先日病院で出された薬が心配なのです。

今、いくつか薬を飲んでいるのですが、そのうち3年くらい前から
ニトロールR20mgを1日2回飲んで、
週に1度くらい胸が痛む時にはニトロペンを使用してきました。

昨日、病院に行ったところ、先生から新しい薬を出すと言われました。
病院の前の薬局で見せられた追加の薬は、
ニトロダームTTSという貼り薬でした。

薬の説明の効果の欄には、ニトロールR20mgとほとんど同じ文章が書かれていました。
こんな同じような薬を一緒に使うのに、この二つを使っていても、
胸が痛くなったらニトロペンをつかってもいいといわれました。
こんなに使っても大丈夫なのものなのか、
先生にもあまり説明をきけなかったので、
とても心配になって、薬をどうしようか悩んでいます。

そこで質問なのですが、
このように使われたりすることがあるのか、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

薬剤師です。


>このように使われたりすることがあるのか
ということでしたら、全て昔からある薬で、使い方としてもよくあります。



処方量や、どの剤形をとるかについての不安は先生によく相談した方がいいと思いますが、質問者様の場合「ニトロペンの使用頻度を下げるため、ちょっと薬が足された」ということなのではないでしょうか。

ニトロールR20mgを1日2回飲んでいても、週一でニトロペンを使うということは、現在の薬の量が(症状に対して)少なめであると考えられたのだと思います。
この場合、内服の心臓用の薬を足す先生もいますが、質問者様の先生はニトロダームTTSを選ばれました。

ニトロダームTTSもニトロールR20mgも狭心症の治療に使われる薬ですので、説明文も共通する部分が多くなっています。
大事なのは内服であるか、経皮吸収型であるか、ということです。
経皮吸収型は内服に比べて格段に持続時間が長く、24時間効果が続きます。持続時間が長いというのは、予防薬としては有効です。
それでも胸痛がおこってしまった場合、これは即座に対処しないといけませんから、ニトロペンを使うのは適切な判断です。

全体的な使用量も、ニトロペンを入れても標準的な量だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薬剤師さん、ありがとうございます。
なにか特別なことになったのか、まさか間違いではないかと、いろいろ不安になっていましたので、安心しました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 07:30

主治医にご質問されるのが、一番安全で確実かと思います。



薬の量は患者それぞれの病状によって異なりますし、患者自身の判断で薬の量を勝手に増やしたり減らしたりするのは、命に関わりかねない危険な行為です。

病状の変化や効果の高い新薬が出たときなど、処方が変更になるのはよくあることです。
まずは主治医に確認しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング