という型式です。
高速道路を走行中、時速80キロ程度で走行している車は追い越すのですが、普段はアクセルを踏み込めばすんなり時速120キロぐらいまで加速して安心して追い越せます。

しかし、たまに踏み込んでもレスポンスが悪く、ちょっとのタイムラグの後にアクセルペダル越しにいつもは感じない振動を感じ、エンジンが急激に唸るばかりであまり加速しなくなる時があって焦ります。
その時はベタ踏みでも時速100キロに到達するまでなかなかの時間がかかります。
壊れたわけでもなく、しばらくするともとに戻ったりします。

正規ディーラーに持ち込みましたが、「何かがすぐに壊れるわけでもない。気になるなら駆動系総交換とかするけど、かなりの価格になる。」と言われました。

何かこう、症状の原因がよくわかる方はいらっしゃいますでしょうか?
教えていただけましたら幸いです…。

Aベストアンサー

ターボの加給不良・・・
ミッションのすべり・・・
は当然考えられます。

また、振動があるとの事なので、
点火系の不良も考えられます。

またまた、「いつもではなく」「唸るばかり」となると・・・
マフラーのどこかで詰まったりしてないか?とかも考えられます。
(大きな欠片がたまに蓋をしたりとか・・・)

やはり原因はしっかりとつかまないと、
修理費用ばかりかかって直らない。と言うことになります。

ディーラーの整備士といっても経験はマチマチです。
違うお店でセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

Q加速しようとするとノックする

89年式のフォルクスワーゲン:ゴルフ5速MTです。
走行は12万km、車検は今年5月に通っています。

(平坦な道で)普通に加速しようとアクセルを踏むと”カクカク…”という感じでノックします。
2速や3速に入れていても発生します。
登りやカーブでは言うまでもありません。

なお、等速で走っているときは100km/hぐらいでも異常はありません。

原因として、どのようなことが考えられるかを教えて下さい。

Aベストアンサー

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感できるような振動やスムーズさを欠くような状態になることはまずありません。速度の低い状態で無理に高いギアでアクセルを踏み込んだり、エンジン内部に多量のカーボンが堆積していたり、点火プラグの熱価が不適当である場合に起こります。上記に照らし合わせて症状がノッキングであるならば、まずは点火プラグを外し点検してみてください。点火プラグの先端部分が黒く煤だらけになっていたり白っぽくなっている場合はプラグの熱価が不適正である可能性が大きいので、黒くすすけている場合は熱価の低い物に、白っぽくなっている場合は熱価の高いものに交換が必要です。正常な場合は食パンの耳の部分のような狐色になっているはずです。

ノッキング以外の症状である場合、アクセル操作に伴って起こると言うことですので、点火系統(ディストリビューターキャップおよびローター・プラグコード・点火プラグ)の異常がある状態でスロットルが深く踏み込まれるとエンジン内部での実圧縮比が定常回転時よりも大きくなり、点火火花が飛びにくくなります。この結果先に述べた点に絶縁の低下などがあると点火プラグ部分で火花が飛ばず、絶縁低下を起こした部分でリークを起こしてしまう場合があります。こうなると点火に失敗した部分ではエンジンは息をつくことになり体感できる振動や加速のスムーズさを欠くという状態になります。他には燃料噴射系統のトラブルで加速時の燃料噴射量の補正(一時的に定常状態より濃い混合気を作る)が正常に行われていない可能性があります。こちらの方は専門知識をもった上で無ければ点検も修理も不可能ですので、ディーラーなどで点検を受けることをお勧めします。

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感でき...続きを読む

Qターボの空気もれ?

ワゴンR MC21S RRです。
最近アクセルを踏むと
ヒューというような音がするようになりました。
強めにアクセルを踏み加速するとエンジンの回転数と同調するようにヒューという音がもっと高いピーという笛ような音になります。
私の家の前を通る車も時々同じような音がしているのを聞いた事があります。
覚えている車種はジムニーターボと私の車と同じワゴンRターボです。

自分の車から音がするまでは家の前を通るヒュー音がする車は改造車だと思っていました。

ノーマルの自分の車からヒュー音がするようになって改造ではなく故障かな?とか、古くなったからしかたがない症状かな?と考えるようになりました。

少し大きめにカーステを掛ければ聞こえないくらいの音ですが車内が無音だと凄く気になります。
すれ違った歩行者も時々振り返ります。

ヒュー音がどこからしているか推測できる方、音がした経験がある方、可能性のある場所を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

音の表現には個人差があるので確実なところはわかりません。


タービンのフィンが擦れている音かもしれませんね。酷くなればかなりの音がします。

元々スズキのアルミエンジンは「ヒューン」って言うような感じの音がしますね。(運転者はきにならないですが外で聞くと結構聞こえる)

あとはCVT系などの車も結構近い音がすると思います。

この音が大きくなった(気になるようになった)のであれば元々の音なので良いのですが、タービンの音だと壊れる前兆の場合があります。
タービンが回ると「ヒューン」と元々音が聞こえると思います。ただ回転と同調して聞こえるのであれば多分エンジンの独特の音かと思います。


発進時(加速時)や一気に踏み込んだ時に聞こえるのであればタービンやミッション系の音が疑わしいと思います。


整備士でもなんでもないので確実な事はわかりませんが、タービンの劣化の可能性が高いかもしれません。
次点でベルトやプーリーなどの回転部品。次にミッション。エンジン元々の音。

早めに点検を受けるのが良いかと思います。

Qアクセルを踏んでの発進・加速時に、もたつく感じがします

信号待ちとかでいったん停止して、発進させようとアクセルを踏むのですが、踏んだ時スムーズに加速せず、アクセル踏んで少しの間加速感が重い感じがして、変速ショックがある、という感じです。
どこか悪いんでしょうか?ディーラーで購入した車でないので、どこへ修理等の相談をしたらいいかわかりません。原因がいまいち素人の感覚では判りかねるところです。私が思うに、ATF交換したほうがいいのかな?と思ったのですが、今年の4月の車検の際にまだ交換しなくてよいと判断されています。
ちなみに、車検は民間整備工場(某車検専門チェーン店)で行いました。
どなたか原因等わかる方いましたら教えていただきたいと思います。
車は、ホンダ オデッセイ RA1です。

Aベストアンサー

可能性としては、
1.やっぱりATFの劣化

2.トルコン自体の故障

3.点火プラグの劣化

4.FIの詰まり、ホースの劣化

5.マフラーやエアクリの交換による、設定変更ミス

とくに1は走行距離で判断されたと思うのですが、絶対と言うことはないので、ディーラーなど複数の整備工場でみてもらってはどうでしょうか?

あとの2~5はもしかしたらという程度です。プラグであれば自分でもできますし、簡単にチェックしてもらえますので、試しにみてもらってはどうでしょうか?

Qタービンの最高ブースト圧は決まっているんですか。

タイトルの通りなのですが、
例えば、ランエボとかインプレッサなどは最初からタービンついていますよね。それでターボのブーストっていうのがよく分からないので質問です。

ブースト計って私の知る限りでは、2.0kg/mmまでしかメーターは表示されていません。
もしも、ランエボのエンジンに最初からついているタービンで2.0kg/mm以上まで設定したらエンジンって壊れるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ノーマルのタービンじゃ、いくらブーストコントローラーをつけたところでそんなに上がりません。

タービンは排気の圧力で羽を回しますが、吸気圧力をコントロールするために「アクチュエータ」とか「ウエストゲート」と呼ばれる排気の逃げ道があります。
市販車の場合はほとんど「アクチュエータ式」です。
これですと、排圧が上がったときに、いくら押さえようとしてもアクチュエーターバルブが勝手に開いてしまい、それ以上のブーストがかからないような構造になっています。

せいぜい上げられても1.5kg/cm2くらいじゃないでしょうか。
その場合も数々のパーツを交換、セッティングしないと一発で壊れます。 あまりに多すぎるので割愛しますけど。


たぶん、レース用でカリカリでも2.0kg/cm2ちょいくらいじゃないでしょうかねぇ・・・?
ディーゼルだと3kg/cm2とかあるみたいですが。 それもほとんどレース用ですけどね。


ちなみに、2.0kg/mm2(←単位に注目)なんてバカ高い圧力かけたらタービン、配管などが大爆発しますよ。
普通の200倍以上の圧力ですから。
吸気バルブが押されちゃうかもしれない。 バルブ1本に600kgくらいの力がかかる計算になりますね(笑)

参考URL:http://park2.wakwak.com/~hidemizu/impfaq.html

ノーマルのタービンじゃ、いくらブーストコントローラーをつけたところでそんなに上がりません。

タービンは排気の圧力で羽を回しますが、吸気圧力をコントロールするために「アクチュエータ」とか「ウエストゲート」と呼ばれる排気の逃げ道があります。
市販車の場合はほとんど「アクチュエータ式」です。
これですと、排圧が上がったときに、いくら押さえようとしてもアクチュエーターバルブが勝手に開いてしまい、それ以上のブーストがかからないような構造になっています。

せいぜい上げられても1.5kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報