はじめまして。ariwori0と申します。

私は現在21歳のE~Fランクの私立大学に通う男です。
(軽度知的障害、アスペルガー症候群の疑いありと医師から診断された経験があります。)
高校3年時に不登校になり、卒業できず中退して大検を取得し、
1年前に入学し、現在に至ります。

私は不登校になったときに、
それまでさほど興味のなかったアニメ・漫画・ゲームにハマりました(主に萌え系の)。

私は二次元コンプレックスのようなもの(?)があるみたいです。
といっても、空想上の二次元キャラ(女の子)に対して恋愛感情を抱くだけでなく、
「天才」「秀才」といった二次元キャラに劣等感を抱くことがよくあります。

例えば、某育成シミュレーションゲーム
(わかる人にはわかると思いますが)で
「天才肌で何をやらせても平均以上の結果を出せる子」
「勉強も出来て天才的な歌唱力をもつ子」
「盗聴機と発信機を楽々作っちゃう子」
なんてのがいるんですけど、
この子達を見ていると、自分がもの凄くみすぼらしく見えてしまうんです。
おかげさまで全くゲームが楽しめなくなりました。
自分の責任です。ハイ。

私は頭も悪いし、運動神経も無いし、口下手で、
良いところが一つもないばかりか、
知的障害者の疑いがある「えた・非人」なのですから。
この子達とは月とすっぽんです。

現実の人間と自分を比べてコンプレックスを感じるのならまだしも、
架空のキャラクターにコンプレックスを感じるなんて自分でも、
相当やばいんじゃないかって思うんですが、
流石にリアルで「二次元キャラに劣等感があります、どうしたらいいですか?」
なんて恥ずかしくて誰にも相談できないので、
こちらで質問させていただきました。

あの、、、私はどうしたらいいんでしょうか?
過去似たような質問をしたことがあり、
ある回答者様から「自分を自分なりに受け入れる」という処方箋をだして
いただいたのですが、
「でも自分は知的障害者かもしれないし」
「どうせ頑張っても無駄かもしれないし」
とか言い訳ばかりつくって、
何も変わらないまま勝手に自己完結。

こんな私が、
(少なくとも二次元のキャラクターに対する)劣等感を解消する方法はないのでしょうか?
「変わりたい」と思う気持ちと「どうせ無理だ」という気持ちがせめぎ合って、
今の自分ではどうする事もできません。
どうぞご意見ありましたらよろしくお願いします。

(補足)
念のため過去の質問のURLも記載しておきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4888320.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4916686.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

別に2次元のキャラクターに劣等感を感じるのは不思議ではないと思います。


ですので、それ自体は問題ないと思うのですが、自分のことが好きではないということが問題なのではないかと思います。

たぶん同じ回答を見たことがあると思いますが、自分を好きになれないと、人のことをうらやみますし人を嫌いになりますし本当に自分のことを嫌いになります。死にたくなります。

僕は死にたいし、町中ですれ違う幸せそうな人を見ては暗いどん底にもぐっていきますが、結局死ねないので生きているだけです。
死ぬまで生きると、諦めています。

で、こういう僕や文章から見られる質問者様のような方にいいといわれるのが、認知療法というものらしいです。
ようは、ものの考え方を変えるというもの。
でも、難しいですけど。

あと勘違いされているように感じるのが、知的障害を抱えている人が人では無いという考え方です。
知的障害者の方でも幸せな方はいらっしゃいますでしょうし、一番不幸なのは自分を不幸だと思っている全ての人だと思うので、それは病人でも貧乏人でも障害者でもなく、心に病の持った人だと思います。
その点で、質問者様は多分心に病の持った、心に闇を持ったこの世では生きづらい方だと思うのです。

心の闇を取り除くことが、生き易い幸せな道だとは思うのですが、それがカウンセリングか病院かあるいはそれ以外のちょっとしたきっかけかはわかりません。

質問者様のように葛藤している2次元のキャラクターもいるじゃないですか。
エヴァンゲリオンの碇くんなんて生きるのに苦しんでるし、綾波レイなんて儚すぎて壊れそうで、生き辛そう。アスカも中と外が葛藤の連続のときがある。
ある意味、質問者様もそのようなキャラクターと同じ種類の人間なのでは無いでしょうか。

はっきりしたアドバイスが思いつきませんが、このまま終わらせていただきます。
死ぬまで生きる。ある意味諦めて。
辛いときは寝ましょう、薬をもらったらのみましょう、ここでもいいから話しましょう。
そのうち、今よりは生きる力がたまっているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正直言うと私も死にたい気持ちはあるんですけど、
結局死ぬ勇気がなくて今まで生きてしまっています。

自分の長所とか好きなところが自分ではよくわからないので、
自分を好きになれないのかもしれません。

過去の友人や両親は「優しい」「気が利く」とか言ってくれますけど、
「優しい」なんてのは果たして長所なんでしょうか?
何か役に立つ能力なんでしょうか?

碇くんは最後に「僕はここにいてもいいんだ」と自己肯定出来ましたが、
私も頑張ったらそうなれるんでしょうか。。。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 12:18

No.3です。



依存とまではいかないかもしれないですが・・・ハマリ過ぎただけかも。
作られた感じがしないと書かれていますが、ゲームのキャラクターもマンガのキャラクターも、素人ががチラシの裏に描いた下手なラクガキと同じですよ。誰かに作られたという点では。

どうしようもないのなら、一回ゲームもマンガも全部捨ててしまったらいいじゃないですか。
ほとぼりが冷めた頃にまた買いなおす事が出来るんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の回答ありがとうございます。

全部捨てるのはもったいないので、とてもできないですけど、
押入れの奥の方にでもしまっておこうと思います。

お礼日時:2009/05/23 14:29

ゲームのキャラクターは何の無駄もなく、汚れもなく、完璧に作られているんですよ。

作り物のお人形です。
生きている人間はそんな完璧にはいきません。
私も作られたキャラクターに対してうらやましく思う事もあります。色々と未熟なので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりゲームに依存しすぎなのでしょうか?
「作られたキャラクター」っていう感覚があまりないんですよね。

お礼日時:2009/05/23 00:42

心の安静を求めるのなら、


例えば人の少ない場所で
できれば若い人間のあまりいない町で
なるべく他人と関わらず暮らす。

というのはどうでしょう。
これまでのリセットしたい過去、劣等感は消えませんが、
そのかわりこれから起こりうるであろう新たな失態やそこから生じる劣等感に対する不安は消えます。
つまりあきらめるのです。
身勝手な意見かもしれませんが、
自分の心の安静を一番に考えるのならそうするのも良いと思います。
何より自分自身が一番大切だと思うからです。

もしくは自分を変えたいのであれば、
リスクは大きいですが、様々な人間とコミュニケーションをとらなければならないと思います。
例えば勉強ができる人間と話していると、決して学歴が良いからといって頭が良いわけではないという事がわかります。
見知らぬ老人に話しかけてみるのも良いかもしれません。
自分達の何倍も生きていますし、ネットでは聞けないような意見が聞けるかもしれません。

二次元のキャラクターに話しかけてみるのも良いと思います。
アニメや漫画を読みあさって、現実を捨てても良いくらいの理想的なキャラクターに出会ったのなら、
少なくともそのキャラクターに接している間は自分の過去や劣等感を吹き飛ばしてくれるでしょう。

あと短絡的ですが「死ぬからいいや」と考えるやり方があります。
頭がよかろうが軽蔑されようが悩みもうが後悔しようが結局みな死んでしまう。

極端な意見ばかりですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるべく他人と関わらず暮らすなんてのは困難ですよね。
生きていくんだったら社会の中でしか生きられませんし、
ずっと人と関わらずにいたら、それだけ自分一人で悩む時間が増え、悪循環になってしまいそうな気がします。

お礼日時:2009/05/22 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 知的障害<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    知的障害とはどんな病気か  知的能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっている状態のことです。かつては、精神薄弱(せいしんはくじゃく)とか精神遅滞(ちたい)という言葉が使われていましたが、日本の法律・行政用語では知的障害という表現で統一されるようになっています。  知的能力といってもかなり漠然としていますが、実際の日常生活において物事を判断したり、必要に応じて適切な行動を自分で行う能力であるといって...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私も…アニメキャラに劣等感を抱いてしまいます…

特に能力バトル物に対してですね。見るたびに胸糞悪くなりますよ。(お陰で私はアニメ本編を初めから最後までじっくり見る事は滅多に無いんです。)

「とある魔術の禁書目録」シリーズみたいな能力バトル物をみると、主役キャラ達は皆並の人より強靭で、非凡な能力を持って、彼らの前に立ち塞がる様々な危機と問題に勇敢に立ち向かって見事に解決したりします。(そして私めみたいな非力なキャラはただのモッブ、雑魚。)

勿論、あれ達は唯実際でもない虚構の物語の為に造られた人型であり、幻に過ぎないのは承知しております。
その事実を気付いてもあれ達に対する劣等感が消えるのは愚か、寧ろエスカレーターしちゃいます。

私の場合なら精神的にも物理的にも木端微塵に粉砕されかねない大変な状況を、あれらはなんとか打ち破りながらも健在な、そんな凄まじい耐久度(?)を誇示しますね。w
あんな能力バトル物を私の目線から見ると、スーパーマン顔負けの優れたキャラ達の力自慢劇にしか見えない(同時に「こいつ等に木端微塵粉砕されるモッブがおまいらだ」みたいなサブリミナルメッセージを受けるような気がする)から、大変不快感を感じてしまいます。

あれ達はスクリーンの中にしか存在しない幻で、スクリーンの中の描写の99%は実際に絶対起こるはずあるまい、故に私とあんなスクリーンの中の幻との因果関係、全く無いのは承知の上。

なのに、私がアレ達に対して抱く劣等感は相変わらないです。
何かアレ達に対して被害妄想でもあるんでしょうか。(一部のキャラは私の手で個路して欲しくなるくらい憎いものもあります。此処では其のキャラ名を晒しやしませんけどね。)

「中二病」という言葉がありますね。「自分には漫画、アニメの登場人物のように何か凄い能力を持っているかも知れない(ただ目覚めてないだけ)」と勝手し錯覚する…
私はそんな事想像するたびに胸糞悪くなるから到底出来ませんぞ。(敢えて名付けるなら、逆中二病?反中二病?)

幻に過ぎないアニメキャラに対して敗北感抱き過ぎて、果てには一部キャラに対して○意まで感じられるくらいの私、一体どうすればこんな行き過ぎたような二次元劣等感から解き放たれられますか。

又、強過ぎる者達の力自慢だけの物じゃなく、私みたいな人のための癒やしになる作品は果たしてあるんでしょうか。
アニメでも、ゲームでも、映画でも良いから、もしあれば推薦お願い致します。
私めみたいに非力な人物が主人公で、周りの人物があんな強者である作品で…
(但し、アニメ等を見たり読んだりする読者、視聴者が素材の作品、ギャグ物は御勘弁を… 鬱展開でも良いから、真面目な作品でお願いします。)

特に能力バトル物に対してですね。見るたびに胸糞悪くなりますよ。(お陰で私はアニメ本編を初めから最後までじっくり見る事は滅多に無いんです。)

「とある魔術の禁書目録」シリーズみたいな能力バトル物をみると、主役キャラ達は皆並の人より強靭で、非凡な能力を持って、彼らの前に立ち塞がる様々な危機と問題に勇敢に立ち向かって見事に解決したりします。(そして私めみたいな非力なキャラはただのモッブ、雑魚。)

勿論、あれ達は唯実際でもない虚構の物語の為に造られた人型であり、幻に過ぎないのは承知し...続きを読む

Aベストアンサー

私「も」というのは前に他のトピックでもあったのでしょうか?見ていないので分かりませんが。

芸能人に劣等感や嫉妬を抱くのとおなじ構造だろうと思います。
アイドルを追っかけるのと、アニメファンになるのだって、対象が違うだけで、架空の存在に憧れるのは同じであるように・・・・

二次元はあくまでもきっかけで、自分を嫌いなんじゃないでしょうか?
私もアニメキャラでなくて他のものだったら劣等感を持つことがありますよ。


>又、強過ぎる者達の力自慢だけの物じゃなく、私みたいな人のための癒やしになる作品は果たしてあるんでしょうか。

ちょっと古いのかもしれないいけど、『ぼのぼの』(いがらしみきお)はどうでしょう?

途中で読まなくってしまいましたが、・・・・まだ続いているのですか?37巻とか。

そんなに頑張って読まなくてもいいと思いますけど、最初の何冊かを読んでみてはいかがでしょう。読みきりの話が多いから、ある程度の区切りまで。ギャグだと思って敬遠しないで試しに見てみていただきたいです。深い話ですから。

私も今度、最近のを見てみようかな。
アニメ版は見たことがないので分かりません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BC%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%AE

http://www.bonobono.jp/

スナドリネコさんがかっこいい、スナフキンみたいで・・・・

と思ったけど、『ムーミン』の原作シリーズもいいですよ。挿絵入りの小説ですけど。私が好きなのは『ムーミン谷の11月』ですが、これはムーミン童話シリーズの最終巻だからなぁ・・・・初めて読む人に向くかどうかは分かりませんが(なんとなくムーミンとパパとママとミイぐらい分かっていれば読めると思います)。
かっこよくない個性的な人々のお話です。

私「も」というのは前に他のトピックでもあったのでしょうか?見ていないので分かりませんが。

芸能人に劣等感や嫉妬を抱くのとおなじ構造だろうと思います。
アイドルを追っかけるのと、アニメファンになるのだって、対象が違うだけで、架空の存在に憧れるのは同じであるように・・・・

二次元はあくまでもきっかけで、自分を嫌いなんじゃないでしょうか?
私もアニメキャラでなくて他のものだったら劣等感を持つことがありますよ。


>又、強過ぎる者達の力自慢だけの物じゃなく、私みたいな人のための癒やし...続きを読む


人気Q&Aランキング