詐欺の被害にあった人が自殺した場合、告訴しても詐欺罪が適用される
だけでしょうか?
自殺と詐欺とは切り離して考えるのでしょうか?
 

A 回答 (3件)

自殺といった瞬間に、切り離しなんですよ。



自殺である以上、自分で死んだのですよ。誰かに殺されたのではないのです。いくら追い込まれても、死なない自由はだれにもあります。

その死なない自由を奪うほどに追い詰めているんでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。そうですね。法律の世界ではそうですよね。
その恨みは何処で受け止めて貰えるんだろうかと思いまして。

お礼日時:2009/05/22 11:46

http://beauty.oricon.co.jp/news/64800/full/
「八尾市の老夫婦ら3人が2003年6月、ヤミ金融業者の過酷な取り立てを苦に踏切自殺した事件で、6人が出資法違反容疑で逮捕・・・」
と、上のサイトにあるように、殺人などの罪では逮捕できないのが実情です。
ただ、事実が証明できれば遺族は損害賠償を請求することになります、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。よく分かりました。

お礼日時:2009/05/24 07:47

 


>自殺と詐欺とは切り離して考えるのでしょうか?
あたりまえ。
切り離せないなら..............
自殺したから詐欺が成立
自殺しない場合は詐欺にならない
こうなって、生きてる限り詐欺を訴えられなくなる

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。理解できました。

お礼日時:2009/05/22 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大金を騙し取られました。

大金を騙し取られました。
友人に儲け話を持ちかけられ、私も少しお金に余裕があったので乗ってしまいました。
不動産関係で金額的には私は270万くらいです。

最初の頃は順調で着実に利益が出ていたのですが、途中でその友人の父が破産して
お金を返せなくなりました。
それでも月々分割で返済していたのですが、もう連絡も取れなくなりました。

そもそもそんなくだらない話に乗った自分が馬鹿だったのですが、
もう払う事を諦めて、電話も無視してのうのうと生きている事が許せません。
今ではお金は返ってこなくていいが、どうやって報復しようかという事ばかり
いつも考えています。
目撃情報があるので、その辺で生活きていることは確かです。

しかしながら、社会的な身分もあるので捕まえて半殺しにしたり、その道の人を雇って
やることも出来ますが、バレたらすべてを失います。最悪の結果です。

周りに相談すると
「授業料だと思って、忘れなよ」などよく言われますが
そう考えたくても自分の中でそう解決できません。

質問は
皆さんでこのように騙されたことなどある方、どのように自分の中で
解決したか、どのような考え方をしたかを教えてください。

最悪の結果にならないように私も自分の中で解決したいと思っているのですが
そんなに善人ではないので、解決できずストレスが酷いです。

皆さんよろしくお願いしますm(__)m

大金を騙し取られました。
友人に儲け話を持ちかけられ、私も少しお金に余裕があったので乗ってしまいました。
不動産関係で金額的には私は270万くらいです。

最初の頃は順調で着実に利益が出ていたのですが、途中でその友人の父が破産して
お金を返せなくなりました。
それでも月々分割で返済していたのですが、もう連絡も取れなくなりました。

そもそもそんなくだらない話に乗った自分が馬鹿だったのですが、
もう払う事を諦めて、電話も無視してのうのうと生きている事が許せません。
今ではお金は返っ...続きを読む

Aベストアンサー

忘れなよ、とは言いませんけど?
忘れる必要はその経験を無駄にしてしまいますので、良く良く今後の為にも覚えておいた方が良いと思います。

これは? ある意味では「事故」のようなものだと思います。

誰にでも起こるような出来事と言えるのではないのでしょうか?

例えば、あなたが新車を買ったばかりなのに、交通事故を起こしてしまい車が大破したようなケースと似ているような気がいたします。

幸い、人身事故ではなくて、300万円で買った新車をおしゃかにしてしまったという「経験」だけで済んだのだと考えられれば、それは今後の自分自身の為にもなる「良い経験をした」とも言えるような? そんなふうに考えれば良いかと思いますよ?

過去に戻る事は出来ませんので、過去の経験を今後に生かして行けば良いかと思います!
それから、お金の貸し借りは、人間関係を駄目にしてしまう力を持っています。
それは、例えば自分の身内の人間でも同じことです。
仮に、自分自身が300万円持っていたとしても、他人がどんなに困っていようとも私なら50万円ぐらいまでしか手助けはしないと思います、なぜならば、それぐらいの金額でも1次的にはどうにかなるものだからです、あとは、自分自身で解決するようにしてあげないと私が他人を駄目にさせてしまうからなのです。

上手い口車に乗っかってしまった、あなた様の方にも落ち度がありますので、その経験をこれからの未来に上手く生かせれば、長い目で見れば、ちょっとした不運な出来事だったと、冷静にご判断されることを願います、そして、その元友人への恨みをはらすことで、あなた様が冷静さを失い、あわれな立場にだけはならないことを願っております。

それから、道端でその友達にもしも出会ったような場合には、可哀そうな人だな、と、哀れみの表情をしてあげたら良いかと私は思います。
その元友人はお金で自分自身の信用を無くしてしまったのですから、哀れだと私は思います。
信用だけは、お金の力では手に入れることの出来ない貴重なカテゴリーだと私は思うのです。

忘れなよ、とは言いませんけど?
忘れる必要はその経験を無駄にしてしまいますので、良く良く今後の為にも覚えておいた方が良いと思います。

これは? ある意味では「事故」のようなものだと思います。

誰にでも起こるような出来事と言えるのではないのでしょうか?

例えば、あなたが新車を買ったばかりなのに、交通事故を起こしてしまい車が大破したようなケースと似ているような気がいたします。

幸い、人身事故ではなくて、300万円で買った新車をおしゃかにしてしまったという「経験」だけで済んだのだ...続きを読む

Q詐欺で友人が逮捕されました。執行猶予付き判決はでるでしょうか?

友人は車屋さん(買取専門店)の店長をしており、ノルマを達成する為に、架空利益を計上したり、架空の買取をして、架空の売買をし、その穴埋めの為、またさらに架空の売買をし、雪だるま方式で膨れ上がり、会社に対し詐欺被害をだしてしまったとの事です。
被害額は5000万ぐらいで(立件されていないものも含む)、実質的な被害額は1500万ぐらいですが、実質被害額が警察で確定できず、起訴事実以外の件も含めて、おおまかに計算すると1500万ぐらいになりました。

被害者とは求刑の前日、和解が成立しております。
民事裁判も平行して行われていて、最初は5000万の損害賠償請求だったのですが、被害者より和解提案があり1000万の提示を受け、それを呑んだ形になります。
条件は200万一括で支払い、残りは分割で本人が責任をもって支払うそうです(親の土地を担保にいれるのが条件)
着服は本人は最初していないと思っていましたが、捜査の結果、立件されていないものを含め、架空計上されたものに穴埋めしたものを差し引いても、1500万ぐらい残ってしまい、実質その金額が私利私欲で浪費していなくても不明金となっており、その部分も含め、全部に於いて和解が成立しております。
たぶん、被害弁済という点では、見なされてると思うのですが・・・。

起訴状によると、詐欺被害件数は10件(10台分)で被害総額が2500万ぐらいです。
勤務先の会社に対しての架空買取契約書に関しての詐欺行為になります。起訴状にある詐取したお金(2500万)は、架空売上計上された代金にほぼ全額穴埋めされております。
他については立件されておりません。

検察の求刑は4年でした。
求刑論告では、検察から被害弁済をしていない為との言葉もありましたが(検察は和解したのをわかっていなかった為)、求刑当日に弁護士が和解書を証拠品としてあげておりますので、その点は考慮されると思うのですが・・・。
情状証人尋問では、今働いている(この事件は5年前のことなので)社長さんが行い、責任をもって監督し今後も働いてもうらうとの話をしておりました。

逮捕、勾留から犯行を素直に認めており、公判廷においても公訴事実を認め、証拠についてもすべて同意しております。
自分の過ちを深く反省しており、返済が終わるまでは実家にいるという事です。
前科、前歴もなく初犯です。

この場合、執行猶予で出てこれる可能性は・・・と言うよりどのような判決が予想されるでしょうか?

友人は車屋さん(買取専門店)の店長をしており、ノルマを達成する為に、架空利益を計上したり、架空の買取をして、架空の売買をし、その穴埋めの為、またさらに架空の売買をし、雪だるま方式で膨れ上がり、会社に対し詐欺被害をだしてしまったとの事です。
被害額は5000万ぐらいで(立件されていないものも含む)、実質的な被害額は1500万ぐらいですが、実質被害額が警察で確定できず、起訴事実以外の件も含めて、おおまかに計算すると1500万ぐらいになりました。

被害者とは求刑の前日、和解が成立しておりま...続きを読む

Aベストアンサー

yuupanhさんも内容を見る限り、
ある程度知識を仕入れての質問だと思いますが、判例上、当然ながら既に和解しているのだから、情状酌量で執行猶予は間違いなくつくと考えられます。
検察側の求刑は4年となっていますが、
裁判の通例上、被告側に嘘の証言や下手な自己弁護を勝手に法廷でしない限り大丈夫でしょう。
(予断ですが最近ではホリ■被告が悪い例ですね)
とはいえ、私は弁護士ではないので参考程度になればいいと思います。

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報