「標準ライブラリ」と、ネット上に配布されているような「ライブラリ」は、全く別のものと考えていいのでしょうか?

通常のライブラリは、ある機能を持ったクラスの集合で、それはJavaのコードで書かれているものがコンパイルされたものだと思います。そういったプログラムは、例えばStringクラス等を使って書かれていると思います。

であるのに、Stringなども、調べると「標準ライブラリ」と出てきます。ライブラリを作るのに、ライブラリがいる?と、少し混乱しているのですが、「標準ライブラリ」というのは、普通のライブラリとは全く別のもの(Javaそのもの)と考えてよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

標準ライブラリとは


みんながライブラリを扱えるようにする為の標準語
のような物だと思います。

objectクラスをスーパークラスにもち(自動的にそうなる)、
mainメソッドを持った、
piblicなクラスとして定義されていれば、javaのクラスですから、
Stringなどを使わずに文字リテラルをコーティグすることは可能です。

しかし、ライブラリとしては駄目なものになるでしょう。
なぜなら、Stringクラス以外のインスタンスとして
文字列を実行するとなると、
そのクラスについて知らない人は扱えません。
当然そのクラスを継承して新しいクラスを作っても、
文字列のインスタンスが扱えなくなります。

すべてのスーパークラスはobjectだけです。
しかし、Stringなどの便利な機能を継承していくからこそ、
使い回しがしやすいライブラリになり、
そのおかげで、
簡単にすごいクラスが作れるのだと思います。

実際問題として、標準ライブラリを使用しない、
方言のようなライブラリもありえます。
ある意味で言えば、それが究極のライブラリでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 21:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング