最近、左耳の下(扁桃腺があるところくらいの場所)が痛みます。継続的な痛さではなく、食べ物を食べたりした時にひどく痛む時があります。
なんとなくですが、痛む部分が少し腫れているような気もします。
私は小さいころに扁桃腺を手術でとっているので、扁桃腺が原因ではないことは確かです。
なにか悪い病気か何かでしょうか?
なるべく早く病院に行こうと思ってはいるのですが、病院に行く時間がなかなかないので、何か分かる方がいれば教えてほしいです。
ちなみに、私はバセドウ病を患っているのですがそれが原因の可能性もあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

顎関節内障 


一度歯医者さんに咬合(こうごう かみあわせ の事)をチェックしてもらったらいかがですか。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のお返事が遅くなってすみませんでした。
ありがとうございます。

この間病院に行ってきました。
リンパ腺が腫れているといわれて、今は薬を飲んでいます。

お礼日時:2009/06/04 22:25

顎を使うときのみ痛むなら顎関節症も考慮に入れたらよいと思います。


あと唾液が出るときに痛む唾石もありえますね。
検索されてみて質問者様の症状に合うようでしたら、耳鼻咽喉科受診をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

愕関節症がどんな痛みなのかはよく分かりませんが、関節の痛みのような感じではないです。
説明が難しいのですが・・。
なるべく早く耳鼻咽頭科に受診してみることにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許出願後の商品化の時期

特許出願後に商品化する場合。

1.出願後すぐに特許出願中で商品化する。
2.特許公開後に商品化する。
3.特許取得後に商品化する。

どのパターンが一般的ですか?

また、請求後特許取得できなかった場合のことを考えると
PAT.Pで出願中の販売利益を考えると
出願請求は期限ギリギリまでしない方が得策でしょうか?

Aベストアンサー

損害賠償は、特許権付与後の話なので、心配する必要はありません。
特許権付与前は、補償金請求という制度がありますが、その請求は、その出願の存在を知っているか、警告を受けていることが要件ですので、補償金請求をされる心配もありません。

Q点滴が原因で足を患いましたが

父(50代)が胃がんの手術後、敗血症を患いましたが何とか一命を取り留めることができました。
しかし、敗血症の治療中に受けた点滴のカテーテル(足の付け根から挿入)が原因で神経に炎症を起こしてしまい
炎症が治まった今でもカテーテルを挿入した側の足を動かすことが難しい状況になってしまいました。
今後、自力歩行ができるようになるのか、後遺症が残るかどうかということは現在全く不明です。
今回の件に関しては本人、家族からしてみれば命を救ってくださった医師、看護士の方々に大変感謝をしている反面、
胃がんで入院してなぜ足が悪くなってしまうのか、社会復帰が困難な状況となり今後の生活を思うとやり切れない気持ちでもあります。
しかし医療に携わっている専門の方から見れば致しかたのない、治療を受ける上で
患者が背負わなければならないリスクなのだと思われることなのかもしれません。
はたして今回のケースは病院側に責任があるのかどうかということをお聞きしたいのです。
行政の相談窓口にも電話してみたのですが「主治医とよく話し合ってみてください」とのことでした。
こういうことはなかなか主治医に聞きづらいことなので外部の意見を求めておるわけです。
皆様のご意見を参考に今後どのように行動していくべきかを考えたいと思います。足りない情報に関してはその都度補足させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

父(50代)が胃がんの手術後、敗血症を患いましたが何とか一命を取り留めることができました。
しかし、敗血症の治療中に受けた点滴のカテーテル(足の付け根から挿入)が原因で神経に炎症を起こしてしまい
炎症が治まった今でもカテーテルを挿入した側の足を動かすことが難しい状況になってしまいました。
今後、自力歩行ができるようになるのか、後遺症が残るかどうかということは現在全く不明です。
今回の件に関しては本人、家族からしてみれば命を救ってくださった医師、看護士の方々に大変感謝をしている反...続きを読む

Aベストアンサー

No6の方のコメントが気になりますので補足します。
ミスと主張される根拠は不明ですが
ミス=医療過誤、避けられない事=合併症の違いをはっきり区別する必要があります。
医療ミスは不注意でおこってしまった、本来なら避けられたはずの事象であり、例えば薬の誤投薬や患者取り違えなど
合併症は細心の注意を払っても一定の発生率は避けられないもの、例えば手術後の発熱です。
今回の敗血症がどちらにあたるかといえば
・抗生物質の投与・種類変更が遅れた
・担当者の経験不足・知識不足
など相応の理由がなければ医療過誤<合併症ではないでしょうか。
当然ですが手術前に合併症の説明はしますが、医療過誤の説明はしません。そして、合併症を一切拒否するなら他の病院を紹介させてもらうしかありません。また紹介された病院も同様の対応をするでしょう。患者には病院を選ぶ権利があります。その医療機関の説明に納得して手術を受けられたのですから、合併症なら(言葉は悪いですが)諦めるしかありません。もし医療過誤の可能性があるなら、かなりのエネルギーがいるでしょうが追求してみれば、そうでなかったとしても気持ちの整理にはなるでしょう。
「カルテ保全」というキーワードで検索すればヒントに出会えるかもしれません。

No6の方のコメントが気になりますので補足します。
ミスと主張される根拠は不明ですが
ミス=医療過誤、避けられない事=合併症の違いをはっきり区別する必要があります。
医療ミスは不注意でおこってしまった、本来なら避けられたはずの事象であり、例えば薬の誤投薬や患者取り違えなど
合併症は細心の注意を払っても一定の発生率は避けられないもの、例えば手術後の発熱です。
今回の敗血症がどちらにあたるかといえば
・抗生物質の投与・種類変更が遅れた
・担当者の経験不足・知識不足
など相応の理由...続きを読む

Q特許出願後に公知の事実か否かはなぜ判断がつく?

特許出願後に出願中で商品化する場合。
特許出願後であれば、公知の事実とされる事はないと言うことらしいですが、
審査する側からすれば特許権がまだ発生していない段階で商品が世に出回ってしまったら
審査時に公知の事実が出願の前か後かの判断がつかないと思うのですがどうなのでしょう?
販売開始日が確定できればいいのでしょうけど、出願中に類似品を第3者が販売したりしてしまうと
もう断定できなくなってしまうような気がするのですが。
出願は弁理士さんにお願いするのですが、調査範囲内では類似品もないと言うことなので
貧乏なので出願中表示で先に販売して審査費用は販売利益でまかないたいと考えています。

Aベストアンサー

弁理士です。

審査官が引用する公知の事実のほぼ100%は、公開日が断定されている公知文献(大部分が公開公報や論文です)です。従って、市場にある製品を用いて拒絶を打たれる可能性は非常に低いと考えていいと思います。

特許が成立した後で、無効審判と制度があり、特許を無効にしたい人は、製品が出願前に既に販売されていたことを理由に特許無効を主張することができます。

その場合でも大事なことは、製品の発売日が出願時よりも前であることは、特許を無効にしたい人が立証しなければなりません。この立証は、多くの場合は容易ではありません。

出願日よりも前に配布されていたチラシ、カタログ、納品書などを元に立証を試みますが、その当時に販売されていた製品そのものを入手することは困難な場合が多いので、その当時の製品の詳細な仕様を立証することも容易ではありません。

質問者様のケースで、審査官が出願後の発売された製品に基づいて拒絶をすることはありえませんので、とりあえず出願をしておいて、審査費用は、販売利益でまかなうという戦略で問題ないと思います。

Qケンカの怪我って病院で何か聞かれますか?

病気、タウン・地域情報でも聞こうかと思ったのですが、こちらにしました。
ケンカの傷って、病院に行ったらなにか聞かれますか?

刃物傷なんですが、血も止まりつつあり、面倒な事は避けたいのですが。
とっとと病院へ行け、というご意見は一行でお願いしますねー。

Aベストアンサー

理由は聞かれます。そして、喧嘩の場合(というか、「相手のいる怪我の場合」交通事故でも同じ)健康保険は使えません。自費になります。

喧嘩の傷であるが、相手との話し合いはついており、警察への届出等は考えていない。と説明すれば、病院から警察へ届けるようなことはないでしょう。基本的に被害届は本人が出すもので、病院が代理で出すものではないですから。私はもと医療機関の職員ですが、#2さんの意見とほぼ同じです。

面倒を恐れて、何か後遺症とか病状の上で大変なことのなってしまうのを心配しています。

Q国内優先権の先の出願番号から後の出願番号を調べるには?

国内優先権主張で「みなし取下げ」となった親出願の出願番号から、後の出願番号を調べる方法をご存知であれば教えてください。

特許調査をしており、US登録で問題性の高い登録特許を見つけました。
権利者は日本の会社です。
日本の特許を親出願としてパリ優先権出願しており、USの公報には優先権主張として
2件の日本への出願番号(1)(2)が記載されていました。
日本の公報を調べたところ、
(1)は問題性が低いことがわかったのですが、
(2)はIPDLで調べても商用DBで調べても番号が出てきません。
もしかすると、US公報の記載間違いで
(2)出願番号が自体が存在しないのかとも考えましたが
前後の番号の出願は存在しましたので、
(2)を国内優先の親出願として後の出願をしたため、
(2)はみなし取下げになったのではと考えています。
となると、日本国内の特許としては、
(2)を親とした後の出願が問題特許の可能性が高いと思うのですが、公報番号を調べる手段がわかりません。
時期的には(2)の包袋は保管期限を過ぎています。
このような場合の調査方法をご存知の方がいれば教えてください。

国内優先権主張で「みなし取下げ」となった親出願の出願番号から、後の出願番号を調べる方法をご存知であれば教えてください。

特許調査をしており、US登録で問題性の高い登録特許を見つけました。
権利者は日本の会社です。
日本の特許を親出願としてパリ優先権出願しており、USの公報には優先権主張として
2件の日本への出願番号(1)(2)が記載されていました。
日本の公報を調べたところ、
(1)は問題性が低いことがわかったのですが、
(2)はIPDLで調べても商用DBで調べても番号が出てきません...続きを読む

Aベストアンサー

(1)と(2)はどちらの方が先に出願されているのでしょうか? もしも(1)の方が後なのだとすれば、(2)を優先権主張の基礎としているということはありませんか? その点をご確認の上、補足してください。

もしもそういう事実がなければ、その米国特許をヨーロッパ特許庁の検索サイトで検索してみてください。対応する外国特許を見つけることができます。
http://fr.espacenet.com/espacenet/fr/fr/e_net.htm
(2)の優先権番号で検索すれば、対応各国特許がヒットするはずです。

参考URL:http://fr.espacenet.com/espacenet/fr/fr/e_net.htm

Q昔の傷口が未だに痛いのですが、病院で診てもらうべきでしょうか??

昔の傷口が未だに痛いのですが、病院で診てもらうべきでしょうか??

こんにちは。
カテゴリが違ったら申し訳ないです。


傷というのは、6年程前に、職場であやまってガラスで切ってしまった右膝の傷のことです。
ガラス(割れたグラス)で切ったこと、膝という場所もあり、複雑な傷口になっておりました。
すぐに救急病院へ連れて行っていただき、治療をしてもらいました。
6針縫い、全治約1ヶ月だったと思います。

その傷ですが、6年経った今でもみにくい傷あとが残っています。
これは膝なので治りにくいだけなのかなと思っていたのですが、当時の傷跡と変わらない気すらするのです…。
しかも、普段はなんともないのですが、傷口に触れると(押すと)未だに痛く、ストレッチのきいていないデニムなどを履いたときにかがんだり膝を曲げると、つっぱってしまってびっくりするくらい痛いのです…。

傷口は、なんというか縫い合わせたであろう部分は肌色、その周りが紫色で、縫い合わせた部分が固く盛り上がったようになっています。この部分が軽く押しただけでも痛いのです。

まさかガラスの破片が傷口に残っていて、それが痛むのか…と最近とても不安です。
診ていただいた救急病院が、以前医療事故のあった病院でもあるので…。(当時は知りませんでした。)

同じような傷があるかた、または医療関係に詳しいかた、傷の治り具合は人それぞれかと思いますが、6年たった今でもこんなに痛むものなのでしょうか??
そして病院に行ってレントゲンなどを撮ってもらうべきですか?
何科にいけばいいのでしょうか??

よろしくお願い致します。

昔の傷口が未だに痛いのですが、病院で診てもらうべきでしょうか??

こんにちは。
カテゴリが違ったら申し訳ないです。


傷というのは、6年程前に、職場であやまってガラスで切ってしまった右膝の傷のことです。
ガラス(割れたグラス)で切ったこと、膝という場所もあり、複雑な傷口になっておりました。
すぐに救急病院へ連れて行っていただき、治療をしてもらいました。
6針縫い、全治約1ヶ月だったと思います。

その傷ですが、6年経った今でもみにくい傷あとが残っています。
これは膝なので治りにく...続きを読む

Aベストアンサー

病院勤務の放射線技師です。

職種とはまったく関係ないのですが
私の経験談ですが十数年前に交通事故でシートベルトしていなかった為に、ルームミラーとフロントガラスに頭突きを食らわしました。

もちろん病院行ってCT検査を受け傷を縫って直っていたのですが・・・・。

数年後おでこになかなか直らない「にきび」があるな~~と思ってポリポリと掻いていたら、
「ポロリ」とガラスの破片が・・・・。
しかも1回だけではなく数回・・・・。

どうしても取り切れなかったガラスの破片が残る事ってあるんですね。

心配でしたらやはり病院に行かれた方が良いと思います。

ただ、レントゲンとっても小さい破片は見えない可能性が高い・・・。

CT撮ればもしかしたら解るかも・・・。

ガラスははっきりとレントゲンに写らないのです。

Q拒絶査定後に出願取下げをすると?

拒絶査定が下った後、そのまま放置しておけば査定が確定すると思うんですが、査定が下った後に、出願取下げ(特許庁に対し、出願の取下書を提出している)をしているケースを発見しました。
拒絶査定後に取下げを行うと、何かメリットはあるのでしょうか?
どなたかご存知のかたご教示ください。

Aベストアンサー

多分、その出願について、いわゆる先願権が残ることを防止したのではないかと考えます。

例えば、拒絶査定がされた後、審判請求書を提出し、その後、出願取下書を提出していませんか? 審判請求書を提出した後、出願取下書を提出する前に、その特許出願に基づいて、分割出願を行っている可能性があります。

親出願と分割出願は、分割出願の遡及効により同日出願となるので、特許法第39条2項但し書きが適用されます。 

しかし、親出願が取り下げられると、親出願について拒絶査定が確定していないので、特許法第39条第5項但し書きが適用されません。

Q医者の字が下手で「左」「右」を読み間違え手術失敗。原因は何か?

医者の字が下手で「左」「右」を読み間違え手術失敗。原因は何か?

かなり昔の話になりますが、こんな事件がニュースになりました。
右脚に病気のある患者がいて、手術する事になりました。
医者がカルテに漢字で「右」と書いたのですが、別の医師がそれを
「左」と読み間違えてしまい、誤って何も病気のない左脚を手術して
しまったそうです。

この話を聞いて、私はゾッとしました。
このエピソードから学ぶ教訓とは何でしょうか?
「字は丁寧に書きましょう」?いや違う。そういう問題じゃない。

要するにこれはスタッフ間のコミュニケーション不足が問題でしょう。
「先生、この字って左じゃないですよね?」と気軽に物事を質問できる
ような空気がなかったんだと思います。
この医者は、ちょっとした質問にもいちいちイラッとするような、
威張りちらすタイプだったと私は推測します。

そこで質問です。
(1)字の読み間違えという初歩的なミスが発生した原因はなんでしょうか?
(2)あなたのお勤めの病院では、このようなミスは発生しうると思われますか?

Aベストアンサー

医師でも看護師でもありませんが病院の手術室勤務です。

人のすることですから、ミスは起こり得ると思いますが、起こってはいけないことでもあります。

私の勤務する病院では、どの手術でもしつこいくらいに左右の確認します。

まず手術室に入る直前に、氏名・手術内容・左右がある場合はその確認を患者さんにゆっくりした口調で説明します。その確認・説明に対して患者さんが答える形になります。(感じとしてはお年寄りに大きめの声でゆっくり話しかけているのを想像してください。)車椅子で移動する患者さんは、「みぎ」もしくは「ひだり」と平仮名で書かれた札を、自分の手に持って手術室まで移動します。ベッドでの移動の際はベッドにぶら下げて。

その後、手術室に入り更に医師と看護師から、同じ内容をもう一度確認されます。
左右がある場合には、手術室の入り口とベッドの脇に、その「みぎ」「ひだり」と書かれた札を下げます。

ここまでしているので、現在は左右取り違えは起きていません。
患者さんにしてみれば、少ししつこいように思われるかもしれませんが…

Q特許出願後、公開された後の情報削除

特許について知りたく質問させていただきます。

特許出願後に一定期間を経て公開された出願内容を削除する事は出来るのでしょうか?
出願取り下げを公開前にしていれば公開されないとなっていますが、公開後の情報はもう何もできず、そのままずっと特許庁の電子図書館等に載り続けるのでしょうか。
分かりづらい文章かもしれません。お答えを頂けると助かります。

Aベストアンサー

公開されてしまうと、電子図書館のみならず http://www3.atwiki.jp/b-files/ などのサイトに掲載されてしまい、半永久的にずっと載ります。
また、公開前に手続補正書を提出しても、特開2004-321133 のように出願時の誤った発明者の住所または居所で公開されて恥ずかしい思いをすることもあります。

参考URL:http://www3.atwiki.jp/b-files/

Q筋肉痛の本当の原因を教えてください

激しい運動をすると、筋肉痛が起こりますが、これは年齢によって、代謝能力が低下し乳酸が排出されるのが遅くなる事が原因だという説があります。しかし、もしこれが正しければ、運動直後に乳酸が最大に蓄積されているはずなので、運動力後に筋肉痛が発生するはずです。筋肉痛の本当の原因を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

筋肉痛が起こる理由は2種類あるそうですよ。
一つは質問者さんがおっしゃったように、乳酸がたまるから。
もう一つは、筋繊維や結合組織が損傷され、それを修復するために痛みを生じるカリウム、ブラジキニン、ヒスタミン、プロスタグランジンなどが神経を刺激したり、炎症を起こしたりするらしいです。
痛みは損傷時に起こるのではなく、修復時に起こるので、年齢によってというより、日頃の運動状況など個人に筋肉の強度や、基礎代謝の違いにより、数日後筋肉痛が現れたりするそうです。

筋肉の損傷による筋肉痛は、筋肉痛がおこりそうなスポーツをする2~4週間前に同じ筋肉を使っておくと、損傷箇所が一度修復完了しているのでなかなか壊れにくくなり、筋肉痛がおこりにくくなるそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報