債権回収のため不動産競売を申し立てようと考えています。年金生活で暇はあるので自分ですべてやろうと思います。そこで教えて欲しいことがあります。添付書類で「不動産公課証明書」「住民票」は、本人か本人の委任状がないと取れないと思うのですが、どうしたらいいのでしょうか。「不動産競売申し立てのため」という証明があれば取得できるのでしょうか。

A 回答 (2件)

請求事由の証明として申立書。


あとはあなたの身分証明書。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 18:19

請求者=貴方の印鑑と少しのお金を持って


役場で取れます。

人に頼むなら 委任状 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWord2003で,自動連番に四角の囲い枠をつけたい

フィールドの更新をすることで,四角で囲まれた通し連番を作成できる方法を教えてください。

現在,Word2003のフィールドコードを使用して,

{ex \x (1)} ..., {ex \x (2)}..., ...。

のように,連番の数字の囲い込みを行って資料を作成しています。これらの数字を自動で連番にしつつ,かつ上記のように囲い込みの罫線を適用する方法がありましたら教えてください。

現在は,上記のように手動で数字の入力をしているため,例えば"2"が削除になったら,以降の"3"→"2","2"→"1"の更新作業を全て手作業でしている状態なんです。。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答者です。
確かWord2003限定ですが,Autonumの代わりにListnumフィールドを使えば,同じ段落で連番出来ます。
ポイントは,“リストのレベル”を統一(1なら1に)すること(\Lスイッチ),連番の書式変更(カッコをはずす等)は,連番を選択した状態で,「書式」-「箇条書きと段落番号」で変更をすることです。
開始数字を指定する場合は\sスイッチに初期値を指定します。

連番に数字を足す方法は知りませんが,ご質問のように,足す数字があまり多くない場合は,連番をひとまず書いておいて,隠し文字にしてはいかがでしょうか。

Q離婚届の不受理申し立ては、申し立てをした本人だったら取り下げできるのでしょうか?

仮に、夫が離婚届の不受理申立届を先に届け出て、
たとえば、1ヶ月後に夫自身がその不受理申立届を取り下げることは
できるのでしょうか?

それともいったん届けを出したら、出した本人でも取り下げは不可能なのでしょうか?

(不受理申立ては6ヶ月ごとの更新、ということは知ってるのですが・・)

Aベストアンサー

もちろんできます。
そうでなければ、本人の意思に基づく身分関係の届出をすることができないという珍妙な状態に陥ってしまいますので。

Q特定条件での連番の振り方を教えて下さい

以下のようなテーブルがあります。

納品データ
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    2      1   さしすせそ
11111    2      2   たちつてと 
11111    3      1   なにぬねの
11111    4      1   はひふへほ

売上データ(既存データ)
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    1       1   あいうえお
11111    1       2   かきくけこ

注文番号は注文毎に付与される番号
売上番号は発送毎に付与される番号
連番は売上番号毎に付与される連番

毎回 納品データを売上データに取り込みます。

連番に関しては、
納品データと売上データで連番は連動しておらず、
売上データに納品データと同等の注文番号があれば、
注文番号の最大連番数を+1した番号で取り込みます。


更新後、売上データは、
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    1       1   あいうえお(既存データ)
11111    1       2   かきくけこ(既存データ)
11111    2       3   さしすせそ
11111    2       4   たちつてと
11111    4       5   なにぬねの
11111    5       6   はひふへほ

としたいのです。


SELECT
(SELECT 納品データ.連番+(SELECT NVL(MAX(売上データ.連番),0) FROM 売上データ
WHERE 売上データ.注文番号 = 納品データ.注文番号) AS 連番)
FROM 納品データ

で売上データの連番+1はできたのですが、
売上番号が違う場合は、連番が1になるパターンとなり、

納品データ
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    2       1   さしすせそ
11111    2       2   たちつてと 
11111    3       1   なにぬねの ←
11111    4       1   はひふへほ ←

上記SQLですと、
更新後、売上データは、

注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    1       1   あいうえお(既存データ)
11111    1       2   かきくけこ(既存データ)
11111    2       3   さしすせそ
11111    2       4   たちつてと
11111    4       3   なにぬねの ← 5にしたい
11111    5       3   はひふへほ ← 6にしたい

となり、連番となりません。

どのようにSQLを書けばよいのか、困っています。
どうか、ご教示お願い致します。

以下のようなテーブルがあります。

納品データ
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    2      1   さしすせそ
11111    2      2   たちつてと 
11111    3      1   なにぬねの
11111    4      1   はひふへほ

売上データ(既存データ)
注文番号 売上番号 連番 商品名
11111    1       1   あいうえお
11111    1       2   かきくけこ

注文番号は注文毎に付与される番号
売上番号は発送毎に付与される番号
連番は売上番号毎に...続きを読む

Aベストアンサー

こういうことでしょうか。

insert into 売上データ (
注文番号, 売上番号, 連番, 商品名
)
select
注文番号
, 売上番号
, ROW_NUMBER() over(partition by 注文番号 order by 売上番号, 連番) + (select COUNT(*) from 売上データ T2 where T1.注文番号 = T2.注文番号) 連番
, 商品名
from 納品データ t1;

ROW_NUMBER()で納品データ内での連番を振って、その連番に既存データの件数を足しています。
MAX(連番)だと、同一注文番号が既存データに存在しない時にNULLになってしまうので、COUNTで件数を取るようにしています。

Q債権者代位権と債権者取消権の非保全債権の履行期について

民法の独習者です。

債権者代位権と債権者取消権の非保全債権の履行期の扱いについて理解できません。

債権者代位権の要件の一つは非保全債権が履行期にあることとされ、一方、債権者取消権は非保全債権が履行期にある必要はないとされています。

なぜ、このような違いがあるのでしょうか?
内田先生の基本書、コメンタールなどを読みましたが、債権者取消権の非保全債権が履行期前でも行使できるのが当然のような書きぶりで、すっきりしません。

また、債権者代位権の方は、非保全債権が履行期にあることが必要ということですから、単純にイメージして、債務者が履行遅滞して、やっとつかえる権利ということで良いのでしょうか?

と、ここまで質問文を書いて、債権者取消権は裁判上の行使が必要だから、履行期という制約を課さなくても、債務者の権利行使に対する不当な干渉のおそれが小さいが、代位権は裁判外でも可能だから、債務者が履行遅滞になってやっと行使できるようにしたということかな、という気がしてきました。

とすると、同じ責任財産保全の制度なのに取消権と代位権でそんな違いがあるのかが疑問です。

要領を得ない質問で恐縮ですが、もし、詳しい方がいましたら、ご助言いただけると幸いです。

民法の独習者です。

債権者代位権と債権者取消権の非保全債権の履行期の扱いについて理解できません。

債権者代位権の要件の一つは非保全債権が履行期にあることとされ、一方、債権者取消権は非保全債権が履行期にある必要はないとされています。

なぜ、このような違いがあるのでしょうか?
内田先生の基本書、コメンタールなどを読みましたが、債権者取消権の非保全債権が履行期前でも行使できるのが当然のような書きぶりで、すっきりしません。

また、債権者代位権の方は、非保全債権が履行期にあ...続きを読む

Aベストアンサー

 まず,債権者代位が,被保全債権が履行期になければできないという認識自体が,正確には誤りです.
 履行期にない場合は,代位の前にその必要性等について裁判所のチェックが必要になるだけで,代位権の行使自体は可能です.また,保存行為は可能です.
 そして,債権者代位権の行使が訴訟によらなくてもできるのに対し,債権者取消権の行使に訴訟手続に限られるのは,次のような両制度の違いによるものです.

 債権者代位権では,そもそも債務者が第三債務者に対して有する権利を行使するだけですから,第三債務者の権利を侵害することはありません. また,第三債務者は本来の債務を履行するだけですから,その債務自体に争いがなければ,通常はそのまま履行することになります.
 一方,債権者取消権は,有効に成立した,債務者と受益者の間の契約を取消して,受益者や転得者から財産を取り戻すものですから,受益者に対する権利侵害の程度が非常に大きくなります.また,この場合,その取り戻しを受益者が争わないというのは,ほとんどあり得ないでしょう.

 このため,債権者取消権では,その権利行使について慎重に行う必要があり,必ず裁判所の判断を経ることが必要な制度としていると考えられます.
 そして,債権者代位権の場合も,被保全債権が履行期前であるときは,その行使の必要性について明らかとは言えないので,債務者にとっても不利益にならない保全の措置をとる場合や,債権者代位権を行使することについて裁判所の許可(非訟事件手続法75条)を得た場合に限って行使できるようにして,バランスをとっています.

 あと,債権者代位権は,債務者が自らの権利行使を怠っているときに,これを代わって行うものだから,被保全債権のためには,その履行期までにその権利行使を本人が行えば足りるものだから,原則は履行期後にしか行えなえず,必要性が認められる時のみ履行期前に行使できるとしても,差支えありません.
 これに対し,債権者取消権は,全債権者のために,債務者の一般財産が減少することを防ぐのが目的ですから,履行期前であっても,その行使の必要性は認められます.

 まず,債権者代位が,被保全債権が履行期になければできないという認識自体が,正確には誤りです.
 履行期にない場合は,代位の前にその必要性等について裁判所のチェックが必要になるだけで,代位権の行使自体は可能です.また,保存行為は可能です.
 そして,債権者代位権の行使が訴訟によらなくてもできるのに対し,債権者取消権の行使に訴訟手続に限られるのは,次のような両制度の違いによるものです.

 債権者代位権では,そもそも債務者が第三債務者に対して有する権利を行使するだけですから,第...続きを読む

QACCESSの自動連番について

ACCESS2000を使っています。
自動連番を通常すると1・2・3・・・と自動で連番を作成してくれますが、それを日付+連番というものに出来ますでしょうか?
例)1210001
  1210002
  |
  1210100
日付は月と日にちで、連番は3桁です。
数字の連番の方は、日付が変わるとまた1に戻るようにしたいです。
何か良い方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

入力フォームのデザインで、メニューら[表示]-->[プロパティ]で「レコード移動時」欄を
クリックし、右端の ... をクリックして、「コードビルダ」で開いたウィンドウに下記
コードを貼り付けます。

レコードソースになっているテーブル名を「自動採番月日TBL」とし、自動採番する
フィールドは、数値型で名前を「ID」とした場合です。

これで、ご希望通りの動作になると思いますが、年が入っていないのが気になります。
このままでは、1年以上使っていると、昨年の番号の連番を取得します。
年を考慮することをお勧めします。

Private Sub Form_Current()
If Me.NewRecord = False Then Exit Sub
Dim AutoID As String
Dim MaxID As Variant
AutoID = Format(Date, "mmdd")
MaxID = DMax("ID", "自動採番月日TBL", "Left(ID,4)=" & AutoID)
If IsNull(MaxID) Then
  Me.ID.DefaultValue = AutoID & "001"
Else
  Me.ID.DefaultValue = AutoID & Format(Right(MaxID, 3) + 1, "000")
End If
End Sub

入力フォームのデザインで、メニューら[表示]-->[プロパティ]で「レコード移動時」欄を
クリックし、右端の ... をクリックして、「コードビルダ」で開いたウィンドウに下記
コードを貼り付けます。

レコードソースになっているテーブル名を「自動採番月日TBL」とし、自動採番する
フィールドは、数値型で名前を「ID」とした場合です。

これで、ご希望通りの動作になると思いますが、年が入っていないのが気になります。
このままでは、1年以上使っていると、昨年の番号の連番を取得します。
年を考慮...続きを読む

Q委任状は必ず本人が書かなければならないか?

今日、役所に印鑑証明を登録に行ったら

代理人だから委任状がなければ登録できない

と言われました。

私は子供なので「父から委任を受けて登録する印鑑も持ってきた。なんなら電話で確認して登録してください」と言いましたら、職員が「書面でないとこちらも後日書類で確認できないから登録できない」といいます。
父は入院しており、字を書ける状態ではありません。ただ、意識はしっかりしているのでどうしたらよいかと尋ねたら「代理人自身が父の代わりに隣で代筆の上で押印して委任状を持参したら登録します」とのこと。それでは、私が職員の目の前で代筆してそれを提出したらよいのか?と尋ねると、「本人が横にいないと代筆しても意志を確認でいないので登録できない」と問答になり結局手続きができませんでした。

代筆するなら、電話で確認しながら目の前で買いても一緒だと思うのですが、それもダメだと言います。
これって普通なのでしょうか?
見えないところで書いてきたら結局、職員は受け付けるのでしょうから形式だけの手続きはやめて欲しいものです。委任状の作成の仕方に決まりはあるのでしょうか?
おしえてください。

今日、役所に印鑑証明を登録に行ったら

代理人だから委任状がなければ登録できない

と言われました。

私は子供なので「父から委任を受けて登録する印鑑も持ってきた。なんなら電話で確認して登録してください」と言いましたら、職員が「書面でないとこちらも後日書類で確認できないから登録できない」といいます。
父は入院しており、字を書ける状態ではありません。ただ、意識はしっかりしているのでどうしたらよいかと尋ねたら「代理人自身が父の代わりに隣で代筆の上で押印して委任状を持参したら登...続きを読む

Aベストアンサー

>父は入院しており、字を書ける状態ではありません。

 失礼ながら、なぜそのような状態の父親の実印を新しく登録する必要があるのか?。そもそも、なぜ長年済んでいるはずの父親の実印が一度も登録されていないのか?。役場の担当者であれば誰でも慎重にならざるを得ないシチュエーションです。

 そのような状態である場合に新たに実印が必要な場合とは、悪用される可能性が非常に高いと思われても仕方のないことであることはおわかりかと存じますので、ホントに必要である実の子供であるならば、決して大声を出さずに、できれば母親と一緒に行って、穏やかにかつ粘り強く、「なぜ、登録が今必要なのか」理解を求めることが必要です。なぜですか?

Q動画ファイル名に連番付与

こんにちは いつもお世話になっています。

 動画ファイル名に連番を付ける方法、ソフトを教えてください。
エクセルのA列に連番、B列に動画ファイル名があります。
実際に連番を付けたい動画ファイルのファイル名には、上記のB列の動画ファイル名が入っています。この動画ファイル名にエクセル上での連番に対応させて、連番を頭に付け加えたいのです。
 わかりにくい表現ですみません、つまり、単に連番にするのではなく、エクセル上で設定した各ファイル名の連番を、実際のファイル名に反映させたいのです。

 よろしくお願いします。

Windows7、エクセル2010

Aベストアンサー

マクロは、Book1.xlsxをマクロ御用達ブックに変更し、ソコにセットアップ
Renameしたファイル名は、単純にモディファイヤ(プリフィックス)+元のファイル名
Book1.xls?をネタがあるフォルダに移動
以上、デス、、、

Q債権取立の委任を受けた代理人への弁済について

GはSに100万円の金銭債権を有している。これはGがSの家を訪れて100万円を受領する取立債務であった。GはAと取立委任契約を締結し、Aに対し委任状を交付した。履行期にAはSの家を訪れ履行を催告したが、Sは「取立が委任されたなんて聞いていない。その委任状も偽造したものかもしれない。G本人でなければ弁済することはできない。」といって弁済を拒否した。なお委任状は実務上一般的な様式のものでそれ自体に特に問題はなかったものとする。

上の事案でのSの弁済拒否は事実としての不履行と評価され、Sに過失があれば履行遅滞となりうるのでしょうか。つまり、代理人による取立を債務者は拒否できるのでしょうか。
また、債権譲渡の場合は債務者への通知があれば債務者は弁済を拒否できないと思われるところ、このこととのバランスに関してはどう思われますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>委任状は実務上一般的な様式のものでそれ自体に特に問題はなかったものとする。

と言う明確に保証した文章なので、Sに過失があるとされ履行遅滞となります。
また、「代理人による取立を債務者は拒否できるのでしょうか。」の点は、拒絶できますが、上記のように債務不履行となり得ます。
2つのバランスは、個々の具体的な案件で決まります。

Qirvineの連番機能とは

最近ダウンロード支援ソフトのirvineを利用し始めたのですが、連番でのDLの仕方が分からなく困っています。
irvineのヘルプにも連番でDLできるとは書いてあったのですが、詳しいことは書いておらず、どこをどう操作すれば連番でDLできるかがわかりません。
iria&irvine用の連番URLの作成ソフトなどがあると聞きましたが、irvine自体に連番機能があると聞くのでもしよろしければ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こういうことでよろしいでしょうか。

以下のページから引用。
--------------------------------------------------
また、連番ファイル(例えばtest01.zip/test02.zip/・・・/test20.zip)をDLするときは
メモ帳などで「http://www.host.ne.jp/~your/test[01-20].zip」と連番部分を”[ ]”などで囲んで書き、
そのURLをコピーし、Iriaで「編集」-「URLを展開して貼り付け」を選ぶと
一気にDLするファイルが登録されます。
--------------------------------------------------

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/1635/download.html

Q委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するも

委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するものですか?
印鑑についても、印鑑証明をとれば、委任したことになるのですか?

委任の適応される範囲は何ですか?
前回の質問で、父親は委任状を取っているから、私には交渉する権利があることを主張されます。

また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。

今日も、電話で話をしたのですが、あなたではなく、会長と話をしたい、会長から委任されていない、あなたと話す時間は無駄だと言われ、委任状を送ってきたら話もするし、下記の診断書も送付するとのこと・・・。
最終的にはお怒りになって、怖いもの知らずですね、どうなっても知りませんよと、捨て台詞をはいて一方的に電話を切られてしまいました。

私は、下記の事を言っただけなのですが・・・。
1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
2、主治医との対話
  →本件と関係ないし、必要ないと主張
3、会社が本人を解雇する意志がないこと
  →お父様は娘を今後、この業界では働かせないと主張

怪しいですよね???

皆さんのご意見を聞かせて下さい。

委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するものですか?
印鑑についても、印鑑証明をとれば、委任したことになるのですか?

委任の適応される範囲は何ですか?
前回の質問で、父親は委任状を取っているから、私には交渉する権利があることを主張されます。

また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。

今日も、電話で話をしたのですが、あなたではなく...続きを読む

Aベストアンサー

>また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。
この時点で「犯罪」ですよ(笑)
脅迫罪になりますから、刑事告訴の対象になります。

1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
診断書は、名誉に関係なく「必要書類」になり、提出の拒否は通用しません。
傷病の証明書類になりますから、提出拒否は「請求権放棄」になります。
裁判所でも、診断書のない傷病は認めません。

2、主治医との対話
  →本件と関係ないし、必要ないと主張
診断書がない以上は、「弁護士」による「医療照会」を職権で調査をする方法があります。

3、会社が本人を解雇する意志がないこと
  →お父様は娘を今後、この業界では働かせないと主張
会社が「解雇」していない以上は「自己退職」ですから、予告手当ても発生しません。


私は、ネゴシエーターをしていますが、「退社時」でのトラブルでも珍しい部類です。
経験者としては、「弁護士」を介入させてください。
弁護士が、刑事告訴を含む「法的措置」を講じてくれ、相手が「恐喝」であることを証明してくれます。
今後は、弁護士を介入させて、「法的な」話し合いをしていきたいと「会長」に進言するべきでしょう。
恐喝する人間は、「弁護士」から「選任通知」が来た時点で逃げてしまいます。

>また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。
この時点で「犯罪」ですよ(笑)
脅迫罪になりますから、刑事告訴の対象になります。

1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
診断書は、名誉に関係なく「必要書類」になり、提出の拒否は通用しません。
傷病の証明書類になりますから、提出拒否は「請求権放棄」になります。
裁判所でも、診断書のない傷病は認めません。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報