五年以上前に父が結核になったのですが、それから毎年自身も結核の検査をしていて、毎年問題ないのですが、それでも結核菌が潜伏している可能性はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結核菌は元気な人の肺の深部に入ると、


白血球から隠れるために休眠します。
年を取ったり、重い病気になったりすると、体の抵抗力が下がります。
抵抗力が下がると眠っていた結核菌が目覚め増殖を始めます。
そして、結核を発病するのです。

体内に入った結核菌の数が少なく、しかも休眠してしまえば、
抗体反応は測定範囲以下(測定不能)になります。
これは決して、結核に感染していない という判定では有りません。
あなたが結核に感染しているか、いないかは、
100%正確な判定はできないのです。
(しかし、あなたの場合は検査結果で問題無しなので、
現在は心配無用です。)

あなたが今後、老化や重い病気で抵抗力が落ちた後、
もしかすると眠っていた結核菌が目を覚ますかもしれません。
なので、体調を崩さないように健康管理に気をつけてください。
それと、結核の定期健診は今後も続けてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question … 
http://www.city.saitama.jp/www/contents/11896416 … 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/22 06:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあくびはなぜうつるのでしょうか。動物のまでうつるとは…

あくびはなぜうつるのでしょうか。動物のまでうつるとは…

Aベストアンサー

それ、以前にTV番組で実験をやっていましたよ。^^
実験によると、それは誰もがうつる訳ではなく、協調性のある人だけがなるみたいですね。
云わば、心の優しい人と言うか・・・、相手を思いやる気持ちがあるからうつるそうです。
なので、あなたはきっと心が優しいのでしょうね。^^

Q非結核性抗酸菌(かんさし)の治療について

はじめまして44歳の男性です。
去年の市の検診で、肺に穴があいてると分かり、血液検査、マーカー、結核検査など、いろいろな検査をやりましたが、すべて陰性でした。ただ、ペット検査だけは陽性が出ましたが、結局原因は分からずじまいでした。細胞をとれば、はっきりとした結果が出るのですが、肺の穴も、2センチぐらいと小さく、細胞をとることが難しいようです。最近、痰の検査をしたところ、3本中1本に非結核性抗酸菌(かんさし)が検出され、先生は多分この菌が原因だろう。と言われ、薬の治療法を始めることになりました。ただ自分は、自覚症状もないし、抗生物質を飲むのに抵抗があります。
このままほっといて治るものではないのでしょうか?
ほっといたらどうなるでしょうか?
薬の副作用は大丈夫か?それが心配です。
薬は飲むべきですか?

知っている方、経験している方がいれば教えてください。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

リンクが分かりやすく記載してあるとおもいます。参照してください。
かつては非定型抗酸菌症と呼ばれていましたので、同じ病気だと思ってください。

>このままほっといて治るものではないのでしょうか?
残念ながらNoです。

>ほっといたらどうなるでしょうか?
最終的には呼吸不全から死にいたるようです。

>薬の副作用は大丈夫か?それが心配です。
飲まないことのほうが心配ではありませんか?

>薬は飲むべきですか?
やはりYesとなると思います。

いろいろとこの疾患について勉強してみてください。治療する必要性がご理解いただけるものと思います。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~oomuta/faq/hiteikei.htm

Qうつる肝炎、うつらない肝炎それぞれ教えてください。

うつる肝炎、うつらない肝炎それぞれ教えてください。

Aベストアンサー

ウイルス性の肝炎であれば、感染しやすさに差はあるもののうつる、と考えてよいと思います。アルコール性の肝炎や薬物性の肝炎、自己免疫性肝炎などであれば、うつるものではありませんよ。

Q結核菌がいるようです。

以前 勤めていた病院は結核患者さんが来るので検診と合わせてツ反をしてみたところ
同じ検査を受けた他の2人はなんともなかったのに私だけ赤く腫れ上がってすごくかゆかったんです。
それを見たDr.も半笑いしながら「薬 飲もうか?」と言いました。
結局レントゲンを見ても影らしきものはないと言う事なので
半年間<イスコチン>と言う予防薬を飲み続ける事になりました。
まだ発病していないから...と言う気の緩みがあるせいか飲み忘れも多々あり長い時で3週間飲まずにいました。

※予防薬をきちんと飲み続けていないと発病してしまうのでしょうか?
※この予防薬に副作用があるらしいのですが、それはどのようなものなのでしょうか?

詳しく知りたいのでどなたか教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

ツベルクリンで強陽性がでたということでよろしいですか?
ツベルクリンは日本人は陽性の方がほとんどです。ですので通常感染したかどうかの判定は難しいとされている検査です。 判断したなら上記でしょう。

結核菌は感染したとしても、発症するのはその1割程度とされています。そのうち7(~8)割程度が2年以内に発症するといわれています。
発症するのは体力的に問題があるかたなどが主です。
発症しないよう健康管理に(普通に)気を配るということだけしか、出来ないですね。
予防的内服は25歳以下には有効とされ、29歳までの人は公的資金により内服が行われるようになっています。これに該当されたのだと思います。
プラス レントゲンで2年程度のフォローは自主的(健康診断などで)に受けてください。

もとから発症する確率が1割程度なのですから、飲まなくとも発症するとは限りません。

で、副作用ですが、職員だからですかね?。普通説明しないといけない薬です。(看護師程度なら常識範囲なので、直接の医療職でないかたなら説明すべきです)まれにとはいえ神経系の障害でますから。といっても結核に対する薬は出る場所は違えど、神経系の副作用の出るものがほとんどですけどね。

副作用は 簡単にしか記載されていませんが、下記のサイトをご参照ください。

が、質問者さんが行った飲み方は、どんな疾患が相手であっても絶対に行ってはいけない飲み方です。菌に対して薬に対しての耐性をもつチャンスを与える そういう飲み方です。他の病気のとき(風邪などでも)も同じような飲み方はしないでくださいね。

参考URL:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6222001.html

ツベルクリンで強陽性がでたということでよろしいですか?
ツベルクリンは日本人は陽性の方がほとんどです。ですので通常感染したかどうかの判定は難しいとされている検査です。 判断したなら上記でしょう。

結核菌は感染したとしても、発症するのはその1割程度とされています。そのうち7(~8)割程度が2年以内に発症するといわれています。
発症するのは体力的に問題があるかたなどが主です。
発症しないよう健康管理に(普通に)気を配るということだけしか、出来ないですね。
予防的内服は25歳以...続きを読む

Q親の心が子にうつる

親の心が子にうつる
子供が苦しんだり、喜んだりする原因は
子供の因縁と親の心がうつるからですが
貴方はどう思っていますか?子供の事を・・
教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

子供の因縁なんてありません。
「親の心が子にうつる」・・・・・親の性格にこの性格が似ることはあります。

まあ、子の前では親は恥ずかしくない態度、行動をしていないとね。

Q結核の耐性菌・・?

医療にお詳しい方教えてください。

知人26歳が「結核性胸膜炎」で昨年末に入院し、現在結核の服薬を始めて2ヶ月経ちました。
最初は薬の副作用がみられましたが、発疹を抑える薬や肝機能の薬を併用しながら、今は仕事にも復帰しています。月1~2回の定期検診(血液検査とレントゲン)でも今のところ順調と言われています。

知人が入院中、うろ覚えなのですが、主治医から「耐性菌?かどうか菌を検査に出す」と言われたそうです。その検査結果には2ヶ月ほど要すらしく、そのため近々結果が聞けるそうなのです。
私なりにも調べてみたのですが正直よくわからず、これは一体どんな検査なのでしょうか?
耐性と言えば、例えば薬をきちんと飲まずにいると菌に耐性ができて効き目がなくなるとか、そんなイメージなのですが…。

主治医から検査に出すと言われたのは、結核菌が認められた入院初期の段階で、服薬を始めた頃だったようです。耐性があると判断されるとまた治療が複雑になると言われたそうです。

これらの情報でお分かりになる方がいらっしゃれば、どんな検査なのか、また耐性と認められる確率なども教えてください。

医療にお詳しい方教えてください。

知人26歳が「結核性胸膜炎」で昨年末に入院し、現在結核の服薬を始めて2ヶ月経ちました。
最初は薬の副作用がみられましたが、発疹を抑える薬や肝機能の薬を併用しながら、今は仕事にも復帰しています。月1~2回の定期検診(血液検査とレントゲン)でも今のところ順調と言われています。

知人が入院中、うろ覚えなのですが、主治医から「耐性菌?かどうか菌を検査に出す」と言われたそうです。その検査結果には2ヶ月ほど要すらしく、そのため近々結果が聞けるそうなのです...続きを読む

Aベストアンサー

耐性菌とは通常の(結核の)治療薬に対する耐性を持っているかどうかです。
耐性を持っている場合、薬の効果がほとんど期待できなくなります。
耐性菌自体も感染するそうです。なので最初から耐性菌の可能性もあるみたいです。
2002年のデータでは日本の結核菌のうち約1.6%が多剤耐性結核菌、0.5%が超多剤耐性結核菌だそうです。
菌の検査は結核かどうか調べた時の培養を使って菌を分析します。まずは培養で増やしていき、それぞれの薬に対して耐性を持っているかどうか反応を見ていくのだと思います。だから時間がかかるのでは。

参考URL:http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol34/34-1.html

Q漢字変換「かぜがうつる」

「かぜがうつる」の漢字を教えてください

Aベストアンサー

「風邪が移る」


うつ・る 2 【移る】
(動ラ五[四])

(5)病気などが他人に伝染する。
「長男のはしかが次男に―・る」「君のあくびがみんなに―・った」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%A4%A6%A4%C4%A4%EB&sm=1&pg=result_k.html&col=KO&sv=DC

Q室内に飛散した結核菌の寿命は?

10年ほど前に母が結核で死亡いたしました。その当時、母が住居としていた部屋は使用しておりませんでしたが、使用する必要性が出てきました。結核菌は永く生きた状態で残っていると聞いた事がありますが真偽のほどは如何でしょうか?又、死滅していないとするならば対処方法はどうしたらよろしいでしょうか?ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どんな菌でもそうですが菌が生きる為には、手ごろな温度・湿度・などが必用で長く生き残っていると言うのは、結核患者が咳をした時など吐き出す空気の中に多く含まれ、そばにいる人がそれを吸て体の中に残っていて、免疫が元気なうちは発病しにくい為に「長く生き残っているといわれたのではないでしょうか。
結核菌の消毒方法はURLを参考にしてください。

参考URL:http://www.sakuraph.jp/yobou.html

Qイボってどうやってうつるのでしょう?

足の裏にイボがあるのですが、どこからうつったか分かりません。

一緒に生活したり、旅行した家族にはうつっていませんが、

どこからどうやってうつったか分からないのでどう防いだらいいか分かりません…。

どのようにうつるのか、どのように防止したらよいか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

イボにはいくつかの種類があります。

あなたのイボがどのようなものなのかわからないので判断は難しいですが、足の裏にできるイボとして多いのは鶏眼(魚の目)とウイルス性疣贅(ゆうぜい)の二つです。

魚の目は勿論、感染症ではありません。
ウイルス性疣贅はウイルス感染症なので他人に移ることがあります。特殊なことではなく、普通に生活していても感染してしまいます。

もしあなたのイボがウイルス性疣贅なら、たまたま足の裏に微細な傷があったのかもしれません。でもそれを防ぎきることは不可能ですし、今後感染しない方法を考えるより、あなたが自分・他人に感染を広げないことを考える方が現実的です。

皮膚科ですぐに治してしまうのが一番だと思います。ウイルス性疣贅なら簡単に治ります。

私はおでこにウイルス性疣贅が出来てしまい、だらだらしていて手の指にも出来てしまったことがあります。皮膚科で液体窒素で焼くという治療をしたら一回で完治でした。痛みもほとんど無いですよ。

Q非結核性坑酸菌症の経過観察継続中に血痰が出た

65歳を越えた家内の病気ですが、この病気は血痰が出たことでびっくりして検査を受けて判明することが多いと言われていますが、家内の場合はレントゲン写真に疑問があって大きい病院に紹介を受け放射線科でCTによる診察監視継続中2年です。痰の検査で2回以上排菌が有れば薬を出そうと言われたそうですが、まだ薬は飲んでいませんここから質問ですが
1血痰が出た事は、排菌したと、言うことでしょうか(鮮血の中にやや黒い小さな塊が混在しています
2痰の持ち込み検査は早い方が良いでしょうが土曜、日曜は提出できません月曜はどうでしょうか
3診療科は放射線かで判断できるものでしょうか(家内は医療センターへ転院を拒みます
4肺MAC症とこの非結核性坑酸菌症は違いますか(ネットで調査して判然としません)

 どなたか教えていただけますかよろしくお願い致します

Aベストアンサー

1.気管支拡張症だけでも血痰はでますし、咽頭・喉頭からの出血の可能性もあります。
よって、直接的な排菌との関連はありません。
2.これは担当医でないとわかりません。血痰がでたらもってくるように言われているのですか?
3.特に問題ありません。ただ、治療は呼吸器科のほうがいいかと思います。
4.非結核性坑酸菌症をおこす何種類かの菌のうち、頻度の高い菌を特にMACと呼びます。


人気Q&Aランキング